ここにいるわたし

最近ブログに向かう手が鈍っているのは
ここ(ブログの中)にいる私と実際の私のギャップを私が感じているからなんだろうなと思う。
それを埋めてまた出発したいけど、その作業すら間に合っていない感じ。
実際、変化は私の内外でものすごい加速を見せている。
書くことが追いつかなくなってきている。
あっ、と気づきがあってももう次の変化が起こっているというよな具合だ。
私がいつも変わらず探求しているのは、
私の本当の望みを知りたい、ということだ。
本当の望みを知る、というのは、
望みを実現することへの第一歩でありもっとも近道でもある。
ほとんどの人は、自分の本当の望みを知らなかったんじゃないかと思う。ごく最近まで。
催眠療法のセラピストをやってそのことを思い知った。
多くの人が自分の本当の願望を知らずに、願望がかなわないことを思い悩んでいる。
深層心理を探求することは、自分に隠された本当の願望を知り
自分が知らずにその願望を達成しようとしていることに気づくことでもある。
そう、私たちは好むと好まざるにかかわらず、思うようにしているのだ。
でも、それが気に入る結果を出さない場合は、その筋書きを書き換えることもできる。
私たちは自由意志を持っている。
けれど、なにもそのからくりを知ることばかりがいいとは限らない。
からくりなど気にかけず、起こったことにいつも驚き
感動し、体験し、あるがままを受け入れ、成長することこそが
生きることの真の醍醐味だと思うからだ。
私たちは受け入れがたいことを受け入れ許すときにこそ成長するものだ。
からくりを知るというのは、受け入れがたさが度を越したときに
器が壊れないように、そっと、少しだけカンニングすることなのかもしれない。
アボリジニの狩りのように、100%神の導きを信頼できるのであれば
それ以上何も知っている必要はない。
ただ、信頼と、感謝と、行動、それだけだ。
人生は、ただそれだけ、だからこそ私は目的を作りたいと思う。
人生はシンプルだということが自然だからこそ
私は何のために生まれてきたか、を知ること(選ぶこと)も可能だということもわかってきた。
この言葉が正確かどうかわからないが、
カルマ(の想念)に縛られている限りは生きる意味は本当にはわからない。
開放されると、生きることに意味はないということと同時に
わたくしが生きる意味が見えてくる。逆説的ではあるけれど。
つまり、それが、魂の自由であり、私が今生で体得すべき目的だ。
それを自在に使って生きる。
それが現時点で私が想像する人間としての新しいステージであり
アセンションは実はその体験の実感から生まれるものではないのか?
みんな賢くなりたがっているようだけど
賢さとは、賢くありたい、の、ありたい、の部分を捨てたときに身につくものではないかと思うのだ。
だいぶ説明できていないような気がするが、なんか伝わってくれたらうれしいと思う。
こういう体勢が今の私ということなのかもしれない。
いつも応援ありがとう~^^
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、よろしくおねがいします(^^)/
ここをクリックね~!

“ここにいるわたし” への6件の返信

  1. 本当の自分の望みなんて、考えることすらしない人が多いんじゃぁないかなぁ。でも本当に自分がしたいということを知るということはとても大事なことで、そして僕は本当の望みっていうのはそれをしたら後で後悔しない道だと思っているんだけど、意外とそういった道へ進むことって難しいんだよねぇ。そうありたいとは常々思ってはいるんだけどね。

  2. とても「伝わる文章」、ありがとうございます。AZUさんのおかげて改めていくつか感じたことをまとまりなく。。。
    AZUさんが言う「からくり」って、「自分の望むことは現実化する」ことでいい?
    「からくり」については俺も気になってます。確かに「からくり」はあるんだろうけど、その「からくり」を意識的に使い出したとたんに、本来成長すべきことができなくなってしまうのではないか、AZUさんが言う人生の醍醐味がなくなってしまうんじゃないか、という不安(?)。このまま悩んでてもいいじゃん、という漠とした思いがある。
    「自分の本当の願い」は、自分が感じる不安、恐れが見えなくしているのでは。でも最近、冷静に自分にこれまで起こってきたこと、今起こっていることをみることでぼやっとみえてきた気がする。人生には「からくり」があり、不安、恐れは必要ないと確信するときっともっと明確になってくるんじゃないかという予感がある。
    「からくり」が確かに存在するからこそ何を自分が望むか、「自分の本当の願い」を大切にしたい。
    「からくり」を当然のことと体得した(人生の醍醐味を捨てた?)うえでそこに何が生まれるのか、どんな成長があるのか。それが俺には今はまだ想像できない次のステージなのかもね。
    AZUさんの今の想いをどんどん聞かせてくださいね。
    P.S.なかなか狙って木曜に行けなくって、とっても残念。。。

  3. 私の現実社会での夢は、ミクシーのトップページにある3大の夢だけど、
    基本的に、私の望みは、創造主の唯一の神のご意思の通り、愛 で生きること。かな。
    いやあ~。あずちゃんのブログもなかなか、精神社会入ってていいね~笑。

  4. しげぞーfromオフィスさん
    >本当の自分の望みなんて、考えることすらしない人が多いんじゃぁないかなぁ。でも本当に自分がしたいということを知るということはとても大事なことで、そして僕は本当の望みっていうのはそれをしたら後で後悔しない道だと思っているんだけど、意外とそういった道へ進むことって難しいんだよねぇ。そうありたいとは常々思ってはいるんだけどね。

  5. きんきんさん!ご訪問&メッセージありがとうございます^^ようこそ^^
    そうですか、「伝わり」ましたか?よかったです。不親切な文章だな、と思っていたので。
    私はからくりの探求をやって使ってここまで生き延びてきた生き証人みたいな人間なんです。本当に、壊れる寸前みたいな状態でずっと生きてきたんです。大げさじゃなくて。だから人並みとか世間並みっていうハードルみたいな目安が自分の中になく生きてきて、愛とか幸福に常に飢えてる状態だったんですね。だからものすごく望みが高く強かったです。それゆえに失敗もまた多く、このままじゃ本当に望んでるものなんて何一つ得られないだろうという状態だった。
    5年前くらいから徐々にカルマの返済にめどがついてきたんです。そしたら、中庸ってものが見えてきた。さて、ここから私はもう一度なにを求め何を宙に描いて形にしていくか、という大事なところにいるんじゃないかなと思うこのごろです。多分、魂は結構明確な青写真を描いているような気もするのですが、それを顕在意識上にインプリントしてから進むもよし、潜在意識に任せて現実を歩んでいくもよし・・・かな?と。以前は意識化しないと恐ろしくて進めなかったし、運命に負けてしまっていたと思うんですよね・・・。あ、そうです。恐れと不安は要らないんだということが身をもってわかってきたんです。以前はもうそれらびったりと潜在意識に刷り込まれちゃって、進もうにも進めず、さらに悪循環が起こっていました。そのあたりがやっと克服できてきたんです。まだ体に残ってるけど、自覚してある程度コントロールできるようになりました。そうすると今度は、信頼とワンネスの道が見えてくる。そうすると、からくりというのは誰かのために使うものだという感じがしてきて・・。いろいろ気づきをいただき感謝です。またいらしてください^^またお会いできるのが楽しみです^^

  6. 小巻さん
    >私の現実社会での夢は、ミクシーのトップページにある3大の夢だけど、

    >基本的に、私の望みは、創造主の唯一の神のご意思の通り、愛 で生きること。かな。

    >いやあ~。あずちゃんのブログもなかなか、精神社会入ってていいね~笑。

コメントを残す