走れる!

えっと、あったかくなってきましたので急に、
走りたくなって、先週は2回走りました。そこら辺を。
一年ちょっと前に、走ってて股関節を痛めてしまい(元々悪いんですが)
かなり悪くなっていずれ手術になるかもという感じで・・・
そうだった、書いてて思い出したけど
もう走れなくなるのかと思ってたんだ。
でも、今回は大丈夫みたい。よかった~!
走れるうちに走っておこうっと。
もともとマラソンとかちょー苦手だったんですが
芝居でいろいろ学んでから得意になりました。
がんばんなくていいんだということがわかってからです。
走るのは、脳の状態が瞑想と似ているし
自分との付き合いかたが如実に感じられるので
すごく修行になります。
そしてとても気持ちがいい。うん、気持ちがいい。
すごくゆっくりでも、歩くのとは違う感覚が楽しめます。
ところで、うちには『もののけ姫』のビデオがあって
見ました。久しぶりに。
元から好きだったけど
今回は、すごくわかりました☆
隅から隅まで見えた。
あれ、11年前にもう作っちゃったんだものね。
大人の人たちはついていけなかったんじゃないかな。・・・
私だって、初めて見たときはすごく重苦しかった。
生きる、ということは
時に生死を越えることなんだな。
生きるためにこわごわと生き延びるではなく
結果のために何かをするのではなく
その命を燃やすことだ。
その炎は宇宙の記憶に刻まれるのだ。
その炎は多分、美しい。
もののけ姫 DVD●ジブリグッズプレゼント●

夏へ向かう

春分の日にぼたもちを作ったのは人生初です。
夕方に買い物に行って
それからもち米炊いて
できたら夜になってて
食べたらおなかいっぱい。
晩ごはんになってしまった。
でもおいしかった。
こないだハンズで買っておいた
桜の塩漬けをのっけたら
桜ぼたもちになった。
売れるくらいおいしい^^

イベント×2

このごろますます仕事と遊びの区別がつきません。
土曜の夜は、うちのだんなさんがDJをするイベントに遊びに行ってまいりました。
2度目のイベントで、前回がとてもよかったので今度は私も告知しようと思っていたのに
すっかり忘れてしまいました。
今回は六本木のバー、インディゴというところでした。
とても楽しかったです。
だんなさんはDJ Mって名前なんですが
なんで?と聞くと「かざ、ま」と言います。
ちょーばかっぽいです。
ばかっぽいDJ Mですが
音のセンスもパフォーマンスもなかなかよいです。人気あります。まだ内輪だけど。
鍼灸師DJまたはDJ鍼灸師として活躍してほしいものです。
片づけを終えて帰宅し眠りについたのが朝8時過ぎてたと思うのですが
午後1時には起きて、だんなさんは鍼の勉強会。
そして夜はだんなさんも合流して
私の母の古希70歳のお誕生日会で、離散した家族が集合しました。
父も1週間前がお誕生日なので、2人分の会ですが
主催は父。
私は実家を出てからちょうど20年が経ちました。
20年、生きて来れたんだ、大人ですね、間違いなく。
まだ全然生活に慣れていない感じもするのですが
もう大人になってからのほうが長いんですね。信じられないけど。
ちらちらと家族のことは書いていますが
うちは本当に常に嵐のような家庭だったので
和やかとか楽しいとか明るいとかいうコミュニケーション形態が存在したことがなかったので
昨日は、もっとも記念すべき中村家の一夜でした。
というかもう、間違いなく奇跡でした。
私だけじゃなくみんなそう思っています。本当に。
私のからだの中には存在したことのなかった感情が渦巻いてしまって
なんだかわなわなしてしまって
それがいいものなのか悪いものなのかさえ
しばらくわからなかったくらいです。
でも、今朝になって
しあわせそうなお母さん、というものを見たのが
本当に記憶にないくらい昔のことだったのを
父にお礼のメールを書いていて思いだしたとたん
いきなり胸のわなわなが両目からぶわっと噴出したところで
やっと、そうか、それがうれしかったんだね、わたし。と、気づきました。
うちは問題をせっせと作るのは父だったり弟だったりするけれど(病気なので)
きっと私が悲しかったのは
それについて常に感情を害している母のことだったりして
もう手放したつもりではいたけれど
図らずも70歳になって、
今やっと一息つけたみたいと笑う母に出会えて
私は・・・・・・・・
私は、今、41歳になったちっちゃな娘として号泣してしまいました。
父は予約した店になんと3時間前から陣取っていて
私にもし早く来られるなら来てとメールして来ました。
3時間前ですよ!
やっぱりおかしいでしょ。
主人に、キ○○イだ~!とメールしたら
えーっ!狂ってるね!と返事が来たので
うん、きっとこれは愉快なことなんだ、と自分の中で確認して
母や弟妹に告げると
母は一瞬、やだわ、どうしよう、また不吉なことが起こるかも的な顔をしましたが
すぐに弟が(病気の弟が)「大丈夫だよ、お父さん意外と一人でも大丈夫な人だよ」と
すごくおかしそうに笑い飛ばしてくれたので
全員でゲラゲラ笑ってほったらかしておきました。
「兄弟って、不思議だね。
違うもの食べてるのに(って表現が突飛というか的を得てるというかですが)
通じてるね。つながってるね。」と弟が言います。
その意味は私たちきょうだいの奥深いところが知っているという感じです。
食卓にそろって私たちは、なぜだか突然とても父を誇らしく思ってしまいました。
まず母が思わず「あなたは仲村秀生なんだら、それでいいのよ」と言い
私と弟妹は子供のころよく父が連れて行ってくれた豪華なディナーのことや
バレンタインデーのダンボール箱いっぱいのチョコレートや
父がアフレコした洋画のことや
つい先日声だけ出たバラエティーの感想。
どんな家族のイベントもいつ父が爆発するかわからないので
びくびくと緊張していた私たちきょうだいの緊張が初めて解放されて、
思い出がすてきなものに変わったような気がしました。
きっと私たちはこうやって父を誇りに思いたかったんだろうな。
私が家を出た20年前は
家族全員が限界で疲れ切っていて
なにも希望が見えなくて
私と妹は夜中に家を抜け出し
行くところもなく
家の前の道路に座り込んで
「いつか」「きっと」
こんな日々があったね、と言えるときが来るのかな、よく映画や何かで見るように・・・と
ただ当てもなく話していました。
20年、それぞれが、乗り越えてきたんだな。
みんな、すごいよ。
しあわせのスタートラインに立つよ。

奇跡を起こす

とかいうと、なんかまじないでもするのかと思われそうだけど
そういうものではありません。
私の得意なやり方は
自分の内面の壁、または頭が作り出した幻想のサルの存在に気づき
それに向かい合う、またはそいつを飼いならすこと!
そうやって自分の内面を変えると
外側の世界を変える事ができる、というものです。
この話しは以前からセラピーなどでお話しすることが多いですが
本当に役にたちます。
私はこのワードで自分の世界を塗り変えました。
それは
「自分が自分に与えるものを、世界からも与えられる」という法則です。
よく昔の人は
「自分が人(または世界に)与えたものが返ってくる」と言います。
それは間違いではないけれどよく誤解されます。
人はそれを
「いい事をしてあげればいいことが返ってくる」と解釈してしまうからです。
でも実際は、決して悪ではない人が
せっせとよかれと人に何かをしてあげているのに
その人は貧乏くじを引いたり騙されたり
あげくは周囲から粗末に扱われバカにされたりすることすら
よく起こります。
だから私はそんなのただの迷信だと思っていました。
来世で報われたとしたってそんなの意味がないじゃん、って。
でも実際の法則はこうです。
自分を尊重する人は尊重されます。
自分を敬う人は敬われ
自分をかわいがる人はかわいがられ
豊かさを与える人は豊さを注がれ
自分を受け入れる人は受け入れられます。
自分を犠牲にして人にしてあげる人は犠牲を強いられ
自分に鞭を打つ人は鞭を打たれ
自分を疑えば疑われます。
いくら人に何かを与えたとしても
自分が嫌われるのを恐れて他人に与えれば
恐れを体験します。
自分は受け取る価値がないからと人に譲れば
価値のない扱いをうけるでしょう。
自分をどうみなすかで
自分のみなされかたが決まります。
私はそのフレーズとであった時
これは真実かもしれないとぴんときました。
それまで、エドガーケイシーの本でいろいろと実践していましたが
どうもこの「与えたものが与えられる」の法則だけがうまく機能していませんでした。
私たちは心に恐れを持っていて
恐れから行動を起こしてしまいがちです。
嫌われたくないからいい子にしよう
怒られたくないからこうしておこう
子供のころの、権威に対する反応を防御策として身につけて生きています。
それを自分の性格とか人格と勘違いして信じています。
でもそれは季節外れの重たいコートのように
脱ぎ捨てることも可能です。
そして、自分を、他のすべての命や尊厳に対するように
大切に敬うのです。
私はこれを試したくて実験しまくりました。
結果は驚くべきものです。
たった今から実践できます。
世界を変えるもっともパワフルでシンプルな方法です。

来ました☆

春が!
あまりに良いお天気なので
片付けなければいけない用事を後回しにして
お散歩に出かけました。
ちょっと前から気になっていた
池上本門寺&池上梅園です。
せっかく東急線沿線に住んでいるのでと思ってたのですが
調べてみたら惹かれてしまいました。
池上はお隣大田区なんですが
本門司は大本山の名にふさわしく
まさに山の上に鎮座されていました。
足を踏み入れると、とても東京とは思えない景色に
トリップ感満喫できます。
石段で出会ったまっしろい猫さんは
きつねにそっくりで
目は明るいブルーでした。
大堂の前では
のどかなハトに混じって
まっしろいオウムさんに会いました。
最初やたら大きな白いハトだと思ってびっくりしましたが
そばで行くよ!と呼んでいる方がいらして
飼いオウムだということがわかりました。
さらに驚いていると
オウムさんは、私たちの方に向かって(正確には私の夫に向かって)
まっすぐに意志を持った様子で歩いてきました。
そして、夫の靴をコンコンコンコン・・・・とつついて何かしゃっべっています。
飼い主さんがいらして
「頭をなでてほしいんだよ」とおっしゃるので
夫が頭をなでると
何かしゃべりながら
黄色い長いトサカのような羽をぶわぁっと広げて
ご機嫌の様子。
ちなみに私が頭をなでたら
露骨に嫌がられました。
夫が手を伸ばすと
夫の服の袖に上手にくちばしと手(足?)をひっかけて
にょこにょこっと肩にのぼりました。
かなりご機嫌でトサカを広げたり
しゃべったり
夫にちゅーしたりしていました。
伺ったところでは
彼女は女の子で現在58歳だそうです。
オウムや鷹は120年くらい生きるんだそうです。
本当に?
生まれて初めて聞きました。
さよならした後も
彼女は夫の後をついてこようとして
飼い主さんを困らせていました。
なんだかとっても、ワクワクしました。
しばらくたってから夫が
「かわいかったからついかわいがっちゃったけど
もっとちゃんと(オウムさんの)話しを聞こうとすればよかった!
きっと何か感じれたはずなのに・・」
と言っていました。
その後さくっと梅園に。
私も夫も梅がだいだいだい好きです。
もうずっと鼻と花をくっつけときたいくらい。
そしたら、ちょっとすてきな写真がとれました。
お花のオーラか虹みたいでしょ。

感想をいただきました。

ͤ以下、私のセラピーについて書いてくださった方の日記です。
16日土曜、思うところあってピプノセラピストのAZUさんのセラピーに出かけた。
今回は瞑想なし!のカウンセリング(瞑想なし!は強引にです)
ただただ、AZUさんと話をする、ひたすら話す。夢中になって話す。
メニューにはないんです、ただ私がAZUさんと話したいという希望を
強引にメニューにしてもらいました(笑
前回のセラピーから丸1年、常に身に着けてたAZUさんのメモをフックに
どーしてもいろいろと聞きたいこととか話したいことが溜まってたんです。
私はどーも気が散るタイプで、集中力も絵を描くとか仕事とかでないかぎり
あまり発揮できないんですよ(手を動かすことには集中できる)
なので、「瞑想」という行為は苦手なんす。
「妄想」は得意なんですが(トイレとか風呂とか電車のなかで)。。
そんなこととか、非現実なワードよりも「会話」という「日常ワード」で
AZUさんと話をしたかったというのが大きいかな。
スピリチュアルに傾倒しすぎた会話だと理解しずらいんです、私。
たぶん、私の日記を読んでる人の大半はそうだと思うんだけど・・・
だからAZUさんは現実な言葉で話してくれるので、すごくリアルなんですね。
AZUさんと話していてとてもこころが落ち着くのは「説明することが少なくてすむ」んです。
あくまでも私個人ですが、心のなかの価値観がたぶん似通ってる?か通じてる。
「すべて理解している、俯瞰した視点」ではなくてAZUさん自身もすごく
葛藤していて、傷があって悩んでいて日々努力してる。そして熱い!
「超越した存在」を目指したセラピストなら、私はあまり共感できなかったと思う。
人と話すことは楽しい、そんななかで言葉で人に力を与えようとする仕事は
素晴らしいけれどもすごく難しい・・・・
AZUさんがどんなセラピストになっていくのかも、楽しみです。
(えらそうだな私)
——————————————————-
AZUさんのセラピーを受けた後、必ず家電が壊れるのです・・・
「今回は何がくるのか?」と実は気にしていました。。
携帯電話でした・・!!
これはもう毎度の兆しなので、今回もそう来たか!と思ってます。
ちょうど機種変更しようとしてたし、めでたしめでたし。
◆2006年の11月「退行療法」
・TV
◆2006年の12月「前世療法」
・ホットカーペット
・イオンドライヤー(買って半年)
◆今回
・携帯電話(セラピー翌日に幽霊メール到着)
——————————————————-
ͤ許可をいただいて、アップさせていただきました。
ご希望をいただいたので
私のヒプノセッションを受けていただいたことがある方限定で
カウンセリングのみ(対話のみ)、というメニューを作らせていただきました^^
熱い感想をありがとうございます。とてもうれしいです。
>「超越した存在」を目指したセラピストなら、私はあまり共感できなかったと思う。
のところを読んで、そっかぁ^^と思いました。
確かに私、「超越した存在」を目指してないかもしれない。
そうじゃなくて
「超越した存在としていかに生きるか」を念頭においております。
なまいきですけど^^;
                     AZU拝

ネルギセデグ?

先日、チャネリングセッションを久しぶりに受けました。
かなりたくさんの情報をいただけて、すごかったです。
そのヒーラーの方のHPに
魂を活性化します、とありましたが
まさしく活性化されてる実感があります。
内容については秘密ですが
一つだけ。
私に縁のあるマスターや天使を教えてください、
という私の質問に対して
「・・・エルキセデグ・・?ネルギセデグ・・・?」
という存在がコンタクトしてくれました。
そのヒーラーの方も初めてのコンタクトとということなのですが
内容は明確でした。
私もヒーラーの方もその名前を聞いた事がなかったので
一応メモしましたが
どんな存在なのかその時はわかりませんでした。
セッションが終わって
その名前を探してみようと、ネットで検索。
でもヒットしません。
きっと、文字か濁点か何かが違ってるんだと思い
何度かチャレンジしました。
でもヒットなし。
席を立ってから戻ってきた時に、ふと、
わかった!メルキセデスだ!って
なんだかすごく納得して検索したらヒットしました。
メルキセデス、もしくは、メルキセデクと呼ばれる天使だそうです。
ひとしきり調べてから
改めて名前を見比べてみると
音は似てるけど
文字的にはだいぶ違う。
どうしてあんなにあっさりとわかったのかがわからない。
それに後から思い出そうとしても
どうしてもすらっとその名前が言えないのです。
何度言おうとしても。
その時はものすごくすらっと出てきたのに。
多分ご本人が教えて下さったんだろうな。
その天使はかなり大物天使です。
とても光栄に思いました。
今回お願いしたチャネラーさんは
このブログからもミクシイからもリンクしています
sheep1228さんです。
私は以前、遠隔でアチューメントをしていただいたことがあります。
「そんな気がする」とか「気のせい」
で済まされるレベルの体感ではありあませんでした。
とてもパワフルで明確なエネルギーを感じたので
今回もお願いしました。
お会いしたのは初めてだったのですが
彼女はすばらしかったです。
とてもきめ細かく
3次元的なことからそれ以上の世界まで
彼女の意識のフィルターには
とらわれや固定観念のひっかかりがまるで感じられず
お陰で私はすっかり子供のような気持ちで
セッションを楽しめました。
自分を閉じ込めているのは
いつだって自分の思いもよらない部分だったりします。
だかこそ、他人に手伝ってもらう意味があるんだなと
改めて思いました。
自分が行っている普段のセッションについても
新たに価値を見出せた気がします。
興味のある方にはお勧めします^^

friday is soooooo cooooool !

いやはや、毎週金曜日は私は天に昇っちゃってます。
昨日で満4年、歌い続けています、サンクでは
今年から、私の時間を設けてくださり
ピアニスト広重千草とコンビで、もう好き放題に歌わせていただいています。
天国です。
7時半、8時半、9時半と3ステージ
たっぷり30分づつ、オン・ステージです。
9時半からの3ステ目は
サンクのレギュラー、重鎮のベーシスト奈良勇さんが
休憩中の飛び入りで
かなり高い確率で参加してくださり
セッションにこころ踊ります。
広重千草と奈良勇さんのコンビネーションは、
かなりヤバイです!
空気の色がいきなりがらっと変わります。
なんなんだ!って感じ。
もう、演奏しながらお腹の底から
うひゃうひゃこみ上げてきて
ちぐちゃん(広重千草)と私は
たまらない笑いをかみ締めながら演奏しています。
ご機嫌な演奏ってそうです。
帰るころには2人はすっかりナチュラル・ハイになっているので
帰り道には歩きながら
意味なくハアハアしながらヘラヘラになってしまいます。
かなり自分に厳しい2人なので
演奏の合間は演奏から人生まで
いろいろ語り合うのですが
それでも帰るころにはたががはずれてます。
戒めのために
購入したipodで毎回録音して反省していますが
それでもちぐちゃんの演奏に思わずうなってしまったりして
楽しく聴いてしまいます。
自分の方はさすがに、浮かれたほどのできばえじゃないなー、ちっ、と思いますけど。
いやぁ~音楽っていいなぁ。
なんかね、音を作る場所に自分が立てるなんて
しあわせです。
私の気分を残らずいつも音ですくい上げてくれるちぐちゃんには
もう、恋人に会うようにときめいてしまう私なのです。