モンスターにやられた!

シャーリーズ・セロン、私は前から好きだったんですが
彼女が13キロだったかな?増量して挑んだ、実在の死刑囚の話し
『モンスター』をギャオ(完全無料パソコンテレビ)で見ました。
2回みちゃったんだけど、まだ見たいです・・・。
そしてしかも、気持ち悪いです。かなりブルーです。
だからこそ、もうしばらく見たいです。なんともなくなるまで見たいです。
そういうのってないですか?
この主人公のリーは娼婦で(しかも超安い!)本当に救いようのない(最終的には)女なのですが
でも最終段階以前は普通の善良なそして不幸な生い立ちの女だったと思う。
外見的にはそういう苦労やすさんだ生活や他者から受けてきた扱いが姿かたちに反映されて
とても薄汚く臭そうで醜い。
この役を、美しくキュートで魅力的なシャーリーズ・セロンが演る必要があったんだろうか、と
一瞬思ってしまうほどだ。
実際、リーを演じているであろうシャーリーズの姿は画面のどこにもなかった!
悲しげに顔を歪めるシーンの2カットの中にコンマ数秒、
ああ、彼女なんだと思わせる目の表情が見えるだけで
ほとんどは彼女の姿はそこにはないのだ。
でも、100%、あの姿を作ったのは彼女だ。
そして多分、あそこまで完璧でリアルな(実際のリーをもちろん私は知らないけど)
リーを演じられたのは、彼女しかいないだろうな。
なぜ私がそう思うかというと、そこに映っているリーがどんな生い立ちで
そこから深層心理にどんな影響を受け運命の節目節目でどんな選択を強いられ
そしてまんまと運命の罠にはまり、作り出す人生から逃れられなくなって行ったかが
あからさまにそこには刻み込まれているからだ。
例え実際のリーと彼女が全然似ていなかったとしても、
映画のほうがより真実を映し出していると言っていいだろう。
(でも、以前見たリーの写真の顔つきとシャーリーズのそれはそっくりだった)
何がいいたいかと言うと、私はシャーリーズ・セロンという女優の中に
そういった得体の知れない悪魔が作り出す闇が実在し
それを形にして白日の元へさらさない限り逃れ得ない呪いみたいなものがあるんだろうと
とてもリアルに想像できるし、
それを見てわが事のようにかき乱され揺さぶられる自分がまた
同じ類の呪いの中にいると感じることを禁じえないということだ。
でも、彼女はしっかりとひかりの側に戻ってきたし
(行ったきりの噂は聞いていないからきっとそうだ)
私だって行ったきりになったことはない。
最終的には、正しい選択をするに違いない。
でも、彼女はそのためにも、職業として女優と言う仕事を持つ必要があったんだと思う。
職業だからそこには客観性という命綱がかけられ最終的に賞賛が与えられる。
どんなに狂っても戻ってくる。
それがプロの掟だ。
いつも応援ありがとう~^^7位をキープ^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

“モンスターにやられた!” への9件の返信

  1. >それを見てわが事のようにかき乱され揺さぶられる自分がまた同じ類の呪いの中にいると感じることを禁じえないということだ
     もしかしたら、私たちの中の集合意識のせいかもしれませんね。
     リーという女性がその代表としてそういう人生を選び、そして映画が作られ、シャーリーズが私たちに見せているのかもしれません。そしてそれこそが浄化なのかも・・・なんてふと思っちゃいました。(^^;

  2. シャーリーズ自信の生い立ちもまた考えられない悲惨な事件を乗り越えていますしね。
    闇も光も美しさも醜さも表現できる、賢明で強い精神力を持った女性にひかれます。

  3. この映画を見ると私は悲しくなります。愛を求めるがゆえの崩壊、自尊心の破壊、認めてくれたものだけへのかすかな望みの光。
    心のひだを演じる事から、現実に戻る時、シャーリーズに注がれる美しいエネルギーはきっと何倍にもなっているような気がします。女優業の醍醐味ですね。

  4. まき貝さんのメッセージ読んだ瞬間に、ストンと(腑に)落ちました。
    そうだと思う。
    この映画のレビューで「人を殺すことは悪だ」という意見が多かったんですが
    私はリーが悪だとは全然感じられなかった。
    どうしてだろうと思ったら、彼女には「ウソ」がまるでないんです。
    相手の女の子にはあります。だから、なんか気持ち悪いんです。
    (相手役の女優はわかってか天然かわからないくらい
    そのウソの微妙さを見事に表現してます)
    娼婦をさげすみながら娼婦を買う凡庸な男たちにもウソだらけなのを感じます。
    (そうでない人もいましたし殺された側の心情を感じないわけではありません。もちろん)
    彼女がそういった欺瞞にもう耐え切れなくなって
    銃をぶっ放す心情が、私には痛いほど理解できます。
    彼女が人を愛することを始めた瞬間、彼女がそれまで耐えてきた、彼女が幼い頃から与えられてきたさまざまな歪みがすべて許せなくなったんだと思う。
    そして本当に圧巻なのは、彼女はたった一人の愛した女の子に裏切られてもキレナイんです。彼女はそれを受け入れ許したんです。
    その部分は微妙にしか描かれていないけれど
    あのストーリーが(おそろしいまでに)感動を与えているのは、その部分なのだと思う。
    彼女の愛のかたちを非難する人はたくさんいるだろうけれど
    いったい彼女の境遇に生きたとして何人の人がまともでいられるだろう?
    彼女を地上で裁けるのは法だけであり
    私たちは学ぶことのみできると思うのです。

  5. jyakoさん
    >シャーリーズ自信の生い立ちもまた考えられない悲惨な事件を乗り越えていますしね。
    >闇も光も美しさも醜さも表現できる、賢明で強い精神力を持った女性にひかれます。

  6. rose37aiさん
    >この映画を見ると私は悲しくなります。愛を求めるがゆえの崩壊、自尊心の破壊、認めてくれたものだけへのかすかな望みの光。

    >心のひだを演じる事から、現実に戻る時、シャーリーズに注がれる美しいエネルギーはきっと何倍にもなっているような気がします。女優業の醍醐味ですね。

  7. 女優としての澪さんもどんどん見たいですが、ぜひぜひ「ほん」も書いていただきたいです。
    「本」でも「脚本」でも!
     ぜひぜひ~♪^^

  8. まき貝7816さん
    >女優としての澪さんもどんどん見たいですが、ぜひぜひ「ほん」も書いていただきたいです。
    >「本」でも「脚本」でも!
    > ぜひぜひ~♪^^

  9. 達也です。『モンスター』観ました。
    実はC.セロンのメチャファンなの
    ですが、彼女の女優魂に、惚れ直しました。
    映画の中で、アイリーンが『選択の余地なんて、
    無かった』と言っていますが、
    C.セロンにとってもこの映画のオファーがきた時、
    違った意味で選択の余地など無かったのだと思います。
    彼女の実の父は極度のアル中とDVがひどく、
    セロンが15歳の時に実の母に銃で射殺されています。
    そしてバレリーナになる夢に挫折して、
    徒手空拳でハリウッドに出てきた・・・。
    そんなセロンが、全く無名の女流監督の初作品であっても、
    汚れ役であっても、この映画への出演を<選択>したのは
    分かるような気がします。
    セルビー役の「クリスティナ・リッチ」の演技も良かったです。
    ホントに、中身の濃い映画でした。
    P.S トラバさせてくださいね。

コメントを残す