「本望である」

先日、玉川大学名誉教授の岡田陽先生が亡くなられたことを書いた。
同級生がメールで知らせてくれて
先輩からも電話がかかってきた。
やんちゃなガキ大将風のその先輩は
べろべろに酔っ払って電話してきて
岡ちゃんが死んで悲しい俺の気持ちを
みんなわかってくれないともんくを言った。
そりゃ、わかんないでしょうよ!
86歳のおじいちゃん大学教授が亡くなって
出張先の福岡で傷心で一人べろべろになってる43歳の男の気持ちは!
だけど、そういうことが、この世にはある。
私の学年でも、男の子が(43歳のね)2人
実況でメールを流してくれて
おつや、お葬式、そして大学の追悼礼拝のことを伝えてくれた。
そして先日玉川学園で行われた追悼礼拝には
同級生数名が参加してくれて
その写メを送ってくれた。
おっそろしいほどみんな変わってなかった。
何気なくネットで岡ちゃんの名前を調べると
どなたかがアップしているyou tubeの映像をみつけた。
まったく知らなかったのだが
昨年公開された映画「明日への遺言」は
岡ちゃんの父上の実話だったということだ。
B級戦犯として処刑された岡田資中将というのが
岡ちゃんの父上。
息子として岡ちゃんも劇中に登場しており
そのプロモーションなのか
岡ちゃんがトークしている映像もあった。
YouTube-岡田資~誇り高き生涯~
映画もアップされていたので
英語部分の字幕はないが見ることができた。
藤田まことさんの主演で、意外に感じたが
描かれている内容はすばらしいと思った。
えーっと、彼は悟っていたんじゃないだろうか・・・と感じた。
岡ちゃんは岡田資さんのご長男で、教育界、演劇教育界において
すばらしい貢献をされてきた方だが
この映画が世に出て
お父様の久遠なる思いを伝えることができて
きっとようやくご使命を果たされたのではないだろうかと思った。
どういったいきさつで映画化されたのかわからないが
岡田資さんの魂が
今この時このタイミングでこそと
満を持して地上に降ろされたように
私には感じられる。
映画としておもしろいかどうかよくわからないけれど
私は岡ちゃんという大きな存在を通して
父上の存在を垣間見ることができるので
とてもありがたい。
大きな存在、というのは
大きな慈しみを知る心のことなのだと思う。
あなたの蒔いた種は
静かに、そっと、根を張っています。
あらためて感謝します。

自分がこの世の光である

メリークリスマス♪
今日は豊見城は気温21度。
曇りですが、とても穏やかな日和です。
昨日は祝日で最高のお天気でした。
冬至を越えて新たな扉が開いたことが肌で感じられました。
うちの前の虹こうえんでは家族で遊ぶ人がたくさんで
半袖Tシャツで遊ぶ人、そしてなんとカキ氷とアイスクリームの屋台が出ていました。
なんてことのない公園であれだけの人出にも屋台にもその売り物にもびっくりです。
さて、クリスマスにちなんで、今日は彼(J)からのメッセージを紹介します。
「あなたがこの世の光である。」
この言葉を自分に向かって言ったとき
どんな思いがわきあがるだろう。
もしこの言葉が自己賞賛に聞こえたとして
優越感でちょっといい気分になったとしても
逆に謙遜すべき気持ちがわいてきたとしても
どちらにしてもそれはエゴの声です。
もしエゴに取り組んで解体が進んでいれば
それは自分の真実についての言葉だという風に受け取ることができるだろう。
エゴを解体していくと
自分と他はすべてひとつで同じものという知覚が開いてくるので
上下という価値観が薄れていきます。
ですので「あなたはこの世の光」という言葉も
すなおにただあるがままの真実としか受け入れられないはず。
それによって誰かより優ると誇示することはなく
それを自分のこととして受け入れることで
人を蹴落としたり比べたりしたという罪悪感もわかないなず。
そして「あなた」という呼び声は
あなたのつながるすべてへの呼び声でもあります。
あなたが「自分」についての真実を語るとき
それは神について、そしてすべての存在についての
真実を語ること。
今日みなさんがご自身の光とともにある一日でありますように。
メリークリスマス♪

野生のスイッチ

心を平安に保つ、ということが
どうしてそんなに難しいことなのか、と考えていると
エゴの探求からさらに本能、という課題に行き当たる。
妹と話していて本能の話になったのだけど
「あ~エゴどころじゃない、本能なんだ~!!!」と
ものすごくガッテンしてしまった。
本能は命を守るためのシステムだ。
外敵というものがあると仮定して
外敵から身を守り種を存続するために自然に働くシステム。
人間、という種も宇宙のシステムから見れば
肉体でありこのシステムによって生かされている動物である。
ところがこのシステムにのっとって生きていると
私たちの肉体は常に危機にさらされており
その外敵から身を守るためには
常に「戦うか逃げるか」という選択を強いられ
この選択肢を機敏に選択した固体は生き延び
この機能の愚鈍な固体は哀れ淘汰されていく、という筋書きになる。
弱肉強食。
そこには本質的な平安は存在しない。
わずかな休息があるだけだ。
だがスピリチュアル、という生き方は
このシステムを根本的に否定し
人間は霊的な存在であり
命とは肉体のことではなく
永遠に存続する無限の存在であるとする。
その中枢は愛であり
生命の源は愛である。
スピリチュアルの世界では
宇宙=神=愛のように使われることが多いが
宇宙の源はこのように考えると肉体の生命力であり
この宇宙の生命力と神の原動力=愛を混同してしまうと
いろんなことがワヤになってしまう。
「神の使者」で言われる「宇宙すらも神が作ったものではない」というのは
生命を存続させるシステムである「本能」は神の神秘ではない、という意味にも取れる。
スピリチュアルに生きるには
ただそれを信じるだけでなく
体内のシステムをそのように切り替える必要がある。
そうしないと、
いわゆる頭だけで理解しているが、心と体はついていかない、という状態になってしまう。
ではどうやってそのシステムを切り替えるかというと
脳の本能のスイッチを切るのである。
古の聖者の法であるが、瞑想がそれだ。
瞑想、というと敷居が高いが
要は脳のリラックス、催眠状態もそれである。
またレイキによって起こるリラックスもそれだし
魂が踊るような好きなことに熱中している時にもそれは起こる。
本能から完全に自由になるとき
肉体の死は恐れるに値しなくなる。
死の恐怖を感じないようにすることとは次元が違う。
その境地はすべてを味わい尽くしあらゆる感覚、知覚を堪能し超越しなければ来ないだろう。
でなければ人はのこのこと肉体の知覚を持ってここへは来ないと思うから。
もし心にあれをもっているなら
あれを無視しちゃだめだ。
偽善者になってはいけない。
偽善者は、心にあるものをないことにする。
私たちが持つ本能を
本能という知覚でなしに味わうことで
私たちは本能に支配されない。
人間という乗り物を乗りこなすのだ。
平安。
実はかなりエキサイティング。

クリスマスだというのに

沖縄は春。
ここ数日、春です。
一昨日なんて、ベランダの窓全開のまま
ご主人は床でうたたねして明け方目覚めたようです。
ものすごくびっくりしました。
東京だったら凍死しちゃいそうな気がします。
私たち夫婦は四季の匂いに敏感です。
最近の沖縄は春、秋、冬の匂いがでたらめにしてきます。
そのたびに私たちは、今は秋だね!今日は春だね!もうさすがに冬だね!と
言い合っていますが
きっと沖縄の人には私たちの嗅覚に結びついた四季の記憶とは違い
今の季節がだいたいこんな匂いの幅、っていうのか
これらが今の匂い、なんだろうな、とか話し合ったりしています。
だからたとえば私たちの子供に「春の匂いだね」と言っても
通用しないんだろうな。だって春じゃないし。
環境、気候ってすごい影響力ですね。
食べたいものから気分から違ってきますものね。
沖縄=のんびりって東京の人は言ってたけど
実際のんびりした人にはそんなに出会っていません。
どっちかというとせっかちな人のほうが目立つ気がします。
早口の人も多いです。
ただ、車の運転はゆっくりの人が多いですね。
一年近く経ったけど、概ね変わらぬ感想です。
最近は「だはず!」って言葉を覚えました。
まちがいない!みたいな感じと解釈しています。
まだ内弁慶にうちの中でしか使っていません。
ネイティブの皆さんの前で使うチャンスはまだないです^^
主人は職場でいろいろ使ってみるけれど
イントネーションが違って通じないこともあるみたい。
外国だな~。
普天間基地のことが全国区のニュースになっていますが
どうなんでしょう。
外から見る基地問題と内部で感じるのには結構温度差もあります。
ここから空を見ていると
結構な頻度で軍のヘリが間近をぶんぶん飛んでいます。
住宅地で落っこちたりしないでくれよと思います。
だいたい、誰がなんと言おうと、
ここは日本なんだし
アメリカの軍隊の基地があるなんて、そりゃもう異常事態ですよ。
日本は戦わない国なんだし。
ここは戦闘戦略的にとてもいい場所だそうですが
結局何かあって犠牲になるのはここの島の人たちだってことだよね。
私はこっちで心のセラピーをしているけれど
トラウマの質的にとってもきつい人が多いのが気になってます。
トラウマっていうのは現世で言えばほとんどが
家族、親族の中で作られ引き継がれているものです。
伺っていると、お母さんの世代は兄弟や親戚がが何人もひどい死に方をしていたり
戦争で傷ついている人がちょっと上の世代にはたくさんいるんです。
私もおじいちゃんは戦死ですが
沖縄にはそういう人がすごく身近にたくさんいます。
傷ついていないわけがない。
でも身近すぎてそれが影響してることにもまだ気づいていなかったりもする。
みんなそうだから。
うちの母もよく「私の世代はみんなそうだったから」と言っていました。
みんなそうだろうがもっとひどい人がいっぱいいようが
人間の心はとても小さなとげにうんと傷つくものなんです。
医療関係の方のお話では沖縄は精神病神経症の患者さんは
やっぱり飛びぬけて多いそうです。
沖縄のこの自然と同じように
人々の心が心底平安でありますよう。
癒しの必要なところに光がありますように。
できることをこつこつと
私もがんばります。

移動完了♪

ご無沙汰していましたが
無事お引越しも完了してセッションも再開しています。
ご心配おかけしたり応援くださったり
みなさんどうもありがとうございました。
今回のお引越しはこれまでの反省も踏まえて
疲れないように、けんかしないように(笑)がテーマでした。
お引越しって物理的にしんどいのはもちろんですが
おそらく深層では恐怖を感じるものなのではないかと分析しています。
生きる場所が変わるというのは
環境、気候の変化を度外視したとしても
本能的にサバイバルのスイッチが入る行為のんだろうな、と。
なので主人を見ていると思うのですが
やっぱりすごく気が立っているんです。
で、沖縄に来てしばらくは
ものすごく短気でせっかちになって
まわりじゅうに当り散らしている格好でした。
それからしばらくするととても落ち着いて穏やかになり
引越しでわたしもたいへんだったろうに
あんなことしてたら奥さんが病気になってしまう、
なんてことしてしまったんだろう、と
すごく反省していました。
それで今回は「けんかはなしね」「なかよくね」と
引越しのあいだすごく心してかかったわけです。
それで、わたしはというと
ほとんどひどい疲れもなく淡々と過ごせたのですが
今度は主人がものすごく疲れてしまいました。
わたしがあまり疲れていないのを見て主人が
「今回あんまり疲れてないね、どうして?」と言うので
「どうしてかな、レイキのせいかな」と言うと主人が
「違うよ、俺が当たってないからだよ!」(笑)
それで主人のほうは私に当たって発散できなかったので
自分の毒にやられて疲れてしまった、という見解で一致しました。
すごく笑えましたけど。
それでも私自身にもからだの変調はやはりあります。
引越しのときにしかならない症状なので
やっぱり移動って大変なことなんだなーと思います。
わたしは手にけがをするとすごく元気がなくなったりして
主人は口内炎を作るとやっぱり元気がなくなります。
その度に
「人間って、なんて弱いいきものなんだ!!!」って言い合って
だからこそ、どんな時にも、どんな状況でも
心に平安を保つ存在「マスター」になりたいと
すごく願うのです。
本当に、どんな状況でも自分にも周囲にも優しくできる状態って
すごいことだと思います。
今回主人と私のチャレンジは
当り散らすよりは少し進歩しているようですが
ただ我慢するだけだと結局はストレスが自分に返って来てしまいますし
元気のない主人を見てると私も結局ストレスになってしまうので
やはり我慢なく、ありのままで健やかでないと
結局は苦しみは移動するだけ、
巡りめぐっているだけになってしまう、という
とてもわかりやすいサンプルになったなーと思いました。
けれどもちろん、自分の行いや心の状態に目を向け
内面に取り組み気づきを得ることは
何より清い一歩には違いありません。
小さなことですが、課題をみつけて
日々の中で平安の実践をすることは
それ自体が幸せな取り組みだなーと思います。
一緒に取り組んでくれる主人にも本当にありがたい気持ちです。