小鳥に起こされる生活

まくらもとの窓辺に朝、小鳥が来て手すりにとまって鳴いてる。それでめが覚めた。
窓を開けると庭の木の花に森の宝石蝶々がつがいで飛んでる。
ここは楽園か?!・・・中野区の古いアパートのことで~す^^
今年もやっと森の宝石蝶々来てくれました。あのなんともいえない美しい水色のちょうちょです。
小鳥が窓辺に来てくれたのは初めてです。なんて名前かな~
白とグレーできれいなかたち。鳴き声がまたとてもきれいです。ピューゥ・ピューゥって。
窓辺ではあきちんにもらったトマトの苗とゴーヤの種がどんどん育ってもうすごい勢いだし
部屋の中ではクワズイモがものすごく伸びちゃって
植え替えたばかりの植木鉢がどうみてもおかしいくらい小さいの^^;
生命の夏です^^
この冬はすっかりチャイにはまっていた私ですが、
この頃はフルーツジュースです!
私はパイナップルが大好きなので、
バナナとパイナップルとオレンジという組み合わせが最高においしい^^
これに豆乳です。これをミキサーでガーっといって出来上がりです。
アボカドとバナナとグレープフルーツとかでやると
なんともいえない食感になります。アボカドパワーですね。ちょーうクリーミー。
これが朝ごはん。たくさん飲みますよ。たっぷり2杯。
フルーツは冷えるとか糖分が多いとかいろいろ言われてましたけど
最近ではからだにとって重要な酵素を摂るには生の野菜や果物は必須!というのは定説だそう。
朝は単独で果物を摂るのっていいそうですよ~^^
ドラマでは医龍にちょいはまってます。
なかなか見せてくれます。
役者さんみんないいね~。
私は中でも麻酔医の荒瀬こと阿部サダヲさんにくぎづけですね~。
う~ん、これぞ小劇場ってにおいがぷんぷんしてます。ほんっとかっこいいな~。
かたちじゃないんだよな~かっこよさって!!
ああいう人がちゃんと演技する役どころで活躍してくれると
日本のドラマもよくなると思うよ。
昔は面白くて匂う役者さんがいっぱいいたけど
そういう人がみんな死んじゃったから
これからはやっぱり小劇場なんかで、魅せる演技を積んだ人が活躍してほしいですね。
では夏満喫しましょう^^
いつも応援ありがとう~^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

忙しかったな^^

今週はいつもよりちょっとだけ忙しかったな。
水曜日にはプロダクションの宣材用写真の撮影があり
これが原因で後半へこみ、昨日はサンクのあと六本木へ遊びに行って
かわいくちょっとだけ遊んで帰りました。
仕事だと通り過ぎるだけだけど、改めて遊びに行くと
六本木は楽しいな^^多国籍で。
私はいろんな顔の人がいるととても落ち着きます。
NYが落ち着く理由はそこが大きいかもしれない。
NYから日本に帰ってきて、同じような無表情な顔いっぱいに囲まれた時が一番へこみました。
一説によると、アトランティス(だったと思う。レムリアかな?)にはあらゆる顔の人種がいたそうです。
私はそういうのがとってもいいな。
いろんな顔、いろんな意識、いろんな遺伝子の人たちがいて、みんな生きてる。
私はこう、だけどあなたは全然違う。どっちもオッケー、ラブ&ピース。
日本の大人って私がちょっとなんか言うだけで
そういうの困る、とかそういうの恥ずかしい、僕そういう人苦手とか、
君がそうだと僕困るってすぐ言われる。
えー?! だって私、あなたのものじゃないし!!!
知らず知らずになんとなく遠慮して、相手をびっくりさせないようにして・・
それでも何か主張したい時はものすごい逆風を覚悟して・・・。
(議論は好きなのね、おじさん^^;)
でもそんなの踊り飛ばしましょう^^
昨日は踊らなかったけど、店員がほとんどガイジンで(日本人1人しかいなかったな)
店員が一番のりのりでみんな踊ってたな。
昔私がいた店も、店員全員で踊ってるところでした。
毎日楽しかった^^伝説の店です^^あはは・・・
今日は土曜日だけど、これから仕事です。
六本木ジャズ・パレス、イレギュラーで入ってます。
もしお近くにお寄りの際はいらしてください。
飯倉片町の交差点の北京料理やさんの隣です。
7時半から11時半までいます。
ピアノと歌姫の店です。演奏ステキだと思います。
私は好き。
では行ってきます^^
応援ありがとう!!
人気Blogランキングに参加しています。一日1クリックで応援よろしくお願いします(^^)/~

ここをクリックね~!

ワルキューレ・神と人間と地底人と半神の世界

メトロポリタン・オペラの『ワルキューレ』を観ました。
とにかく今の私にとってあらゆる面で驚きだった。(まずチケットの高さ!)
でも、観終えた感想としては「これは一生のうちに出会えてよかった」です。
演劇を学んだものとしても、宇宙の探求者としても、大満足の作品です。
大満足というか、とにかく驚きの連続だったな。ほんと、まいりました。
まず物語の軸が創造神ヴォータンの葛藤(!)なのです。
神々の終末の危機を救えるのは、神の力に頼らずに自力で道を開いてきた勇者だが
その勇者は神の秩序を乱すものだという(なんということだ)神のジレンマから
その神の娘である勇敢な女神は父の意思を汲んで父の命にそむく。
その娘に父は報復するがそこに深遠な愛と運命が浮かび上がってくるというような物語。
しかし、葛藤のおおもとを作り出しているのもこの父なる神です。
欲望にかまけてあちこちの女神やら人間の女やらに子供を産ませ
妻にとがめられて今度は応援していた勇者(息子)をあっけなく見捨てたり
それを助けた娘(ワルキューレ)に酷い罰を与えたり、やり放題です。
いったいどんな言い分なのかと思ったらちゃんとした言い分があるところがすごいです。
その辺の返答に私はまいってしまいました。
純粋な思いで父のために命にそむいた娘に対し
「お前はいいことをしてさぞいい気分で愛を満喫しただろう。
苦渋の選択を強いられて苦い思いをした私のことなどわからずに。それが罪だ」
というようなことを言います。
ここに出てくる神とはとことん人間的で、心の中の問題を最も重要視しています。
女神の方も人間の情熱にほだされてあっけなく秩序にそむいて勇者を応援してしまします。
恥辱といった言葉がよく出てきます。
こころを汚され誇りを踏みにじられることを最も恐ろしいことだと考えています。
私は見ているうちに、神とは本当にこういう存在なんだろうなと思えてきます。
ではここに登場する神と人間の差はなんでしょう?と私は思いました。
それは、神は運命やこころの作用を知っていてそれを意図して創造する。
人間はそれを知らず、運命の中でその役割に翻弄されながら生きている。
私たちは今、この時代になって『神である自分』を取り戻そうとしています。
それは万能になることではない。
苦しまなくなるのでもない。
仕組みを知って、完全なる創造者になること。
そして創造したものごとに対して完全に責任を取ること。
ワーグナーは1813~1883年に生きた人ですが、この時代にも真実の種は蒔かれ
伝えられてきたのだと感じました。
私が演劇の中に見てきた神々もまた、その存在を現してくれました。
11位になっちゃいました~応援お願いします^^
人気Blogランキングに参加しています。一日1クリックで応援よろしくお願いします(^^)/~
ここをクリックね~!
追伸:理由がわかった!!クリック!

いったいなんだって言うくらいに

今週はからだ中が重く痛かったです。まだ続いてますけど・・・。
理由はなんだろう?とつい考えてしまいます。
今日、私の好きなヒーラーさんのブログ見たら
同じようなことが書いてあったし
多分まき貝さんあたりも同じこと考えてるんじゃないかなと思いつつ
集合意識の影響ありますね。
水曜日あたり余りにひどいので(だるいを通り越して痛いって感じなんです。
からだが膨らんじゃってそのうち破裂するんじゃないのって感じの重だるい感じ。
頭も締め付けられます。)鍼を打ってもらいました。
その時は完璧に治った!んですけど
しばらくしたらまた戻って来てしまった。
救いは、見た目にはあまり影響してないってことです。
ものすごく浮腫んだような感覚があるのでかたちもひどいことになってるような気がするんですが
そうでもないようです。
からだは硬いので、ストレッチなどもするのがしんどいです。
瞑想もあまりする気がしません。(これからしようと思ってますけど。)
自己ヒーリングもある効き方はしてるんだけど、これには効いてないって感じ。
歌を歌うのが一番楽で効くみたいです^^
もう一回鍼に助けてもらいます。
まぁ、浄化なんだろうな。
さっきちょっと公園の緑の中を歩いてきたら少し気分が良かったです。
いったい今起こってるのはどんな変化なの?
と地球さんに聞いてみました。
5月までは天界が全開だったんですよね。
ここ最近は地球(ガイア)さんとのつながりが強い感じがあります。
なにか、みんなでここを乗り越えようという動きがあるのかもしれませんね。
あまりちゃんと聞けなかったんですが。
もうちょっとからだの不具合が治まったらちゃんと聞いてみます。
それにしてもここ最近あちこちで、ガイアからのメッセージが満載ですね。
それだけは間違いないと思います。
何かわかった方いたら教えてください^^
とりあえずのんきにいきます^^
おっと~10位キープ中^^
人気Blogランキングに参加しています。一日1クリックで応援よろしくお願いします(^^)/~

ここをクリックね~!
↓シソの葉のうらです。

二人のスーパースター

先週は、家族のような友達2人の結婚式に参列しました。
一週間に2度結婚式に出るなんてめったにあることじゃありません。
しかも私たち3人は本当に家族というか姉妹ってか
そういう時期を過ごした仲間です。
私としてはそりゃもう、感慨があります。・・・
2人ともかわいくて美しくて、地上の妖精、女神そのものでした。
きっと彼らが美しいのは、その瞬間世界のすべてに感謝しているからなんだな。
これまでのすべてとこれからのすべて、そして今に。
2人は、多分私が家族という幸せをせいいっぱいに求め、
うまく求めることができずにずたずたに傷ついたりしてきた姿を誰より知ってると思います。
彼女たちは『アズさん、私、できたよ、アズさんもおいでよ』と
最高のひかりと共に私に伝えてくれました。
ほぼ同時に私の中で再び深い気づきが起こりました。
私のなかでの傷の浮上です。
私の家族のゆがみや破綻の元凶は傍から見ると手をつけられない状況ですが
ある時を境に一人一人がどうしようもないなりにそれと向き合う形をとるようになってきています。
これは、多分アダルトチルドレンの家族にはよくあることだと思います。
父親が父の役割を果たさない時、母親はそれをカバーしようとして破綻する。
そこで今度は子供の中では往々にして一番上の子が父の代わりをしようとして
『判断役』を担うわけです。
私は3人兄弟の一番上でまさにこのパターンでした。
私は必死に『正しいこと』を求めます。
そして加害者である父を憎み被害者である母をかばい、精一杯味方をするわけです。
母は私にすがりながらもたまに私を『(悪である)父の子』呼ばわりしてくるのです。
この裏切りは私のハートを引き裂きました。
後に大人になってこういった痛みを整理し、自分なりに解決をしてきた中で
父との和解や愛を感じるところまで行った私でしたが
それを母にとがめられたことがありました。
「父の被害が被らないようにしてあげてるのだから、
勝手に仲良くしていいところだけ持っていくな」という母。
確かに父は私のいない時、母の前で私のことを人でなしだとか泥棒だとかウソツキだとか
ひどい悪態をつくのはしょっちゅうでした。
私の前では別のいろいろな人のことを言ったりするのでだいたい想像がつきます。
母はその度逆上し、父にあらんばかりの憎しみをぶつけ、そのことを私に報告してきます。
「ああなんてヒドイ男。お母さんエライね、ありがとう」と言えば母は落ち着くようです。
でも、父は病気なのです。本当に心の病気なのです。
実の父に影で恐ろしい悪態をつかれていることを聞かされ
報告してくる母をねぎらうなんて私はもういやです。
最近の私は、本当の私としてどこにでもいられるようになってきています。
私はもう、ゆがんだ家族の中での役割を降りたのです。
私と父との関係は私たちのものです。
母から見た父と付き合っているのではありません。
母はそんな私のことが気に入らないようでした。
電話をかけてきては一方的に捨て台詞を言って電話を切ります。
しばらくすると謝りの電話をかけてきて、また同じことをする。
でも私は今度ばかりは自分の態度を変えませんでした。
母が逆上したり泣いたりしても、自分のせいだとは思いませんでした。
母は、自分のやりたいように、やっている。
最後には母は泣きながら自分の口でそう言いました。
これが2ヶ月ほど前の出来事。
そしてこの月曜、仕事に向かう道すがら
先週の2人のスーパースターのことなど思いながら新橋駅から歩いていたら
突然ハートに詰まっていた何かがぷちんとはじけて溶けてきました。
その時私は私の声を聞きました。それは
「私は・父を・愛している」という声でした。
溶けたのは「母のために、父を愛してはいけない」という思い込みでした。
いきなり涙が止まらなくなり、新橋の薄汚れたガードを泣きながらくぐりました。
お母さん、お父さんを存分に愛させてくれなかったあなたを許します。
お父さんとお母さんを存分に愛せなかった私自身を私は心から許します。
みなさんの応援心からありがとう^^
人気Blogランキングに参加しています。一日1クリックで応援よろしくお願いします(^^)/~

ここをクリックね~!

もとい。今度こそすごくだいじなことを書きます^^

消えちゃった日記は、多分意図と表現方法が微妙にずれてたのかもしれないです。
メッセージをそのまま書いただけだったんですが・・^^;
でも書いてみて思いだしたことがいっぱいあったので一度書いてみてよかったです。
今日、アセンション・レイの伝授をopenheartさんにしていただきました。
[伝授は遠隔により行われ、私は軽い瞑想の状態でエネルギーを受けます。]
その際、チャネルの状態でメッセージがきましたのでその内容をお伝えしようとしました。
その声は『地球意識』だと思われます。
天使やマスターと違って、とても女性っぽい『生き物らしい』トーンでしたので
一瞬あれ?と思いました^^
以下が、そのだいじなことです^^
『・・・あなたは天と私(地球)のひかりの通り道であり
私から滋養を与えられていることを知っていますね。
けれどこのことを知っていてください。
私も、あなた方のひかりによって滋養を与えられています。
あなた方が私の恵みによって生かされると同時に
私もあなた方のひかりによって生かされます。
地上で無数の人々がひかり輝いているところを想像してごらんなさい。・・・
・・・これこそが、私とあなた方が共に進化していく姿です。・・・・
・・・これから天と私とは、あなた方ひとりひとりがひかり輝いているために
無限のひかりを降り注がせます。
どうかそのひかりにたじろがないでください。
自信と勇気を持って、ひかり輝いてください。
・・・そして、肉体を持ったあなた方がこれまで体験してきた
様々な歓びや悲しみと共にあってください。
闇と思われるものと共にあってください。
闇はひかりをむしばむものではありません。
闇はひかりを支えるものです。
あなたがたが闇を恐れず共にあることができるとき
あなたの真のひかりが輝くのです。』
このメッセージはまき貝さんの今日アップされたメッセージとリンクしているようです。
今多くの人が悲しみや戸惑いを感じているのかもしれません。
あなたが『もっとよくなるために』
悲しみをなくす必要はないのだというメッセージだと思います。
多くの涙は多くの笑顔を輝かせます。
どうか悲しみの中にある人にこそ
たくさんのひかりが注がれていることを感じてもらえますように。
応援本当にありがとう!!トップテン入りしました^^
人気Blogランキングに参加しています。一日1クリックで応援よろしくお願いします(^^)/~

ここをクリックね~!

すごくだいじなことを

書いたのに全部消してしまいました。
どういうことだ・・・
確かにちょっと私自身驚きの内容だったけど・・・
どうしよう。

地球上で最も豊かな場所は

どこでしょう?
アフリカ?北極?日本?インド?・・
自然が豊か、と経済が豊か、住んでる人々の心が豊か、とか切り口によって違いますよね。そりゃ。
でもゆくゆくは、どこも地球の恵みに満たされその恩恵に人々は感謝を捧げ、
虐げられるもの、貧しいものには豊かに与えられ、与えるものも与えられるものにも
同等の歓びがあり、すべての人が本当の自分を思い出し自と他を共に尊び
やがては世界がひとつに・・・・という状態を願ってやみません。
私がこういうことを願うのは、正義感や理想をうたうためでなく
たった一つの、人間として最も学ぶ価値の在るものを切実に求めているためです。
それは、愛です。
だいぶ以前読んだ本のフレーズが今でも度々頭をよぎります。
『人間は愛を語るにはまだまだ幼すぎます』という言葉です。
なんて本だったかすっかり忘れましたが、マスター存在をチャネルしたメッセージだったと思います。
これを読んだ時本当にびっくりしました。
だって私たちは子供の頃から愛ということを様々な形で伝えられてきて
ドラマや小説やお芝居のテーマのほとんどは愛です。
親の愛とはな、なんて説教されることはしょっちゅうだし
なんたって人々の関心事は恋愛です。
なのにそういったことのすべては『幼すぎます』の一言で片付いてしまったのです。
というか、その一言が私には真実の響きを持っており
後々かみしめるにつけ、その言葉の意味がわかるようになりました。
例えば有史以来の演劇の原型として伝えられてきた喜劇も悲劇も
そこに描かれている『愛』のほとんどは『エゴ』の物語なのです。
人はひとたび恋に『落ちる』とエゴの物語に身を投じてしまいます。
相手の神性や本質になど目もくれず『所有』や『依存』の関係の麻薬に絡めとられます。
こんな恋愛をしてちゃ、ラブ&ピースなんてほど遠いんです。
(あ、ちょっと今極論しちゃいましたか)
でも本当です。
パートナーシップは愛を学ぶ最小単位で最も大きい存在。
家族を作る基盤でもあります。
子供は親の愛のやりとりをお手本に育ちます。
親がどれだけ自分に与えてくれるか、じゃないです。
親がどれだけ自身を愛し、パートナーを信頼しているか、です。
それが子供の、人間としての愛と信頼の基盤になります。
今、子供たちは大人の世代の思い込みの愛に対して学びを促しています。
私たちは小さきものから、名もなきものから、多くを学べるはずです。
みなさんの応援、とても励みになります。ありがとう^^
人気Blogランキングに参加しています。一日1クリックで応援よろしくお願いします(^^)/~

ここをクリックね~!

Four Archangels Healing のちから

これは、このところはやりのエンジェルリンクや女神のアチューメントとは違い
どちらかというと、レイキと同じカテゴリに入るものです。
前者は、天使や女神のエネルギーとのコネクションを伝授されるもの。
後者はハンドヒーリングのひとつで伝授してもらうことにより
肉体だけでなくこころ、感情のトラウマなどを癒すことができ、
自分自身にも他者にも使うことができます。
私はヒプノセラピーを結構長いことやっていて、たくさんのケースを体験させていただく中で
ヒーリングの力をパワーアップさせたいと考えるようになり
自分に合った手法を探していた時出会いました。
そもそも私はなんでも自分で発見したり研究するのが好きで、
人から習うのも、誰かの後を追うのも好きじゃありません。
ハンドヒーリングは、大学(演劇専攻)で先生や先輩たちがみなしていました。
芝居の稽古は心身共にハードなので故障はつき物です。
私は虚弱でストレス性肩こり頭痛吐き気は常だったので、
先輩や仲間の手当てでよく治してもらっていたし
私も自分が痛みの宝庫だったため人の痛みが痛いほどわかるので、治すのが得意でした。
ある時余りに暇だったため、本で読んだ40分行というのを試しました。
そこには『一度40分間合唱し呼吸法をするだけで、一生気の出る手になる』とありました。
気軽に始めてしまったものの、その頃は瞑想などもしたことがなかったため、
意識の持って行き方がさっぱりわからず、もう、気が遠くなるほど長い40分でした。
もともと、気が出るという感覚は知っていたため、
この行では、ああ、パワーアップしたな、という感じでした。
でもこの手のおかげで、友達の胃痛、頭痛、腹痛、喘息の発作、発熱、腰痛など
治すことができたのでとても驚かれたり感謝されることが多かったです。
自分では、これがまったく当たり前だと思っていました。
自分が具合が悪く苦しい時にしてほしいことを想像すれば簡単にわかることだったからです。
また、このとても実用的で優しくて便利な『気』と言うものがなんなのかも当然知りたくて
あれこれと勉強しました。
私の場合、いつも必要性と体験が先です。
でも勉強してみると、こういったエネルギーについての奥は深いです。
例えば、手から気が出る、と言ってちょっと自慢するおじさんとかってよくいます。
許可もしてないのに他人の頭に手をやって「はーっ、どうだ、感じるだろう」みたいなことやってる。
そういうの本当に困ります。エネルギーの原理や本質をなにも知らないのです。
気は生きてる人間なら誰でも出ます。
こういうおじさんの気は、念の力によってコントロールされています。
念は思いの塊みたいなもので、いわばエゴの力です。
そんなの出して俺はお前より強いんだぞってやってる。文字通り無駄使いです。(と、私は思う)
より大きなエネルギー使いになるには、逆説的に、念を手放すことです。
思いやからだの力を使わなくする。ただ意図し手放す。
『AKIRA』でいう、より大きな力を解放するには、薬を使わないことじゃ。ってことです^^
より大きな力とは宇宙と同等、神と同等の力を使うということです。
さて、始めにエネルギーありき。
しかしながら、私たち人間には自分じゃ気づかなくてもたいてい悪い癖がある。
ふとした時にそいつはそそうしてエネルギーに間違った情報を乗せてしまう。
せっかく人を癒すために使うエネルギーですから、なるだけ相手のためになり
自分をもすり減らさず豊かにしてくれるようにしたい。
そのため、自動的に高次の波長にあげてくれ、
混じりけのない(エネルギー的)情報を伝えてくれる手法を儀式化して伝えるもの、
それがレイキなどのヒーリングのアチューメントだと考えます。
だいぶ乱暴な話しぶりですが、もし興味を持って、自分もドラゴンボールのように
元気だまを使ってみたいなんて思っていただけたら幸いです。
この話はいずれまた。
10位から11位の間で行ったり来たり^^
人気Blogランキングに参加しています。一日1クリックで応援よろしくお願いします(^^)/~
ここをクリックね~!

すべての道は

天に通ず。と、私は思う。
20歳くらいの頃、私自身は確実に不幸の方程式の中にいたと思う。
それを自分で発見しました。
大学が玉川だったので、比較的恵まれた方々が回りに多かったためいい研究ができました。
例えばお父さんが酒乱だと、そういう人は絶対にイヤ、
と思いながら気がつくと夫が酔って暴力を振るっているとか。
あ~そういう人生だけは絶対に送るまい、と思いながら
実際最初に付き合った男に酔って拳骨で顔を殴られて、口が開かなくなりました。
そこで私は『これはなにかがおかしい!』と気づいたので、
すぐにそこを離れることができました。
私は違う人生を選ぼう、という強い意志が働いたのだと思う。
最後まで気づかなかったのは、豊かさについてでした。
私は20代同棲していて、ひどい貧乏で、現代日本にあるまじき生活をしており
30代にはかなりの借金を持ち越して一人暮らしを始めました。
あの頃はとにかく一日生きられたら自分をほめまくり感謝しまくり(自分にです!!)
無我夢中でした。
でもそうしてみると、借金はあっという間に片が付いて、また舞台に復帰できました。
でも、そこから決して豊かになることはなかったし、
ゆとりが出そうになると、また何かの理由で自分を追い詰める状況を作ってしまっていました。
私の父はとても売れてる声優さんだったし、なんでも一流が好きなので
プレゼントや旅行やお食事はとても優雅な体験をたくさんさせてもらっていたし
家を離れてからも父は『お前に貧乏は似合わない』と私に言い、自分でもそう思っていました。
でも、晩年の父を見ていて気づいたのは、
父は貧しさと言うものに対し相当の恐れを抱いていたんだと気づきました。
時代のせいもあるし、新劇の役者をしていたこともあるだろうし・・・。
父は私に役者は潜在的な失業者だとよく語っていました。
父のせいだけではありませんが、私の中にはどこか、
お金はなくなるもの、だとか常に自転車操業みたいなイメージがあり
豊か、と言われてもそれが実際どんな状態なのかわかっていなかったようです。
(それにしても父は役者一本、声一本で良くぞ働き、家庭をなんとかしていたものだとは思う。)
今、私はどんな感じだと思っているかと言うと、
『私は、必要なものが何でも出てくるポケットを持って旅をしてる』と思っています。
まだ慣れないので時々『とかいっていざと言う時出てこなかったら・・・?』
なんてちょっと思ったりもしつつ、基本的には、かなりこのポケットが気に入ってます。
だからポケットのことを考えるより、旅のことを考えた方が人生はうんと楽しいんです。
世の中の豊かそうな人をよく観察するといろんな法則がわかるもの。
で、そういった正のスパイラルにいる方にはなんでもないことが
負のスパイラルから見ると途方もない茨の道に見えるわけです。
それで負のスパイラルにいる人は、時に異常ながんばりを見せます。
ちょっと賢かったりマジメだったりするとなおさらです。
でも、結局がむしゃらながんばりは宇宙の法則どおり、あまりいい働きはしてくれないもの。
あんなにがんばったのに、あの人最後は結局・・・みたいなストーリーを私はどれほど恐れたことでしょう。
でも今はほとんど恐れがなくなってしまいました。
つまり、多分、何かが完了したのです。
私は、こないだも書きましたが、こういう道のりと乗り越え方をシェアしたいがためにがんばってきました。
それを本当に夢見ていたのです。
世界から、私のような理不尽な辛さをなくしてしまいたかったのです。
ですが、今になって本当に思うのは、その乗り越え方は人の数だけ方法があると思う。
必要なのは、基本的な情報です。
仕組みを知っていれば、余分な力が抜けます。
ひとつだけ言えるのは、こうなりたい、という夢のような自分をいつも心の中で育てることです。
それを思うことすら辛い時もあります。
そんな時は何も考えず丸くなって眠ることです。
でも目が覚めたら、また夢を見ましょう。
夢とは遠い未来のことではありません。
本当の自分のことです。断じて。
人気Blogランキングに参加しています。一日1クリックで応援よろしくお願いします(^^)/~
ここをクリックね~!

模様替え&植え替え

昨日はブログの模様替えをやりました。
海、とか空、とかが恋しいのでこんな色。
写真を使いたかったけどいまいちやり方がわからないのと、
こっれていう写真がなかったので、今回はこれ。
でもいい気分です餭
それから植木鉢を買いました。
百均ですが、陶器でかわいいのをゲットしました。

クリックで応援いただきありがとうございます!