贈り物

だんなちゃんの子供のころからのお友達カップルが読谷に旅行とのことで会いに行きました。
読谷村(よみたんそん)は沖縄本島の中部にあります。
だんなさん、いささか泡盛飲みすぎで店員の女の子にうちなーぐち(沖縄ことば)を
やたら聞きたがってちょっとひかれてました
(若い人はうちなーぐちわからないし、よくいる観光客のおじさんぽかった)が
とても有意義で楽しかったです。
だんなさんは以前は物事の核心的な話には一歩引いて話しに入らないところがありましたが
この時はどんどん踏み込んでお話ししていて
彼の中でいろいろなことが育っているのを感じました。
特に人と向き合うとか、パートナー(私とってことですが)と人生を分かち合うということが
どういうことなのかについて彼は
「よくわからなかったり不快だったり面倒だったりということがあっても
それを相手のせいにせずに自分に問いかけてみる。
自分の内側の何が自分にそう感じさせているのかと問いかけることをしていると
自分の思い込みや無意識だった部分が見えてくるんだ。
その気づきが今度は別の人間関係に反映されて、これかぁって思うんだ。」
というようなことを話していました。
そういった発見から内面が自由になっていくことがおもしろくて仕方ない、
といった様子です。
さて、読谷は飛び切りきれいなビーチがたくさんあります。
Image578.jpg
Image579.jpg
残波(ざんぱ)ビーチ。
それにしても、休みもとらずに平日にちょっとこんなところで過ごせてしまうような環境って
やっぱりものすごくしあわせですよね。夢のようです。

“贈り物” への2件の返信

コメントを残す