だからよ。

沖縄に来て最初のカルチャーショックは
「しましょうね」だった。
ガス会社の方がみえて、書類にはんこ押す場面で
「じゃあ、ここにはんこお願いしましょうね」
…え~~~Фって主人と顔見合わせて
笑いをこらえていました。
宅配のサインの時も「ここにフルネームでサインお願いしましょうね」です。
トイレ借ります、が「トイレ借りましょうね」とか
やっぱり今でも、すごくかわいく感じてしまいます。
帰ります、が「帰りましょうね」とか。
一緒に帰りそうになっちゃいますよね。
で、その次にすごくいいのが「だからよ」
この使い方はすごく難しいですよ。
まだ生だからよは数回しか聞いたことがないんですが
うちでは乱用しています。
でもイントネーションとか使い方は微妙に怪しい。
主人にだめだしされてるけど
職場では主人もだめだしされてる模様。
だからよ、は、会話の最後についたりするのです。
だからなんなのかなーと思って次を待ってると、そこで終わりなのです。
東京弁には訳せません。強いて言えば「だよねー。」とか?
でももっといろいろ使えます。
すごーくかわいいのです。
前回の日記でうーくいのことを書いたのですが
うーくいの解釈が間違ってました。ごめんなさい。
お盆の行事の中にうんけー(お迎え)とうーくい(お送り)があって
3日に呼んでいただいたのがうーくいでした。
あかの他人がおじゃましていいものなのかもわからないまま
ずうずうしく伺ったのですが
なんとも言えずいいものでした。
9種類の煮物のおすそ分け(名前忘れた!)をいただき
それがものすごくおいしくて最高でした。
糸満は美人が多いので有名なんですが
本当に美男美女が多くて
伺ったお宅も美男次女ぞろいでびっくりしました。
聞くところによると
むかーし糸満にイギリス人が渡ってきてその血が混ざっているので
エキゾチックな顔立ちの方が多いそうです。
でもそれだけではなく
すごく姿勢が良くて悠々としたかっこいいおじいがいっぱい歩いています。
来たばかりの頃から思っていたけど
やっぱりそうなのです。
そしてさらにまたびっくりしてしまったのですが
なんと私の育った狛江市に住んだことのある方が伺ったお宅にいらっしゃいました。
私が幼稚園生の頃のことです。
東京でも狛江とご縁のある人にはそうそう出会わないっていうのに
糸満でこんなことがあるなんて。
一瞬ここはどこ?ってぼうっとしてしまいました。
うーくいにお呼ばれするだけのご縁があったってことでしょうか。
それから先日のお休みに久しぶりにうまんちゅ市場へ行くと
なんと周囲にたくさん施設ができていて
道の駅糸満のグランドオープン間近となっていました。
なんだかすごくいい感じで楽しそうなのできょろきょろしていたら
そこにいらした関係者らしき方が
「明日オープンだけど見学くらい大丈夫ですよ」
なんてわざわざ話しかけてくれて
それからものすごい糸満レクチャーが始まりました。
糸満の壮大な歴史をすごくわかりやすく教えていただき
ものすごくかっこよくて興奮しました。
糸満は沖縄県内でもとても特別な場所と言われていますが
どうしてなのか少しわかった気がしました。
糸満の海は世界に繋がっていて
うみんちゅは世界のあちこちに住み着いているんだそうです。
お話してくださった方のおじいさんも
世界に目を開けていたので
ものすごくハイカラでいかした方だったそうです。
エンジンのない木の小さなボート(サバニっていうそう)で
世界中に出かけていっちゃうってどういう度胸なんでしょう。
あと、ゴーグルも糸満のうみんちゅが発明したものらしいですね。
那覇では必ず「なんで糸満(に住んだの)?」って聞かれますが
糸満本当に最高です。一日に何度も思いますね。

“だからよ。” への6件の返信

  1. AZUさんのブログを先月8月から見つけ、読んでいます。とても参考になってます!(神の使者、ニューアース、マインドトレーニングの本買って読んでます)
    私も「ACIM」に興味があります。
    グレースストリームというサイトもとってもいいので
    一度、のどいてみてください。

  2. ソフィアさん
    はじめまして^^メッセージありがとうございます。私の3本柱のような大切な本の世界を共有できて嬉しいです。
    奇しくもお話が出たので機会かと思いお話しますが、グレースストリームのサイトは少し前にみつけてとても気になったので東京の妹に知らせたところ興味を持ってミーティングと個人セッションに申し込んだそうです。ところがミーティングの時点で「これはものすごくおかしい」と感じたようでその後の個人セッションもキャンセルしようとしたのですができず、結局奇跡を祈りながら出席し、ジェイエムの「とてもおかしな」セッションをすべて赦した後「イェシュアはそうは言わないと思う」と伝えたところジェイエムは恐れいって謝ってきたそうです。ここでは伝えられないのですが、ジェイエムの自称チャネルはほとんどが相手を服従させる時に使うような神経戦のやり方のように私には聞こえました。妹に通用しなかった時点でトラブルを避けるため下手に出てきたのはないかと感じました。
    ソフィアさんがどのように感じられるかはわからないのであくまで私と身内の体験ですが、言葉では何とでも言えるこの世界に身を置くものとしては身が引き締まる思いがしたのと、妹にも申し訳なかった、勉強だと思ってねと赦してもらいましたが、本当に、ほんの少しのブレが愛とは反対のどこかへ行ってしまうものだということを日々自分に課しています。心は見張らないといけないと「神の使者」にあります。また愛のないワークはただの魔術であり、人を幸せにはしないのだということもとても身に染みて、強烈な反面教師となっています。

  3. AZUさんも奇しくも見てらっしゃったんですね!なんとなくわかります(笑)私もまだ具体的にセッションをうけたりしてないので、なんとも言えないのですが、以前妹さんがプレアデスから来たと言ってましたよね、私もおなじプレアデスから来てるらしく(笑)この情報は必要があってきたんだと思います。いずれにせよ祈ってみます!どうもありがとうございます!

  4. ソフィアさん
    >AZUさんも奇しくも見てらっしゃったんですね!なんとなくわかります(笑)私もまだ具体的にセッションをうけたりしてないので、なんとも言えないのですが、以前妹さんがプレアデスから来たと言ってましたよね、私もおなじプレアデスから来てるらしく(笑)この情報は必要があってきたんだと思います。いずれにせよ祈ってみます!どうもありがとうございます!

  5. 「しましょうね」はかわいいですよね。
    糸満って やはり住んでもとてもよいところなのですね。かっこいい おじいがいっぱい☆なんていいですね^^
    ところで「神の使者」よみました!
    かけねなく素晴らしい本でした^^//

  6. miminetあきこさん
    >「しましょうね」はかわいいですよね。
    >糸満って やはり住んでもとてもよいところなのですね。かっこいい おじいがいっぱい☆なんていいですね^^
    >ところで「神の使者」よみました!
    >かけねなく素晴らしい本でした^^//

コメントを残す