「本望である」

先日、玉川大学名誉教授の岡田陽先生が亡くなられたことを書いた。
同級生がメールで知らせてくれて
先輩からも電話がかかってきた。
やんちゃなガキ大将風のその先輩は
べろべろに酔っ払って電話してきて
岡ちゃんが死んで悲しい俺の気持ちを
みんなわかってくれないともんくを言った。
そりゃ、わかんないでしょうよ!
86歳のおじいちゃん大学教授が亡くなって
出張先の福岡で傷心で一人べろべろになってる43歳の男の気持ちは!
だけど、そういうことが、この世にはある。
私の学年でも、男の子が(43歳のね)2人
実況でメールを流してくれて
おつや、お葬式、そして大学の追悼礼拝のことを伝えてくれた。
そして先日玉川学園で行われた追悼礼拝には
同級生数名が参加してくれて
その写メを送ってくれた。
おっそろしいほどみんな変わってなかった。
何気なくネットで岡ちゃんの名前を調べると
どなたかがアップしているyou tubeの映像をみつけた。
まったく知らなかったのだが
昨年公開された映画「明日への遺言」は
岡ちゃんの父上の実話だったということだ。
B級戦犯として処刑された岡田資中将というのが
岡ちゃんの父上。
息子として岡ちゃんも劇中に登場しており
そのプロモーションなのか
岡ちゃんがトークしている映像もあった。
YouTube-岡田資~誇り高き生涯~
映画もアップされていたので
英語部分の字幕はないが見ることができた。
藤田まことさんの主演で、意外に感じたが
描かれている内容はすばらしいと思った。
えーっと、彼は悟っていたんじゃないだろうか・・・と感じた。
岡ちゃんは岡田資さんのご長男で、教育界、演劇教育界において
すばらしい貢献をされてきた方だが
この映画が世に出て
お父様の久遠なる思いを伝えることができて
きっとようやくご使命を果たされたのではないだろうかと思った。
どういったいきさつで映画化されたのかわからないが
岡田資さんの魂が
今この時このタイミングでこそと
満を持して地上に降ろされたように
私には感じられる。
映画としておもしろいかどうかよくわからないけれど
私は岡ちゃんという大きな存在を通して
父上の存在を垣間見ることができるので
とてもありがたい。
大きな存在、というのは
大きな慈しみを知る心のことなのだと思う。
あなたの蒔いた種は
静かに、そっと、根を張っています。
あらためて感謝します。

コメントを残す