食べます。

ゴーヤちゃんを初収穫しました。
ぶりっぶりです^^
Image055.jpg
最近、ゴーヤは生でもおいしいということがわかったので
生でバリバリ食べています。
先日お勧めした
鶴見先生

の研究によると
人間のからだには酵素がものすごく大切だそうです。
例えば、栄養を摂ってもそれをちゃんと使うのに酵素が必要です。
酵素が足りないといくら栄養をとっても使えないということです。
酵素は食べ物から摂れますが、
48度以上で死んでしまうので
加熱した食事からは摂れないそうです。
おいしいご飯をおなかいっぱい食べた後
眠くなったりだるくなったりするのは
酵素が足りないからだそうです。
私はそれを知った時、すごく納得してしまいました。
食べた後のしんどさってなんなんだろうと思っていたからです。
むしろエネルギーをロスしている感じがして納得いきませんでした。
そして、昨年食欲がなく1ヶ月以上果物だけで過ごしたことがあったのですが
精神的にまいっていたわりに体は快調でした。
果物は酵素がいっぱいなので生命力をちゃんと機能させてくれていた感じ。
体感しました。
朝一番に体に入れるのは水。
次はフルーツジュース。
バナナ・グレープフルーツ・キウイ・小松菜・豆乳・ココナッツミルクなどを
ミキサーにかけるだけです。
だんなさんが毎日作ってくれます。
バナナさえあれば、甘みは十二分にあるので
何も加える必要がありません。
小松菜をジュースに入れる人が多いので最近やってみたら
いけました。
色もすごくきれいになります。
生ジュースは単独で摂らないと腐敗しやすいし
午前中は排泄の時間なので
食事は昼ごろまでしません。
最低でもジュースの後、20分はあけたほうがいいそうです。
夕食はサラダと野菜と豆腐などで作ります。
やってみたら明らかに体が喜んでいるのがわかります。
うちはだんなさんがそういう食事が好きなので
とても助かります。
私は最終的にはもしかしたら人間
食べなくてもいけるんじゃないかしらと思っています。
特に食べ物を減らしても
体があからさまに飢えることが少なくなってきたような気がしています。
実際食べないで生きてる人はたくさんいます。
そうなってくると、エネルギー問題とか
飢餓とか戦争とかの事情も違ってくるのですが。
でも、みんなが食べない体になるより
エネルギー問題や飢餓や戦争についての
人々の気づきが先かもね。
そのために食べない、とかいう話になると
それは違っちゃうもんね。
とりあえず私は・・・・
今夜はうちのゴーヤちゃんをいただきます。

コメントを残す