こうのとり

私、結婚する前はよく
もう結婚はあきらめてる人と間違われました。
結婚してからはよく
もう子供はあきらめてる人と間違われますけど
私は全然あきらめていません。
とても健全に望んでいます。
子供を健全に望むようになれたから
結婚したと言ってもいいかもしれません。
私と夫は4年半前くらいから付き合っていて
そのころ夫は26歳でした。
彼は、これから鍼灸の専門学校を受験しようとしていたところで
うまく合格すればこれから3年間学生になろうとしていました。
私は37歳になったところで
NYでの最高な大冒険から帰ったばかり。
これからそれを日本でどういかそうかなぁと
動き出したところででした。
付き合い始めたころ
私は何度となく後戻りをしようと試みました。
30代の私はもてまくっており
10歳だろうがひと回り下のイケメンだろうがこわくなかったのですが
いい加減、本物のパートナーを求めていました。
若くて好奇心旺盛な若者の単なる興味の対象になるのはうんざりでした。
それで、もう会うのはやめましょう、と言うのですが
彼はけろっとして会いにきます。
聞いてなかったのかと思うとそうではなく
「あれはなんだったの?
いいようにとれば、もっとちゃんとこっちを向いてととれるんだけど」と
にこにこしながら言います。
あまりの前向きさに巻き込まれてしまって
葛藤が消えてしまうほどでした。
だけど思慮深い私はいろいろ考えていました。
見た目は若かったけれど
37歳には違いなかったので
最速でも立派な高齢出産であること。
彼はまだまだ人生が始まる前の、
ひよこになる前のような状態で
人生の重要な選択の時期はまだまだ先だろうこと。
けれど、彼もいずれは結婚して子供もほしいということ。
学校を出てさらに修行にどれほどかかるかわからないということ。
そして今のところ、
私と一緒にいたいと考えているということ。
どう考えても、パーツが整合しない状況でした。
私の希望は、
『もしパートナーと出会ったなら
なるべく早く結婚して
子供を作るのにいい環境を整えたい』でした。
なので、彼とのあまりの不整合な状況に
やっぱり彼は運命の人ではないのでは?という葛藤が湧いてきて
早く彼と別れて本物の相手を探すべきなのでは?
という心の声、
でも、彼との時間が経てば経つほど
こんなにぴったりとくる人はいないという思い、
そして彼と一緒に居るのなら
絶対に彼を幸せにしたいという思い、
その時が来て彼が望んだ時
私にもう子供が望めないというようなことは悲劇だという恐れ、
様々な思いに日々翻弄され続けました。
それで私はある時彼に言いました。
私はあなたより年上だし
今わかっていることをちゃんと話さないといけないと思う。
あなたが学校を卒業する時私は40歳になっている。
(37歳の私から見ても40歳というハードルは
はるか上方の未知の世界にありました。)
私があなたと一緒にいるということは
あなたの学生の3年間を
私は無条件に受け入れなければいけないということ。
私の希望とはだいぶ違っている。
それに私は
あなたが私を選んで、そして望んだ時、
あなたの望む子供を産んであげられる年齢でいたい。
結果としてできないということは
年齢に関係なくおこり得るけれど
でも、私はあなたが思っているほどは時間がないんだということは
私はあなたにちゃんと言ってあげなければいけないと思う。
それはあなたより私のほうが知っていることだから。
私はそれほどの思いでいるし
それを今のあなたが背負うのは大変なことだと思う。
それでもあなたはまだ私と一緒にいたいと思う?
もし、そうでないなら
今、私とは別れてほしい。
でないとお互いに不幸になってしまうから。
もちろん私は泣きじゃくっていたし
こんなにきれいな言葉では言えなかったけれど
でも、精一杯フェアに、誠実に、彼に伝えたつもりでした。
すると彼は、
いまだに最初で最後だけど
そんな思いでいたなんて知らなかった、と号泣しました。
ごめんよ、ごめんよ、と何度も言いながら。
あんな姿はそれ一度きりしか見たことがありません。
そして、やっぱり今の自分には何も約束することはできないけれど
でも、それでも一緒にいたいとやっぱり思う、と言いました。
私はその姿を見て
もう、後ずさりをするのはやめよう、と思いました。
どうなるかはわからないけれど
とりあえず前に進んでいこう、と。
それから3年間も
同じ課題で何度となくひどい言い争いをしました。
そして解決策も見つからないまま
だけど、それでも、ずっと一緒にいたいと思う、という答えだけは変わらず
一度も約束しないまま
昨年春になって、私たちは結婚しました。
もうすぐ一年が過ぎようとしています。
しあわせな生活ではありますが
この一年でもっとも印象的な出来事は、最低な出来事でした。
正直昨年の後半は立ち直るのに費やしてしまいました。
でも、夫婦の絆を育てるのには必要な出来事でした。
こうのとりはまだやってきません。
最近になってようやくわかったことですが
人間はちゃんとタイミングを計って
赤ちゃんを作ろうとしても
成功する確率は20%ほどしかないそうです。
高齢出産がハイリスクだとは知っていましたから
それは甘んじて受けるつもりでも
赤ちゃんが宿ることが
こんなに難しいことだとは知りませんでした。
多分、本当に望んで、待ってる人でないと
知らないことが多いのではないでしょうか。
もし早くにわかっていたら
2人のどちらかがおそれをなして
この道のりを回避していたかもしれないな、と思ったりもします。
でもとにかく
今がこうして在ることに
私は感謝しています。
二人で乗り切れば
嬉しさは2倍
悲しみは半分
これだけは間違いないと思います。

明日未明

ショップチャンネル、やってまいります。
朝4時から5時という、どうがんばっても一番寝てる時間帯ですが
がんばって楽しんできます♪
衣装がワンパターンなんですがそろそろ新調したいなぁ~☆

勃発

この冬何度目かのこっぴどい風邪です。
昨夜は幻覚にうなされました。
今、昨日のサンクでの自分の演奏を聴いてるんだけど
あれだけの鼻水やら咽喉やらのわりには
普通の声で歌ってます。よかった。
多分、行きの電車の中で
神さまにちょーお願いしたのが効いたんだと思います。
だって、歌ってる間だけは鼻水止まるんだもん。
それにしても広重千草のピアノはいいなぁ・・・ϡ
いつもだけど
助けられています。
なんで、私が望んでる事をわかってくれるんだろうね。
愛だね。
多分、私のテレパシーと彼女のテレパシーの波長があってるんだと思ってる。
彼女の弾いてる姿がまた美しいんですょ。
いろいろなイメージがオーバーラップしてきます。
時々、黒人の盲目のピアノ弾きが見えてきたりします。
彼女にそう言うと、別に驚いてなかった。
あぁ、そうかもね、という感じで。
話していても、私が考えていたことを先に言われたり
あと、声出さずに心の中でしゃべっていると
「え?なに?」と聞き返されたりよくします。
「いや、まだしゃべってない」とか(^^)よくあります。
先週は彼女、「私、フジ子へミングみたくなるよ」と
いきなり言ってました。
私、フジ子大好きなので嬉しかったです。
広重千草的には
「フジ子には否定的な意見が多いけど」
という意味を含め
「だけど、彼女みたいな演奏があってもいいんじゃない?私はあれにならなれるよ」
という意味合いだったみたい。
私は、ああいうのがいいでしょ!って思ってたので
やっぱり、どうりで私、広重千草好きなんだ、間違ってないね。
今、昨日の『let it be』を聴いてるんだけど
これなんか、もう、こういう風にアレンジしてほしいっていうのが
そのまま、
初めて彼女とやった時から何も言わないのに出てきた。
普通は、こんな風には弾いてもらえないんだよなぁ。
私に音楽的ボキャがもっとあって
自分でこんな風に、とか、やってみせられたらできるのかもしれないけど
(いや、それでも、こうはならないだろう)。
彼女にそう言うと、
それはAZUちゃんがそういう風に歌ってくれるから
そういう風に弾けるんだよって言ってくれて
嬉しいんですけど。
let it beは、歌ってるとマリアさまのすごい美しい光が
上空から差し込んできて
眩しくて
包まれてると
すべてを許される
その許しの光線をみなさんにも
味わってもらいたいという
そういう世界になってるんだけど
やっぱり広重千草の音がないと
なかなかそういう風にならないんです。
この間、サンクでこれを歌っていた時
すぐ隣で聴いていたお客さんが一言
「ものすごっくきれい」
と言ってくれたんだけど
それは多分、あの光が届いたんだろうと思う。
本当に私の見てる風景も
その言葉のとおり
ものすごっくきれいだったんだ。

イチロー

彼は特にタイプではなかったんだけど
イチローの特番を見た。
で、それを見て、
数日私の頭の中で巡っていたある命題が
すっと腑に落ちた。
それは、イチローが戦っているものの正体が見えたからだ。
スポーツは私が生きている世界と違って
数字、という答えが出るが
前人未踏の数字をほしいままにして
なお彼をかきたてる原動力と
求めるものはなんだろう。
イチローが自分の中にある取り組みを
非常に明確に明晰に、
あらゆる面において把握し分析しながら行っていることを知って
驚いたし、共感した。
私の言葉で言わせてもらえば
イチローは、自分の中の魔物と戦っているようだった。
魔物とは、意識の中の、コントロール不能な部分と言ってもいいし
偶然とか神の領域、として人が意識したがらない部分とも言えるかもしれない。
「もし、すべての球がストライクだったら
僕は誰よりもうまくそれを打てる。
だけど、手を出しちゃいけない、ダメな球を打ってしまうから
僕はまだ確実に勝てないのだ。
それは自分の中の弱さであり
それが、外からの重圧や、見えざるものに自分を反応させる。
僕はこれまでそのことから逃げようとしたり
感じないようにしてみたりしたけど
もう、そういうやり方はやめた。
僕はそういういやなものをすべて受けて立つ。
たとえそいつが自分を痛めつけたとしても。
そして、それでも勝った時
僕が得るものは
そうでないやり方で勝った時よりも
数倍大きいのではないかと思うからだ。
その時僕は、無駄なテクニックを捨て去ることができるはずだ。
だいぶ意訳していますが、
私はこの彼の態度を見たとき
これこそ人類の進化を示唆している!と感じました。
この言葉を、
野球選手のトップランナーである彼から聞けたことは
とてもエキサイティングで
勇気をもらえることでした。

しあわせになるために

自分をしあわせでなくしているものの正体は
こころのありようだ。
それ以外に犯人はいない。
でも人は、しあわせでない(と信じている時には)
その原因を、自分の外に探す。
問題が山積みだと感じる。
セラピストをしていて私が学んだのは
人間が抱えている問題のねっこは
ほぼ、ひとつしかないということだ。
そう言うと、ほとんどの人は信じられない、という顔をする。
だって、家族の誰はこう、会社ではこの人とこの人がこう、
恋人はこうで、お金はこう・・・
その原因がひとつであるはずがない、と。
・・・・・
そんなにもたくさんの問題を片っ端から片付けるパワーがある人は
挑んでもいいと思うけど
私の場合は、対処し続けるという人生を望まなかった。
人生はそんなことのためにあるのではない
というか、自分はそんなために生まれてきたのではない、ということを
おぼろげながら覚えていたのだ。
私にはもっと、違ったパワーがあるはず、と。
これは目新しい言葉ではないが
もし、困ったことが起こったら
それに対処するだけでは不充分です。
起こってしまったこととは
様々な要因と縁とが熟成しきって
形になって現れていること。
だから、現れた形が好ましくないのなら
因まで遡ってそれを変えなければ
結果を変化させることはできません。
今はそういう本もたくさん出ているし
勉強の段階では理解しているのに
人はいざ自分の身に災いが降りかかると
大慌てでそれにふたをしようとしたり
逃げたり、無理やり違う形に変えようとしたりします。
でも、そうやって表面だけやり過ごしても
災いの火種は別の形になって
必ずやってきます。
そうすると人は、
自分はなんてついてないんだ、
いったい私がなにをしたって言うんだ!と
逆ギレしたりします。
でもその災いは
災いのような形をした
トレーナーです。
そういう形でないと
人はよく、学びのチャンスを見過ごします。
ポジティブな人、ついている人が
一生困難を避けて生きていけるわけではないのです。
ポジティブな人は
困難がやって来ても
おっ、チャンスが来た、と思って
難しいパズルにチャレンジする子供のように
楽しんで成長していくのです。
困難を見て見ぬフリをして
やり過ごすのが
霊的に進化した人の態度では決してないのです。
私たちは地上にいる以上は
いやおうなく進化の過程にあります。
今それをうまく避けたつもりでも
いつでも「学びのチャンス」はやってきます。
おとなになる、という事は
宿題をやらずにごまかすことを上手になっていくことではなく
宿題への取り組み方を学んだり
宿題からより多く、深く学んでいけるようになっていくことです。
要因は、どこにあるかといえば
それは自分の内側にあります。
誰でも探求できるのは
こころです。
こころを探求して
要因をつきとめて
変化させてみてください。
それで世界が変わるのか?
はい。
私はそうやって世界を変えて来ましたし
これからもそうやって世界を創造していこうとしています。
それが私が地上でもっともおもしろいと思うことです。
周りを変えようとすることは
武力や権力で制圧するのと似ています。
私はそういうゲームにはあまり興味がありません。
みなさんはどうですか?

The story of us

「ストーリー・オブ・ラブ」という日本語タイトル。
でも原題のほうがぴったり。
1999年の映画だけど、パソコンテレビGAOで見ました。
PCお持ちの方は無料で誰でも見られます。
ブルース・ウィリスとミシェル・ファイファー、どっちも好き。
途中まで適当に見てたんだけどおもしろかったので
最初から見直しました。
なんといってもラストシーンのセリフが良くて
夫が帰ってきてからモノマネして聞かせました。
そしたらうるっとしたって言ってました。
感動を伝えられて良かったです。
きっとあのセリフを言わせたくてあのストーリーが生まれたんじゃないかな。
そんな映画でした。

やったよ!

今年になって、エイズ検査をしました。
みなさんはしましたか?
お母さんになる人はみんなするのかな。
私はまだお母さんではないけど
やりましたよ。
検査をしておきたいなとは前から思っていました。
でもなかなか踏み切れなかったです。
エイズは潜伏期間が十年くらいあるそうなので
例えば8年前に感染していたとしても
自覚症状はないわけです。
テレビのコマーシャルで
元カノの元カレを知っていますか?とかっていうコピーがありましたが
そういうことです。
正直、
検査にあたってだんなさんに相談する時が一番緊張しました。
だんなさんは治療家なので
健康とか病気には敏感だし理解があるほうだと思います。
だけど、私からそう言われることをどう感じるのか
結構ドキドキしました。
検査するということは
結果は白か黒となるわけで
もしも黒と出た時
それを2人でどう受け止め乗り越えていくのかと想像した時が
ものすごく一番恐かったです。
夫は最初はそれは歓迎という態度ではありませんでしたが
しばらく考えて、そのことを飲み込んだようで
多少の恐怖をからだに通過させてから
じゃあ、受けよう、と決心してからは
あっさりとそのことを受け入れてしまったようです。
「まぁ俺たちは2人一緒だしね」
夫が受け入れてしまうと私の恐怖も過ぎ去りました。
病気そのものも確かに恐いですが
今は発病を抑える治療というものがあるそうです。
私に関して言えば
夫婦でそれを受け入れて分かち合って生きていくという覚悟というところが
ハードルだったようです。
結果は白。すっきり。
嬉しかったですよ。
私も受けました。
皆さんもどうですか?

仲村秀生(父)のこと

先月のことになりますが
1月27日にテレビ朝日の「大胆MAP」という番組に
父がちょっとだけ出ました。
「人気アニメの声をやっている人の顔を全部見せちゃうよ!ベスト20」
という企画の3位だったようです。
父は声優で、
アニメだと「あしたのジョー」の力石徹や「宇宙戦艦ヤマト」の島大介の声で
第一次声優ブームのころのスターでした。
ものごころついたときから
テレビで父の声を聞かない日はありませんでした。
アニメはもちろん、コマーシャルのナレーションはものすごく多くて
全盛期には数えているとひとつの番組にいくつものCMをやっていて
数十秒おきに父の声が流れていたのを覚えています。
洋画の吹き替えも多く
○○洋画劇場、なんかの新聞のテレビ欄を
毎朝チェックするのが日課でした。
ファンクラブも大勢の女の子が入っていて
回報の雑誌も出ていて
家にもよくファンの人が来たり
バレンタインデーには
ダンボール5個分のチョコレートが来たりして
私たち3人兄弟はよく食べすぎました。
ファンレターの整理を手伝ったりもしていましたね。
といってもうちは仲良し家族とは程遠い家庭。
壇一雄さんの「火宅の人」という小説がありますが
まさに火宅の本家はうちでしょう、という感じ。
例えるなら、ゴッホのような人が家にいるようなんです。
大変そうでしょう?
ちょっと目を離すと
耳をちょんぎっちゃったり
自殺しちゃったりするんだから!
・・それはゴッホのことですけど。
でもゴッホよりひどいかもしれない。父の場合。
もう、これだけは言葉で言っても絶対にわかってもらえないくらい
ものすごい人なんです。
紙一重、と言いますよね。それです。
当時の声優の世界では父のことは知れ渡っていて
私もその世界で端くれとして仕事をさせていただいていますが
本当に、なんとも、しんどかったです。
父のことはいずれ本にでも書きたいと思います。
今はまだこれからどうなるのかもわからないので。
これまでなんてどうってことなかったってくらい
ものすごい展開になっちゃうかもしれないし(笑&汗)。
で、ともあれ
以前なら父がテレビに居る状態が普通の状態だったので
わざわざ見ようとかいうこともなかったけど
最近は自称引退ということだし
バラエティーに出るのは珍しいということで
ちょっと楽しみでした。
ところが母も妹も私もなぜか勘違いして
前の週に見てしまい
出てこなかったので、
これはお倉入りかなと思って
見逃してしまったのです。
全く残念でした。
話しによると
顔出しはNGで
携帯電話でちょっと力石徹の声を出したってことなんですが。
よいこの濱口くんが交渉担当だったそうです。
濱口くんは0円生活でうつぼを食べたりしてるのが好きなので
ちょっと嬉しいです。
きっと父は濱口くんのことなんか知らないんだろうな。
番組のADさんかなんかだと思ってるね。・・・
まあとにかく、本当にものすごい人を父に持って
私の半生は、自分のDNAとの戦いに終始してしまいました。
今でも、例えば演技のレッスンで教えていたりすると
ものすごくメラメラと細胞に火がついていく感じがして
終わっても頭の中で2日くらいいろんなことがグルグル回ってたりして
興奮がやまないのとかが
父の激しい躁鬱病の感じの片鱗を自分に感じて
ふと恐くなることがあります。(昨日とか)
本当に、演技、のこととかになると
寝食だのなんだのをうっちゃってしまいそうで。
そう言うと必ず、「いいじゃない、好きなことがあって・・」
みたいなことを言われるけど
それは、限度を持たない人の恐ろしさを知らないから言えるんですょ。
限度を持たない人の遺伝子を持たされてる恐さは
同じ遺伝子の人にしか絶対にわからないと思います。
才能、とか、情熱、みたいなものに人はあこがれて生きるのかもしれないけど
あらかじめ持たされて(あえて言いますが)
それに翻弄されてめちゃめちゃになってる家族で育ったものは
それをいかにセーブして生きるかがテーマで
それは、なかなか、本当に大変です。
子供のころに
母から「あんたたちはお父さんの血を引いてるから○チガイだ!」
みたいなことを言われるのが
何より辛かった。
弟は今でも精神病で苦しんでいるし
私と妹は、正常でいること
誰が見ても「普通」でいなければならない、と
極度に緊張して生きてきたと思います。
自然に、個性的にのびのびと生きて来られたら
どんなにかもっと輝いて生きてこられただろうと思うこともある。
でも、これが、私の人生なんだと思います。
今私はかなり、しあわせですが
妹にも安堵して伸びやかに自分を生きいてほしい。
弟にも、生きていてよかったと思えるときが来てほしい。
私の切なる願い。

ミラクル♪

かどうかはわかりませんが
どうやら声が出ます^^
昨日はもう、だんなさんの勤め先の治療院まで行って
お金を払ってだんなさんに治療してもらいました。
何しろ時間がないので仕方がないのです。
だんなさんが帰ってきてから治療してもらうと
2人の睡眠時間を削ることになってしまって。
もう5日ほど連日寝不足させてしまっているので
限界かなと思いました。
お陰でじっくりマッサージもしてもらえてよかったです。
希にないほどからだばきばきでした。
寒さと声が出ないストレスと咳と熱の後遺症なのかな。
とにかくすごかったです。
あれじゃあ薬も鍼も効き目半減だろう、という感じ。
みなさんもお疲れの時は自分メンテナンスしてくださいまし。
憂鬱な気分もからだの疲れから来ていることって多いんですよ。
私は昨日は着ぐるみ一枚脱いだくらい体が軽くなりました。
ちなみにうちのだんなさんのマッサージは
経絡や筋肉の知識にもとずいていますので
効果もひとあじ違いますよ。
鍼とセットでトータルメンテナンスはとてもいいです。
なかなか人気があるみたいです。
私もお得だと思います。
お得と言えば
先月からサンクでは、私の大好きなピアニストのちぐちゃんこと
広重千草とのコラボでおおくりできるようになりました。
サンクはもちろんミュージックチャージもないですし
銀座=べらぼうに高いと思われるかもしれませんが
そんなことないです。詳しくは↓
銀座 サンク
お料理もものすごくおいしいので
まちがって安くてまずいところでたくさん食べたり飲んだりしてしまうなんてことをせず
サンクにいらしてください。
そして、わたしとちぐちゃんの、愛の波動を浴びてください。
天使のハネをぱたぱたしながら
せっせと音を奏でています。