地球のエネルギーを使う

先日は東京と埼玉からお客さまがセッションにいらしてくださいました。
沖縄に来てよかったな~と思えるようなセッションで私もしあわせに満たされました。
沖縄の神アマミキヨの洗礼を受けて、エネルギー酔い的な肉体調整が続いていましたが
最後は主人の鍼の一撃で、ぴたりと難聴と耳鳴りが消え
どうやら最終的に移動が完了したように思います。
6週~7週目の出来事です。
先日の新月、8時間以内を少しオーバーしましたが5つの願いを書きました。
すると翌日(昨日)にはもう兆候が現れました。
昨日はスーパーへ向う国道331を歩いていると
突然胸いっぱいに感謝があふれ始めました。
これは瞑想レベルが満ちてくると日常よく起こる状態で
東京でも昨年後半はよくよくこういった状態が起こりました。
ただしあわせ、ただありがたいという状態です。
私は、これはお礼をみんなに届けなくちゃと祈り始めました。
夫、父、母・・とレイキを送っていると
ものすごい火花の尾っぽを引っ張ったような流れ星が空を走りました…。
私はクンダリーニレイキ(ルーアのHP)をやり始めた頃(昨年春ころ)から
あからさまに自分の次元が変わったのを感じています。
クンダリーニレイキのマニュアルには
「地球の力を使えるようになる」とあります。
この言葉が抽象的なイメージではなく、とてもリアルに実感できます。
正直に言うと、地球とお話しするようになりました。
地球は自分をマザーアースと呼びなさいと私に言いました。
正直、それまで地球をマザーアースなんて思ったことすらありませんでした。
でも少なくても私のハートの空間にその声はそう伝えてきました。
そして、クンダリーニレイキを使ってのチャクラヒーリングをしていると
その方の情報、が伝わってくるようになりました。
その言葉は、受けてくださる方のハートにとても響いているように私には見えます。
そんな時私は本当に感謝でいっぱいになります。
以前の私が見たら、こんなことしている自分に驚くかもしれませんが
今感じるのはこれはとても自然なこと、としか言いようがないのです。
自然科学を学んでいたら、自然のことが細かく見えるようになった、という感じです。
雲は空に浮かぶ綿飴ではなく水蒸気が白く輝いたりどす黒く重たそうに見えているのだ、
とても不思議な気がするけれど、それこそが、自然の理でありありのままなのだ、
というような感じです。
それを知ったからといって自分がすごくレベルアップしたこととは
(ある側面からみたらそれも事実かもしれないけれど)別次元の問題です。
だって、それはそこに厳然と、あるわけですから。
ですから、この力を使っていると、感謝が増えていくという副産物がついてきます。
同時に、人としての姿勢、在り方を常に問いかけ直すことの重要さを
ますます強く感じることとなります。
芝居の役作りの手法に、役の履歴書を作る(自分史)というのがあります。
脚本に書かれていないその人の隠れた人生を事細かに具体的に考えて作るというものです。
私はそういうのはあまり気乗りがしませんでした。
私はとてもいい役者だ(った)と自分のことを思っていますが
このあたりの不真面目さってどういうことなんだろうと思っていました。
だけど、今になって思うと最もだったと思います。
だって、演じるというのは、その瞬間、100%今にいるのと同じなのです。
いくら役の人になりきろうとして
ここ(の場面)にくる前に犬の糞をふんずけたから不機嫌、と
台本やノートに書き込んだからと言って、
今そうなっていなければ、そういった努力は100%無意味です。
そんな努力するより、今その出来事が起こった、ということに対して
そこにいる自分のからだや感情、感覚、内部での変化、筋肉の収縮
声帯の震え、その声の振動、相手と空間、客席への届き具合に全神経を集中させて生きる!
ことのほうがよほど重要なのです。
逆に言えば、そこで「そのようになっている」のであれば
それ以前に起こるべきすべては表現されたのです。
そこに余分な説明を書き加えたところでそんなのは蛇足なのです。
表現としては3流のやることです。
現実、と言うとまるでスピリチュアルでない世界の話しのように聞こえますが
現実ほどあらゆる叡智が集約された創造物はないのだ、と私は思います。
確かに現実以前に様々な次元で見えない何かが起こっています。
ですが、それはまだあなたの世界には選択されていません。一つの可能性です。
仕組みを使うことで現実をより自己の真実に即して実現させたいがために
私たちはその仕組みを学び、便宜上スピリチュアルという言葉を使います。
実際この社会でそう呼ばれているのもは一つの手法に過ぎません。
真実のスピリチュアルとは、すべて、です。
*************************************
妹が教えてくれた村上春樹さんのスピーチ
【日本語全訳】村上春樹「エルサレム賞」受賞スピーチ
 

うまんちゅ

昨日は糸満JA直売所のうまんちゅ市場で野菜を買いました。
週に1.5回くらいは行くのかな。
800円分の野菜を買うと、徒歩かチャリの私には重労働ってくらいマイバッグが重たい。
こっちに来てから広い肩幅が復活ぎみ。
筋肉を落としたくて極力肩の力を抜いて生きてきたけど今はそうもいかない。
レタス60円のはっぱを手に取るとちいさーいカタツムリが3匹。
瀬長島でジュンが拾った貝殻があったのでレタスをちぎってのっけて移動してもらう。
最初はびっくりしてどっか行きそうにしてたけど、
「ここがおうちだからね」と言い聞かせながら戻してやったら
即おとなしく住み着いている。
いなくなっちゃってふんずけちゃったりしたらやだなとだんなさんと話してたんだけど
今朝もレタスの裏に2匹、貝殻の外側に1匹。体長3ミリくらい。
Image494.jpg
ちょっとかわいい。

金スマ御礼

図らずもたくさんの方がご覧くださったりメッセージくださったり
楽しみにしてくださったり、楽しんでくださり
自分としてはとても意外で、そして、励まされたり元気いただけたりして
やってよかったじゃん、と思えました。
主人も最初は出ない、とかいろいろとあったのですが
今はよかたったね~、と申しています。
ここ沖縄に来て、こんなに一度に本土(?)からメッセージをいただけたのも
とても嬉しく思わぬ贈り物でした。
みなさん、どうもありがとうございます。
録画のご心配をおかけいたしましたが、
ある方のご好意でお送りいただけることになりました。
録画してくださった方、
もしよろしければ皆さんのおてもとに(笑)お納めいただけたら幸せです。
南の島から、これからもたくさんのなにか、を発信していきたいと
こころから思っています。
どうか、これからもよろしくお願いいたします。
Image492.jpg
昨日の瀬長島の夕日です。

セイシュンのかおり

沖縄に来ていた弟のジュンが東京に帰るのでチャリで空港近くの瀬長島までお見送りに行く。
弟と言ってもだんなさんの弟なんだけど、多分お互い本当の兄弟みたいな気がしてる。
ジュンはうちに2泊して後半は北部へ行って来た。
2泊目の夜は、宇宙と人類について、意識と進化について
3人で川の字に寝そべりながら話した。(だんなさんは力尽きて寝ちゃったけど)
だんなさんが仕事の合間に車でジュンを瀬長島まで連れて行くというので
私はチャリで合流する。
国道の歩道が工事中やら工事してないやらでひどくがたがたなので
一本奥まった農道(でもないけど両脇は畑)を走る。
今の季節は春。(毎日、毎時間季節が変わる。)
ふと、青春のかおりがする。
この島は時々こうして青春のかおりがする。
むやみに出会い頭に恋に落ちて、
それほど傷つくことも深刻になることもなく過ぎ去っていくことが許された時間。
世界と自分とを結ぶ接点についてなんて考えることもかなわなくて
これから自分が恋に落ちる相手は無限にこの世界に潜んでいるような気がしている。
誰かのちょっとしたしぐさにとか、目つきとか、靴のかかととかにときめいていられるような
そういう時に嗅いだ記憶。
帰り道に暗い海にかかる橋の上で息を切らせて自転車こいで
なんともいえない感じがよぎった。
そういうおかしな感じがよぎるのなんて久しぶりだ。
膨張。
たぶん。
予兆?
未知。
Image491.jpg

緊急告知です。今晩9時からTBS金スマ!

TBSにて、出演しました金スマ放送されるそうです。
今聞きました・・・遅いよ。そして急だよ。
もし見られる方いらしたらご覧になってください。
そしてよかったら録画してください。
うちには今テレビがないのでみられないんです・・
妹ももう出かけてしまったので、録画頼めなさそうです。
よろしくお願いします^^

しし座の満月

今夜23:49だそうです。
もう結構長く、満月の日にはお財布、通帳をふりふりしています。
周りの人に伝えるとみんな喜んでくれるので仲間がたくさんいます。
満月のパワーで臨時収入を得ましょう、ということです。
やり方は、満月の満ちてます!ってパワーをいただくので
満月直前までにしたほうがいいです。
それと、お財布の中の増幅させたくないもの(クレジットカードや領収書)を出してから。
私は面倒なので最近は通帳だけを振ってます。
ありがとうの気持ちを忘れずに^^ニコニコで振ります。
私はほぼ、というか100%かなっています。今のところ。
ちなみに新月はソウルメイキングというのをしています。
新月に願い事を書くというシンプルな方法ですが
結構あちこちで、思わぬ方から実践なさってることを伺います。
私より年輩の男性がなぜか多いです。
[魂の願い]新月のソウルメイキング
ジャン・スピラー (著) 東川 恭子 (翻訳)
出版社: 徳間書店
この時は、月がこれから芽生えて行くよ~!という力をいただくので
新月を過ぎてから8時間以内もしくは2日以内に、
願望のかたちで、2つ以上の願いを書く、そうです。
私は去年から、ムーンダイアリーという手帳を普段から使っていて
この手帳だと予定表のところに、
「今日は新月です、行動計画を立てましょう」と、
半強制的に書かされることになっています。
否応なく月リズムです。
新月の祈りは私の場合内的・抽象的な願いが多いので
かなった、とか失敗した、という結果が一見はっきりしませんが
長いスパンで振り返ってみると、やはり、そのようになっているようです。
例えば、その時大変なことがあって、乗り越えるのに必死で気づかなかったけど
後で振り返ると、そのことが結果的に私の願いをかなえていた、というような感じです。
願うことは欲だからダメと思わずに
願うことによって課題を与えられ、結果的に成長できるのだと思うと
願いとはポジティブなエネルギーなんですね。
よくばりましょう^^
関係ないですが
Image479.jpg
昨日のうまんちゅ市場でのお買い物、〆て500円でした。
おつきさま、めぐみをありがとう。

ひとりたび

昨日からだんなさんは『大きな手』(治療院)の開店準備に行っております。
沖縄へ来て初めてのお留守番的時間。
昨日は糸満市近隣をひとりで探索しました。
Image472.jpg
家からチャリで5分くらいいくとこんな感じになってきて。
それにしてもやはり、あちこち行くには上り坂が厳しい。
チャリは移動ではなく、スポーツですね。完全に。
マウンテンバイクでよかった。
Image473.jpg
農道をおじゃまして走ってると新名城ビーチに到着。
天使の梯子は沖縄では常に降りまくってます。
それにしてもここはちょっとすごかった。私の写真の腕では伝えられないです。
浜ではなぜかおじさんたちが服をいっぱい乾してました。
そして、今日は近所にお買い物に出ただけなんだけど
Image475.jpg
寒緋桜ですね。吉野さんはないのかな。だんなさんがかなりショックみたいで。
Image476.jpg
満月まで後3日の月。ちっちゃいけど。
Image478.jpg
本当は巨大な太陽。
うちの前の川、ちょうど満潮の時に出かけたので水がいっぱい。
覗いてるといるわいるわ。
亀、魚の群れ。群れがたくさんで、あちこちでしぶきを上げてます。
アヒル。鳥たくさん。
今日は鷺より首の細い鳥もいました。なんて名だろう。
あと、子供たちがヤンバルクイナと間違えるもどきさんもいます。
カニの大群。土のあるところに穴がたっくさん空いててよく見ると
全部の穴にカニ。
橋から下を見てたら、小学生の男の子が来て、やはり立ち止まって下を見ていました。
だよね?!見るよね。
これだけたくさんの生き物が生きてるんだから
汚いけどきっと栄養とか、あるんだろうな。
でも、ゴミは捨てないようにしようよ。
モップの柄とか、スーパーのカートとか、自転車とかタイヤとか…
この川クリーン作戦とかしたいねとだんなさんと話してます。
「うちのためみたいなもんだけどね^^」
「参加者いるかな~?」

どうやら

着地しました。
昨日は最高に具合が悪かった。
ひどい頭痛でのた打ち回り
わけのわからない罪悪感に
神さま助けて、ごめんなさいと叫び続け
おえおえとおかしなものを吐き出しました。
そしたらあまり寝ていないにも関わらず
今日は午前中からすっきり。
ハートチャクラを覆っていたブロックもすっきり。
疲れてはいますけど、思い切り息が吐ける状態になりました。
耳の難聴と圧迫も今日はないです。
昨日はひどかったからまたなるかもしれないけど。
まぁそうだろう。
人間だもの。
よしよし、私。
人間てたいへんだな。
ですが、こういう時期ってとても大切だと
もう言ってる私がいます。
ストレス、と一言で言いますが
それって外に原因があるわけでは本当にないんだな、と身を持って再認識しました。
いろいろと考察しましたが
やはり魂の行き場を自己が見失うと強烈に感じるのだと思う。
そしてその根本的なストレスがあると
日常の様々なことがアレルギー反応のように
過剰にアンテナに引っかかってきます。
愛を感じづらくなります。孤独で辛いです。
だけど、私は昨日の私に言いたい。
そんな時もあるんだよ。あって、いい。あるから、いいんだよ。
それが誰かのために必ず役に立つ時がある。
自分の成長や求めることと
必ず繋がっているんだよ。
たとえどんなにどんなにどんなにどんなに打ちひしがれようと
私は私を許す。
昨日はうまくできなくても。
今日はできる。
どうか、みなさんにたくさんの愛が降り注ぎますように。
Image470.jpg

神さまのこと

お札のことを日記に書いたら何人かの方がご心配くださったので
もしかしたら他にも気にしてくださってる方がいらっしゃるかもと思い
書きます。
あれからわりとすぐ、那覇の護国神社というところを見つけ
お返しに行きました。
沖縄と、日本(と並列するのはおかしいのですが)の歴史を思えば
国家神道の神社が少ないのは頷けることで
ただ驚いたのは、ほんとにそうなんだな~という点だったんです。
沖縄には、想像はついてたけど、そこまで本当に!?ということが
たくさんあります。
Image464.jpg
ちゃりで走る。
Image467.jpg
西崎と豊崎を結ぶ道331の橋から見た夕日。
Image468.jpg
その橋。
Image469.jpg
小僧っぽいすっぴんで爆走の私。
Image471.jpg
帰り道。
ではまた!