うちなーらいふ

近所でアーサを採ってみました。
沖縄ではどこでも売られていて
人気のある食材です。
ビーチに行くとそれとそっくりな海草が流れてきたり浮いたりしています。
これ、アーサなの?とよく思っていたのですが
やっぱりそうみたいなので(多分そうだろうっていうてーげーな感じで)
初めて採ってきました。
一応ネットで調べてみて
大丈夫そうなのでアーサ汁にしました。
とーってもおいしかった。
それから行き当たりばったりで出会った海岸(後で調べたら大度米須海岸)の岩場で
ウェットスーツ姿ですもぐりしていたダンディに
だんなさんが話しかけていろいろ教えていただいて
その上収穫を半分くらいいただいてしまいました。
危険な貝とかくらげとか珊瑚とか、タコとか。
凄く参考になることを教えていただきました。
特にアンモナイトと呼ばれてる貝は
特効薬もなく刺されると死んでしまうそうです。
アンモナイトって、あの、アンモナイトではないですよね?
とにかく沖縄では地元の方は裸とか水着では海に入りません。
服を着て入ります。
そしてこの辺では食べられるウニはないよ、と教えていただいたのですが
まさにその直後、沖縄で食べられるのはこういうの、と教えていただいたウニと
出会ってしまいました。
ちなみに食べないウニはそこいらじゅうにいっぱいいます。
Image809.jpg
ボイルするといけるよといただいた貝と
でっかくてハンマーで割らないと食べられないよ、と言っていただいた貝、
手前右のがシラヒゲなんとかウニ。
それから近くの創造の森公園で二人で瞑想して帰ってきました。
うす曇りの天気でしたがやっぱりプラーナがすごくて
二人とも目がなかなか開かないくらいでした。
私は自分の足がきらっきらになっているのを見て
ちょっとあの、映画とかなんかで見たことのあるような
からだから光が…みたいになってて感動しました。
だんなさんは光のビームがどーっと出ちゃってるみたいだったそうです。
沖縄はやっぱり凄い。
いたるところにトリップの入り口があります。

“うちなーらいふ” への2件の返信

  1. 沖縄の生活、贅沢なゆったり感があって羨ましいです
    ゆったりというのは、時間があればできるというものでなく、触媒としての環境が重要だといつも思います。
    今年の6月半ばくらいに沖縄に行く予定ですが、アーサー汁やシマシマの魚のバター焼きを今から楽しみにしています。

  2. SlowDancerさん
    >沖縄の生活、贅沢なゆったり感があって羨ましいです
    >ゆったりというのは、時間があればできるというものでなく、触媒としての環境が重要だといつも思います。
    >今年の6月半ばくらいに沖縄に行く予定ですが、アーサー汁やシマシマの魚のバター焼きを今から楽しみにしています。

コメントを残す