ビレッシュさんに後押しされて

書きます。
私が普段考えていることについて
同じことを考えている人に出会うのはとても勇気が出ます。
昨日ご紹介させていただいたビレッシュさんの言葉
私が普段感じていることに心からの友達が応えてくれているような嬉しさを感じました。
私は長年スピリチュアルを学び
それによって生かされてきました。
その時どきでいろいろな概念、教えが助けてくれましたが
教師や集団が増えるにしたがって
出てきた疑問もたくさんあります。
「ありのままのあなたでいいのです」という言葉は
確かにある場面ある時には
とても人を助ける概念ですが
それをすべてに当てはめて(というか都合のいい時に当てはめて)乱用すると
おかしなことになります。
こういった癒しと解放のための言葉は
その瞬間のその人のために使われるべきもので
それが正しく使われているか、エゴの温存のために使われているかをわかるのは
私たちが心(ハート)を開いて選ぶしかないのだと思うのです。
エゴがもっとも恐れる変化というものを避けるためにその概念が使われても
結局のところそれは誰も幸せにしません。
その瞬間、この概念は口実になってしまいます。
私たちが本当に平和、愛、幸福というものを生きるのならば
本当の自分に目覚めるだけでよい。
そのためにしなければならないことなどない、というのは
ある面真実ですが
今いる場所から新たな選択をしなければならないというのは事実です。
それには勇気や決断や諦めないという根気や忍耐、
そしてそれを支えたり守ったり促したり導いてくれる存在が必要です。
「愛は相手を変えようとしない」という概念があります。
しかし一方では、気づきのための教え
或いはパートナーシップや魂の仲間同士でのリレーションシップには
目覚めのために互いに助け合うことは必須です。
でなければ私たちはこの世にいる必要がありません。
この2つの概念を関連付けて明確に説明している人はあまりいません。
実際私は夫婦という関係の中で
この両方を体現することの難しさをひしひしと感じます。
ある時は黙って見ている
ある時は言葉を尽くす
ある時はびっくりさせる
ある時は我慢する
ある時はできるだけやさしく
ある時は怒る
ある時は強くある
ある時は弱さをさらけ出す
どの時にも必要なのは愛ですが
愛さえあればなんでもいいというわけにはいきません。
そうしていつもエゴのつながりでなく
愛でつながる関係を築き育んでいくためには
相手に関心を持ち、何かしらの行動を起こすことが必要になります。
(これをビレッシュさんは「ソーシャルなプレッシャー」で必須だとおっしゃっていました)
けれどもそれが、自分のエゴの欲求から来ている(相手を変えようとする)ものなのか
愛から来ているものなのか
ましてやその表現方法がどうなのかを見極めるのは人間には至難の技で
正しい答えなどなかなかみつかりません。
それでも「愛する」のならば
自分の内面といつも対峙し
エゴを見張り解体し
「思いやり」を持って相手と向き合い続けるしかないのが
少なくても私の現状です。
多分そこで出てきた概念なのかと思いますが
「波長が合わなくなれば、別の相手に変えればいい」と教える人は多いのです。
実際チャネリングやリーディング、スピリチュアルカウンセリングの中で
「結婚相手はすぐに変えてもいい。
スピリチュアルをやっている人は簡単に変えますよ。
そこで痛みを感じるのはエゴです。」というようなことを言う人もいます。
でも、本当にそうでしょうか?
人生のテーマは人それぞれでも
ひとつの大いなるスピリットからやってきて
わざわざ分離し肉体を持ち
もっとも大きなテーマは愛すること以外にあるのでしょうか?
それを果たすための使命は目覚め以外にあるのでしょうか?
よく言われている「あなたの魂の使命は?」という命題は
その大きな使命を果たすための指針なのだと私は思っています。
その使命を果たすためには本当にいろいろな形のたくさんの助けや
アイディアや工夫がいります。
少なくともパートナーシップや家族、友情などの関係の中で
都合や気分や心地良い悪いなど自分の状態に左右されないほどに
愛し続けようとすることほど
地上での目的や使命やテーマを学べる機会はないのではないでしょうか。
これは、決まったゴールを目指さなくてはならないということとは違います。
私たちはどんな形態どんな状況の中にも
真の目的を見失わずに勇気や工夫や思いやりを持って進む中に
愛をみつけたり感じたりその関係性の中に育んだりすることができるのだと
私は思うのです。

イベントの内容は存じ上げませんが

今日この言葉を必要としていたら出会いました。
ビレッシュさんの言葉
ごらんになりましたか?
私のお気に入りブログにあるヴィジェイさんがご紹介なさっていて
何の気なしにぴっぴと飛んでいきましたが
最初にビレッシュさんのお顔を見た瞬間に来たメッセージは
「薬物中毒」だったのです。
それで、この人大丈夫だろうか?にせものかしら?と思い
それで読んでみました。
そしたら私のチャネル力もなかなかのもので
彼は重い薬物中毒から立ち上がって
セラピストになった人でした。
最近、ブログなどでとてもいいこと書いてもっともらしい人が
実際はかなりのうそつきだったり
ねじれゆがんでいたりという事実を垣間見たりしていたので
人に紹介するのも気をつけないとな~と思っていますが
このページのこの言葉に関しては
私はとても共感しました。

オキラジ~MaMiのミュージック&ビューティ~に出演♪

昨日は沖縄に来て一人でもっとも遠出をした日。
そして沖縄で初めて公共の電波でトークをした日、でした。
Image662.jpg
詳細などなーんにも聞いていなかったんだけど
シンガーのMaMiちゃん(10年前に東京で偶然知り合っていて沖縄のライブで再開)が
私の歌の仕事のことを気にかけてくれていて
自分のラジオ番組でアピールしてみたら、と
誘ってくれたのでした。
で、彼女は私のセラピーのことは何も知らなくて
今回のラジオの件の話になって
初めてそのことについて話し
結局ミュージック&ビューティのビューティーがテーマのほうの日に出て
主にセラピーのことをしゃべりました。
内容は昨日の本番30分前の打ち合わせまで知らなかったので
短い告知コーナーみたいなところで出るのかなと思っていたら
生放送30分番組で最初から最後まで2人でトークする内容でした。
私もセラピストとしてトークするのは初めてだったので
どんなん出てくるのかな~と想像もつかなかったのですが
MaMiちゃんがとっても本質的な興味と理解もって問いかけてくれたので
ものすごく、自分でもびっくりするくらい
的確にスムーズにしゃべることができて
全く自分の力ではない何かが
すべてを導いてくれているような感じでした。
沖縄市のローカル放送なので
どれくらいの人が耳を傾けてくれたのかわからないけれど
私にとってはとても有意義で
幸せな時間でした。
ヒプノセラピーという理論と神秘がミックスした
とても不思議で深い世界について
公共の電波でお話ししてるんだな~という感慨もありました。
30分があっという間で
MaMiちゃんもびっくりして
何度も「いつもは3~4曲かけるんですよ!」と
何度も言ってました。
(昨日はオープニングともう1曲だけ)
この放送はインターネット用に映像配信もされているそうなので
後で見ることができるそうです。
教えてもらったらお知らせできると思います^^

今日もしかしてたぶん

コザのラジオに出ます。
こちらで奇跡の再開を果たしたMaMiちゃんが自分の番組に呼んでくれました。
告知か何かのコーナーなのかな。
私も行き当たりばったりな人間なので
何も聞いていません。
メールのやり取りだけで
今日夕方からコザへ向かいます。
バスで行くので
バスあるのかなとか
そんなことから調べて
ばたばたしましたが
バス会社の方はすごいプロで
すごいスピードでルートを教えてくれました。
さすが電車のない沖縄。
帰りはたぶん那覇までしか
帰ってこられなさそうです…。
免許は取るつもりないので
だんなさんこれからもこんな時は
笑顔でお迎えに来てください。
お願いします。

政治が変わるのは

選挙シーズン。沖縄も賑やかです。
ちょっと以前のお話ですが
まじめで立派な紳士が
「まずいい政治家が出てこなければ、世の中は変わらない。
いい政治家さえ出てくれば…」と
口惜しそうに、或いは絶望的に言われる場面に
何度か遭遇したことがある。
スピリチュアルを勉強している人は
決してそういう考えを持たないだろうな。
具体的にそういう現象が起こるのは
全体の意識が変わって機が熟すからだと思う。
二度ほど
ではそのために私たちからまず意識を変える必要がありますね
というようなことを申し上げると
お一人は
「いや、社会がそうならないなら自分だけ儲かるほうがいい。
自分と家族だけ守ることの何が悪いんだ。」というお話になり
もう一度は
「ん…??…こういう話は男同士じゃないと分かり合えませんな、」
ということになった。
え~と思われる方もたくさんいらっしゃると思うけれど
こういう考え方って
結構トラディショナル。
赦しましょうね~。

地上最高のお手本

確かビデオが出てすぐくらいにレンタルを見て
その時は、手放しに感動できなかった作品で
(イタリア語の語感とか、主演のカップルがタイプじゃなかったりとか…)
だけど、人生の中でことあるごとに思い出し
ヒプノセラピーなどで人間の意識の勉強などすればまた思い出し
時間がたつほど気になって
それでようやく多分10年ぶりくらいに見た映画
『ライフ・イズ・ビューティフル』
だんなさんがプチ映画ブームだったのでそれに便乗して
一緒に見ることができました。
10年気になっていただけあった…。
もしかしたら人間わざとして
最高の愛なんではないかしら。
そうだんなさんに言ってみたら
満点だね。ホームラン、って言ってました。
今回、特典映像でロベルト・ベニーニのインタビュー映像を見て
感動の裏づけがより高まった気がしました。
彼の世界が本当に美しいってことが伝わりました。
ヒプノセラピーでは、人間の潜在意識の形成がほぼ幼児期に出来上がるため
親である大人の心がいかに癒されているかが
とても重要であるということが明らかにされています。
この映画に描かれているパパは
偉い人でも強い人でもないのですが
心が満たされて平安と愛することの大切さを学んだ人の魂が
地上ででき得る限りの奇跡を起こす姿を教えてくれています。
あんなふうに子供へ愛を伝えることができたなら
子供は恐れというカルマを最小限にし
愛を学ぶことができると思います。
極限状態にありながら
不平不満、憎しみや怒りや恐れが
彼の中には存在しない。
本当にそうである人は
ああいった行動ができるんだろうと思います。
神が人間としてこの幻想世界をいきたなら
ああなったりするのではないかしら。
まさにライフ・イズ・ビューティフル。

神さまの手

*潮崎南浜公園*美容室ラニブルーへ行ってきました。
Image652.jpg
*西崎近隣公園の上空*
Image656.jpg
クライアントさんのお話は守秘義務があるので
あまり公開できないのですが
身内のお話をします。
以前に『青い石』というタイトルで
母のブレスレットにクンダリーニレイキのアチューメントをしたら
乳白色の石が青に変わったというお話を書きました。
母はばかみたいに正直でシビアで
雰囲気で物事を大げさに良いように誇張するとか
そういうことの一切できない人なので
あの時母が喜んでくれたことは
私にとっても驚きでしたし嬉しいことでした。
あれから石はずっと青いそうですが
妹の話だと、たまに青が薄くなってくると
「美緒ちゃん忙しくて(遠隔ヒーリング)サボってる」
と言ったりしているそうです。ごめん。
先日は妹から、母の体調が良くないと連絡があり
夜中の咳が酷くて弱っちゃう
病院でもなかなかわからないし薬も利かないとのこと。
じゃあ、ちょっと気合を入れてヒーリングをやるわと言い
私の禊から始めて本腰の遠隔をやりました。
しばらくして妹が
あのね、あの日を境にすごく良くなって
しかも京ちゃん(母)すごくきれいになってる
夜咳で起きないことがなかったのに眠れてると
報告してくれました。
そして、最近は妹が母のヒーリングをさかんにしてくれているそうなのですが
10日くらい前に母が妹に
「砂絵ちゃんの手が神さまの手になった」
と言ったというのです。
わぁー
他ならぬ母のせりふなので
私たち姉妹が一番びっくりしています。
すごいなー。

ざーざー太陽雨

今日も蒸します。まだエアコンは入れていませんが
とても見られた姿ではない私^^
さて、昔から魔法使いになりたかった方、
本当に魔法使いになってみてはいかがでしょう。
・・・私のことですけど^^
スタジオジブリの映画は気がつけば魔法のお話がいっぱいです。
私はやっぱり、クンダリーニ・レイキを自分に導入してから
自分の魔法使い度が格段にアップしました。
これをやっていると
すごいことをやっているんだという感覚がほとんどないので
ごく当たり前な気分なんですけど
でももっと前の自分が見たらきっと
わぁ~いいなぁと思うに違いありません。
私のだんなさんも
私のずーっと前からの友達も
妹もこのヒーリングを使うけど
たぶんみんな、ずーっと前から自分はこんなだった
と感じているのではないかしら。
どうしてなのか思うに
クンダリーニ・レイキにはあらかじめ
こんなことができて自分は他人より上なんだ、と
勘違いしてしまうことを防ぐように
プログラミングしてあるそうなのです。
これはとてもすばらしいことだと思っています。
私は相変わらず朝から晩までレイキ漬けです。
そのせいなのか、とにかくあらゆるところに奇跡が現れます。
こんなにたくさんの奇跡を与えられるのだから
奇跡に見合った人でいたいなと、思わずにはいられません。
さて、とてもとても嬉しいことがあったのでお伝えしておきます。
ヒプノのセッションでのこと。
一度目のセッションで、これまでどうしても許せなかったご両親を
完全に赦すことができてしまった方の言葉。
「赦しは自分自身の癒しだということが本当にわかったんです」
この言葉が私自身のためにどれだけの癒しを与えてくれているか
この世界にどれだけの癒しを与えてくれているか。
これ以上の奇跡があるんでしょうか。
感謝でいっぱいです。

「人は恐れを感じていないと生きてる気がしない生き物なのさ」

だんなさん一押しの「マトリックス」を見ました。
うん、確かに「神の使者」と同じだった。
目覚めた後の世界は描かれていなかったけど。
神の使者
目覚めたものが目覚めのために暴力(銃と格闘技)で戦うところも
ちょっと笑えますけど
でも世紀末に世界的に話題を呼んだマトリックスを見て
魂の呼び声を聞いた人は多かったのでは?
だんなさんはそれから「この世界は何かおかしい」と思うようになったそうです。
スピリチュアルの本を読んでいると
すべてのドラマはエゴの葛藤の物語だとあります。
ドラマ出身(演劇出身)の私はドラマの甘美な魅力に魅せられていましたが
その意味はよくわかりました。
演劇専攻の授業でも
演劇の役割は「カタルシス」(浄化)にある、と教わります。
観客はドラマをつくりものだとわかりながら感情移入して見ます。
現実ではないと知りながら
自己をドラマに投影します。
そしてドラマの中で葛藤を越えて解消していきます。
そこで脳はあたかも現実を体験したように受け止めるのです。
これは、ヒプノセラピーに用いられる
サイコサイバネティクスという脳の機能の利用法と全く同じものです。
『脳は現実とリアルなイメージを区別できないいし
体はロボットのようにリアルなイメージに反応してしまう』という仕組みです。
・・・マトリックス。
ですから演劇には目覚めた世界があります。
ドラマ(エゴの葛藤)を客観的に見る視線です。
優れた脚本はどれもこの視線で描かれていますし
俳優もこの視線がなくては本当は演じられません。
シェイクスピアは悟っていた、と言われているのも頷けます。
ちなみにヒプノセラピーで
サイコサイバネティクスの機能がどのように利用されるかといいますと・・・
この機能ゆえに人間は現在この世(この世が幻想で現実ではないと仮定します)の
エゴが作り出している世界をリアルだと知覚しています。
エゴによって傷ついたり、怒りを覚えたり、悲嘆にくれたりします。
それは誰か(外の世界)が私に対して、その原因を与えた、と知覚されます。
ですが、それはリアルではありません。
本当の私=本質は傷ついていませんし
リアルなのは本質であり
傷つけられたかのように知覚されているのは
エゴの投影である幻想世界のほうです。
ですから、サイコサイバネティクスの機能を逆手にとって
それ(非現実)は起こらなかったという風に認識しなおすことができます。
通常ヒプノセラピーでは
ネガティブな記憶をハッピーエンドに置き換える、と便宜上説明していますが
無理にハッピーエンドに結末を創り換える必要はないことがほとんどです。
どういうことかというと
目覚めればいいのです。
過去の記憶は間違った夢をロボットのように記憶しているだけです。
そのことが催眠の中ではわかるのです。
つまり催眠の中では意識は目覚めます。
ですからそこで起こってしまった出来事や登場人物を赦すのは
それほど難しいことではないのです。
なぜそれが起こるのか、不思議かもしれませんが
催眠を受けられる方はそれを選ぶ時点で
目覚めることを選んでおられるのではないかと思うのです。
変化を恐れる声がないわけではありませんが
それよりも大いなるひとつへと還ることへの魅惑のほうが格段に大きいはずです。
赦すことを選ぶということは
エゴの正体を見てそれを捨て去ることです。
説明の上では、マイナスをプラスに置き換える、というように言いますが
本当はそのドラマから目覚めて
シナリオを客観視しているのです。
或いはその舞台を上空から眺めるのです。
すると、その役がどんな役柄であれ
だからといって演じている俳優を憎んだりすることは
全く意味のないことだということが腑に落ちるのです。
ヒプノセラピーがただ単にマイナスをプラスにする、というツールであれば
これまで私がたくさん見せていただいたような奇跡はなかっただろうと思います。
それは2元性の世界を超えるものではないからです。
そうでなくて
この潜在意識へのアクセス法は
初心者でも安全に確実に行える瞑想なのです。
瞑想が悟り=真の平安に通じる最初で最後のツールだというのが
もっともだということを
日々改めて思い知らされています。

究極のリラックス♪

悟り、なんてお話になってくると
日常の幸せや生活向上とは無縁のことのように聞こえるかもしれませんが
意外とそうでもありません。
というより、直結、です。
「私はこのままで、もう少しだけ幸せになりたいだけなの!」
と思う方もいるかと思いますが
一見つつましくささやかな願いのようでもよくよく見れば
「自分は何も変わらずに、もう少し取り分を増やしてほしい」
という、エゴの声とも言えます。
臼井レイキの目的は「究極のリラックス」。
リラックスというと
一時的な癒し感や緩み感
なぐさめ的なものと思われるかもしれませんが
実は、一切の恐れから解放され思い煩のない境地⇒悟りであると言えます。
現在あまりの苦しみの中にいる人は
リラックスするために今よりもう少し幸せになって
安心する必要がある方もいるかもしれません。
私にはそういう時期もありました。
けれど一切恐れのない真実の幸せと
一時的な欲求を満たす幸せ感では次元が違う。
人が真の幸せを探求しその道を歩くと
必ず周囲の人や全体にも幸せをもたらすし
後者は厳密に言えば他者からなんらかをいただいている状態と言える。
どうせならもう少し欲をかいて
真の幸せのほうを求めてみるのはどうだろう。