天使?

声がなかなか回復せず困ってます。
毎晩咽喉に鍼してもらっていて
鍼は効くんです。
その場でよくなるんだけど
その後の自力の回復が皆無なので
鍼のちから分しか回復しません。
なのでものすごくちょーっとずつです。
明日、歌なんだけど・・・・
今夜のミラクルを期待するしかない感じです。
ところで!
しょんぼりばかりしていられないので
昨日はちょっと歩きました。
駒沢公園を歩いて帰り道に
呑み川緑道の柵沿いを歩いてました。
向こうからランドセルを背負ったちっちゃい子とおばさん
(若いけどもしかしたらおばあちゃんかな)が追いかけっこしながら走ってきました。
2人ともきゃっきゃ笑ってました。
ちっちゃい子が私の真正面から来たので
よけてあげようと思ったんだけど
柵沿いだったのでうまくよけられなくて
どうしようかな、と思ったら
その子は何の迷いもなく
『ゴール』みたいな感じで
私にぴとって抱きついてきました。
おばさんはごめんなさいね、って言ってるんだけど
子供はにこにこでご機嫌にまた走って行きました。
私はガラガラの声で「がんばれ~^^バイバイ」と言いました。
こういうのってよくあることなのかな。
以前友達とロスに行った時
同じようなことがあって
ユニバーサルスタジオで
アトラクションに友達2人と共に
なが~い行列に並んでいた時
むこうのほうで2歳くらいのよちよち歩きの白人の女の子が
転びそうな勢いでちょーご機嫌よく走りまわっているのを
何の気なしに見てたんです。
後ろをまるまる太ったおかあさんが追いかけていて。
そしたらその子はむこ~うのほうから
だぁ~っと走ってきて
その時も何の迷いもなく
私めがけて来て
どうしようかなぁと思ったとたん
ど~んと私の片足に抱きつきました。
私もびっくりしたけど
その子のおかあさんもびっくりして
あと、長い行列を作っていた人たち(みんなアメリカン。多分)が一斉に
「おぉ~~~ぅ」とどよめきました。
一緒にいた友達があまり驚かなかったので
普通?なのかなと思ったけど
あれはロスの思い出の中でも1番くらい印象に残っています。
あと、こないだは病院の待合室で
おかあさんと生まれたばかりの妹と男の子(2歳くらい)が
来ていたんだけど
その子は電車が大好きみたいで本を開いて「電車あった!新幹線、あった!」と
近くのおばちゃんに話しかける陽気な子。
私はあまり元気じゃなかったので知らん顔してたんだけど
おかあさんが治療室に呼ばれたら
なぜかその子は一緒に行かず
座っている私の前に来てちらっと私を一瞥してなにか言いたそう。
私は仕方ないので「遊ぶ?」と聞いたら
その子は満足そうな顔で
自らソファの私の隣によっこらしょと上がってきて
ものすごい勢いでものすごくはっきりとした口調でご機嫌にしゃべり始めたんだけど
それが日本語じゃないの。
身振り手振り付きで
おもむろに私の腕にぴとっと頬をくっつけてもたれかかったりしながら
おかあさんが診察終わって出てくるまでずっと。
さっきまで片言でしゃべってた日本語とは違って
ものすごく流暢でした。
内容は残念ながらわからなかったけど
なんだか励まされました。
私は思うんだけど、なんか、子供が私を見る目線が
同等、みたいに見られてる気がしてなりません。
私自身、子供をあやす、みたいなのがあまり得意ではなくて
「この人なに考えてるのかなぁ」
と、基本的に観察してしまいます。
いつだったか、公園の滑り台のてっぺんで一人で遊んでた時
男の子が話しかけてきて
「一人で遊んでんの?僕はおかあさんときたんだ。何歳?ぼく6歳。なんの絵描いてるの?」
と言って遊んでくれました。
だいぶ経ってから「あ、あれ、僕のおかあさんだよ」と言われて見たら
私よりずいぶん若いおかあさんでした。
でもその時も、その男の子は絶対
おかあさんよりもっと大きい人と遊んでる感じではなく
一人で遊んでる子だから、って感じで
遊んでくれたんですよね・・
ちっちゃい子によく励まされてるな。
ちっちゃい子ってすごいですね。

まいったぁ~(><)

歌うと調子が良くなるということで
歌ったら案の定調子が良く
さらにピアノは大好きなちぐちゃんの音で
ぐっと熱くなって
お客さまの声援も手伝って
やった!と思ったら
今朝起きたら全く、ほぼ全くもって
声が出なくて
今日は講師の仕事をおやすみせざるを得なくなってしまいました。・・・
歌の仕事始めて5年余、
多い時で週4日歌ってて
こんな事態だけは絶対ダメ!と
ものすごく大事にしてきた咽喉なのに
やってしまった。
今、ジャズパレスをおやすみしていて
歌はサンクの週1にしているので
それもあってちょっとがんばりすぎた。
ちょっと、もうしばらく、静養します。
咽喉鍼もやってもらいます。
ところで・・・
病気の話しばかりだとつまらないので
なんか書きたいです。
さっき、西村雅彦さんが、世界旅行をした番組の番宣をしていたんだけど
ものすごく行きたいなぁと思いました。
巨大なゾウガメやアザラシと遊んでいました。
私もゾウガメやアザラシと遊びたいです。
西村雅彦さんにも遊んでほしい。
なんか遊んでくれそうな気がする。
私だけ楽しんでて、むこうはなにがおもしろいんだかわからなくて怒ってそうだけど。
すごい妄想ですが。ははは・・・
劇団ひとりさん原作の映画「陰日向に咲く」が話題ですが
西田敏行さんのシーンだけ見たい!
そこだけでいい。
さて、今年も1月が終わりに近づいてきました。
そうやってあっという間に時間が過ぎていきます。
大好きなことや大好きな人たちと
なるべく心を分かち合って
あったか楽しく過ごしたいものです。
では^^

ダウンしました

いやぁ~ひっど~い風邪です。
峠は超えました。
ひたすら寝てました。脳細胞があほになっちゃうくらい寝ました。
ようやく、熱と頭痛から帰ってきました。
まだぼろぼろですが。
なんで人間って風邪ひくのかなぁ。
でも、昔より立ち直りが早くなってる。
あと、昔は風邪ひいて寝込むと
心もおちこんでたんですよね。
悲しくなったり、なぜか罪悪感にさいなまれたり。
そういうのがなくなりました。いらないですよね。
よかった。
いらないものがなくなった確認ですかね。
風邪はただの風邪になりました。
最近テレビのコマーシャルで
風邪ひいたら
○○飲んで、寝よ!
とか
重役会議で偉い人が部下に
休んでいなさい!
とか言ってるのが多いですよね。
以前なら、これ飲んでがんばろう!だった気がしますが。
風邪ひいたら休まないとだめですね。
みんながそうだといいな。
で、元気な時うんとがんばろう。
それがいいと思う。
ぴぃす。

らぶは地球とエコする

こないだメイクのともちゃんとそんな話しをした。
今はたかが夫と2人の家族ですが、
でもやっぱり主婦はがんばらないと大変。
お家の中を快適にするという共同作業は
とても大事だと思い知る毎日です。
お互いが快適、という状態を作るということは
互いをよく知ることにもなります。
思いやりそのものです。
家事はすべて、家族への愛の表現です。
思えばひとつひとつは不毛な作業のようだけど
家族が健康で、喜ぶからこそできるもの。
特になんといっても「食」を管理するのは
最重要なお仕事ですよね・・・
人のからだは、食べ物と日々の思いから作られる、と
エドガーケイシーもおっしゃっていました。
うちの場合、だんなさんが食べるものはほぼすべて私が作るので
最初のうちは結構過敏になっていました。
彼の体調、体重、すべて自分の責任のような気がして。
もともと痩せているのですが
どんどん痩せていったりすると何を食べさせていいか悩んだりしてね。
だけど最近思うのは
夫婦で同じものを食べるのはものすごく大切なことだなということです。
同じものを食べていると
体重、体脂肪の上下、それから食べたいものやタイミングが
超能力かってくらい一緒になります。
からだが欲するものが合ってくるんでしょうね。
そうすると
とてもいいことがいっぱいあります。
まず、おいしいと感じるものが一緒なのでとても楽しいです。
(欲してるものがおいしいから)
そして、なに食べたい?と聞くと、私が考えていたものが
答えとして返ってきます。
出かけて外食の時も意見が合います。
それから管理の仕方が楽になります。
自分のからだに足りないものや欲してるものを考えれば
相手のこともわかりやすいからです。
(もちろん、体質が違うので考慮は必要ですが)
うちの場合、だんなさんが鍼灸師なので
東洋医学的に食を考えます。
食が健康にとってとても大事だ、という共通の認識があるので
それを共に実行するのは
またひとつ楽しい共同作業でもあります。
家の中のひとつひとつを家族が意識を持って取り組んでいくと
無駄なことが減っていき
環境のことも考えるようになり
「便利」であることより
相手を喜ばせることや、
みんながここちいいことのためにがんばれるようになってきます。
愛する人と暮らすと地球にもやさしくなるんだよ、というお話しでした。

また深夜のお仕事


いつもヘアメイクをしてもらった写真撮るの忘れてしまうので
昨夜はしっかり撮ってきました。
プロの手にかかるのはとても嬉しい
ショップチャンネル控え室にて。

ストレッチのひみつ

芝居をやっていた時代のトレーニングのストレッチが
今でもとても役に立つ。
劇団では私がインストラクターをやったので
あちこちで披露することがあったけれど
とても好評だった。
結構きついので、内心みんな嫌がっているのではないか
と思っていて
やらない日があると
「あれをやってくれ」とみんなからリクエストされたりした。
やった後の体感がたまらなくいいらしい。
私も、これがなくては芝居ができない、というほど
絶対必要だった。
2週間くらいやると、見た目もオーラもみんな違ってくる。
ひみつは、「しゅ――――――――――――・・・・・・」
と言いながらやるというところだな、と
改めて思った。
私がみんなの前でやる時は
カウントを数えながらしゅ――――――・・・・と言うわざを持っていた。
みんなもしゅ―――――――――・・・と息を吐きながらやる。
息をはく、と言うのはストレッチの基本だし
ヨガも呼吸が命だが
はぁ~~~~~~とか、無音だと、どうも違う気がする。
久しぶりに思い切りしゅ――――――・・・・・・とやってみたら
やっぱりすっきり度がべらぼうに違う。
息を、細く、長く、意識的にはくところと
ひとつの動作をひとはき分、ゆ~っくりやれるところが多分みそ。
お正月にたるんで不快なところがあったら
ぜひお試しください。

初仕事♪

初仕事は、shop channelでした。
このお仕事も2年目に突入しました。
完全生放送で、フリートークで1時間しゃべり続けます。
2年目になっても、毎回出の前は緊張します^^
でも、なかなかやりがいのあるおもしろいお仕事なので
今年の幕開けはなかなかエキサイティングで嬉しいな。
最初のころは本気で泣きながらやってたけど
楽しめるようになったということは
何かが進歩したってことかな。
何事も経験です・・ほんとに。
演技のレッスンの先生をしてるんだけど
毎回生徒ちゃんの誰かが泣いたりしてるのを見ると
私は、いいなぁ!うらやましい!なんて思ったりする。
だって、それは確実に、自分の壁とガチンコで対面して
なんとか突破しようと取り組んでるってことだから。
進化以外の何者でもないです。
私も、今年もガンガン進化しようと思います。いぇ~ぃڤ

大吉


あけましておめでとうございます

クリックで応援いただきありがとうございます!