地球さいこう!

グァムへ行ってきました。
実に4年半ぶりの海外。
これ以上あいちゃうと、海外との縁が薄れそうで・・・
グァムでもいいから、きっと行けば何か発見できるはず!
と決め込んで行きました。
だんなさんも私も海外大好きなのに
一緒に行くのは初でした。
あまりに人工的なリゾート色が強いので
最初だんなさんは難色を示していましたが
予算とかもろもろの事情で
行けるとしたらこれしかない、という感じで。
最初に結論から言えば、旅は最高でした。
地球の圧倒的な美しさに
グァムという島に
感謝せずにはいられません。
私もだんなさんも、一人旅や冒険が好きなので
最初は物足りなさを感じはしました。
とにかく日本の観光客のために街を作ってあるので
看板やメニューや人がみんな日本語。
現地の人も日本人とうんざりするほど接しているので
ふれあいに新鮮な期待というものがない。
そりゃそうだ。
長い彼らの歴史の中に、複雑な思いもあるだろうと思う。
けれどもそんな歴史を思い測れば
彼らがどれだけ寛容で温和な人たちかということも
しみじみ伝わって来る。
アメリカというシステムの中にあって
彼らは驚くほど寛容で温和なアジア人なんだなと、私は感じた。
確かに日本の観光客には、この街は優しい(易しい)だろうな。
ありがたすぎて恐縮しちゃうくらいだ。
媚びることも敵対することもなく
本当に、寛容で温和なのだ。
それもこれも、すべてを許し、受け入れてくれるような
おおらかな島の気質のためなのかもしれない。
海は、どこまでも美しく、遠浅で波がない。
プールより穏やかだ。
水は温かく、日が暮れても水の中にいれば寒くない。
子供だけで遊んでいても安心して見ていられる。
仰向けでぷかぷかといつまでも浮いていられる。
人はほとんどいない。
まるでプライベート・ビーチ。
信じられないくらい、自然が人に優しい。
平和。
こんな人に優しい楽園のような場所で
殺し合いをしたり
占領したり奪い合ったり
なんてことを人間はやってきたんだろうと思う。
もう二度とそんなばかなことを起こしてはいけないと
こころから思う。
こんな風に私はこれからも地球の偉大さと
人の美しさに出会い続けたいと
こころから願う。
TWO LOVERS POINT(恋人岬)の展望台から丸い海を眺めながら
私とだんなさんはこころのそこから叫びました。
地球ありがとう~
グァムありがとう~
あんたはすごいょ~
あんたはさいこうだ~
あいしてるょ~

“地球さいこう!” への4件の返信

  1. これだけ無職で長く休みがあるというのに、資金難というだけで海外に行けていない私xxx
    韓国くらいは・・・ってそれすらも、1人ではちょっとxxxな小心者の私ですぅ(+_+)

  2. ティンク(oka)さん
    >これだけ無職で長く休みがあるというのに、資金難というだけで海外に行けていない私xxx
    >韓国くらいは・・・ってそれすらも、1人ではちょっとxxxな小心者の私ですぅ(+_+)

コメントを残す