今幸せな人は世界にどれくらいいるのだろう

なんてことをよく想像してみるのだけど
まったくわからない。
私のワールドは近い波長の人を引き寄せているだろうから
自分の視界からはまったく想像もつかないし参考にならない。
私の心が癒される以前は、幸せな家族とか夫婦って
探しても見当たらなかったので
結婚てそういうもんなんだろうと思っていたけれど
今は素敵な夫妻もたくさんいるし
家族って最高って思う。
まったく自分の知覚なんてあてにならないものです。
でももちろん、好きな人と結婚してただただほわんと幸せかと言えば
パートナーシップはそんなに甘いものではない。
私は飽きっぽいので、お互いに相手に飽きちゃって退屈な人生、なんてならないように
とっても注意深く家庭を創造し続けている。
これは2人が同じ姿勢で取り組まないと絶対うまく行かないので
忙しくてもめんどくさくても
楽しい人生を送るためなので手を抜かない。
だんなさんも飽きっぽいところや楽しい人生を送りたい度などが一緒なので
本当によかったと思う。
結婚て、相手の幸せに全力を尽くすと間違いないと思う。
幸せを単に欲求を満たすことだと思ってしまうと
とんでもないことになってしまうけれど。
で、話を元に戻すけれど
タイトルの幸せというのは結婚とは関係なく
心に平安のある状態の人、と言ったほうがいいかもしれない。
私は自分の内面に取り組み癒す作業を始めても
すぐに心に平安がやってきたわけではなかった。
何度か書いているけれど
生命の贈り物の祈りの言葉を口に出して言うことすら
痛すぎてできなかったほど(拷問のようにきつかった)傷ついていた。
その頃にもし『奇跡のコース』と出会って
「この世はない」とか言われても
「ふざけんな」と言って神を憎んだかもしれない。
今痛んでいるこの心が現実でないと言われても
気休め以下でしかなかったはずだ。
現在の私はどうかというと
それが真実だと感じる。
傷が癒され分離した知覚から多少なりとも訓練されて
すべてはひとつだという真実に少しずつ触れてきた今
宇宙は幻想なのだ、という真実は私には暖かい。
もうそれ以上の真実を探す必要はないと思った。
そう思ったら私はこれまで地上で行ってきたセラピーやヒーリングが
ますます輝いて見えてきたのだ。
自分がやっていることがクリアにわかった。
セラピーやヒーリングの役割は
人々をより高いところへ連れていったり
より進化させるものではなく
人の背負った重荷を軽くするもの。
重荷の降ろし方は人それぞれだが
重荷を降ろすとその人の視野は広がり
より行動しやすくなる。
さて、そうなるといよいよ、自由な選択がしやすくなるということだ。
私はかなり丁寧に、エゴの納得を得ながら荷物を降ろしてきた。
荷を降ろして初めて人は本当の自分としての行動が取れるし
本当の世界を感じることができる。
人間がこの世で必要と思って握り締めているものは
ほとんどがこの手の荷物なのであって
手放した時ようやく真実の扉が開くのだと思う。

“今幸せな人は世界にどれくらいいるのだろう” への2件の返信

  1. >宇宙は幻想なのだ、という真実は私には暖かい。
    もうそれ以上の真実を探す必要はないと思った。
    わたしも最近そう思います^^"
    それに荷物を手放すことも大事ですね。

  2. miminetあきこさん
    >>宇宙は幻想なのだ、という真実は私には暖かい。
    >もうそれ以上の真実を探す必要はないと思った。

    >わたしも最近そう思います^^"
    >それに荷物を手放すことも大事ですね。

コメントを残す