今幸せな人は世界にどれくらいいるのだろう

なんてことをよく想像してみるのだけど
まったくわからない。
私のワールドは近い波長の人を引き寄せているだろうから
自分の視界からはまったく想像もつかないし参考にならない。
私の心が癒される以前は、幸せな家族とか夫婦って
探しても見当たらなかったので
結婚てそういうもんなんだろうと思っていたけれど
今は素敵な夫妻もたくさんいるし
家族って最高って思う。
まったく自分の知覚なんてあてにならないものです。
でももちろん、好きな人と結婚してただただほわんと幸せかと言えば
パートナーシップはそんなに甘いものではない。
私は飽きっぽいので、お互いに相手に飽きちゃって退屈な人生、なんてならないように
とっても注意深く家庭を創造し続けている。
これは2人が同じ姿勢で取り組まないと絶対うまく行かないので
忙しくてもめんどくさくても
楽しい人生を送るためなので手を抜かない。
だんなさんも飽きっぽいところや楽しい人生を送りたい度などが一緒なので
本当によかったと思う。
結婚て、相手の幸せに全力を尽くすと間違いないと思う。
幸せを単に欲求を満たすことだと思ってしまうと
とんでもないことになってしまうけれど。
で、話を元に戻すけれど
タイトルの幸せというのは結婚とは関係なく
心に平安のある状態の人、と言ったほうがいいかもしれない。
私は自分の内面に取り組み癒す作業を始めても
すぐに心に平安がやってきたわけではなかった。
何度か書いているけれど
生命の贈り物の祈りの言葉を口に出して言うことすら
痛すぎてできなかったほど(拷問のようにきつかった)傷ついていた。
その頃にもし『奇跡のコース』と出会って
「この世はない」とか言われても
「ふざけんな」と言って神を憎んだかもしれない。
今痛んでいるこの心が現実でないと言われても
気休め以下でしかなかったはずだ。
現在の私はどうかというと
それが真実だと感じる。
傷が癒され分離した知覚から多少なりとも訓練されて
すべてはひとつだという真実に少しずつ触れてきた今
宇宙は幻想なのだ、という真実は私には暖かい。
もうそれ以上の真実を探す必要はないと思った。
そう思ったら私はこれまで地上で行ってきたセラピーやヒーリングが
ますます輝いて見えてきたのだ。
自分がやっていることがクリアにわかった。
セラピーやヒーリングの役割は
人々をより高いところへ連れていったり
より進化させるものではなく
人の背負った重荷を軽くするもの。
重荷の降ろし方は人それぞれだが
重荷を降ろすとその人の視野は広がり
より行動しやすくなる。
さて、そうなるといよいよ、自由な選択がしやすくなるということだ。
私はかなり丁寧に、エゴの納得を得ながら荷物を降ろしてきた。
荷を降ろして初めて人は本当の自分としての行動が取れるし
本当の世界を感じることができる。
人間がこの世で必要と思って握り締めているものは
ほとんどがこの手の荷物なのであって
手放した時ようやく真実の扉が開くのだと思う。

自信

もっと自信を持って…などと他人にアドバイスされても
とてもじゃないけど「はい。」と変わるわけにはいかない。
もっと才能があれば
もっと能力があれば
自信が持てるのに、と望むかもしれない。
類まれな才能を持った人などは
自己の力に人生を託し
常に恐怖とともに暮らす。
才能が認められなかったら、
才能が消えてしまったら、と。
自信はどこからやってくるのか。
『奇跡のコース』にいいことが書いてあった。
「もしあなたが自分自身の力を信用しているなら
不安になったり心配したり恐れを抱くのは当然だ。
あなたはいったい何を予測したり抑制したりできるというのだろう。」
「どんな問題であれ、そのすべての側面を知った上で、
いい結果だけが出るような方法で解決する能力を与えてくれるだろう。」
田中百合子さん訳『奇跡の道』より
それができるのは神の力である、ということだ。
確かに。
自信がある人というのは、何を選べばよいのか知る人であり
委ねる能力のある人のことなのね、と思う。

今よりも自由に

人は自由を望み、自由を恐れる。
普段意識しなくても、エゴから本当に自由になった人を除けば
人は不自由さ(壁、ブロックと呼ばれるもの)を心の中に持つ。
それに阻まれると人は
愛や、幸せ、平安を自由に、完全に感じられなくなる。
それで、もっと幸せに、なれるはず、と感じる。
では、あなたに存分に愛や幸せや平安を感じさせるのを阻む
壁を取り外しましょう、というのが
さまざまな心理療法やエネルギーワーク、ボディワークなのだけれど
そこで人はおもむろに、あろうことか
変わることを恐れるのです。
変わることを恐れるのは
エゴの抵抗の得意技なので
仕組みがわかれば多少しり込みしても
やっぱり飛び込んだほうが
今よりいいんだ、とわかるはず。
飛び込む以前にああでもない、こうでもないと考える知覚は
すべて幻想なのだと言うこともできる。
例えば前世療法の目的はなにかというと
魂が学びを終えた過去の肉体の想念の
幻想的な影響とさようならすること。
あなたの前世は偉いお坊さんで…と言われると
悪い気がしなくて得意になるかもしれないけれど
前世療法では、そのお坊さんにお帰り願う。
どんな立派な人だったとしても
私たちはなるべくとらわれから開放され、自由になり
そのお坊さんの個人的な思いとともにではなく
そこからすべてを学んだ魂と、
そして自分と、
そして私たちの還るべきひとつの御心とともに生きる。
こわくはない。

ある歴史の時間

temigura.jpg
久しぶりに顔出しします^^
偶然出会った大きな公園。
発掘調査している人に話しかけると
とても真剣に応えてくださり
発掘した中国の青磁や牛の骨や土器、いろんなものを見せてくださり
「本当はここはグスクでした。
集落ではなく王が政治を行った城です。
本当はそこ(すでに公園として埋め固められている、写真の場所)に
中心があったはずです。」
…と言葉は少ないけれど凝縮された思いが伝わってきました。
そこからは牛、いのしし、豚、それにジュゴンの骨も出ているそう。
それは王に献上されたおいしい食事の跡。
中国やアジアの国々との国交の跡を示す様々な美しい産物。
テミグラグスク。
主人が受け取った土器の破片を額につけて
「メッセージこないかな」と言ったので私も真似しました。
そしたら涙と鼻水が勝手に出てきてぐすぐすになりました。
話をしてくださった方の思いなのか、土器の記憶なのか、そのすべてなのか。
沖縄は出かけるとすてきなことが起こる場所。

効果絶大

人間はいろんな理由から心に靄が簡単にかかってしまう。
快適でいるためにいろいろな工夫は役に立つと思う。
快適でいるための工夫は人それぞれ。
その人の欲求を満たしたりご褒美を与えたり。
…それらは過ぎ去るものではあるけれど。
でも人は本当に効果のあるものを嫌がるところもあるみたい。
根本的に変わるのはこわいのかもしれない。
根本的な快適さは自己の変化なしには訪れない。
それはまるで真理のために殉教するようなイメージを与えるのかもしれない。
己のすべてのエゴを認めて差し出すのは確かにそんなところもあるかも。
これまで外側の誰かや何かのせいで済ませてきたことが
もうかなわなくなる。
スピリチュアルに生きることの第一歩は
自分と世界のすべてに責任を持つことから始まる。
いやと言うほど他人や社会や国家から押し付けられると
そこから脱出するためなら責任とります!という気になるかも。
今のままでもうちょっとだけ幸せになりたい、というのは
やっぱり不可能だと思う。
今幸せでないなら、その方向にもっと幸せはない。
それを選ぶことをやめなければ。
***
ものすごい効き目がある祈り。
自分で試して周囲の人に伝えたら
私が思う以上にみんながすごいとおっしゃる。
2ヶ月続けていたら
心があまりに静かで
もうこの世に問題なんて起こらないのかもしれないと思った。
それでしばらく止めてみたら
結構心がざわつくこともあり
何より夫が前みたいに結構イライラしていたりして。
2ヶ月はほんと~うに夫が悟っちゃったかと思ったんですけど^^
それでちょっと久しぶりに祈りを読んだら
瞬間でざわざわがまた、しーぃぃんと止んだ。
この祈りの日本のみなさんへという前書きはかなりすごいと思う。
本当に効果のあるものがお好きな方へ。
生命の贈り物

忙しかった~♪

とりあえず
Image667.jpg
今日はのんびりします^^
あっそうか!世の中は連休なんですね。
我が家は祝日関係ないので
今日は普通の定休日。
みなさんよい休日を。
沖縄の気候はといいますと
気温は相変わらず連日30度超えのようですね。
真夏と同じ。
でも実際は朝夕は涼しいし
秋のにおい、します!
ものすごく秋です。
沖縄には四季がないなんてうそさー。
うちはお野菜をほとんど直売所で買っているので
お野菜の移り変わりもとても季節を感じられます。
意外だったのは、真夏は夏野菜があまりないところ。
果物も今はグァバくらい。
グァバはジュースに入れるとおいしいです。
でも食べるとそんなに美味ではないです^^
生で食べる野菜があまりないので
この夏は生おくらばっかり食べていました。
丸おくらというのを初めて知ったのですが
味もまるくておいしいです。
スーパーのお野菜は東京での平均以上に高いです。
ほとんど手を出しません(^^)
誰よりも県産野菜食べてるんじゃないでしょうか。我が家。
食べ物って確かにとても大事。
だけど、やっぱり私は心のあり方のほうが
からだに影響があると思います。
心のあり方で人間の脳って
からだに至福の栄養や猛毒を送るからです。
食べ物にこだわるのもほどほどにね。
それではまた。

レイキについて

みなさんお元気ですか?
あっという間に9月も中旬です。
渡沖から8ヶ月経ちました。
こちらので生活はすっかりセラピスト&ヒーラーと
日常的なライトワークにどっぷりのんびりと浸かっています。
主人の治療ともコラボできているので
とても充実した日々です。
Ruach[ルーア]のホームページに、臼井レイキのアチューメントをアップしました。
*ここをクリックしてね!*
先日お問い合わせをいただいて
「どうして他と比べてこんなにお安いんですか」というご質問をいただきました。
確かにこれまで臼井レイキの伝授はとてもお高かったです。
私もずっと以前から早くやってみたかったけれど手が出ませんでした。
当時は芝居をやっていたり内面もごったがえしていたので
エネルギーのロスも大きく本当に貧乏で大変でした。
こういう困っている人にこそ必要なのに
スピリチュアルの資格や勉強はなんでこんなに高いんだろうと
涙を飲んだものです。
でもそれくらい困っていたおかげで(?)
私は高い学校に行くこともなく、直接プロとしてセラピストの仕事をすることができました。
だいたいなんでも独学や最低限のエネルギーでものにしてきたところがあります。
世の中は高い学校に行ったり資格がたくさんあることがいいという風潮もありますが
私は子供のころから本質重視の家庭で育ったのもあって
自分の見抜く目頼りで生きてきたところもあります。
もちろん前回日記のコメントのようにまちがっちゃうこともありますが
これはとても重要な勉強でもあります。
だけど私が臼井レイキをお安くご提供したいのは
昔貧乏だったから貧乏な人のために、という理由ではなくて
クンダリーニレイキをみなさんにお使いいただきたいと思うからなのです。
クンダリーニレイキは臼井レイキの発展系と言われていて
臼井レイキを習得しているという前提でアチューメントされます。
絶対決まりだから守ろうというより
それにはわけがあって
臼井レイキはヒーリングやエネルギーというものに慣れていなくても
実践しやすいようなつくりになっています。
またレイキとは何か成り立ちや、心構えも学べます。
これはとても大切なことです。
レイキはアチューメントによって教師になることができますが
人に教えるということは深い学びであると同時に責任を伴います。
単にテクニックだけでなく、その魂を伝えるというのは
その世界を敬愛し謙虚であることがとても大切です。
段階を経て丁寧に学ぶとより繊細な気づきもあると思います。
またレイキは波動なので、アチューメントを受けると
自分の体も変わっていきます。
臼井から段階を経たほうが体にもやさしいと思います。
(これも人によってそれぞれと思いますが)
私の希望としては、臼井レイキを経てクンダリーニレイキヒーラーになる体験を
たくさんの方にしてもらえたらな、と思っています。
クンダリーニレイキは本当に、子供のころの夢だった魔法使いのように使えるのです。
あまりに簡単すぎて、いきなりだと信じられなくて受け入れられない方も
多いのではないかと思います。
神通力を身につけるにはとても難しい修行が必要だ、と思っていらっしゃる方には
簡単すぎてつまらないかもしれません。
臼井レイキは古神道や密教の儀式などもベースになってるそうです。
クンダリーニレイキはひみつのあっこちゃんとか、まほうのまこちゃんとか(知らない?!)
そんな感じ。
そんなわけで、魔法使いになりたかった人はぜひこの扉を開いてみてください。
私はもちろんとってもなりたかったから
今毎日楽しいですよ♪
でも、いつも言ってますが
魔法を手に入れたら、使い道には充分気をつけましょうね。
いじわるな魔女になるくらいなら
シンデレラでいましょう^^
神さまの魔法が助けてくれますよ。

だからよ。

沖縄に来て最初のカルチャーショックは
「しましょうね」だった。
ガス会社の方がみえて、書類にはんこ押す場面で
「じゃあ、ここにはんこお願いしましょうね」
…え~~~Фって主人と顔見合わせて
笑いをこらえていました。
宅配のサインの時も「ここにフルネームでサインお願いしましょうね」です。
トイレ借ります、が「トイレ借りましょうね」とか
やっぱり今でも、すごくかわいく感じてしまいます。
帰ります、が「帰りましょうね」とか。
一緒に帰りそうになっちゃいますよね。
で、その次にすごくいいのが「だからよ」
この使い方はすごく難しいですよ。
まだ生だからよは数回しか聞いたことがないんですが
うちでは乱用しています。
でもイントネーションとか使い方は微妙に怪しい。
主人にだめだしされてるけど
職場では主人もだめだしされてる模様。
だからよ、は、会話の最後についたりするのです。
だからなんなのかなーと思って次を待ってると、そこで終わりなのです。
東京弁には訳せません。強いて言えば「だよねー。」とか?
でももっといろいろ使えます。
すごーくかわいいのです。
前回の日記でうーくいのことを書いたのですが
うーくいの解釈が間違ってました。ごめんなさい。
お盆の行事の中にうんけー(お迎え)とうーくい(お送り)があって
3日に呼んでいただいたのがうーくいでした。
あかの他人がおじゃましていいものなのかもわからないまま
ずうずうしく伺ったのですが
なんとも言えずいいものでした。
9種類の煮物のおすそ分け(名前忘れた!)をいただき
それがものすごくおいしくて最高でした。
糸満は美人が多いので有名なんですが
本当に美男美女が多くて
伺ったお宅も美男次女ぞろいでびっくりしました。
聞くところによると
むかーし糸満にイギリス人が渡ってきてその血が混ざっているので
エキゾチックな顔立ちの方が多いそうです。
でもそれだけではなく
すごく姿勢が良くて悠々としたかっこいいおじいがいっぱい歩いています。
来たばかりの頃から思っていたけど
やっぱりそうなのです。
そしてさらにまたびっくりしてしまったのですが
なんと私の育った狛江市に住んだことのある方が伺ったお宅にいらっしゃいました。
私が幼稚園生の頃のことです。
東京でも狛江とご縁のある人にはそうそう出会わないっていうのに
糸満でこんなことがあるなんて。
一瞬ここはどこ?ってぼうっとしてしまいました。
うーくいにお呼ばれするだけのご縁があったってことでしょうか。
それから先日のお休みに久しぶりにうまんちゅ市場へ行くと
なんと周囲にたくさん施設ができていて
道の駅糸満のグランドオープン間近となっていました。
なんだかすごくいい感じで楽しそうなのできょろきょろしていたら
そこにいらした関係者らしき方が
「明日オープンだけど見学くらい大丈夫ですよ」
なんてわざわざ話しかけてくれて
それからものすごい糸満レクチャーが始まりました。
糸満の壮大な歴史をすごくわかりやすく教えていただき
ものすごくかっこよくて興奮しました。
糸満は沖縄県内でもとても特別な場所と言われていますが
どうしてなのか少しわかった気がしました。
糸満の海は世界に繋がっていて
うみんちゅは世界のあちこちに住み着いているんだそうです。
お話してくださった方のおじいさんも
世界に目を開けていたので
ものすごくハイカラでいかした方だったそうです。
エンジンのない木の小さなボート(サバニっていうそう)で
世界中に出かけていっちゃうってどういう度胸なんでしょう。
あと、ゴーグルも糸満のうみんちゅが発明したものらしいですね。
那覇では必ず「なんで糸満(に住んだの)?」って聞かれますが
糸満本当に最高です。一日に何度も思いますね。

うーくい

だんなさんも私もなんだか歩きたくなったので
糸満市内を歩いて出かけることにしました。
一応目的地は琉球ガラス村。
だんなさんが時々ビールをジョッキで飲みたいそうなので
見に行くというのが一応の目的です。
車と自転車では行ったことがあったのですが
徒歩は初。
出発も結構遅めになり
地図もろくに確認せず
いきあたりばったりなので
あくまで歩くことがメインです。
二人でロケーションレイキ(土地との繋がりを癒す)をしながら闊歩。
国道をまっすぐ行けば着くのはわかっているのですが
なんといっても寄り道、路地が面白いので
脱線しまくり
途中から営業時間内に着く自信は全然なくなりましたが
とおーっても楽しかった。
Image664.jpg
歩いて移動している人には一度も出会いませんでした。
途中で一度、小さなトラックを運転していた
糸満ハンサムさんに道を尋ねると
「さっき歩いてた人ですよね、
ちょっと前のところで右に曲がればすこーしだけ近道でした」
と教えてくれました。
それぐらい歩いてる人なんて珍しいってことです^^
あと、真壁って集落に中村商店っていうのがあって
扉は半分雨戸が閉まってましたが
ジュースとビールとお菓子が少し売っていたので
だんなさんがビールをくださいと言うと
「大人かね」「車かね」と強そうなおじいに質問されて
楽しいのでご夫婦としばらくお話しました。
子供さんが4めい(こっちでは4にんと言わずに4めいって言います)いらっしゃって
全国に住んでいらっしゃるそうで
とても誇らしげにお話されてました。
おくさんはおばあというよりまだおかあという感じで
優しくて
私たちが帰ろうとすると呼び止めて名前を訊いてくれました。
風のあいだって書いて風間ですというと
いい名だね、がんばって、と言ってくれました。
こちらでは年配の方がよく
がんばって、と言ってくれます。
ちばりよーというかわりに
ないちゃー向けに翻訳してくれているのか
ちょっと外国語を言うみたいに聞こえてかわいい。
今、こちらはうーくい(旧盆)です。
散歩中沖縄風の素敵なおうちがたくさんありましたが
一部屋だけの離れがあって開け放たれています。
中には壁一面全部がひな壇になっていて
お盆の飾りがされていました。
ご先祖を大事にする沖縄では
うーくいはこれまでにないほど
大イベントのようです。
スーパーなどは連日大売出し。
そして、みんながショッピングカートに
でーっかいパイナップル、バナナ、メロン、お米、サトウキビ(身長近い長さ)など
山盛りにお買い物されています。
しかもパイナップルもバナナもまっさおです。
ちょっと前に私はパイナップルを
だんなさんはバナナを買ってしまいましたが
後でこれは飾り用だと聞きました。
食べられないそうなんですよね…早摘みすぎて熟さないそうです。…え~!
それで、メロンは頭、果物は内臓、パイナップルは浮遊霊に投げる(?!)とか
サトウキビは杖とかしっかり決まりごとがあるそうです。
パイナップル投げるって、本当?
主人が訪問鍼灸に伺っているおばあちゃんが教えてくれたのですが
そのおばあちゃんと娘さんが
なんとうーくいに奥さんといらっしゃいと誘ってくださったそうなので
伺ってこようと思っています。
お盆の行事によそ者がおじゃましていいのかなと思うのですが
とても楽しみです。
すごいですよね。
Image665.jpg
おくら畑です。
だけど実際沖縄のご先祖崇拝はとても厳しく
所得の低い地域である上に
長男とお嫁さんは仏壇を守るために自由がなかったり
ものすごい労力と出費をしなくてはならず
疑問を感じている方も多いようです。
「こういう苦労は私の代で終わりにしてあげたい」と言う声も
主人はよく伺うようです。
「生きている人の幸せのほうが大事」と
真剣におっしゃるほどなので
よほど大変なんだろうと思います。
儀式と心の関係や在り方を問い直す時なのかもしれません。
あ、それでガラス村には
弊店10分前に到着。
無事大小のきれいなジョッキを買うことができました。
往復13キロほどの遠足でした。