歌う

歌を歌うという仕事をさせていただき始めてから
3年半が過ぎている。
NYに行ってからまる4年だ。まる4年かぁ・・・
歌を歌うたびに私の中で何かが生まれたり何かをみつけることができる。
今は毎週3日、一日に12曲を歌っている。
NYでのことをHPに書いていたが
肝心なものすごい体験のところはまだ書いていない。
簡単に書いてしまうのがもったいなくて
ちまちまと書いていたら本当になかなかたどり着かなかった。
でも、その時の感覚は薄れるどころか
今すぐにでも再現できるほどに
私の細胞の中に息づいている。
日本ではソウル、という言葉は歌のジャンルのタイトルとして使われているみたいだけど
NYでは、特にブラックの人々の間では
歌はソウルがあるかないかに分かれていて
ソウルがないものを彼らは認めない、という感じを受けた。
彼らはソウルを求めて街に出る。
そんな彼らが日曜の夜に集まるライブハウスがある。
かの有名なブルーノートの向かいにある
ヴィレッジ・アンダーグラウンド。
私は向こうで知り合ったあるガイドのおじさんに、
本に載ってないようなすごいところを教えてあげると言われて
連れて行かれた。
確かに観光客は私たち数名だけで
あとは、明日を夢見てステージに上がる人とソウルを求めてそれを味わいにくる
ブラックの人々がひしめき合う。
テーブルは予約と行列でびっしり。後方のカウンター前は立ち見で満員電車のようだ。
そこで毎週日曜に行われるのがオープンマイク。
アポロシアターの勝ち抜き戦のような歌合戦だが
そこでは特に賞とか肩書きはなく
あるのはソウルを求める人たちの賞賛もしくはブーイングの歓声だ。
私は、どんなことがあってもNYで、歌って、何かをつかみたいと心に決めていた。
その日の昼間、バードランドのブランチでお店がガラガラだったため
もしかしたら頼めば歌わせてもらえるんじゃないかと思い
コーヒーカップを持つ手をぶるぶる震わせながら
とうとう言い出せなかったという失態をしていたので
次のチャンスこそは絶対に、何がなんでも逃すまいと決めていた。
チャンスはその夜すぐに巡ってきた。
ヴィレッジ・アンダーグラウンドでは当日のエントリーで出場者が決まるらしく
その日はまだ枠があったのだ。
早い。NYに来てまだ1週間ほどのことだ。
エントリーさせて、と、ガイドのおじさんに言った。
おじさんは、そりゃ、できるけど、無謀だな、という感じで当惑気味だ。
・・・日本人などここにはほとんど出たことがないが
ずっと以前に、NYのボイストレーナイーについて数年修行したティーンの男の子が出たとき
ここで賞賛を浴びたことがあったよ。・・・ま、どうしてもやるなら止めはしないけどね。
知ったことじゃない。私にはそんな余裕はないんだ。
GOしてしまってから私の心臓は飛び出すか死んでしまうんじゃないかというほどに
大暴れしだした。私は極度のあがり症だった。
エントリーしても順番は一切わからない。
ステージから司会のメラニーが名前を呼んで初めて出番がわかる。
トイレに行くのもドキドキする。
もちろん打ち合わせもリハもない。
メラニーはメタボを通り越してひゃっかん○ぶという感じの体格で
しかもものすごいシンガーだ。
バックの演奏者たちも抜群の人たちで
曲名とキーを聞いてその場でほぼなんでも演奏してしまう。しかもうまい。
もう、抜群に。
メラニーを含め、マライア・キャリーのツアーメンバーだという人も何人かいた。
そしてとうとう、その時が来てしまった。
私は待っている間中、過呼吸しながら
極限まで緊張してしまおうとしていた。
緊張の峠を越えてしまう作戦だった。
メラニーがいぶかしげに私の名前を呼んだ。
アズゥ?という感じで。
私がほぼカンペキに舞い上がった状態でステージに上がると
満員の場内から、軽いブーイングが起こった。
「あんた、場所を間違えてない?」といった感じだ。
そうなのだ。そこにいる観客は、観客でありながら
たまに会場が盛り上がった時にメラニーが会場にフると
誰でもアドリブでフェイクしてしまうくらい、ハイレベルな観客たちなのだ。
もちろんべらぼうにうまいしすごい。
私はキーボード奏者に曲名とキーを告げようとしたが
なんて言っていいのかもよくわからない。
その時私が歌えた数少ない曲から
「オールウェイズ・ラブ・ユー」とキーの「エフ」だけ言うと
彼は、わからない、と言うように肩をすくめる。
完全になめられてる。
私は、負けられない、とばかりに、いつものキーで最初の部分を彼の耳元で歌い始めた。
合っていたかどうか定かでないけれど
彼はその勢いに押されたのか、「わかった、OK」と言って
バンドメンバーにキーを伝えてくれて、なんとか演奏が始まったのだ。
何が通じたんだかもよくわからない。
私はとにかく、私の本気の声を出そう、とそれだけに集中した。
私の魂[ソウル]の声。
私が歌いだすと、信じられないことに会場が一瞬静まり返った。
そして、歌が進むにつれ驚きの囁き声が聞こえた。
それから曲が盛り上がると、だんだんと歓声に変わり始めたのだ。
客席から笑顔と拍手と口笛と歓声があふれ
それまで動いていなかったミラーボールが回りだした。
そしてシューとスモークが焚かれたのだ。
私は昔やった芝居のワンシーンの中にいるようだった。一瞬それがシンクロした。
バレーダンサーを夢に見て娼婦に落ちぶれたナオミがNYの街に立ち
そこに振付師のジェシー・マーチンが現れナオミのために用意した劇場に
彼女を立たせる。
という劇中劇を夢見る、バレリーナからストリッパーに落ちぶれた明美に
ヒモのシゲさんが最後の贈り物として
そのシーンを演じるというシーンだ。
ミラーボールが回りスモークが焚かれ
ヒモたちは盛装して明美を囲んで踊るのだ。
私は何層もの夢を現実にしているような
不思議な感覚に見舞われた。
歌い終わると多くの観客が立ち上がり
私をハイタッチで迎えてくれる。
帰り際にも何人もが「楽しませてくれてありがとう」とか
「あなた、思うにお国ではプロの歌手ね。その声は、ジャズだと思うわ」
「どこのトレーナーについているの?」などと声をかけてくれた。
NYで輝かしい洗礼を受けた私の冒険は続いた。


人気blogランキングに参加しています。
1日1クリックで応援お願いします!
ここをクリックしてね~^^

みつけた

わたしが何をめざしていたのか、みつけてしまった。
これでした。
この著者は、そうです。数年間ほとんど食物を摂らず、光だけで生きている人です。
前作のこの著は知っていたのですが
食べない人というインパクトが強すぎて、まだ(私は)いいやと思っていました。
でも、神々の食べ物を読み始めて、ビシィっとわかってしまいました。
私は、現世での最大の贈り物はパートナーだと思っています。
私がパートナーに望むことは、私と一緒に冒険の旅を楽しんでほしいということ。
変化を恐れず、人間や地球の未知の部分に好奇心を持ち
楽しんで発見して味わって生きるという冒険を一緒に楽しみたいというのが
私の夢でした。
そりゃぁ望むところだ、ついてきな!と言ってくれるようなパートナーと一緒になれて
さて、次なる冒険のテーマを具体化しなければ・・と思っていた矢先です。
私は、何かの分野で達人やら一番になる、というような願望は
とうの昔に消えています。
もし一生に一度だけ魔法を使えるのなら
私はいつでも魔法を使えるようになる魔法をかける!と思います。
私は、自由な存在になりたいのです。
『自由とはあらゆる命を尊び、その繋がりを知ることだ』
というようなことを以前日記で書いたように思うのですが
なぜ私がそう思ったのか、ということも
この本を読むとよくわかりました。
完全に自由であるということは
あらゆる飢え(欲すること)から解放されることであり
必要な滋養はすべて(肉体のための栄養であろうと)
内なる神から得ることができるという道に至るということでした。
もちろん現時点で私は食べることをやめるつもりはないですが
ずっと以前から感じていたのは
何を食べるか、よりも、どんな思いでいるか、のほうが
からだに及ぼす影響はずっと大きい、ということでした。
栄養成分やカロリーは私には、世間で言われるほど重大ではないと感じていました。
自分は、ここで何をするんだろう?とか
その先になにがあるんだろう?とか
少しでも思い当たる人にはお勧めです。
私はまたDNAが目覚める音を聴いています。


人気blogランキングに参加しています。
1日1クリックで応援お願いします!
ここをクリックしてね~^^

オーガニック

都立大学に越してきて、まず困ったことは
物価が高いということでした。
特に野菜。
スーパーマーケットが駅周りに1件しかないので
競争がないためか、
おおいばり価格です。
ちょっと遠出してあちこち探索してみたけれど
まあだいたい同じで
画期的な解決に至らずにいたのですが
見つけました。
目黒通り沿いに、自然食品の店『ナチュラルハーベスト』があります。
こういうお店の野菜は大体において、私にとっては非現実的な価格なのですが
ここは違いました。
幅がありますが、安いものだと例えば小松菜78円、なんていう
沼袋時代のような懐かしい価格を目にすることもできます。
しかも、・・・・本当においしいんです
真夏日の最近のお気に入りは
有機野菜のサラダ。
わさび菜、アマランサスの葉などあまりお目にかからない葉もあり(100円前後で!)
色鮮やかでほんとに元気がいい。
手にとってお皿に盛り付けるだけで
なぜかワクワクしてくるくらい元気がもらえます。
植物ってこうなんだ!って思います。
それにとうとう取り入れた亜麻仁油(フラックスオイル)をドレッシングに。
このオイルはアンチエイジングの鬼がもっともお勧めしている
美と健康になくてはならないオイルです。
イタリアの子供は給食ではすべてオーガニックの野菜を食べているそうです!!
『おいしい』ってなんだろう。
元気な野菜に触れて思うのは
味付けはシンプルなほどおいしいということ。
岩塩とハーブだけ、で驚くほどおいしいおかずができます。
私たちはおかしなものをたくさん食べて育ってしまったけれど
(給食で毎日トランス脂肪酸-マーガリン-がでるとか)
日本の子供たちを食で救える部分は大きいのではないかと思います。


人気blogランキングに参加しています。
1日1クリックで応援お願いします!
ここをクリックしてね~^^

アート

私の人生は何か、と一言で言えばまことに「アート」です。
もの心ついたころからそうじゃないかとは思っていましたが
なまじっか、アートに類似する職業をしていたために
アートという言葉にするのをためらうことになっていたように感じます。
でも、もう自分の職業がなに、とか立場とか身分とかは
本当になんでもいいというか、便宜上の名前としか感じなくなっている今
改めて総括すると、アーティストです。
今しがた、言葉にしたい思いがあって、ヒントを探していたところ
見つかりました。
『アーティストとは、新しい何かに入って行き、
探求し、発見し、学び、体験する者、魂、存在のことです。』
アートと呼ばれる職業に就くという意味ではありません。
そうです。私が言いたかったのはそれです。
私はよく、周りの人に言います。
「宇宙のやり方で、やってみて」と。
それは、エネルギーに従い、ただそれを流す、というやり方です。
人間がこれまでやってきた、物質だけを見たやり方とは違い
誰かが豊かになれば誰かが損をし
誰かに勝つことで何かを得るというような法則上にはなく
シンプルで無限です。
私は、『もうこれ以上殺さない』ためには
このやり方を人間みんながマスターし使って生きるしかないと思っています。
古いやり方で生存していく限りは
私たちは直接手は下さなくても
遠まわしに『殺し続けて』行くしかありません。
私たちは誰かが殺したり奪ったりすると眉をひそめて非難します。
それが『自分は危害を加えない』という主張であるように。
けれど、まだ、今のシステムで人間が生きる限りは
多かれ少なかれ、人は殺し奪い損ないます。
子供が殺したり損なうと大人は嘆いたフリをするけれど
私たちは(社会いは)遠まわしに子供たちにそれを教えます。
子供はこの世に完全な無条件の愛を持って生まれてきます。
子供は無条件に親を愛します。
最初に条件付の愛を子供に教えるのは大体において親です。
子供が地上にもたらす、無条件の愛を育めるような社会を創るために
私は宇宙のやり方を地上に降ろしたいと思います。
すべてのアーティストたちと共に。


人気blogランキングに参加しています。
1日1クリックで応援お願いします!
ここをクリックしてね~^^

私のなかの神を生きる


ご無沙汰していました。
現実がおもしろいのでどうも書いてる場合じゃなかったですФ
あ、そういえば体調も悪かったんだ。忘れていました・・・
多分そういうのも含めておもしろかったんだな^^
入梅前の最高なお天気で、今一番楽しいのは『うちカフェ』です。
うちのでっかいベランダでパラソルを広げてお茶です。
ちょっとづつお花も増えています。
昼下がりにお友達とそんなうちカフェをするのは
ずっと前からの夢だった気がします。
「なにこれ?!リゾートじゃん」と友達が言ってくれたりすると
すごく嬉しい。そうでしょ?!ぷちリゾートでしょ^^
ぷちリゾートのすばらしい利点は
かなった夢の空間であるがゆえに
さらに夢がふくらんでいくということです。
現実化のオーラに包まれています。
そこで様々なお話しをすると
それがあたかもかなった夢であるかのように感じられます。
夢をかなえる一番の方法は
それがかなったと実感することですから
かなった夢の空間で暮らすのがもっともパワフルです。
人生は人それぞれで
最初からそういった作業が比較的容易にできる環境から出発する人もいます。
幸せを想像することすら困難なところから出発する人もいる。
私は後者だったので
意識を猛スピードで変化させ続けてきました。
でも、意識を変えることは
法律を変えることよりはとても簡単です。多分。
他人にとやかく言われることもなく
誰にも宣言なしに、マイペースで進行できます。
そして、変わるのは『瞬時』です。
意識を変えると、現実はそれにともなって勝手に変わっていきます。
その変化はとてもエキサイティングで感動的です。
毎日が芸術的な独立した生き物のようになります。
それが自分の人生の創造主になるということです。
 
まず、今ある現実は自分でつくったものだと受け入れることから始めるといいと思います。
そこさえマスターしてしまえば
あとはとても簡単。
意識を広げるには
受け入れ難いことを受け入れることです。
ですから困難な道にいる人は
それだけチャンスが多いとも言えます。
地上を、創造主の集う楽園に!


人気blogランキングに参加しています。
1日1クリックで応援お願いします!
ここをクリックしてね~^^