モンスターにやられた!

シャーリーズ・セロン、私は前から好きだったんですが
彼女が13キロだったかな?増量して挑んだ、実在の死刑囚の話し
『モンスター』をギャオ(完全無料パソコンテレビ)で見ました。
2回みちゃったんだけど、まだ見たいです・・・。
そしてしかも、気持ち悪いです。かなりブルーです。
だからこそ、もうしばらく見たいです。なんともなくなるまで見たいです。
そういうのってないですか?
この主人公のリーは娼婦で(しかも超安い!)本当に救いようのない(最終的には)女なのですが
でも最終段階以前は普通の善良なそして不幸な生い立ちの女だったと思う。
外見的にはそういう苦労やすさんだ生活や他者から受けてきた扱いが姿かたちに反映されて
とても薄汚く臭そうで醜い。
この役を、美しくキュートで魅力的なシャーリーズ・セロンが演る必要があったんだろうか、と
一瞬思ってしまうほどだ。
実際、リーを演じているであろうシャーリーズの姿は画面のどこにもなかった!
悲しげに顔を歪めるシーンの2カットの中にコンマ数秒、
ああ、彼女なんだと思わせる目の表情が見えるだけで
ほとんどは彼女の姿はそこにはないのだ。
でも、100%、あの姿を作ったのは彼女だ。
そして多分、あそこまで完璧でリアルな(実際のリーをもちろん私は知らないけど)
リーを演じられたのは、彼女しかいないだろうな。
なぜ私がそう思うかというと、そこに映っているリーがどんな生い立ちで
そこから深層心理にどんな影響を受け運命の節目節目でどんな選択を強いられ
そしてまんまと運命の罠にはまり、作り出す人生から逃れられなくなって行ったかが
あからさまにそこには刻み込まれているからだ。
例え実際のリーと彼女が全然似ていなかったとしても、
映画のほうがより真実を映し出していると言っていいだろう。
(でも、以前見たリーの写真の顔つきとシャーリーズのそれはそっくりだった)
何がいいたいかと言うと、私はシャーリーズ・セロンという女優の中に
そういった得体の知れない悪魔が作り出す闇が実在し
それを形にして白日の元へさらさない限り逃れ得ない呪いみたいなものがあるんだろうと
とてもリアルに想像できるし、
それを見てわが事のようにかき乱され揺さぶられる自分がまた
同じ類の呪いの中にいると感じることを禁じえないということだ。
でも、彼女はしっかりとひかりの側に戻ってきたし
(行ったきりの噂は聞いていないからきっとそうだ)
私だって行ったきりになったことはない。
最終的には、正しい選択をするに違いない。
でも、彼女はそのためにも、職業として女優と言う仕事を持つ必要があったんだと思う。
職業だからそこには客観性という命綱がかけられ最終的に賞賛が与えられる。
どんなに狂っても戻ってくる。
それがプロの掟だ。
いつも応援ありがとう~^^7位をキープ^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

人生は祭りだ

昨日はちょっとお散歩に高円寺まで行ったら、偶然阿波踊りの真っ最中でした。
地元沼袋でも昨日今日はお祭りです。そんな季節なのですね。
高円寺に8年も住んでいながら、阿波踊りを満喫したことがほとんどなかったな。
なんか、働いてたんですよね。
で、昨日は軽く「見る阿呆」になって来ました^^ 
以前チラッと見た駅前でやるエキシビジョンみたいなのを見て
男踊りに惚れたことがあります。
私は大学では和太鼓キチガイだったくらいで
和もののリズムと音が好きです。
今でもマイ・バチを持っていて、機会があったらいつでもたたきたいと思ってます^^
太鼓も最初は先輩にしごかれておとなしくしてましたが
先輩になるにつれ、ずうずうしく男の子に混じって
男太鼓ばかりたたいていました。
女の先輩から「ミオが一番かっこいい」と言われたことがあります。
男踊りは手にちょうちんを持ってぐにゃぐにゃと回しながら
ものすごい腰を落としてすたっと回ったりします。
エキシビジョンだからきっとうまいチーム連だったんだと思う。
昨日流して見た限りでは惚れるにはいたらなかったな。
でも日本のお祭りはいいです^^
演劇はもともとお祭りから来ています。
大学の演劇専攻なんて本当に毎日がお祭りでした。
日本では演劇がなかなか職業として成立しないけど
あんな商売がうまくいっちゃったら、もう本当にごはんと味噌汁とおふとんくらいあれば
他に何にもいらない人生になっちゃうんじゃないかなぁ。
私の大学の3年間はもうそんぐらいに楽しかったです。
太鼓も得意だったけど、私が普通の女の子とちょっと違ったのは
太鼓のかけ声がもう異常に得意でした。
今思い出してたんだけど、先日ボイス・ヒーリングの先生に
「武道やってましたね!」と言われたのは、和太鼓が始まりだったかも。
はーぁっ!!やぁっ!!とか言うあの気合のかけ声。
昨日の阿波踊りでもそれを聞いたとたんにもう血が騒いでしょうがなかったんだ。
ちょっとあの声、日常では出せないから
やっぱりあの声を出すためになんかやろうかな、なんて思ってしまいます。
ボイス・ヒーリングの先生も言ってたけど
そういう声だけで「邪」を払えるんですよね。
天と地とも繋がれる。
和太鼓は演劇そのものだし太鼓も演劇もお祭り=神さまと一体になるものだから
だから私は演劇とか太鼓とかが好きなのかな。
私はしょっちゅう気分が変わりやすく、人生についての感じ方考え方も
ころころと変わっていきます。
さっきまでそこにいてももういない、って感じです。
だけどひとつだけずっと変わらないことは
私は神の子として愛を体現するために生きてるんだという実感です。
後はおのずとかたちがついてくるものだと思っているので
いろんなことを試して自分に合っていればそれでいいんじゃないかなと思っています。
何かひとつに決めてしまうと自分の魂の成長にかたちがおっつかないみたいです。
でも、自分の心の深い部分に立ち返ってみると
流れの底にいつも変わらない思いがあり
その声を聴くと心底落ち着くのです。
還るところがあるから、私たちはお祭りをぴょんぴょん飛び跳ねながら
生きていけるんじゃないかなと思ったりします。
いつも応援ありがとう~^^7位です!
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

麗しのアロマ

アロマオイルは生活の一部です。
以前に香水のことを書いたけど、最近は化粧水。
何しろ夏にはもう手放せません。
作り方はあまりに簡単。  水、精油。以上です^^
私の場合は、スプレーボトルに秘密があります。
アンチエイジングの鬼がお勧めしている普段お使いの化粧水を、このボトルに入れるだけであっという間にもっと浸透する化粧水に早変わ...このボトルに浄水
(もちろんお気に入りのミネラルウォーターでも可)
を入れ、お肌に効果的なアロマを入れます。
私は、基本のラベンダー、引き締めとむくみ解消のジュニパー・ベリー、
女性の美しさにとっておきのフランキンセンス、
若返りのオイルと言われているローズマリー、
殺菌効果が高いティーツリー、殺菌と清涼感で夏に最高なペパーミントなどを使っています。
肌に対しての美容効果とともにそれぞれメンタル面にも鎮静効果などがあります。
濃度は水50mlに対して1滴が基本です。
このボトル(大)が200mlなので、4滴が基本ですね。
私はラベンダーだけは高濃度でも大丈夫なので、
数に入れないで結構たくさん入れちゃっています。
試される方は自分のお肌と相談してね。
精油もあまり安価なものは品質が心配なので注意して選んでください^^GAIA ラベンダー・オーガニック 5ml
とっても細かい霧のアロマに包まれると、リフレッシュすることこの上ないです^^
あちこちに持って行ってるけど、行く先々で大好評です。
潤いがほしいときはにがりを数滴入れます。
グリセリンを使うとその辺で売ってる化粧水以上のものになります。
私はグリセリンが嫌いなので、にがりで。
フランキンセンスは高価なオイルですが一滴でお肌がぴしっぷりっと張りますよ。
女性のホルモン系に働いてくれるオイルです。
汗をかいたらわきシューのかわりに。衣類にもシュー。
ミントのすーっは癖になります。
暑さを忘れちゃうほどですよ^^
いつも応援ありがとう~^^7位になってますぅ^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

スクワットの成果?

仕事帰りに中野から歩いていると
キャバクラのキャッチらしきスタンドカラーのスーツの兄さんからスカウトされました。
久々だなぁ・・・なんて断ろうかなと思いつつ
「そういうのはやりません・・・」と(あはは、素人っぽくね)言うと
「そういうのはやらない・・そういう人が売れるんですけどねぇ・・!」
さすが、ちょっと年季が入ってる、プロだなぁと思いつつバイバイしました。
プロだけど私の年齢は見破ってないんだろうな(笑)
スクワット始めてから一週間くらいだっけ?
その間に尾瀬山歩きとか(旅行中はがん食い)あったけど
引き締まり感を実感してます。
股関節がコキンって鳴る癖があって結構いやだったんだけど
それもだいぶ治まってる。
階段を上るときに足が軽い。全体的に動きがスムーズになりました。
ついでに足のむくみもだいぶいい。
入らなかったスカートが入った。
いいこと尽くめじゃないですか!
なるほど、森光子さんと黒柳徹子さんの(化け物たる)秘密がちょっとわかった気がします。
ご飯を減らしてる場合じゃありません。(最近は以前よりだいぶ食べてます)
徹子さんは、氷あずきがダイスキで寝る前にベッドでよなよな食べてるそうですからね^^
ちなみに回数はお二人に習って1日100回です。
20回のセットを5回やるのでまぁきついけど不可能ではありません。
100回の理由は、お二人に負けるわけには行かないから!
ちなみに森光子さんは、私が生まれる前にドラマでうちの父のお母さんの役で父が共演してます。
ただしスクワットは膝や腰に結構負担があります。
浅くても効果はありますので、いきなりやり過ぎないようにご注意ください。
関節が弱い方は気をつけて。
でも関節の周りの筋肉を鍛えてあげないと弱っていくいっぽうですから
体の声を聞きながら優しく導いてあげてくださいね^^
[写真は沼袋の平和の森公園]
いつも応援ありがとう~^^8位になりました^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

さて、夏休みは

そろそろ終わりなのかな。
皆さんはいかがお過ごしですか?
でも相変わらずの灼熱の日々。
気分は夏満喫でいけるとこまで行きたい
今年も海に山に、自然に遊んでもらいました。
海は七里ガ浜。
行ってみて改めて思ったのですが、私、海とか川とか異常に怖がりかもしれません。
なんだろう?無意識のトラウマでもあるのかな。
自分のこともそうだけど、友達とかが自分より沖にいたりすると
もうあらゆるあらぬ想像がよぎり、いてもたってもいられないんです。
もう力が入っちゃってどうにもならないので
重荷を神さまにお預けして、どうにかその強迫観念に近い恐怖から逃れる感じです。
だからといって海も川も大好きだし、入りたいんですよ。
う~ん、よく前世療法の説明のときにする喩え話しそのものみたい。
でもね!その日はかなりうねりが高くて、後で丘の上のレストランでご飯を食べていると
救急車と消防車がたくさん来ていて
店員さんが「海難事故ですね」と言っていました。
私は「あぁ~私の異常なまでの危機感はあながち無駄でもないんだ」と思いました。
でもまた行きます。きっとこの次はもっと海と戯れられるはず。
山は尾瀬。
突然前日に尾瀬だ!と思い手はずを整え、新宿発高速バスで出発。
母からJTBのギフト券をもらったので、バス代を節約できました~Х
う~ん、これもお導き^^
さて、尾瀬って私は初めてだったんですが(子供の頃行ってないよなぁ)
どうもイメージは、おばちゃんたちがぞろぞろと木道を歩いてる感じなんですが
行ってみたら、さいっこぉう!!でしたよ。
あそこは地球の上でも特別な波動の場所だと思う。
まさしく天界。桃源郷。
危なく吸い込まれちゃいそうだったけど、かろうじてちゃんと還って参りました^^
人生って本当に、体験しないとわからない。
地球はこんなにもたくさんの驚きを準備して待っててくれる。
ありがとう!地球。
夏休みと旅行に行ける自分に感謝。
また、がんばろう^^
尾瀬で感動させてくれたのは、もちろんその自然の荘厳なオーラなんだけど
町ぐるみでその場所を守ろうとする人の意識の高さに打たれました。
尾瀬ヶ原に出るまでは普通に結構アップダウンのある山道。
気がつくとその山道を、二宮金次郎の芝の万倍も高さのある荷物を背負い
歩いてる人が何人もいます。
見ると飲み物のパックの詰まったダンボールを5個くらい積んで
(もっとかな。とにかく遥か高い積荷)
のっしのっし歩く男の人、
灯油の臭いがする缶を(四角いでかいやつですよ!)3つ4つ背負って歩く女の子(!!ほんとびっくり)も。
それらは山小屋の生活用品や販売機の中身です。
その人たちは何度も山小屋と麓を往復してるらしく何度もすれ違って行きました。
え~~~~・・・思わず「販売機なんかで売っちゃだめだよ!」って言ってました。
全部手売りでしょ!お金入れてボタン押して出すような代物じゃないでしょ~~!
参りました。
あんなの見なきゃわかんない。
なんでも誰かがどっかでうまくやってるなんて思ったら大間違い。
昔の人はみんなああやって生きることをがんばってたんだなぁ。
人間力ってすごいよ・・・まったく。
あっという間に10位返り咲きです。皆さんありがとう!!
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)
ここをクリックね~!

スクワット始めました(生ビール始めました風に)

私のからだは、4~5年くらい前までもう一回り大きかった。
太っていたというより、余分な想念とかガラクタが詰まっていたという感じだ。
心の中が整理されていくにつれ、体のそういう要らないものがだんだんと抜けて
一回りスリムになった。
20代の頃は、がむしゃらに体を鍛えていたので
筋肉もたくさんついていた。
筋肉が太くなりやすかったのは、多分心にいつも力が入っていたからだと思う。
怖がりなので防御のためにお肉もつけていた。
からだのかたちは人をあらわすのだ。
周りの女の子と明らかに体型が違っているのを詳細に観察し研究しました。
体脂肪などはむしろ比較的低いのにこのボリューム感はなぜだろう、というふうに。
結論として、心の力を抜いて余分なものを落とそうと思った。
ここ4~5年の間とても少しづつ体重は安定しながら減少し
見た目は数字以上にだいぶスリムになったと思う。
多少太っても、以前とは見え方が違っているようだ。
数字的には本当にたいした変化ではない。
なので、ここ数年はあまり積極的に筋肉はつけないようにしている。
自分の体の重さを利用したストレッチがメインだ。
腹筋だけはマシーンを使っている。
何度も何度も同じ動きをするのが苦手なので
マシーンは手っ取り早く、効果がはっきりとわかる。
歌を歌っていても、腹筋が落ちてくるとはっきりとわかる。
歌いながら「ヤバイ、腹筋やんなきゃ」と思うことがたまにある。
だけど、先日「そうだ、スクワットやろう」と思った。
やってみたら弱ってたことがよくわかったので
「40代からはスクワットだよ」をテーマにすることにした。
大腰筋は、階段を上がる動作で鍛えたれるので
駅などの階段は横着せず徒歩で上がる。
仕事の往復は、遠い駅を使い歩く。
でもそんなんじゃ、足りてないよ、やっぱ。
黒柳徹子さんが、ジャイアント馬場さんに
「舞台をずっとやりたいなら、毎日100回スクワットしなさい」
と教えられ実行してるという話は有名だ。
森光子さんもやってる。
私にもそのときが来たみたいだ。
足はとても筋肉の多いところで、全体に占める割合が多い。
鍛えるなら下半身だ。
ここを使うと、代謝も体温も上げやすい。
私の場合、筋肉が反応しやすいので
4日で明らかにかたちが違っている。
どうも気に入らなかったそこ!が、あら、この調子で行けばいいんじゃない?って感じだ。
どうして今までやらなかったかというと、
芝居の稽古でさんざんやってきて、どんどん太くなってしまった過去があるからだ。
一度、全部りきみを抜いてしまいたかったからだ。
多分今なら同じスクワットを違うこころでできると思う。
どんなこころでやるかがものすごく大事だ。
最近は武道のことをよく考えている。
芝居の稽古は武道と近かったかもな~。
ボイスセラピーの先生が私の声に対しておっしゃった
「なんか武道やってますね!」の言葉がよぎる。
ミクシィでも武道をしているある方が
「ある目的を持ってからだを動かすとエネルギーが増強される」
とおっしゃっていた。
意思を持って行動する。
人生を創造する極意はそれに尽きると思うこのごろだ。
いつも応援ありがとう~^^17位転落中です(泣き)
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

上田へ

お墓参りに行ってきました。
妹が取ってくれた長野新幹線は、朝6時24分東京発。
長野新幹線、初体験です。(上越とかと別なのね^^)
長野県上田市は父方のご本家があるところなのですが
長年の我が家の断絶のため、最後の訪問はもういつだったか思い出せません。
でももう、そういうことは私にとってはあまり関係ないし
できたらご先祖さまにもかわいがってもらいたいし
この世に愛すべきものはなるべくたくさん持っていたいし
母がその気になってくれたし
多分そういうタイミングなんだと思う
ということで、行ってきました。
(いとこのみっちゃんが2年くらい前にネットで私を見つけて
連絡をくれたことが大きな助けになってくれたと思います)
私が家族で行ってたころは、父の運転で真夜中に出発し明け方の星空を眺め
父お気に入りの中村八大のピアノのカセットを聴きながら
朝到着という長旅でした。子供のころの思い出です。
父はコンディションによっては恐怖の存在だったんだけど
たとえば山からだんだんと明けてくる薄紫の空の下で聴く
マシュケナダとか、そういうのは大好きだったんだな。
ドライブインで飲む、粉のインスタント味噌汁とかそういうのも。
妹が車酔いがひどくて母に抱っこされて眠ってからの出発で
弟と私は後部座席から空が見られた。
多分私と弟はおんなじようなときめきや夏休み感を味わっていたと思う。
それがなんと東京から一時間半弱で着いちゃった。
朝曇っていたし前日は涼しかったのでちょっと甘く見てたんだけど
いきなりの大晴天。
空気がめっちゃ澄んでて、もう波動が軽くてしょうがない。
駅を出ると街は、人間がいない!一本道を歩いてるとずーっと向こうまで
ひとっこひとりいないのです。
上田は、観光地や他の日本の田舎ともちょっと違う感じがしました。
盆地だから?
八方が山に囲まれてるから?
田んぼとかがないから?
城下町だから?
上田城跡を散歩して、お寺へ。
炎天下をテクテク歩きました。(本当に人がいない)
上田城跡は本丸がないんだけど
歴史を作った人々の残り香を感じることができました。
真田幸村さんを奉った神社がありなんともいえない実直な空気を醸していた。
そこでようやく地元の方らしき人々に出会うのだが
思うに上田の方々は、ものすごくはっきりとしたしゃべり方をする。
東京よりもりっぱな標準語でイントネーションや抑揚がものすごくはっきりしている。
会話を聞いているとなんだか初歩的なお芝居を見ているみたいな気分だ。
妹とセルフタイマーで写真を撮っていたら、
北軽井沢牧場?だっけな、とか書かれたTシャツのおじさんが
にこにこしながら近づいてきて
「撮ってあげようか?」と、やたらきれいな発声で言うものだから
はい、ありがとうと答えるとそのおじさんはカメラを持って
「正門ではもう撮ったの?」と言います。
いえ・・・(まだそっちには行ってないけどゆっくり回るから・・)なんて言うまもなく
「じゃ、そっちで撮ろう。ここにきたらそこで撮らなきゃ。
ここは時代劇でもよく使われ、この間も・・・」とガイドが始まった。
結構な距離があるし、母を置いてきぼりにしてるんだけど
おじさんはにこにこでものすごく歯切れよくガイドを続ける。
正門の前に着いたら「じゃ、まずここで。はい、もう一枚。
じゃあ今度はもう少し右で・・はい、もう一枚。」
え?慣れてる・・終わったら代金請求されるんじゃないかしら、なんて思いながらポーズ。
母が後を追ってきてようやくたどり着くと、おじさんは間髪入れずに
「お母さんが着たからもう一枚。まずはこっちから。」なんつって。
で、撮り終えると「はい、ごくろうさま」みたいな感じであっという間にいなくなってしまった。
うーん、親切プラスお国自慢?でも楽しかった^^
ちなみに帰りの新幹線で写真をチェックした妹はおじさんの腕前がいいのに爆笑。
見ると観光はがきみたいにきっぱりと撮れてました。
お墓では不思議ととてもはっきりと静かにご先祖さまとお話できたような気がしました。
私たちが行ったことはとても歓迎していただけたみたいです。
その時そこにいることが100%当たり前みたいな感じでした。
特に何も話したわけではないのですが
そこに来れなかった弟のことを、私も妹もお願いしました。
お花を飾りお水をかけお線香を焚きお経をあげると
お墓はひとかけらのくもりのない真夏の光を浴びて
ぴかぴかに輝いて見えました。
いつも応援ありがとう~^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

ふっかぁぁぁぁつ^^

先ほど完全リカバリーを完了し、
どうやらパソコンちゃんは私のアセンションについてきてくれそうです^^;よかった!
データは、ダウンロードした曲を数曲失いましたが、
それほどのダメージはなさそうです。(まだ定かではないですが)
でもとにかく、ほ~っとしました。(あぁストレスだった~)
たくさんの方々に本当に暖かいメッセージいただき
感謝でいっぱいです。
お返事はこれからゆっくり書かせていただきますので、どうかお許しを。
(naomiさん、お久しぶりです!実はメルアドを失ってしまい
ご連絡お待ちしてました。
もしよかったら教えてください。お手紙書きたいので^^)
ん~と、私はよんじゅっちゃいになってこの一週間
なんだか本当に生まれ変わったかのようにいろんなことがどんどん変化しています。
ずーっと以前からの夢や望みがどんどん具現化していく兆しです。
いったいこれはどうしたことなんでしょう?
ほ~んとうになが~いなが~い準備期間が終わった、みたいな様子です。
お誕生日にバシャンってスイッチが切り替わったみたい。
(バシャンってパソコンはダウンしましたが)
これまで生きてきて心の中で、あ~ぁそんな風にバシャンって切り替わったらいいのにな、
なんて思ってもうとっくにそういう願望は忘れていたのに
今頃になってそういうのが急にかなっっちゃった、みたいな感じです。
こころの中の理想をどれだけ具現化できるかが私の人生のテーマだけど
具現化のための道やチャンスの糸がようやくつながり始めた、という感じです。
まだ一週間だけど。その間にも驚くべきことがいっぱいありました。
具体的な動きが始まったらライブで皆さんにご報告します^^
これからのことは、私の個人的なことというより
世界との約束なので
皆さんとたくさんシェアできたらいいなと思ってます。
あ、それから40歳手前に受けた不惑ドッグの結果なんですけど
(そんな報告いらないかな)意外なことに結構引っかかっちゃいました。
ん~私も人間だった!(ジョークですよ^^)
二つは様子見ですけど一つは要再検査です。
でもね~これまでの生き様からいくと、上出来でしょう。よしよし、アズ、がんばったな^^
ということでまた、書きます。
どうぞこれからもよろしくお付き合いください^^
再び応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

お誕生日に

パソコンが壊れてしまい、現在かろうじて立ち上がったすきに書いてます。
たくさんの暖かいお言葉にこころから感謝しています。
これからはみなさんに幸せの粉を撒きちす妖精のように
幸せの元として生きていきたいです。
どうかこれからもよろしくお付き合いください֥ϡ

仕事が楽しい~!

今週は六本木ジャズ・パレスのジャズ・フェスティバル。
ウッドベースが入って今日はボーカルも4人の共演でした。
私も最も尊敬するリアルタイムのジャズ・ボーカリストのカリヨンちゃん、
もとSKDの、この世界ではかの有名な西紀佐江子さん、
御年74歳のラテン歌手ジョージ・ヨシムラさん、
ゲスト、ベーシストの木村ひろゆきさん
そして私の大好きなすばらしいピアニストの山本庸子さんが一緒でした。
お店も超満員でほんとに楽しかった^^
やっぱりお客様が多いと演奏もぐっと上がります。
皆さんすばらしく、本当にいいお店だな~とつくづく思いました。
私はちょっと体調崩し気味で、頭ががんがんして喉も痛いけど
みなさんから元気をいただき今日を乗り切った次第です。
先日も今日も、お客様から「それだけ若く見えるってことは、きみは幸せに生きてきたんだ」
と言われました。
確かに今は幸せかもしれませんけど、それは自分でそうしたからです。
好きなことをやって生きてると一言で言ってもそのためにはものすごくいやなこともしたりしましたよ。
本当にずっと貧乏でろくな暮らししてないし、
借金でどうにもならなかった時期もあったし
(事業をして借金とか何かを買って借金とかとは違います。本当にただ生活ができなかったんです)
定職についたことは一度もありません。
基本的に完全出来高制その日暮らしの人生です。
決してついてるとは言えない人生でした。
むしろ、ついてない人生でした。
母にも言われますが、「それだけのものを持ってて報われないわね~、
不器用ね~、へたくそね~、せっかく産んだのに、あたしががっかりよ~」(私ががっかりよ~)
なにより、ちょっと前まではこのカルマは一生かかっても解消できないかもしれない(恐怖!!!)
って思いに駆られながら生きてましたもん。
自分の生い立ちや家族の話をするとみんな絶句してしまうのであまり話せません。
私もみんなリアクションに困るとわかっているのであまり話しません。
想像を絶する環境です。
それでも、そんなものに負けて、惨めでみすぼらしい姿で生きるのなんか絶対にごめんだ!という思いから
運命に立ち向かって抵抗に抵抗を重ねて生きて来たから今があるんです。
流されてたら多分まだ恐れの中でびくびくしながら生きてたでしょう。
自分は呪われた運命に埋没してしまうんだという思いに負けていたでしょう。
私の体験から言って、逃げたら絶対やられる。怖がるともっと怖い目に遭う。
怖くても立ち向かうしかありません。これがこの世に生まれたものの定めです。
スピリチュアルな人が聞いたらがっかりするかもしれないけど、本当のことです。
スピリチュアルと言うのは、怖いものに立ち向かう勇気をくれたり
怖さを軽減してチャレンジしやすくしてくれるものであって
私たちの代わりに解決してくれるものではない。
けれど、その力は絶大で、絶対に私たちを裏切りません。
これってすごいことだと思いませんか?!
私たちは意志の力という武器を与えられています。
運命を切り開くための武器です。
これを使うと、人生を豊かに変える事が確かにできます。
苦を楽に変える事ができます。
地獄から天国に移行できます。
幸せに生きることができます。
美しくなれます。
すべての資質は本人が持っています。
あとは使うか使わないか、だけです。
いつも応援ありがとう~^^8位に上がりました
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!