目に見えないものを初めて教えてくれたのは

祖母でした。
子供の頃、「むしの知らせ」や「きつねの嫁入り」(知ってます?)
ってものがあって、
目に見えないけど、そういうものがあるんだ、と。
般若心経を、祖母ときょうだいで遊びながら覚えました。
祖母は子供の頃から
とび抜けて美しく才女で優しい人でした。
おばあちゃんになってからも、
カメラを向けると
「きれいに撮ってねぇ^^」と
おどけてポーズをとり
曲がってきた足をなでながら
「こんなに曲がってしまって・・・・
でも、まだ背中はきれいな^^」と言って
私を感動させてくれました。
私たち3人きょうだいは
とにかくおばあちゃんが好きで好きで。
多分私たちに「愛」というものの原型を最初に教えてくれたのは
祖母だったような気がします。
マヤのカレンダーの時間をはずした日(7月25日)がお誕生日で
93歳になり
29日の昼下がりに亡くなりました。
亡くなった祖母の顔はなぜかしわが消えてしまって
とてもきれいだそうです。
さすがばあちゃん。
たくさんおんぶしてくれて
たくさん一緒に歩いてくれて
ヨモギ団子やツクシの佃煮を
一緒に摘んで作ってくれて
毎晩弟の足を揉んでくれて
いつも本当にやさしくて
私たちきょうだいは3人とも
自分が一番のおばあちゃん子だと思っていて。
私たちきょうだいと話す時はいつも
すごく頭が良くて、
何でもわかってて
他人の前ではわからない普通のおばあちゃんのフリして
とぼけたりしたね。
私たちは、ばあちゃんが普通のおばあちゃん扱いされるのに
ちょっといらっとしたりしてたよ。
ばあちゃんはうまく演じてやったと思ってたでしょ。
ほんとにありがとう、ばあちゃん。
ありがとうしか浮かばない。
天界へは
ちょービップ待遇で
最高のところへ行ってください。
手違いのないよう見張ります。
ずっと前から仏さまのような人でしたが
肉体を離れ
存分に仏として
ご威光を放ってください。
私はこれからもう少しがんばります。
どうか見ていてください。
きっとばあちゃんが満足してくれるような
すてきな人生を生きます。
たくちゃんとさえちゃんも
そうです。
ずっと、見ててね。

やりました!

ついにうちのズッキーニが実を結びましたФ
Image014.jpg
見えますか~?
実を結ぶって嬉しいですね~^^
それから、ゴーヤちゃんもついに!
Image013.jpg
かわゆい~ϡ
初です、初。
あきちんがくれた小さい苗が伸びてます。
夢のゴーヤトンネルが今年はできそう。

イベント


歌を人前で歌うようになったのは
今世紀からです。
その前も舞台で歌ったり踊ったりしていたので
特に気負うことなく
誘われるがままに歌うようになりました。
1985年から芝居を始めて
15年後の歌ですから
歌のほうはまだ浅い、という感じがしていますが
それでもサンクで歌い続けて5年目。
一時期は、週4日はどこかで歌っている日々が続きました。
私の魂や心、肉体のすべてにとって
それは大きくプラスに働いてくれて
今の私をかたちづくってくれたことを実感しています。
コンディションの波が大きく
情緒不安定で極度のあがり性
過敏で影響を受けやすく気の小さい私を
地球に根付かせ、どんな時でも輝くことを教えてくれた
歌のライブの仕事。
極度のあがり性を一瞬で治してくれたNYでのステージ。
1曲の中に、人生の走馬灯の感覚を味あわせてくれる。
私が感じる「それ」を感じてもらいたいなぁ・・・・
今毎週一緒に演奏してくれてる
マイ・バディの広重千種ことちぐちゃんとは
多分、音楽で感じたいものや
体験したい感覚、冒険が共有できるんだと思う。
毎週金曜の夜は異常な興奮です。
あの出し切った感はなんだろう。
本当に毎回、わなわな震えたりӤä
とにかく毎回、
未知の部分に振れながら、進化しながらやっています。
さて、来週8月1日は私のお誕生日イブイブイブ?で
しかも、19時13分に獅子座で新月となります。
特に特別なおもてなしはできませんが
できたら盛り上がっていい波動だしまくって
宇宙まで飛ばしましょう♪なんて思ったりしています。
もし良かったらいらしてくださいね!
サンクは銀座ですのでお高いと思われがちですが
例えばカクテルは945円(税込み)
お料理も、おつまみ感覚ではなく
量も質も大満足いただけると思います。
アラカルトで一皿1500円前後、
また前日までにご予約いただくと
びっくりするくらいお得なコースメニューがあります。
詳しくはここをクリック!
初めての方も、いつもいらしてくださる方もぜひ
真夏の夜をご一緒にお過ごしください♪
こころからお待ちしています!

収穫

今年はワインの木箱を酒屋さんから買ってきたりもらってきたりして
野菜を育てています。
といっても、どしろうとなので
なかなか思うようにはいきません。
きゅうりは、かわいい実がなって
3センチくらいになると
干物のように枯れてしまいます。
昨夜はモロヘイヤを初めて収穫して
おひたしに。
ものすごい、あおさ。
トマトは何度か。わらっちゃうくらいうまい。
だけど、労力の割りに合いません。
プロは大変だな~と思う。どこの世界でも。
収穫寸前で、何者かに奪われてしまったのは痛かった。
カラスかな。荒らされたりせず、ただ消えた。
待ちに待ってたのに。
シソとバジルはすごく役に立ってくれています。
毎日食べてもどんどん育ちます。
一時期ちょうちょが毎日来てくれてわーいなんて喜んでたら
一気に葉が食われたりして
その時はだんなさんが手作業で青虫駆除してくれて
お陰で無農薬でいけてます。
産卵だったんですね。気がつかなかった。
Image001.jpg
そして写真はズッキーニ。
自由が丘の花屋さんで、
ひょろっひょろのちっちゃい苗を買ってきたら↓
Image308.jpg
育つだけ育って
だけど花が咲くと必ず勝手にもげてしまって
いまだ実を為すところを見たことがありません。
今度こそいけるかな。
Image002.jpg

老けない

あぁなんてあからさまなタイトル。
実は私、あと2週間で42歳になるようです。
もうなんというか、年齢相応ってどういう感じなのかさえ
よくわからない、記憶にない感じ。
確か30代の終わりころはすごく観察したり
自分とにらめっこしたりしてましたが
最近はもう、年を重ねることが清々しくさえ感じられます。
もちろんそれは、老けない、ということを前提にしてですけど。
最近ある方が私を、ものすごく若い、と驚かれて
その秘訣があれば教えてくださいと言われたのですが
とっさに出てきたのは「イメトレです」という言葉だけでした。
それで、その答えを後でいろいろ検討してみましたが
私がやってることはまさにスピリチュアル的現実化のとおりです。
決意(意図)して、行う。
まず、老けない、という決意。
(老けてもいいという方は
別のことに応用していただけるといいかと思います。)
決めてしまうと、いろいろな情報が集まってきます。
いいと思うことを試します。
からだに良いフィードバックが来たら習慣にします。
それの繰り返し。
特にすごくがんばっていることはありません。
いつの間にかそれが自然な習慣になってしまっているからです。
私が気に入っている情報は例えば、
筋肉は老化しない、という命題です。
使わないものは退化するだけだそうです。
ですから、
筋肉は自分の生き方、クセ、歪みなどをデザインしているわけです。
その結果が今の自分のカタチです。
見て気に入らなかったら
なぜそういうカタチになっているのか
検討して是正すればいいわけですね。
ですから、それにフォーカスして生きていれば
おのずと、年月を生きるほど
自分のカタチは自分の気に入るカタチに変化していくはずなんです。
ポジティブでしょ?
でも、事実です。
お肌の細胞は、確かに衰えます。
細胞分裂の際にだんだんとエラーが増えてしまいます。
白髪も、細胞分裂の時のエラーだと言われています。
でも、お顔の表情の土台を作るのは筋肉ですし
歪めてしまうのはコリや血行不良だったりします。
それはやはり、内面の力みから起こってきます。
色もそうです。
あとなんと言ってもホルモン分泌がよければ
色艶は良くなります。
ホルモンバランスには、内面の調和なんです。
エネルギーワークや瞑想は見えないものを扱っているようですが
あからさまに内面のバランスを整えますから
当然、内分泌も気の通りもよくなり
結果が勝手に現れます。
私は、若い頃は歯を食いしばって必死にがんばる人生だったけど
今にいつでもどこでも自然に笑みがこぼれる人生を生きようと
決めていました。
なぜかというと
年を重ねた女性の顔には
苦悩は似合わないと思ったからです。
結果、そうなってなければ意味がない。
それが私にとってのスピリチュアルであります。
私の場合、おのずと微笑みを携え、
光を放出するようなカタチになるべく
人生を設計したと言っても過言ではありません。
ようやく舵を取る手も軽やかになってきたところです。
これから、いよいよ人生を楽しんで生きたいところです。

満月

まもなく満月。
早めだったけど、やっぱり月は夜でしょう、
ということで
昨晩はお月さまにお願いをしました。
ものすごい空でした。
月の強力な光と、雲のコントラスト。
今日はサンク、ピアニストには吉澤美砂子さんをお迎えします。
すてきな夜になりますように。

さて、

大まかな3次元及び5次元的お掃除のめどがついてきたら
3次元の希望が見えてきました。
まず~・・・
夫婦でチャリがほしいです。
快適で走れてかっこいいやつです。
遠出します。海まで走ります。
それから~・・・
ワークショップをやろうと思います。
なんか燃えてきました。
からだと声と意識と感覚を使って、
おもしろいことをやりたいと思います。
決まったらお知らせしますので
みなさんいらしてください。
それから~・・・
昨日は、うちのだんなさんの先輩夫婦のお家に遊びに行きました。
と言っても年齢はだんなくらいなので
若夫婦なんだけど
都内に一戸建てのおうちを建てられて
ジュニアが誕生しました。
ほぼ同時くらいに。
そんで、お祝いも何にも用意しないで
車でお迎えに来ていただいて
それで、実家から赤ちゃんと
戻ってこられたばかりの奥ちゃまの手料理とベルギービールで
おもてなしされてしまいました。
なんてこった。ほんとに。
それで、家、と、ベイビーと、その後、だんなさんの開業。
と、セットで希望します。
と、前から望んでいたけど
おかげさまで、すごく明確になりました。
望むこと自体を遠慮していたみたいです。
そのブロックから自由になります。
今日はとりあえずそのくらいで。

久々の大物

でっかいゴミが出ましたФ私の中から。
えっと、エネルギー的なお話しです。
sheep1228高橋身奈さんのセッション後
チャクラの強化と調整に取り組んでいました。
「そうすると、トラウマが出ます。」
と言われて(ガイドからね。)
「そうですかぁ~なんか出るんですかね~」
なんて、軽く受け止めてましたが。
何しろ穏やかな日々で、全然想像できませんでした。
チベット体操がかなり効いてる気もします。
意図して行っているからでしょうが、効きます。
まずは、過去の記憶が出る出る。
ついでにその頃の知り合いとばったリ会う。
妹を相手にしゃべるしゃべる。
しまいには年代別に記憶を並べる。
見事につながりました。
先日参加したアンバサダーズ・オブ・ライトの公開チャネリングで
大天使ミカエルがが来て
この部屋にミカエルと共に働くと決めた人がいますと言ったのは
妹のことだったんだけど
許しを必要としている人がいます
と言ったのは、多分私のことです。
最後にその人たちを導くとミカエルが言ったんだけど
その直後から私は、頭を無理やり開かれて
何かを無理やり詰め込まれたような
あまりない感じの頭痛が始まり
首がムチウチのようになり
帰りの電車では吐きそうになり
もうこれはだめだと思ったけど
翌日の午後にはどうやら復活し
それが何の症状だったかもよくわかりませんでしたが
恐らく、ミカエルにやられた!という感じがしました。
その後、今度は気分が重く、そうだ、この感触は・・鬱だ。
私の中のもっとも暗黒の記憶の一つ。
大人になってからのあらゆる恐れのオンパレード。
とうとう昨日は携帯の液晶がぶっこわれました。
これから修理にもってかなくちゃ。この暑いのに・・・。
でも、そんな中で、
こんな痛みをこんな風に感じるのも
もうこれが最後なんだ、という思いが浮かんできて
それを含めてさらに恐怖が出てきたりもしました。
エゴが手放されようとしています。
そういったエゴがどのように存在し
どのように変化していくのかが見えます。
以前との感じ方の違いがはっきりとわかります。
多分、本当に変化が起こるのは
これからなんだろうな・・・。
どうなるのか想像がつかない、と感じるのは
とても久しぶりのことです。

ちょー有名人に会っちゃった

その名は、大天使ミカエル。
私のこころの友で、いつも助けられているのですが
実際に現れました。
私のブログのブックマークに紹介しているサイト
『アンバサダーズ・オブ・ライト』は
私の自分の中のバランスにとって
必要な情報を与えてくれる
貴重なサイトです。
私たちは自分の本質以外に
様々な影響を受けますが
ほとんどの場合、それは
自分を生きるための妨げになります。
集合意識、も、影響を与える一つです。
別に理由もないのに
なんだか憂鬱だったり
不安だったりイライラする。
理由がわからないのでなおさら怖い。
或いはちょっとした理由で
バランスを崩した感情に
上乗せするように、ネガティブな感情が
押し寄せる。
そこで、自分はダメな人間だ、とか
弱い人間だ、というメッセージを受け取ってしまう、
というようなことが起こります。
集合意識はエゴの想念の集合体のようなもので
例えば、生きるために
人間は勝ち取らなければならない、とか
奪わなければ負ける、といった意識を持っています。
私たちは無意識に、集合意識から影響を受けています。
そんなときは、自分の神性の部分から分離し
バランスを崩します。
私で言えば、とても辛い状態になります。
生きているのが辛い、という状態です。
そんな時、
私は神聖なる本来の自分と
繋がりなおす必要があります。
影響を受けている場所を確認し、
手放し解放浄化し
そして、神聖なるエネルギーで満たす、
という作業です。
そんな時手助けをしてっくれるのが
先ほど紹介したサイトです。
そのほかにもう2つあります。
どれもその時の地球のエネルギーの状態や
地球に起こっているエネルギーの流れを
繊細に教えてくれるので
自分の状態を知るのに役に立つのです。
その、アンバサダーズ・オブ・ライトの
公開チャネリングセッションに
初めて出かけました。
スピリチュアル初心者の妹と一緒にです。
妹とは同じ東京に住んでいながらも
一緒に出かけるなんてことは
ここ十数年ほとんどありませんでしたが
ここ最近になって、結界が解けたように
会うようになりました。
チャネラーのレイ・チャンドランは
写真で見るよりずっとやわらかい感じで
どこまでも人がよさそうな外国人に見えます。
おくさんのなおみさんは
写真で見るより
しっかりもののちゃきちゃきに見えました。
英語でチャネルするレイをその場で通訳してくれます。
レイはいつもはアンマ(聖なる女性性)という存在を
チャネルしています。
セッション会場は公共施設の会議室で
二十数名が参加。
子供から熟年まで様々な層でした。
堅苦しい挨拶は何もなく
(というか、なさすぎ。
紹介も、会費の徴収も何の説明もなくて)
唐突にセッション開始。
静かにレイが呼吸を整え祈りのようなことばを発し
数秒静まりかえったあと
レイが口を開きます。
なおみさんが通訳。
「みなさん、ようこそ。
私は大天使ミカエルです。」
『え~っ・・・・・』
今のは私の心の声です。
私はよくミカエルに頼みごとをしますが
一時期別のエネルギーを開発していたため
しばらく疎遠でした。
ところがこのところ、やたらとミカエルの名が
心に浮かぶのでした。
前夜も当日も何度も心でミカエルの名を呼んでいました。
ですので、ミカエルが名乗った時は
ハートにちょっとした感動がありました。
ミカエルのメッセージは1.5時間近くに及びました。
内容は、私にとってはとても身近でしたが
改めてそういったことがそれだけ大事かということを
ミカエルを通して私に教えてくれたようでした。
ふと、隣にいる妹のことを意識した時
彼女にとってこの情報がどれだけタイムリーで
助けになることだろう・・と感じました。
まるで妹に向かってミカエルが放っているようだ。
するとミカエルは
「今日、この部屋の中に3人
私、ミカエルと共に働くことを決めた人がいます。」
と言いました。
私は、自分はさておき、このメッセージは
妹に向けられたものに違いないと直観しました。
自分は、とうの昔にそう決めていたので
ミカエルのエネルギーは
古巣のように居心地のいいものだったので
数にカウントされないのではないかと思ったのです。
でも、妹はきっと、自分の細胞を刷新するかのように
このメッセージを受けているに違いないと感じていました。
私は少しドキドキしました。
ミカエルは同じ事を2、3度強調するように言いました。
「今日ここに来たことを偶然だと思いますか?」
まるで、まだ気づいてないんだね?とでも
お茶目に肩を叩くように。
すべてが終わり
レイはまるで生まれて初めてのコンサートでも終えたような
嬉しそうな面持ちで
どうもありがとう、とシャイに挨拶していました。
レイにお礼を言って部屋を出ようとしましたが
なぜかドアが開きません。
私がドアをがたがたやってる間に
背後でレイがなにか言っています。
振り返ると妹がきょとんとした顔で
レイと向かい合っていました。
二人ともとてもシャイなので
小さい声で何を言ってるのかわかりませんでしたが
(英語だし。妹は仕事にするくらい英語ができます。)
その瞬間、ミカエルの伝言だ、
ということがわかりました。
妹はちょっと戸惑いながら部屋を出て
みるみるうちに涙をあふれさせました。
あのメッセージはあなたへのものでしたよ。
ミカエルがともに働く、と言った3人の1人です。
レイはそれを伝えるために
戸口の前に立っていてくれたのです。
「知ってたよ。全部さえちゃんのためだったよ。」
と私は言いました。
よく本に出てくる一節のような体験でした。
ミカエルのメッセージは
程なくHPにアップされるでしょう。
もし興味があれば覗いてみてください。
それは同時に
あなたのためのメッセージかもしれません。

えぐられ、埋め込まれ、再生する

劇団S.W.A.T!を新宿紀伊国屋ホールで観てきました。
大学の先輩の劇団ですが、一般に人気があります。
25周年記念だそうです。
前回観たのは、12年くらい前のようです。
そのもっと前は、実は私、スタッフで参加しています。
大学1年、18歳の夏でございます・・・^^
当時は名前も劇団大三帝国。アングラっぽいでしょ。
場所は明大前の、キッドアイラックホール。
アングラっぽいね。
ついでにタイトル『BLUE MOON~君は我が運命』
わー、アングラだね。
芝居は当時からおもしろかったです。
当時のメンバーはもう、
座長の四大海さんと清水浩智さんだけですが
お二人とも全然、と言っちゃおかしいけど、
お変わりありませんでした。
ただ、役回りが、変わってました。
大人の役に。
だってそりゃもう、すごかったんだもん、昔は。
四大海さんなんて、
ショーケンさんと松田優作さんを足したみたいな感じだったしね。
清水さんだって19歳だったわけだし。
劇場のトイレでいきなり先輩3人とばったり。
ロビーでは、会いたかった克明さんに会えちゃって、
軽く舞い上がりました。
もう少しお話ししたかったなー。
芝居は、さすがでした。
笑うところは全部笑えましたし、
演出、本も、お見事。
総勢28人、かな?をほぼでずっぱりに使って
群像芝居が一つの生き物のように
全体がしまちゃん(四大海)の思いのように
うねっていました。・・・・
ああ、だけど、
この芝居を私は
あの、18の夏に見た、
客席に観客2人の背中を見つめながら
毎回同じところで
必ず嗚咽してしまう
しまちゃんの長ゼリフのときめきのように
ストーリーなんて当時から全く覚えてもいなければ
考える間もないほどのおもしろさ
スリリングさのように
ただ板の上でこれでもかというほど生きている人たちに
唖然と魅了されながら過ごした時間のように
私が二十数年の後に
懐かしく、細胞の記憶の中に
とどまっているとは
どうしても思えないのです。
(アングラ風に)
それは、私がただ若くて世界は混沌としていて
人生に勘違いと思い込みをする余地があって
そのためのただの感じ方の違い、ということではなく
芝居とは
えぐられ、埋め込まれ、再生する
という持って生まれた性質がために
どうしても私には、
一番大切なところにぐっと響かない
90%は正解だというのに・・・
という一抹の寂しさを
最後に残していったのでした。
それがために
私は、なんとなく観劇後に
大好きな先輩たちとも克明さんとも
ロビーでもう一度はしゃぐ気にはなれなくて
なんとなく後ろ髪を引かれながら
楽しい余韻とともに
その場を引き上げたのでした。
もう一度言うけど
芝居のできは良かったし
とても楽しく
どこの芝居と比べたって多分
どこよりうまくやれているのです。
笑いにうるさい私が1分に10回くらい笑えるし
今だって思い出して笑えます。
うそだと思ったら劇場に観に行ってください。
それくらいの価値はあります。

もうすぐ ♪

カウントが77777になりますޥ
しかも、今気づいた!
今日は7月7日ですӤä
今日まもなくだと思うのですが
今日の日にそうなるってのもすごいな~・・・
 
数字は天使からのメッセージですよ~ϡ
7のぞろ目は
『天使はあなたに拍手を送っています。
おめでとうございます。あなたは波に乗っています。
がんばり続けてください。
そしてあなたの願いがかないつつあることを知ってください。
これはかなり肯定的なしるしで、
さらなる奇跡が起こることを予期しているのです。』
踏まれる方、おめでとう
踏んでくれてありがとう~