カニステル

我が家は朝一番に手作りジュースから始まります。
これは東京からずっとそうなんだけど
最近感動してるのは、カニステルのジュースのおいしいことったら。
カニステルはびわみたいな形状。
最初うまんちゅ市場でみつけて
パッションフルーツとか島バナナなんかと一緒に並んでいたんだけど
出初めは1つ100円くらいして
もう少し安くなったら買おうって思って待ってました。(チープな話しで申し訳ない。)
そしたら3個150円になったので、やった~ってゲット。
最近はもう少し安く買えて今日は小ぶりの6個で120円だった。激安。
(ちなみに島バナナって高くてまだ買ったことがない。
パッションフルーツはこないだ安くなってたので初めて買いました。
ほとんど食べるところがないんだけど、そりゃもういい香りでしあわせ感じます。)
だけどこれがずっと硬いままで、いくらなんでも時間が経ってるからって
硬いままちょっと食べてみたら、渋柿そのもので
ちょっとこれ、本当に食べられるようになるの?って心配になってたら
今度はいきなりぶにゃぶにゃに。
あれ、今度は腐っちゃうの?ってあわてて食べてみたら
ネットなんかに書いているように、かぼちゃとか芋の食感。
だけどなんとも言えない濃厚なおいしさで
そのままデザートですって出してもいいんじゃない?って味なんです。
で、うちの朝ジュースのベースはバナナ(沖縄はバナナ安くないんだよね~残念)と豆乳。
これにいろいろ足したり足さなかったり。
カニステルをたしてみたところ、これがもう、なんていうか
パティシエに紹介したい!って思わず叫んじゃうくらいのおいしさ。
バナナ豆乳カニステルをミキサーでシェイクしただけで
マンゴープリンとかなんとかムースとかのような
それも代官山のカフェとかイタリアンのデザートに出てきそうな
そういう感じになっちゃうのです。
うちで作るときはすぐ食べないとバナナが黒ずんできちゃうから
商品化するときはそこんとこに工夫が必要だと思います(笑)
ちなみにポリフェノールが抜群に多いらしいですよ。

いこかもどろか

昨日はいまるちゃん(さんまさんとしいちゃんのお嬢さん)がデビュー、なんてことで
ついついYtubeなんかで男女7人なんかを見ちゃったりした。
私が育った上でとても重要な人のうちの一人は大竹しのぶちゃんで
好きとかそういうのじゃなくて
私の中のスペースにこの人が住んでいる場所があって
数少ない私のよりどころみたいになっている。
そういう人はこの世に何人かいて
村上春樹さんはその一人で
あと、桃井かおりちゃんもそうだ。
生き方をずっと見守ってきて
やっぱ、そうだよね、とか
そっちいっちゃうの?とか
やっぱそうだったでしょ、とかやりながら
ずっと寄り添える人は私の中ではその3人。
3人とも一方的にしか存じ上げないんだけど
(だからこういうのって妄想だと思われそうだけど、それとも違うの)
金スマで、しいちゃんと会っちゃうのかな~と思ったけど
舞台中でおやすみだったのでそうはなりませんでした。
あそこで会ってもしょうがない気がして、それはそれでよかった。
で、男女7人夏物語と秋物語とかってもう20数年前のドラマってことなんですよね。
(86年だった)
私はもう大学生で芝居とか猛烈にやっていた時なんだけど
うちのだんなさんは全く知らなくて、
「トレンディードラマのガンソなんだよ、あれより前はそんな言葉なかったんだからね」とか
ちょっと語りました。
で、秋物語のころ、しいちゃんはすごく顔が変わって
(妹も私も何十回もビデオ見てるのでいろんなことがわかります)
今見てもやはり気になって、じーっと観察してしまったりします。
そしてさんちゃんとしいちゃんが離婚した時も
その理由とかバカみたいに妹と二人でながーいこと考えたり
その後しいちゃんの演技がぐっとこない時期があって
その時も彼女が何に気がついてどうしようとして
その結果どうなってるんだとか
ものすごく観察してたりしました。
私は昔、舞台に立つと彼女ととても似てるところがあると言われたりして
すごく共振する部分があったし
若いときにとても研ぎ澄まされて輝いて天才だった人が
枯れずにくすまずに生き続けていく姿を見せてくれるお手本はとても貴重です。
実は最近はしのぶちゃんのお兄さんとうちの妹が仲良しなのでお話しを聞くことも多く
時々なんか、知ってるご家庭みたいな感じを感じることもあるのですが
やっぱり彼女たちはとにかくとてもとても真摯に生きていていたことは真実で
だからこんなにもたくさん与えてくれるものがあるんだということが改めて感じられ
昨日は切なかったりドキドキしたり、いろんなことを感じた一日でした。
だってあのいまるちゃんがもう大人だっていうんだもの。

おおばけ

42歳になって
今の私を今ぱっと見てみると
わりと悪くないじゃん、と思う。
過去を思い出してその延長で考えてみると
へ~随分やったね!と思う。
やったというのは、何かを成し遂げたり残したりとかじゃなくて
私の中身は随分軽やかで
うそのようにオモリや壁がなくなったね、
悲しみや痛みもほとんど見当たらないくらい
すーっと向こうまで広がってるね、ということ。
過去を思い出してみると、
どんなにたくさんの思いのかたまりが詰まっていたんだろうと思う。
でも今は、それも、悪くないな、とも思ったりする。
どっかつつかれたらパンてはじけて
泣いたり怒ったり本気で悲嘆にくれて
でも、諦めたり逃げたりはどうしてもできなかったあの女の子は
不器用で不細工で嫌いな所だらけだったれど
それでも一生懸命生きてて
あれはあれで魅力的だったなーと思う。
あの頃は今のような自分(の中身)になる時がくるなんて
想像もつかなかったけれど
もちろんなりたくて、なって、ヨカッタ~と思うけど
でも、もしあの時の良さももっと知っていて
最初から自分をもっとかわいがれてたら…
どうだろう、う~ん、それほど今と違いはないかもね。
もし自分がもっと恵まれた環境に育ったら
進んで苦難を探しに行くほど度胸もなかっただろうな。
なのに世界にはたくさんの痛みを背負ってくれている人たちがたくさんいることに
胸を痛めたかもね。
で、結局痛みを知りたいと願ったかもね。
もし自分が順風満帆に最初から思うがままに生きていたら
黒柳徹子さんみたいになってバンバン世界に行ってたかもね。
興味にあるところにどこでも行ってみてやってみてたかな。
今の私は毎日意外に地味に生きてるけれど
でも、例えばあと5年後、とか思ったときに
やっぱりまだおおばけするんじゃないかな~とどうしても思えてしまう。
5年前はもうだんなさんと出会っていてNYも行ったりした後だったから
自分はもしかしてしあわせになるんじゃないかなって希望が少し出てきたころだったけど
それでもまさか沖縄でこんなに心に平安のある時間を過ごしているなんて
想像つかなかった。
あと5年生きていたら、と思ってもやっぱりうまく想像つかない。
かといって肉体を持ったままアセンションして空中に・・・とも思わない。
だんなさんに向って、
私ねぇ、どうしてもこれから自分はまだおおばけすると思うの。
それがどういうものなのかはよくわからないんだけど。どう思う?とかって言ってる。
つまり、私にとって人間ってそのくらい未知な存在だってこと。
想像もつかない自分に進化している可能性なんていくらでもあるってことだ。
そうは思いませんか。

手作り2

だんなさんの仕事のほうは、いろいろと準備しているのですが
まずはここでしっかり花咲こうということで
那覇市古島駅そばの大きな手という治療院で施術をしています。
2月にオープンしたばかりで、まだ宣伝もなにも始めたばかりですが
元は健康保険医療の治療院を分院した感じです。
で、元のスタッフは訪問マッサージをしていて
治療院・大きな手はほぼうちのだんなさんが一手にやっています。
(もう一人オイルマッサージの女性スタッフがいます。)
ですので、場所や設備を与えていただいて腕を試せるという
なんとも恵まれた環境ではあります。
大きな手のボスがおっしゃるには、主人のマッサージは沖縄最高峰らしいです。
なので、宣伝さえちゃんとして患者さんが来てくだされば
なんくるないさー、ということです。
なんくるないさーとはいっても、まだ患者さんがほとんどみえない日も多いので
そうそうのんびりはしていられないのですが
でもまず身内の方々がその価値を感じてくださってることは
とても大事なことだと思います。
で、ボスがいろんなサイトに大きな手を宣伝してくれているのですが
その宣伝文句が、「沖縄で最高のマッサージを受けられます」とか
とても単刀直入に一生懸命書いてくださってるのを見ると
とにかく沖縄で生きてっていいんだ、と思います。
でもだんなさんは本当に鍼やヒーリングであっと驚くほど元気になってもらうのが
とてもとても好きで、もっともっと活躍したいところなので、
まだまだ一息つけない日々です。
暇だった日はものすごく疲れて帰ってきます。
そりゃそうだと思います。
Ruach(ルーア)のほうももちろんいろいろやっています。
午前中には資料を持って介護施設や老人ホームをまわったりしています。
これは、健康保険を使った鍼灸リハビリの営業です。
糸満の人はおもしろくて、電話で説明すると
「まともですよね?!私たちだまされやすいから!」と言われたりするようです。
笑えました^^
まだいろいろやりたいことはあるのですが
ちからが分散しないよう、今は重心を定めることに意識を向けています。
今を一歩一歩踏みしめます。
とにかくだんなさんのようなからだとこころのメンテナンスをしてくれる
鍼灸師ヒーラーはとても貴重で必要なことなので
(私は昔から鍼を受けていましたが、そういうのを探していました。
なかなかいなかったです。)その良さを知ってもらえるといいなと思い
私も日々資料を作ったりあれこれと考えながら手作りな日々を送っています。
私のとても好きなチャネラー、レイがキリストをチャネルしたもの
からだとこころのメンテナンスについてとても参考になることを書いているので
よかったら読んでみてください。
レイのチャネルは何度読んでもこころにしっくりくるものが多く深いです。
私のほうは意識にダイレクトに働く療法をやっていて
それはやはり自分でするのはとても難しいことなので
これも役立ててもらえると嬉しいと思います。
最近はこの仕事のなかに、自分の能力の多くを注げるようにパワーアップしているので
多くの方にご自分のしあわせや進化のためにお使いいただけるように
とても素直に願っています。

手作り

手先は全くもって不器用なのですが
「物事を興す」的な手作りが好きです。
で、今は沖縄生活をまるごと手作り状態で暮らしています。
仕事は今はもっぱらセラピー関係です。
本当に嬉しいことに、セッションを受けに沖縄へいらしてくださる方がいて
そして地元の方も、HPで探してくださいます。
日常今一番エネルギーを注いでいるのは
ルーアのホームページをあちこちに登録することです。
こちらに来てくださる方々が口々に
ものすごくたくさんのHPの中から内容を読んで選びました!とか
ここなら信用できると思いました、とか
おっしゃってくださるのでがんばれます。
先日は、とても若いクライアントさんがある所から
飛行機代と2泊分の宿泊費とセラピー費用を一生懸命アルバイトでためて
2日にわたってセッションを受けてくださいました。
彼は以前東京にも来てくれて、とても深遠な体験をされました。
「あんなに感動したことはない。本当にすごかったんだ。
これから生きていくうえで、どうしてももう一度あの体験をしたい。」
とおっしゃいました。
そうすれば「安心できる。大丈夫になれる。」と。
とてもとても光栄だと思うのと同時に
その人の奥に見え隠れする大いなるいのちに感動している。
私にできるのは結果や願望、評価や意味づけからいかに自由になるか、くらいのことだ。
世の中でよく不思議体験なんて言うけれど
こんな不思議体験の連続である仕事はそうそうないだろうな、と
今朝ふと思った。
普段はもう不思議かどうかなんてことは全く忘れてしまっていますが
セッション中は「魂」とか「大いなる存在」とかとおおまじめに取り組んでいます。
この仕事はほそーい光の糸の上に成り立っているような仕事だと思う。
光は世界と等しく偉大だけれど
私たちという存在は限りなく微細でアンバランスなのだと思う。
光を知ったからといって、ちょっとやそっとで神にはならない。
神とともにあるがどうかを毎瞬選択できるだけだ。
宇宙の叡智はすばらしい。
光もまたしかり。
けれど、そのうっとるするような魅力にからめとられずに
この肉体と共にある。
この肉体で現せないことは、私はまだわかっていない。
そうなっていないなら知らないほうがいい。
てなことを午後のさんさんと美しいお日さまのもと
南の島から。
Image501.jpg

神の住む島

昨日は世界遺産の勝連城へ。
Image502.jpg
沖縄の城は祈りの場で、昨日も数人で儀式をしている人に出会いました。
Image503.jpg
それから近くに海中道路があるよということで
せっかくだから行ってみようということになり
道路からの風景もすばらしく
海の駅でおっぱソフトクリーム(県内のおっぱ牧場産)をいただき
さて、島が二つあるけどどっちにする?ということで
なんとなく浜比嘉島を選びじゃあ軽く一周しようか、
どっち周り?じゃあ左、という感じで進むと
海に浮かぶ美しい盆栽のような小島があって
それがアマミチューの墓とある。
だんなさんがあまりの美しさに興奮して島行くよ!と言うけど
墓って書いてあるのに・・・としぶしぶ上陸してみると
それはアマミチューとシルミチューという沖縄開闢の神の墓でした。
そのときは沖縄開闢の神は久高島に降りてきたアマミキヨじゃないのかなーと思いつつも
あまりの居心地のよさにすっかり満たされて
沖縄ってどこに行っても神さまに会えるねーすごいねーなんて言って
それから、その集落の家々があまりにかわいいので
この道入っていいかなー、おじゃまします、なんて言いながら進んでいったら
今度は鳥居が出てきてシルミチューのお家だったという霊場へついたので
ものすごい急な階段を上がってお祈りしました。
帰ってから、今日はアマミチューの墓が最高だったねと二人で言い合って
先ほどネットで調べてみると
浜比嘉島は神の住む島、という場所で
アマミチューは沖縄開闢の神アマミキヨの別名でした。
全くもって完璧なお導きにちょっとびっくりしました。
アマミチュー、シルミチューどうもありがとう。

移住して2つき

経ちました。
今日は久しぶりの晴天です。
今朝は高原の秋みたいなお天気でした。
お昼前にうちの前の川の周りをちょっとだけお散歩したのですが
ものすごい魚の群れでした。
干潮なので水はとても浅く干上がった沼のような状態にも関わらず
おびただしい魚の群れです。軽く興奮しました。
さて、昨日は父の誕生日。(父は元声優の仲村秀生といいます)
父はこのところこれまでにないほど穏やかに暮らしているようです。
と言っても今年に入って立て続けに2回手術をしました。
父は特異体質なので、以前は手術の麻酔で
あの世(ではないのですが、あちら側の世)に行ってしまったり、
普通のことが普通にいったためしがなかったのです。
ところが妹が入院先にお見舞いにいったところ
なにもかもが普通で「こっちが癒された~」とのことでした。
手術の緊張とかでなにを言い出すかかわらない父を想定して
なにを言われても対処しなければ、と構える妹に対して父は
どこまでもまともな言動で、
「ぱぱちゃん、いい人だった~。おかしかったのは病気のせいだったんだね~」と言う妹に
私も胸がいっぱいでした。
妹もそういうセリフを言うまでに38年もかかったのです。
一生かかっても言えない場合だってありますし
私も妹も最速で言える努力をしてきた結果だったと思います。
父は2度の手術の最中ながら
とてもいい執刀医に恵まれ、これで元気に余生を送れそうだ
お父さんは今が一番しあわせだ、と言います。
並のいい人のセリフではないだけに、奥深くに響くものにが私にはあります。
まったく人生なんて幕が降りてみないとなんとも言えないものです。
バーソロミューというチャネルの本が大好きなのですが
その中で、真に目覚めた人は決して人間界でいう人格者ではないはずですという一節があり
そこを読むと父のことが浮かんでしまいます。
おかげで子供たちは遠慮癖みたいなのがついてしまって苦労しますが
あれだけのお手本を身近に体験できることもそうそうないので
まだまだ私たちの出番はこれからなのではないかとふと思ったりしています。
さて、もう夕方ですが、今日もブッタ(目覚めて)でいきましょう。

沖縄の走り方

昨日はとうとう、県庁前まで自転車で走ってしまった。
昨日は曇りで自転車日和。晴れていると日差しがきつすぎるし暑い。
一体何月までこんなことができるのかな~と思いながら、今日を楽しむ。
県庁前っていうのは、那覇の中心街です。
パレットくもじがあり、国際通りがあるところ。
約3時間の旅。特に目的があった訳ではないので、何もせずに往復しただけです。
Image499.jpg
明治橋。
途中で一度チェーンが外れるという事故があり青ざめました。
実は心の中で、引き返せないくらい遠くへ行ってしまって
こういう事故があったらどうしようと怖れていました。
そしたら完全に実現しました。
主人に電話して、こういうのは私でも直せるものなのか聞いてみて
そんなに難しくはないと聞き、心を落ち着けて取り組むと
思いのほか容易に直すことができました。
そうすると自信がついて、以前よりリラックスして走ることができるようになりました。
わりと注意深く見ていたのですが、途中自転車やさんは1軒しかありませんでした。
沖縄では自転車は本当に人気がないみたいです。
まぁそうだろう、よほどの物好きじゃないと。
こうして走っていると、以前はずっと緊張していたんだということがわかります。
昨日は地図もプリントアウトして持参しました。簡単なものですが。
するとさらにリラックス度が違いました。
私がスピリチュアルの世界と劇的に出会ったとき最初に読んだ本は
エドガーケイシーのリーディングについて書かれたものでしたが
そこには「人生の取り扱い説明書」と書かれていました。
取り扱い説明書があると、実際の行動中にリラックスすることができます。
また私は芝居をしていましたが、舞台ほどリラックスできる場所はありませんでした。
その理由の一つに、そこには台本がある、ということがあります。
即興も大好きでしたが、そこにもルールがありました。
それは、どんなことがあっても、相手役に愛を持って接するということです。
相手を傷つけない、という決まりもあります。
そのルールをみんなが守ってこそ、感情を全開にして相手にぶつける事ができるのです。
相手に掴みかかるような演技でも、相手の目を見れば真意が見えます。
次にどうしたいのか、相手はどう絡んでくるのかを瞬時に受けとり
次のアクションに出るのです。
こういった演技に纏わる洞察は、私のスピリチュアルな活動の基盤であり
人生の作り方の基盤でもあります。
つまり、スピリチュアルの情報とは、
地球劇場での台本であり、地図であり、創造のためのルールでもあります。
それを知っていると、どうせ体験しなければならない多くのことを
リラックスの中で悠々と体験できます。
結果、受け取る学びも細密でより深いものとなるでしょう。