バスで

読書をしたかったので5次元世界はこうなる
友達のお家にバスで行きました。
(電車だと乗り換えもあるし、すぐ着いちゃうし)
途中、小さいかわいい女の子とお母さんが一緒に乗ってきました。
そして降り際に、ちょっと調子っぱずれなくらい大きな声で
「どうもありがとうございました♪」と
言ったんです。
とてもこころがこもっていました。
それを聞いた私ははっとして
それから一瞬心配になったのです。
運転手さんはなんて応えるだろう。
あんな全力の女の子の呼びかけに
ちゃんと応えてくれるんだろうか。
もし応えてくれなかったら
きっと女の子は失望するだろう、
そんな思いはさせたくないな・・・。
一瞬です。
0.数秒のこと。
次の瞬間運転手さんは
とてもナチュラルに
それでいてものすごくあったかい声で
「気をつけて帰ってね。」と言ったんです。
その声を聞いた私は
思わず目の奥が熱くなって
うるっとしていました。
ハートがきゅっと開きました。
それは、私の中の小さい女の子が
多分昔、大人のこころない何かで傷つけられたことのある女の子が
癒された瞬間でした。
感心したとか、感動したとか、そういう涙ではありませんでした。
過去の思い出でもありません。
その一瞬で
私の過去という一部が癒され
それで私は変容しました。
電車より60円高いバスに乗るという贅沢を
直観で選んだ結果でした。
その後、乗客は次々に
「ありがとう」を言いました。
誰より大きな声で言いたかったのは私です。
目黒区と世田谷区を走るバスでのお話。

“バスで” への6件の返信

  1. 素敵なお話ですね。
    少し前の社会より今の世の中って、なんだか、人に優しくなっているような気がしますよね。
    インナーチャイルドが癒された瞬間だったんですね。

  2. マリアさん
    >素敵なお話ですね。

    >少し前の社会より今の世の中って、なんだか、人に優しくなっているような気がしますよね。

    >インナーチャイルドが癒された瞬間だったんですね。

  3. 新しい、気づきをありがとう!!
    子育てしながら、自分は癒されています。
    最近思ってたのは、子育てっていうか、自分育てなんだなあってこと。
    どうもありがとう!!!

  4. オーストラリアではよく、サンクス、マイト!(仲間)
    といってみんなバスをおります。^^

  5. なーやさん
    >新しい、気づきをありがとう!!
    >子育てしながら、自分は癒されています。
    >最近思ってたのは、子育てっていうか、自分育てなんだなあってこと。
    >どうもありがとう!!!

  6. junjunさん
    >オーストラリアではよく、サンクス、マイト!(仲間)
    >といってみんなバスをおります。^^

コメントを残す