最近たれ目みたい

初詣でお目にかかった長谷寺の観音様が目に焼きついてるからなのか
3丁目の夕日見てたくさん泣いたからなのか
どうも目がたれ目です。
いいことかなと思ってますが^^
観音様がとても気に入ったので、最近はお経をよく唱えています。
私は子供の頃おばあちゃんと兄弟と遊びながら
般若心経を半分覚えていました。
大人になってからいろいろ勉強して
もったいないので残りも覚えましたので、
お経が唱えられます。
でも私は特に宗教にこだわりがないし
大学はクリスチャンだったし
マリア様が大好きだったりするので
よく「めでたし」のお祈りをしたりします。
なぜ祈るのかというと、祈りによって実際に助けられた体験がいっぱいあるから。
マリア様だけじゃなく、そのほかの神さまにもたくさん助けられています。
ですからお礼を込めていつも祈ります。
大学の時の前島先生(うしろ姿のイエスの著者)の講話で
「宗教を選ぶのは女房を選ぶようなもんだ。
他人の女房にけちをつけるなんてばかげているだろう」とおっしゃったのが心に残っています。
で、ここのところお経を唱えてみて感じるのは
ひとつの祈りはすべての聖なるものへ通じているなぁということです。
逆に言えば、すべての祈りはひとつところへ通ず。同じことだなぁ。
もちろん、祈り方によっていろんな傾向はあるけど。
般若心経は、空(から)になるのにやっぱりいいです。当たり前か。
てくてく歩きながら唱えたりしてると、いらぬことを考えなくて済みます。
するとものすごくよいことがありますよ。
「人間は思ったようになるもの」なので
いらぬことを考えていると
いらぬ現実を引き寄せてしまいます。
いらぬことを考えないと、物事はなるようになります。
意識の深いところの思いが実現します。意識しようがしまいが。
必然、魂が本当にしたい学びや体験がしやすくなります。
悲観と雑念の塊のような私だって、随分頭が軽くなります。
今朝は早朝(普通の方のお仕事の時間)から仕事の打ち合わせがあったのですが
昨夜も余計なこと考えずにわりと眠れたのでよかったですよ。
人間にとってよけいなことを考えるほどエネルギーをロスすることはないですもんね。
心配・不安の塊だった私を振り返って本当にそうだったなと思うのです。
ひとつの(好きな)ことに集中すると
余分なエネルギーをロスしない生き方ができるのでよいですが
「それ」を失った時はもとよりひどいことになってしまうことが多いです。
やはり生きてるだけで万々歳状態で生きていたいものです。

“最近たれ目みたい” への2件の返信

  1. 私の場合はお経じゃなくて歌ですが今日似てること感じましたよ。
    よく一人で自転車に乗ってたりするといらぬ想像をしたり考えがちだったけど、
    今日はほんとに無心で歌が口をついてでてきた。
    そしてその間はほんとになーんも考えてないの。
    現実は本当に自分の思うとおりになるということや、すべて偶然でははないということにも最近確信をもって信頼してるので恐れるものがなくなってきました。毎日好きなことして楽しくすごしているだけですべてが上手くいくんですね。

  2. Jこさん
    >私の場合はお経じゃなくて歌ですが今日似てること感じましたよ。
    >よく一人で自転車に乗ってたりするといらぬ想像をしたり考えがちだったけど、
    >今日はほんとに無心で歌が口をついてでてきた。
    >そしてその間はほんとになーんも考えてないの。

    >現実は本当に自分の思うとおりになるということや、すべて偶然でははないということにも最近確信をもって信頼してるので恐れるものがなくなってきました。毎日好きなことして楽しくすごしているだけですべてが上手くいくんですね。

コメントを残す