楽しむ、とは

沖縄へ来て、東京と圧倒的に違いを感じるのは
沖縄の方々が基本的に、仕事は生活のためであって
仕事のために生きているのではない、という姿勢でいらっしゃるところのように感じる。
たまたま伺ったお話なので、みんながそうということではないけれど
例えば沖縄の方は、転勤を命じられると
沖縄を出るくらいなら退職します、という方も多いそう。
本当に沖縄が大好きとおっしゃる方に良く出会うし
それだけではなくご先祖とお墓を守るために
沖縄を離れるわけにはいかないというご長男もいらっしゃる。
総じて仕事のために家庭を犠牲にするという空気は少ないと思う。
ご家庭の行事のためにはお仕事を休む、というのは普通の感覚のようです。
沖縄のご長寿の方や、この沖縄の愛される風土を作っているのは
こういった根本の精神があるためなんだろうなとつくづく感じる。
ですが一方で、お店や企業、公共の施設などでの対応などにびっくりすることも多い。
特にお食事するお店のサービスなど
あまりにずさん、と思うところもある。
お店や商品や、そこで働いている自分自身に愛や誇りがあれば
そうはならないだろうに、と思うような態度、たたずまいに思わず残念に感じてしまう。
例えば、今日のおすすめ料理、日替わり、となっているから
今日のは何ですか?と尋ねても「えーっと?」となったり
チーズ盛り合わせのチーズはなんですか?と尋ねても
なんか、丸いやつです、とか(笑)味より量、みたいな食堂なら愛嬌だけど
質と雰囲気を味わいたいようなお店がそうだったり。
あと、ボーイさんたちが3人ぐらいでお店の入り口の前に腰掛けたりして
だらだらしゃべってるとか
で、お店に入ってもオーダー取りにも来なかったり
呼ぼうと思ってもいなかったり
まだ店の外でしゃがんでたりとか!
沖縄値段とかでなくそこそこの値段のお料理といでたちのお店で
明らかにサービス料というものが介在しているはずなのに。
なんていうか、心意気とか志が感じられない場面が多いのです。
残念なのは、サービスって目に見えないけれど本当に人を感動させてくれたり
あったかい気持ちになったり、人を癒したりさえするものなのに
そのチャンスを生かしていないなーと思うところ。
プロフェッショナルってすごく素敵なのに、そういう気合があまりないんですね。
そういうプロフェッショナルって、決して金儲け精神ではできないことです。
なぜかというとプロフェッショナルであるためには絶対に哲学を体現しなくてはならなくて
それには自分という枠を壊して乗り越えるという体験と
そこから普遍性を掴み取り
その世界への愛と尊敬を持ち抱き
日々取り組む、鍛錬することが必須だからで
それは、魂の同意がないとなかなか取り組めるものではないからです。
ですから職業のプロフェッショナルは魂の修行のひとつの現れとも言えると思います。
ですから、プロフェッショナルである人は燃えているし輝いている。
そしてそのあり方に人は感動し、高い波動の影響を受けます。
素敵な場所で食事をする、一流のサービスを受けることは
そんな魂のきらめきを味わうことでもあると思うのです。
確かに人は仕事の奴隷ではありません。
そうではなく、魂を込めて仕事をすることで人生を豊かに輝かせ
楽しみの中に修行をすることに他ならないと思うのです。
魂を込めた仕事をして
その糧をいただいて日々を生きて
家族を養い命をいただく。
その循環は本当に幸せであり
その循環は決して己をすり減らすことはないと
私は思っています。

きてます

沖縄に来て初めて、台風とご対面です。
夕方には暴風域に入るそうで
夜に帰宅の予定なんだけど
その頃はどんなだろう。
今朝はさとうきびがみんな横になってしまっていた。
レタスとか、はっぱの野菜は大変だろうな。
10月に入ってこちらはすっかり秋です。
沖縄にはそんな言葉はないそうですが
秋の長雨、という感じ。
レイキのセッションをさせていただいていて気づきました。
結果にとらわれないことは大切だけれど
目の前に痛みに苦しむ人がいると
やっぱり必死にその痛みを癒したいと思うのが人情。
でも、やっぱりそうじゃないんだ、と再認識しました。
痛みとはその人の人生の現れだから
本当に大切なのはその人がそこからちゃんとメッセージを受け取ること。
受け取って学びが完了したら
その残像とともに手放すことを促す。
未消化のメッセージならそれと向き合うための気づきを促す。
重荷を軽くすれば、向き合う勇気もわいてくる。
理解に苦しむメッセージを読み解いていく。
理解は安心につながり心をひらけるのです。
人間にできるのはそういったこつこつした作業であり
またそれを自分が選択できるように望み、祈り、ゆだねること。
痛みを軽減してくれるのは神と本人の生命がする仕事。
痛み苦しむことは3次元の幻想ではあるけれど
そのことに罪悪感を持つことはないのだと私は思う。
確かに恨みの思いが病気を作ることはあるけれど
病気が必ずしも「悪い」行いの結果とは限らない。
それよりも自分の痛みや苦しみを認めて、受け入れて、取り組むことは尊い行いだと感じる。
それは分離したあなただけの苦しみではない。
全ての人が持ち合わせ、全ての人に可能性のある、全ての人に責任のある、
全ての人に影響のある、全ての人に関係のある、行い。
自分自身を癒すことは、世界を癒すこと。
世界を苦しみから救うことなのだと心から思っている。

本能

エゴ、というものを私たちは、なんとなくよくないもの、のように評価していて
早くそこから離れたいというような
なんとなく後ろめたいもののような捉え方をしている気がする。
人間はエゴと向き合い、解体しなければならないと私は思う。
そうでないと平安にならない。
結果人は幸せを学べない。
スピリチュアルの教えはおおむねそのように教えている。
ニュー・アースのように。
それで、神の使者
ではさらに、エゴどころじゃない、本能を超えよ、と言っている気がする。
本能というのは生命存続のために生物に備わった性質や知恵だと思うんだけど
それに任せると人間は、永遠に、攻撃を繰り返す。
神の使者ではこの地上やこの宇宙は幻想であるから
起こることに対して現実のように対処してはならないと言う。
そうすると、この世に現実味を与えてしまうから。
この世のすべてを赦し、聖霊にゆだねよ、と言う。
私たちはこの世に誕生し、この世での3次元の生存競争に戦い
心に傷をつける。
セラピーではこの傷を癒し
エゴに取り組んで心を育てなおして愛を知る。
真の愛と平和を生きるには
本能からも自由になる必要がある。
というか、生命が本当に永遠だとわかれば
私たちが本当に無限の存在だとわかれば
本能から自由になるはずだ。
そうなってくると本当に地球にもようやく
ワンネスのスピリット中心の世界=神の国がやってくる気がする。
神性と本能(潜在意識として?)を混同していることが結構あるような気がするけど
全く次元の違うものなんだな~と考察して思いました。

天職

少し前のことです。
主人とうちでゆんたく(だんらん)していて
どなたの話だったか「それは天職なんだね~」なんて言い合っていたんです。
それでふと「私の天職ってなんだか知ってる?」と主人に言ってみました。
なんて答えるんだろうな、と、あまり期待もしないでいると
(多分私がきもちがっかりするくらいの答えのような気がして^^)
主人は「知ってるよ。てんし」と言ったんです。
意表をつかれました。
だんなさんから天職、天使、と言ってもらえるって
かなりいいな、と思いました。
久々の更新なのにのろけっぽくてすみません。Ф

レイキの資料として

私が臼井レイキの伝授をしていただいた際に資料としていただいた文献があり
それがとても助けになってくれました。
ところがこれは門外不出でという条件でいただいたので
私から伝授させていただいた方にはお分けできません。
それで代わりになる本を探していたら、ありました。
癒しの現代霊気法
西洋式臼井レイキのマニュアルはとてもあっさりしているため
様々な疑問が出る場合があります。
私のところにいただいている疑問も
この本の中に答えがある場合が多いので
レイキの全貌を掴むにも役に立つ一冊かと思われます。
著者はやや伝統レイキびいきのスタンスですが
東西どちらにも利点や美点がありますし根本は同じだと思います。
勉強するとますます面白くなりますし
せっかく伝授いただいたエネルギーを使い切る気になります。
なぜこれが悟りに繋がるのか、という点も
とてもわかりやすく書かれています。

旧海軍指令部壕公園-豊見城市

最近の私のブームは豊見城市探索です。
主人の患者さんにもお勧めいただいていた
旧海軍司令部壕公園に自転車で行ってきました。
周辺の小禄の町は今は新品のおうちの立ち並ぶ
ほのぼのした、ほっとするような住宅街です。
私はこの辺りを通った時
なぜか懐かしくあったかく軽くなりました。
数日後この公園の資料館で
この辺りは特に酷い激戦地だったことを知ります。
私の感覚はちょっとおかしいのかな、と思うのですが
沖縄でも南部のほうがうんと落ち着くし
激戦地跡などを歩くとなぜか懐かしく
からだは軽くなります。
壕に入る時も入る前はかなり恐かったのですが
ほとんど癒されて出てきました。
私と主人が入ろうとしていた時すれ違いに若者5~6人グループが
げっそりして出てきていました。
そして一人がみんなに(多分)レイキをしてあげていました。
背中にシンボルを書いて浄化しているようでした。
入り口では警備員のおじいや売店のおかあさんが親切で
自転車の置き場のことに気を配ってくれ
出口から入っていいよと言ってくれました。
でないと帰りに自転車までぐるっと歩かなければならなくなるからです。
それからのどが渇いて思わずジュースを買ってしまったのですが飲みきれず
中に持って入って大丈夫かと尋ねると
「いいと思うよ、そんなの止める法律日本にないと思うよ!」と笑顔で答えてくれました。
それで、出口から入った私と主人はいきなりどういう順番で見たらいいのか迷います。
するとさっきの警備員さんが箒とチリトリを持って立っていました。
おじいは私たちに順路を説明しようとして、ええい、じゃあ、という感じで
「だー、わしが案内しようね」といきなりガイドさんに変身しました。
日本兵と動員された沖縄人がつるはしだけで掘った蟻の巣のようなトンネルの中です。
小さな部屋が掘られていて、司令室、だとか下士官の部屋がありますが
下士官の部屋では満員電車のようにみんな立って寝ていたとありました。
巣の小さな部屋には、手榴弾で自決した爆撃痕が無数に残っています。
おじいは他のお客さんをよそに、力を込めて語ってくれます。
最高司令官の大田少尉の言葉が残されていて
彼は沖縄県民を慮り、県民がいかに命がけで日本国家に忠誠を尽くし戦ったかを
軍に報告していました。
その電文が壁に貼ってあるのをおじいは声に出して全部読み上げてくれます。
おじいは語気を強めて言いました。
海軍は海の男だから、心があった。
それに比べて陸軍は、悪いことばっかりしよった。
県民は日本兵にたくさん殺されてる。
妊婦のお腹を裂いて殺した。人間じゃないと思ったよ。
戦争はほんとに、だー、悪いよ。
あぁ、そうなのか。
海軍さんは県民に愛されているんだ。
陸軍さんはやっぱり憎まれてるんだな。
そうなのです。
私のおじいちゃんはその陸軍に所属していて
この南部のどこかで、多分糸満市のここから数キロ以内のどこかで
亡くなりました。
遺骨もないので、多分その骨はこの島の土となっているはずです。
私はおじいちゃんがどんな気持ちでどんな風に最期を遂げたのか想像もつきません。
映画などを見てあれこれ想像するけれど、真実はわからない。
おじいちゃんは、おばあちゃんや母に言わせると
相当かっこいい、やり手の演劇人でした。
森重久弥さんや芦田伸介さんの所属した、新京放送劇団という劇団を主宰していました。
初めて書きますが、おばあちゃんが言うには「李香蘭とできとった」そうです。
これは私がおばあちゃんの口から聞きました。
おばあちゃんが亡くなる前にちょっと憎たらしそうにそう私に言いました。
才能があって美貌で芸事キチなおじいちゃんだったと思います。
33歳までにすごくたくさんのことをして、著書もあるそうです。
戦争で手元には無くなってしまいましたが。
そんなおじいちゃんが自分の置かれた運命の中で
それをどんな風に受け止め(或いは受け止めきれずに)
どんな風に生きて死んだのか、知る由もありません。
けれども、私はその警備員のおじいの燃えるような目を見ながら思いました。
もしも、おじいちゃんが追い詰められて、人間とは思えない酷いことを誰かにしたとしても
私はそれを赦せるし、大丈夫だ。
それは、人間誰もがしてしまう可能性のあることなのだと思う。
あいつはあんなことをして、酷い、許せない、という人がいたとしても
それも人間の一部で、みんなの中の一部なのだと思う。
帝国軍人さんの中にも、手厚く葬られ毎年慰霊の儀式がなされ
毎日お茶とお花を手向けられる人もいるし
どこでどうなってしまったかさえわからずどこかで土の肥やしになっている人もいる。
でも、そんなのはみんな同じだ。
たまたまその役を演じただけの
大きなひとつの霊の家族であり
魂の仲間だ。
この世で人間がしなければならないのは
その真実を生きることだけだ。
そのためにしなければならないことはまだたくさんあると思うけれど。

新メニューです^^

予報では台風は日本列島をきれいに縦断していくようですね。
みなさんお気をつけて健やかにお過ごしください。
沖縄県糸満市では眠っている間に通り過ぎていき恙なく過ごしています。
ご心配いただいた方、ありがとうございます。
さて、先日は那覇市のお客さまから
またHPのメニューに掲載されていないセッションをリクエストいただき
急遽セッションをさせていただきました。
いつもこんな形で必要としてくださる方からご依頼いただくと
とても勇気が出ますしまた、導きを感じて満たされます。
これまではカウンセリングセッションにプラスして、
またはヒプノセラピーにオプションとして、
そして遠隔でのヒーリングを行わせていただいていましたが
この度対面式のレイキヒーリングのみのセッションをメニューに加えさせていただきました。
セッションの結果としてとても深い癒しを私自身が確信いたしましたのと
付き添いでいらしたご主人が奥さまのご様子をご覧になって
受けてみたいをおっしゃりその場で受けてくださったりと強い後押しを感じました。
1セッションの料金は1時間で5000円とさせていただきました。
定期的なメンテナンスや、レイキにご興味がある方の体験としても
ぜひご活用いただければ幸いです。
またセッションについてのご要望やご質問などございまいたら
ご遠慮なくお申し出ください。
みなさんとの出会いを楽しみにしております。
詳しくはRuach ホームページで。
お申し込みはこちらからどうぞ。