書ききれないほどの

日記に書くことと書かないことの区別はいったいなんなんだろうと
時々考えます。
私は書くことが好きだし、これは半ばライフワークなんだと感じ
いずれ本を出すだろうことを念頭に置きながら書いています。
ずうずうしいですけど。
気づけば現在体験中、勉強中、熟成中の出来事については
全く書いていません。
なので、私の生活の軸となっている作業については
あまり書かれていないのだなと振り返りました。
書いているのは、熟成されてあふれてきた内容が多いです。
なので、これは厳密には日記ではないですね・・・。
それにしても、私はこのページに向かう時は
結構意識をフォーカスして
読んでくださる方をイメージしつつ
伝え方をあれこれ推敲しながら書いています。
伝わった時は嬉しいし
ダメな時はかなりがっかりしたりします。
それはコメントの言葉や数ではなく
なんとなく、わかるのです。
チャネリング的に。
意識の泉に投げ込んだ小石の波紋を読み取っています。
本当に。
私の実際の生活は、書ききれないほどの気づきにあふれています。
生活のほとんどはそのために費やされているといっていいほどです。
私は今は一人でいる時間が多いのですが、それで暇だったことって
今までほとんどありません。
私の中では絶えず大小様々なつかみたいテーマが浮かんできます。
それで、ほとんどの場合その対処法というか
学び方も浮かんできます。
浮かんでこない時はそれを探してみつけます。
で、おっかけ対処に追われます。
一日が終わる頃には
今度は肉体がそれに追いつこうとワークを要求してきます。
し終えるときもあればやりきれない時もあります。
ふと、私は一日何をしていたんだろう?と我に返ることもあります。
こうやって私はどこへ行こうとしてるんだろう?
生きてる間に片がつくんだろうか?
でもどちらにせよ
そういったことをほったらかして
私は幸せになれないんだと思う。
もし、私の人生が完璧に
生きるためのルーティーン的作業から解放されたなら
もう少し別の楽しみ方も生まれるだろう。
でも今のところ
そういう作業に埋没しないためには
それ以上の覚醒した状態を
意識的に自分に要求する必要がある。
生活することに追いかけられないためには
悠々と人生を手玉に取ることだ。
そのために私は仕組みを知り、実践するという方法をとる。
人生をコントロールしているのは
社会でも国家でも経済でもアイデンティティでもない。
私という無限の存在なのだ。
私はその無限の私とのコンタクトをとっている。
願わくばそれと一体化して生きようとしている。
今はほんの準備的段階なのだ。

コメントを残す