イメージ 前世療法

イメージを、ビジョンをみることだと決めてしまうと
困ることが他にも起こってきます。
自分が成功しているところをビジュアル化してみて
そこでいい気分になるか、なんか違和感があったりむしろやーな気分を感じるか。
実はイメージする、とはこの時感じる気分のほうのことに近いのです。
潜在意識は否応なしに感じることが属するもので
現実化するのは、このとき感じるフィーリングのほうです。
それで、結果が思わしくなければ
もっとがんばらなくちゃ、自分は足りてない、という意識が芽生え
潜在意識の中では「自分は足りてない、充分じゃない」という意識が
どんどん活性化されていき
充分じゃない、足りていない、という現実を引き寄せていきます。
ですが、このケースは潜在意識の法則が見事に実を結んでいる事例です。
また、過去世などのビジョンを自分でどんどん思い出せる方も
時々いらっしゃいます。
そういう方はビジョンを見る、という形で思い出しています。
感覚で思い出している方もたくさんいると思いますが
感覚派の方は、過去世だという確信が持ちにくいはずです。
なんとなく、そんな感じがするんだけど・・・となります。
視覚派だとビジョンが飛び込んでくるので
これは間違いないと確信しやすいと思います。
過去世で私と彼はずっとパートナーで、とか
その時兄弟だったから、というような話はなんとなくロマンがありますが
だからといって今世で幸せになるとは限らないし
特に同じ魂同士のほうがいいという理由は私はあまり感じません。
私たち人間は過去にも今と同じか今以上に
愛というものに対して未熟な生き物でした。
ですから今もこうしてひとつひとつ大切なものを見極めながら
愛を体現しようと奮闘しています。
そのために過去のとらわれ、どうしてもこびりついている思い込みを
変性意識下で解放し浄化しようというのが過去世セラピーなのです。
現世のエゴの意識で過去世にこだわってしまうのは
目覚めという道程においては逆行です。
不安がるエゴにえさをあげていることになります。
エゴは安定するためにいつも理由を探します。
理由が見つかれば頭は一時的に納得しますが
心、潜在意識レベルではまったく変化はなく
さらにふたがきっちりとされていくに過ぎません。
過去世での私がどうだったかということではなく
魂がひたすらに体験してきた愛の記憶を
今世に反映して生きることです。
愛は一切のとらわれを超えています。
ですから過去世のとらわれを芯から忘れて今を生きるために
このセラピーを利用していただきたいのです。

イメージとは?

イメージが苦手、とおっしゃる方が多いです。
今はスポーツでもビジネスでも成功哲学でも、イメージ、ということが言われています。
セラピーでもイメージを使います。
ヒプノのCDなどをご自分で試したり、本を読んで瞑想したり、
それで、どうもうまくいかない、私はイメージするのが苦手、という方が
本当に多いです。
ですが、ほとんどの場合、それは誤解か早合点です。
まずほとんどの方は、イメージ=映像だと思っています。
ヒプノに関して言えば、ヒプノセラピー=映像が見える不思議体験、とも思っている。
でも、人間の知覚で、視覚化するのが自然、得意、という方は全体の1~2割だと言います。
私の経験だと、1割に満ちるかどうか、という感じ。
ほとんどの方は感覚派。
ごくわずかに聴覚派がいますが、聴覚が強いから何かが聞こえた、という方は
これまでいらっしゃいません。
それだと幻聴と区別がつきにくいですよね。
記憶を思い出すときに、声、とか、言葉、を鮮明に心の中で再生されるという体験が
聴覚派と言っていいのではないでしょうか。
私は結構、いろんな人の言ったことをそのまま音で記憶している部分があります。
トーンやニュアンスもそのまま、という感じです。
だからセリフを一度口に出すとすぐに覚えてしまいます。
そんな感じです。
あとは、匂い、というのはとても記憶と結びついていますね。
嗅覚は人間の知覚の中でも最も古い時点で作られた脳が司っているそうです。
進化の過程で恐竜だった頃の脳、みたいな感じだったと思います。
恐竜だったかどうか忘れましたが(ほんといい加減ですみません)、爬虫類かな。
それで、毎年春の匂いをかぐと、新入学の気分とか、
(新入学の時、ワクワク、楽しみな子だと、春=ワクワク。
知らない人がいっぱい、味方がいない、怖い、不安、であれば、春=不安。
さらにその記憶を最初に感じた場面まで遡ると
お母さんがいない、見えない=不安、という記憶と結びついていたりします。)
恋の気分とか、そういう気分にひたる、という感じになる方もいらっしゃるのでは。
気温もありますね。
クーラーは全然好きじゃないんですけど
クーラーの効いた部屋は
ちょっと緊張とウキウキみたいなのがあったり。
いつのどんな記憶から来てるのかなーと辿ってみるとき
クーラーの効いた匂いからお部屋が浮かんできて
こども部屋にクーラーをつけてもらって
ちょっと大人になったみたいな、新しい世界、みたいな記憶で、
そばに妹もいて、どんな顔してたか、と意識をむけてみると、笑顔で、
小学校低学年、みたい。…
と、こんな感じ。
でも、それを思考の力で思い出そうとすると
「子供の頃、子供部屋にクーラーがついたのはいつだろう?」…?
なにか特別なシチュエーションでなければなかなか思い出せないんですよね。
今すごくでまかせに記憶についてたどったけれど
それだけでも子供の頃の家の中とか、部屋とか、
まだ小さい弟、妹、おばあちゃんの座ってる姿、のとか
随分出てきました。
例えばイメージって、こんな感じなんです。
五感を駆使してたどっていく感じなんですね。
がんばってビジュアル化しようとすると、思考と記憶が混同してしまうので
かえって逆効果な場合もあるくらいです。
以上は超基礎編です。
今日はこの辺で^^

東京滞在

あっという間の一週間でした。
先週の今日、早朝から那覇空港より東京へ向かいました。
3日間に9人の方々とセッションさせていただきました。
皆さんとても真剣に、真摯に取り組んでくださり
私にとってもたくさんの学びと気づきと愛に満ちた3日間でした。
人と触れ合うとき
こんな深みに触れる機会を人生に与えられていることの感慨を
しみじみ味わうことができました。
今月はとても忙しくて
沖縄へ戻ってからも引き続きセッションの日々。
いただいたメールのお返事などもたくさんあって
気がつくともう一週間が過ぎていました。
東京滞在は、移動とセッションに完全に集中しました。
おかげさまでハプニング、トラブルもなく
本当に静かに丁寧に運ばれて
ぎりぎりの予定を滞りなく遂行できたことが
何よりの導きだったと思います。
数名の方にキャンセル待ちまでしていただき
快くこちらのスケジュールを思いやっていただいたことも
とても温かい優しさをいただきました。
みなさんのお幸せを願ってやみません。
いつも申し上げていることですが
どんなきっかけであれ、
ご自身の内面に取り組むこと自体が
本当に尊いことで
全体の幸せに貢献することだと
私は信じています。
心からの感謝と尊敬の念をみなさんへ。
AZU拝

願い

これぞ、沖縄のきれいな空、という今しがたの豊崎の空です。
Image001.jpg
* * *
どうしようもない痛みを抱えた人が
この世にはどれくらいいるのだろう。
みんな、何とかして痛みを感じない人生を
汚れのない人生を目指して
せわしない気がするけれど
本当の信頼を
本当の幸せを知っている人は
少しくらいの痛みを背負うことは
悪いことではないと言うのではないかと思う。
この世は幻想だから
半分くらいは目をつむって
心の目に光をみつめて生きていたい。
その少しの痛みは
いつも、自分を愛するレッスンを思い出させてくれるから。
その少しの苦しみは
誰かの痛みを分かち合えるしるしだから。
完全とは、不完全の中にあって
完全な信頼のなかにいられることだから。
自分だけが完全無欠で
痛みがない人生になろうなんて。
もし世界から
すべての子たちから
痛みが消え去り
すべてのおとなたちが救われたとき
そうなればいいんじゃない。
痛みを喜んで受け入れるとき
奇跡は起こる。
本当の救いはそこからくる。
痛みを消すちから。
痛みを愛に、光に変えるちから。
真実の信頼。
完全なる神よ
あなたが私に与えたものすべてが
あなたの贈り物。
あなたが与えなかったものは
本当は存在しなかった、
ということの意味。

女神の贈り物

つい先日のこと
ぐずついたお天気のなか、夕暮れ前に少し時間ができたので
主人と豊崎のビーチまで歩くことにしました。
豊崎のビーチはできたてのほやほや(一部工事中)で
名前もついたばかり。(豊崎美らSUNビーチ)
家を出たとたんにぽつぽつと雨が。
でもなんとなく二人とも晴れるような気がして
そのまま歩き出しました。
太陽のあたりがかすかに雲が薄かったので
夕日見せてくれるといいねーと言いながら歩きました。
ビーチに着くと人は見渡すところ数人。
その中でこれもできたての売店が灯りをつけていました。
だんなさんが「俺、生ビール飲もう。無駄に高いけど飲もう」と言い
私が「うん。無駄に高いときは、地域に貢献しているんだと思ってお金使うといいよ」
なんて言って、小さいプラのコップ500円のオリオンの生をひとつ買いました。
沖縄にしてはこれはうんと高いビールだと思うんですが
(観光の方には普通だと思います。沖縄は本当に労働賃金が低いので
同じ日本でも県外とは貨幣価値が違うのです)
お店のお兄さんは精一杯なみなみと注いでくれたみたいでした。
ビールを持って波打ち際に行くとみるみるうちに空は晴れてきました。
気がつくと後ろからさっきの売店のお兄さんが追いかけてきて
私たちにもう一杯のビールを差し出しました。
「これ、多めに出したんで・・・」というわけのわからないことを言いながら(笑)。
どうやらプレゼントみたいなのです。
主人はものすごくびっくりして、えー!どういうこと?と言っていましたが
私がありがとう、と言うとお兄さんは
伝わってよかった、というような笑顔でビールを手渡し、
それはすがすがしい笑顔で売店に戻っていかれました。
波打ち際から売店を振り返っていると
空はすっかり晴れて、雲の間になんと虹が出始めました。
水平線には美しい夕日。砂浜の上には虹。
売店には笑顔のお兄さん。
売店の上の展望台には地元のお兄さんが二人で海を眺めています。
私は思わず展望台の二人に向かって
「にじー、でてますよー!」と叫びました。
展望台の二人は後ろを振り返って虹をみつけ
ほんとだ、という感じで手を振ってくれ、写真を撮っていました。
その間に虹はみるみるうちに伸びていき
完全な半円になりました。
虹の根元にはもくもくした雲の土台があり
昔アニメやオズの魔法使いで見たような
本当に絵に描いたような虹の架け橋ができました。
神さまが天国のことを少しだけ教えてくれているような
夕暮れ時のひとこまの物語でした。
Image829.jpg
Image830.jpg
Image832.jpg
Image834.jpg
Image836.jpg
Image837.jpg

クンダリーニ、ライタリアン、オーラ

今日は沖縄久々の晴天でした。さいこーな気候です。
でも梅雨入りしてからあっという間に
皮製品などにカビが生えてしまいまいました。
この部屋はものすごく風通しがいい9階なので
まさか!という感じでしたが
海近いのと、これがうわさの沖縄の気候ということですね。
おかげで自動的に大掃除モードになり、除湿機を買いに行きました。
海の風は想像以上に湿っているのかもしれません。
今日は6月1日。
去年の6月1日を鮮明に覚えています。
ギージャバンタという海岸に行って瞑想し
エネルギー的に大きなシフトを感じたからなのですが
あれから1年はすごく早かった気がします。
そして今年もなんだか大きなシフトを感じます。
新しいステージが始まったような。
ライタリアンレイキのアチューメントも始まりました。
リクエストいただいたので、HPよりも先行して行っています。
すると今日も、やっていますか?と問い合わせいただきました。
もうすぐHPにアップする予定ですが
ご興味あるかたはお問い合わせください。
クンダリーニとライタリアンの違いはなんですか?というご質問をよくいただきます。
クンダリーニレイキとライタリアンレイキは系列が違うためか
ライタリアンのマニュアルに中にも比較がないので
あくまで私の感想になりますが
波動帯域がまず違います。
そして私の感覚ですと、種類も違います。
クンダリーニレイキは発展系レイキの中でも
体感が非常に強いと言われているそうですが
その通りだと思います。
クンダリーニというものがそもそも体内を通るエネルギー経路ですが
その通り、からだそのものを大きく変えてくれる感覚があります。
臼井レイキは自分がパイプになる、と教えていますが
クンダリーニはパイプそのものを大きくつくりかえて
肉体ごと波動をぐっとあげてくれる感じです。
結果世界が変わって見えます。
それからいつも言っていますが
自分がやっている感覚がなくなり
がんばりや気負いを思い切り手放せます。
ワンネスにぐっと近づくことができます。
ライタリアンはもう少し違っています。
クンダリーニが究極的にシンプルなのに対して
ライタリアンは起こっていることを種明かししてくれるような感じです。
私はクンダリーニレイキの体験を通して
真実はこうなんじゃないか、レイキって、こういうことなんじゃないかと
自分なりに気づくことがものすごくたくさんあったのですが
ライタリアンでは、マニュアルにその答えが載っている感じでした。
最初からその意図でなされていました。
それで、ああ、やっぱり!だからこれに惹きつけられたんだ、とすごく納得いきました。
具体的に言うと、クンダリーニレイキをやっていくうちに
どんどん、祈り、ということとレイキがひとつになっていくのを感じていましたが
ライタリアンではまさにそのものとしてそこにあった、という感じです。
また、クンリーニレイキでは地球のエネルギーが使えるようになる、とあるのですが
私はある日、マザーアースの声がはっきり聞こえて
駒沢を歩きながらたっぷり1時間ほどレクチャーされたことがあります。
声は「私をマザーアースと呼びなさい」と言いました。
でもクンダリーニレイキにはマザーアースという記載はなかった。
そしてライタリアンにはまさに、マザーアース、とのコネクションという項目があるのです。
それから、ライタリアンでは最高波動帯域をチャネルする、というような使い方です。
具体的にはマスターをチャネルしてヒーリングを行ってもらうような感じなのです。
使い方も本当にそうですので、これまでの、自分がエネルギーを流すという感覚さえ
なくなっていきます。
やっているのはチャネリングです。
この感覚もライタリアン前から私の中で徐々に芽生えていましたが
ライタリアンで決定的に明確になりました。
そんな感じで、私の中で熟成されたことが
ある時ライタリアンという形を借りて明確にインプットされていったような感覚があります。
それで結果的にはチャネリングとリーディング(エネルギーなどを読む)の力が
圧倒的に変わりました。
霊的な視覚がものすごく強くなりました。
クンダリーニでは丹光が常に見えるようになっていましたが
ライタリアンではプラーナと金色の網オーラがほとんどいつも見えるようになりました。
またヒーリングでもビジョンで受け取ることが多くなりました。
結果皆さんにもある面伝わりやすくなった部分があると思います。
何度も書いていますが
無数のプラーナの粒と金色の網目に囲まれて目覚めるのはやっぱり幸せです。
光の中で生きる、というのは比喩だと思っていましたが
それが実際のことなのです。
私の祈りはこの無限の網目を通じてどこまでもどこまででも
届いているのだと今では信じることができます。
祈りは通じている、という体験、それは私にとって切なる願いだったのかもしれません。
今セッションを通じて
皆さんの祈りのお手伝いをさせていただけることは
私の存在のちからを注ぐことのできる
芸術にも似たすばらしい体験です。