高度な学びのチャンス

私たちは今、めったにないほどの大きなチャンスを与えられています。
人生は選択の連続ですが、
今、地球レベルのこんなにも大きな変化に直接かかわれる選択権を手にしています。
なかなかないほどの大きなイベントなので
私もできる限り、みんなが公平に、そして後悔のない選択ができることを祈りつつ
このゲームに参加しています。
今の騒動がひとだんらくしたら
恐らくみなさんひとりひとりが問われることでしょう。
その時に、よくわからないから目先のことだけで適当に1票を投じてしまって
あとでとんでもなく後悔するというようなことが起こりませんように!
このチャンスに人間みんなが、みんなのために、自分自身の魂のために
最善の学びができることを切に願っています。
瞑想をして、少し未来から今を眺めてみてはいかがでしょうか。
大きな広い視野で、ハイヤーセルフの視点で今を眺めて、
今与えられているチャンスについて問いかけをなさってみてください。
その中でご自身に与えられた表現の可能性について検証なさってみてはどうでしょう。
私は震災の数日後、朝目を覚ましてから掃除してシャワーを浴びるあいだに
意識の中に物語が順を追ってダウンロードされるような体験をしました。
とてもリアルに、それこそ目が覚めながら夢を見ているように
シーンやセリフも鮮明でした。
最後のシーンは感動して鳥肌がたつような結末でしたが
その日は忙しかったので
もし夜まで覚えていて主人に全部話すことができたら
ブログにアップしようかな、と思っていました。
夜になって物語を話そうとすると
人物設定からセリフまでが鮮明に甦りました。
そして、ラストシーンでは思わず涙が出て、
涙ながらにそれを語りました。
主人は珍しく、この話、書きなよ、と即座に言いました。
それから翌日、妹にも話しました。
妹は、これはとてもリアルでわかりやすい、と言いました。
それから私はこのストーリーを何度か書こうとしては
別のことを書いてアップしました。
しばらくして、世の中のニュースによりいろいろなことが明らかになってきて
私はある時はっとしました。
あの物語は、もしかしたらアカシックから降りてきた
リアルな未来のストーリーなのではないか、と感じたのです。
そう仮定して思い出すと、いろいろな点でとても納得がいくのですが
あれが事実となってしまうと
今後の展開としては、あまり芳しくない方向へ進むと言わざるを得ないのです。
物語はとても美しいものなのですが。
でも私は、人間は痛い目をみてから学ぶだけでなく
あらかじめ学ぶことで、それを乗り越えることもできると思うのです。 
とても高度なことかもしれませんが
想像の力によって、思いやりによって
他者の痛みを自分のことのように感じ取る力によって
他者の学びを自分のこととして受け止めることによって
学び乗り越えることができます。
それがこの次元で愛を学び表現すること、といえると思います。
世界各国が日本を感じて、日本を通して学んでくれたらいいと思います。
できたら、反面教師としてではなく
お手本となるよう、態度で示したいものです。
そのための準備として
まずはひとりひとりが、人任せでなく自分の心で
この国に起きていてもう先延ばしにできない課題について
しっかりと見ることが必要だと感じています。
私は今ひとつの意見を持っていますが
これからもたくさんの意見を見ようと思っています。
材料として、まず基本の基の字の資料をご覧になる提案をしておきます。
20年間原発の中で働いていたある人の見解

ハート

日本中のみなさんに今日の沖縄のぽかぽか陽気をお届けしたい気持ちです。
けれどここ沖縄でも震災のショックで
一時的にハートチャクラが閉じている方が多いようです。
普段からハートで集合意識と繋がっている方にとっては
これは緊急非難の措置のようで
必要があって起こっていることではありますが
これが続くと、愛という根源のパワーを取り入れるのが難しく
また、前進するための高い次元の情報を自己に取り入れるのも難しくなってしまいます。
根源のパワーから分離されてしまうので
気分がふさいだり元気が出ません。
自己ヒーリングなさる方は点検と調整をなさってみてください。
震災の自然災害の脅威への対応と
人災である原発の問題とでは
取るべき態度が違っています。
私は震災後すぐから
それを感じています。
それで気づいたことをいろいろと書いていますが
恐らく地震と津波のショックでハートが閉じている状態ですと
原発の問題などを正確に捉えることが難しいだろうな、と感じています。
また直接津波などの被害を受けている場所と
停電と放射性物質の脅威にさらされている場所では
起こっていることが違います。
いろいろな情報をきちんと捉えるには
起こっていることをきちっと分けて、
整理して理解することがとても大切ですが
そのためにもまずは、一時的に閉じているハートをオープンにすることが
大事だという気がします。
ヒーリングをそのためにご利用いただけるといいと思います。
以前にお伝えしました、おへそから安心を受け取るワークも
役に立てると思いますのでぜひお続けください。
安心を受け取ったら「私のハートがオープンでありますように」と願ってください。
愛という視野で
今日も大切な一日をお過ごしください。
私たちが
愛という視野で
すべての選択ができますように。

地球の友人

クリヤヨーガの中に、
「マインドが目撃者として存在する」という言葉があります。
平安の中にありながら、しっかりと見て下さいねと言っているのは
この目撃者となってください、という意味。
昨日、「アバンギャルド精神世界」というブログを書いてらっしゃる湖南さんが、
ケン・ウィルバーという人の
「日本の友人へのメッセージ」を翻訳してアップしてくださいました。
転載の許可をいただけたので、ぜひここでシェアさせてください。
◎よりあなたを傷つけるが、より悩ませることはない
湖南さんのブログは、悟りの百科事典みたいで
別の手法のこれとこれは同じ意味、みたいに
世界中の叡智をひとつに結びつけてくださいます。
どれだけ勉強させていただいているかわかりません。
2つブログがあって、楽天のほうは私のほうのお気に入りにリンクいただいています。
よろしければご覧ください。
つくづく思うのですが
私は究極的な楽観主義なのだと思います。
どんなことがあろうが、起ころうが、
結局すべてはなるようになると、
完全に信頼しきっているみたいです。
そしてその、なるようにというのは
みんなが完全な幸せへと向かい続けているのだということ。
どのようなことがあろうと。
ただそれが、例えば5年後なのか、1000年後なのか、10万年なのか、1億年後なのか
違いはそれくらいだと。
全体の意識の成熟が間に合わなければ
もう少しばかり利己主義が権力を握るだろうし
もやもやした、なんだかすっきりしない世の中を
目撃しながらあるがままに体験することでしょう。
どちらにせよどんなこともすべて
私たちの兄弟姉妹のしていることです。
兄弟がまだだと言えばまだです。
それでも私は今世のこの肉体を去るとき
「やった、今回は私は愛した!」と思うのではと思います。

アセンション

さっき見たら、アンチエイジングの鬼こと勝田小百合ちゃんも
【大前研一ライブ】【浜岡原発の危険を語る】をアップしてくれていたので
多くの方がご覧になることを期待している。
彼女とは昔からの友達。
彼女はいまや有名人なので
発言を反なんとかイデオロギーみたいに誤解されたりしたら面倒だろうにえらいなと思う。
でもこれらの情報は、多分、普通に愛と平和が好きな方が見て感動できる内容だと思う。
私もそうだから。
特に「浜岡原発の危険を語る」は、
タイトル見るだけで見たくない、と思われるかもしれないけれど
今回の震災よりずっと前から、多分じみーにこつこつといろんなこと調べて
いろんな人に会って、きっといろんなことに心を打たれたり動かされたりしながら
地道に活動なさっていらした牧師さん
(そう書いてなかったら牧師さんに見えなかったけど)が
取材を受けて、浜岡原発の施設内でインタビューに答えて説明している。
原発の施設の、一般の人が入れるフロアで
テーマパークみたいになっているところで原発の危険性について語ってるんけど
それだけで主人と一緒に見ててすごいな~ってびっくりした。
これが燃料棒で、ウランを取り出すのにこれをこうして・・・とか。
東電とか保安員の方より詳しいんじゃないかな。
それでさらにびっくりしたのが、それは浜岡原発の危険性なのに
福島原発で今回起こったことがそのまんま、語られたみたいだったということ。
それで、今回の事故のストーリーは機械の設計や政治についてシロウトの牧師さんにも
ほぼ完璧に予測できた事態だったんだと確信が持てた。
一生懸命に、人の命や生き方、地球と自然、そして社会がどう絡んでいるのか
観察し、考察し、洞察し続けた人には
それが何を示唆し、どこへ向かうシナリオだったのかが
ちゃんと読めていたんだということがわかった。
そういう、人間とか命とか生き方に対する真剣さが語り口に出ていて
なんの抵抗もなしに感動して見る事ができた。
感動って、どんなときも絶対に大事だと思う。
人は心から深く共感すると感動する。
感動は人を行動させる。
波動が共鳴して、私たちはともに引き上げられる。
今日は朝起きたとき、
いろんなことが私の意識の手を離れて行ったのがわかった。
それはもう、ひきつがれたんだ、という気がした。
それで、私は初心にかえって
たとえ人数は少なくても、真実を本当に求めて理解しようとする
人の心に訴えていきたいと思う。
私が本当に大切だと思うことを。
原子力という科学に対して人間が取り組むのはいいことだと思う。
どんなことだって、探求していい。
地上にあるものすべてを味わっていい。
けれど、ほどほどに。それが一番大切。
それらはすべて幻想であり、過ぎ去るものだから。
原子力を試すなら、
人間の心がもっとうんと浄化されて
これっぽっちの利己的な思いもなしに
全人類と、生きとしいけるものすべてと、魂の前進のためにだけ使えるくらい
人間は成長しなければならないと思う。
だから、外側はほどほどにして、内面に取り組まなければいけない。
世の中の人はあまり気づいていないみたいで愕然とするけれど
今起こっていることは、人間の強欲から来ている。
もっといいエネルギーが見つからないからでも
みんなにとってこっちのほうがいいからでも、ない。
それでも電気がないなんてやだから原子力発電がいいと言ってる人は
真実がどうこう以前に
まだ自分の都合しか見えていないし見たくないんだろうな。
見たくない気持ちはわかる。
見るのは荷が重い。
自分がしあわせのしの字も体験していなかったら
その上電気まで取り上げないで、と思うだろう。
でも、だから、この問題は、日本が引き受けたんだと私は思う。
もっと貧しい国、食べものも、教育も、人権もない国ではなく
すべての面において恵まれた、
そして、全体として高い意識レベルに到達している集合意識を持つ私たちの国。
もしもう少し前だったら、私だってニュースすら見なかったと思う。 
それで、被曝しちゃうなら仕方ないや、それまでただ一日をがんばればいいと。
でも今は自分の問題が概ね片付いてきて
毎日がありがたく幸せだから
今度はもうちょっと引き受けられるようになれたんだと思う。
みんなが幸せに満たされて、みんなの痛みに取り組めたらいいと思う。
世界中みんなが幸せになって満たされたら
アセンションがどうなんてどうでもよくなる。
そうなるための、今はとっても大切な一歩だと思う。

今わたしにできること

ここのところ毎日のように、
後藤政志さん(原発の格納容器の設計をした人)の解説を聞いているので
原子力発電の仕組みにとても詳しくなった。
だんなさんなんて、ニュースの記者が質問していることには
だいぶ答えられるようになった、だめな回答もわかる、と言っている。
チャイナシンドロームという映画があって
原発事故の引き合いに出されるので見てみたけれど
映画はしょぼーいけれど原子炉の内部のことなど意味は全部わかった。
こういったことはNHKのニュースでは見られないので
一進一退繰り返しのニュースに疲れた方
なんか本当のことがわからなくてもやもやする方は
ぜひご覧ください。
ustreamとかyou tubeで見つけてどんどん見てください。
参考にリンク貼りますね。
原子力資料情報室のustreameアーカイブ集
後藤政志さんがメインで解説してくれます。ザ・原発です。
浜岡原発の危険性を、
浜岡原発内で牧師さんがレクチャーしてるという不条理劇のようなすごい映像です。
今回の福島原発を予言しているかのような内容。さすが牧師さん。2009年のものです。
5まで見ると、なぜ日本が原発をやめられないかもわかります。
大前研一ライブ
見通しが利くというのはこういうことですね。目からウロコ落ちます。建設的です。
広瀬隆さんustreamアーカイブ
広瀬さん、うけます。
内容は厳しいんですが、世話焼きおかんのような愛情が感じられてなぜかやさしい。
名指しでばんばん批判しちゃっていて、捨て身です。大丈夫かな。
cs朝日ニュースターに後藤さん出演
後藤さんが愛川欽也さんの番組に出てます。
余談ですがキンキンは私の父の昔仲間で両親の結婚式にも出てくれた人です。
若いな~。がんばってるな~^^
だいぶ慌てているけど、彼の怒りのおかげで後藤さんもかなり自分の意見を言ってる。
そんなことわかってどうするんだ、と思われる方もいらっしゃるかもしれないけれど
国家から家畜並みに扱われることが嫌なら
自分で真実を見つけて、生き方を選ばなければと思う。
今、そういう時です。
命は大切です。
ひとりでも間違って死んでほしくないと思う。
本質的に間違って死ぬことはないとも言えるけれど
それは、自分の生き方や存在をちゃんと意識した場合のことだ。
無意識、無明で亡くなることは、魂の記憶にさらに宿題を課すことになる。
一番大事なのは、その命を自分がどのように扱い
そして他者からどのように扱われるのかを、自分で決めることだと思う。
それが、どのように生きたか、ということに繋がる。
利権や利己主義の王国のトップから、
命が十羽一絡げに捨て駒のように扱われるのをどうしても見ていられない。
だから、誰が何のためにウソをついていて
命と尊厳、また全体の発展のことを考えて発言しているのは誰なのか
良く見てほしい。
もしも今ここにある学びをみんなが受け止め切れなくて先延ばしにすると、
私たちはとても大きな負の遺産を後世に残すことになるだろう。
スピリチュアル的に翻訳すれば負のカルマを増幅させ、
自らの魂の記憶に刻むことになるということです。
不安で疲れているときには視野が狭くなって、見通しが利かなくなります。
でも、原発をみんなが手放そうと決めたら事態は絶対に変わると思う。
みんなが心を開いて、心の目で真実を見る必要があります。
「今自分にできること」が、さしあたって緊急でない人は考えてください。
電力は、原発に頼らなくても供給は足りるのだと発表している研究者もいます。
ですからその気になれば不足をなくすことはそんなに難しくないことでしょう。
自然エネルギーのほうが、リスクはもちろんのこと
コストも安いとも言われています。
ではどうしてリスクが高いどころか、
永遠に地球と人類に汚点を残すほどの原子力というものが推進されているのか、
一体誰のためなのか、考えてください。
誰の動機がおかしいのか、低次元なのか、考えればわかります。
アメリカ政府が態度を変えてきています。
日本はともだち、と語っていたけれど、もちろんそれだけで国家は動いていない。
利権があります。
スリーマイルの事故あと、規定によりアメリカは30年原発を作れなかったから
ようやく喪が開けて、オバマさんの政策は猛烈に原発推進なんだそう。
ここで日本が倒れるとまずいから、あらゆる手段で立て直したいのでしょう。
相当なプレッシャーを日本にかけてきていると言われています。
アメリカ政府にとっては日本は核ともだちです。
とても寂しいことだけれど。
福島はじめ周辺の住民の方がどのように扱われているのか、
見るのも辛いけれど見てください。
気の毒だな、ではないです。
明日は、ではなく、同時にわが身だと思ってください。
国家は一般市民のすべてをそのように扱っているのです。
ただちに健康に被害を及ぼす程度ではない、の、ただちにの意味を考えてください。
安全、という言葉は原発の辞書から消えました。
原発の設計上、想定していたこと以上のことが実際に起こったという時点で
原発の存在が想定外、つまり手に負えないものだということです。
あってはいけないものです。
今の段階でみんなの祈りがかなって最善の方向に向かったとしても
原発は決して安全に収束はしていきません。
年単位でまず冷やし続けなくてはなりません。年単位です。
その間、放射能の漏れをふさぐ作業が必要ですが
作業員の被曝があるので非常に困難でしょう。
だから放射能垂れ流しのまま作業が続きます。
今被曝しながら戦っている勇者は、どうなっていくのでしょうか。
NHKのニュースを見ていると、
今勇者が命がけで戦って勝ち取れば
それでもう事態は収束に向かうように見えてませんか?
でも、実際に原発を作ってその構造を熟知している人はそうは言っていません。
放射能を垂れ流しながら一年から数年冷やし続け、
それから廃炉にするとしても10年単位の時間がかかるそうです。
だいたい、廃炉にする気はあるんでしょうか。
これだけの事故を起こして、まだそれを使おうと考えたりできるんでしょうか。
その間作業し続けるのは誰でしょうか?
今の注目が去れば、その後何年も被曝しながら作業を続ける方々は
ヒーローでもなんでもなくなってしまうでしょう。
事故以前は下請けの下請けのそのまた下請け、
ホームレスの方が借り出されて作業したりしていたそうですね。
現場は安全だと洗脳され続け、
被曝のために健康被害が起きても、亡くなったとしても
裁判にもできない現状があったといいます。
ただちに健康被害がでなくて後々出た場合は
因果関係を証明することも困難でしょうから
結局保証もしてもらえないでしょう。
廃炉になればコンクリート詰めの廃墟があとに残されますが
それだって、完璧に放射能漏れを封印できるかというとそれは無理です。
そんな完璧は物理次元にはないのです。
実際にチェルノブイリからは未だに少しずつ放射能が漏れているそうです。
放射性物質はものによっては1万年単位で生き続けるので
このような廃墟を私たちの子孫は、恩恵を受けることなく看視の義務だけ引き継ぎます。
これは事故の起きた原子炉だけではなく
数十年の寿命を終えたすべての原子炉に言えることです。
地震が続いています。
地球の自転の速度まで変わっているそうですね。
それほどの衝撃です。
この状況で、世界で一番危険な場所に建っているといわれる
静岡の浜岡原発は動いています。
ただのこけおどしではなく、
地球のプレートをあるがままに見るとどれだけ危険かがわかります。
仕組みをただ理解すれば多くの方が理解できます。
では誰が、何のために?誰のどんな利益のために
多くの国民が今命の危険に、尊厳の危機にさらされているのでしょうか?
私は主義を主張することを望みません。
静かに起こったことを受け入れて、
内なる神とともに光の中で生きることを望んでいます。
それと同時にもう既に起こってしまったことの責任を取らなくてはなりません。
これは、日本に生まれたというカルマ(すばらしい恩恵と同時に負の財産)を
両極とも受け取ることです。
どちらかだけ、は、この世においてありえません。
負のほうだけを先延ばしにしたくないと思っています。
私は今ほど日本のすばらしさを感じたことはないかもしれません。
本当に心から日本人でよかったな~と感じています。
心から敬愛する日本のみなさんと一緒に
与えられた命を
勇気と希望を持って生きたいと心から思っています。

ご報告

沖縄で初のミラーマジック!を開催させていただきました。
沖縄へ来て2年ちょっとになりますが
ライブ以外で複数の方と交流するのが初めてでした。
本当にすばらしいミーティングになったと思います。
ひとえにお集まりいただいたみなさんのおかげです。
こういった機会があると
おひとりおひとりのエネルギーが集まって全体のオーラを決めるのだということが
とてもよーくわかります。
本当に純粋で美しい集まりでした。
心から感謝申し上げます。
まさかの満席で、みなさん本当にきっちりとお集まりいただき
うわさに聞いていたうちなータイムと違う!と笑ったりしました。
今日は少し私がしゃべり過ぎた気もしましたが
お時間のゆるす方は予定時間の後も歓談なさっていて
最低限の目標は達成できた気がしています。
至らない点は数え切れませんがどうぞお許しください。
みなさんからお預かりしました会費は責任を持ちまして
震災への募金をさせていただきます。
赤十字社へと考えています。
いくつか議題を提出していただいたので
ここでシェアさせていただきます。
不足の点もここで補足させていただきます。
被災者へのヒーリングについてのご体験をシェアいただきました。
それから、ボディワーク中にヒーリングを行う際に受け取るメッセージの伝え方、について。
私のお話は、こういうケースではこうする、これにはこれ式の回答はお出ししないので
すぐにはわかりにくいと思いますが
結局は瞑想による、内面の浄化、エゴの解体、浮上した記憶
(感情、習慣、思い込み、観念、古い価値観など)を手放すという
シンプルな所への回帰となります。
そうしていると、意識は中心からぶれることがなくなり
外側で起こっていることに影響を受けなくなっていきます。
震災の巨大なエネルギーから影響を受けないことは大変なことですが
内面の浄化が進むことでおのずと負の方向ばかりに気をとられなくなります。
また、メッセージとは直観として受けとるアイディアのことですが
どのようなメッセージも、自分のいろいろな次元のフィルターをしっかり通すことで
その行動に責任を持つことがとても大切だと思います。
ですからそのフィルターを点検する、エゴを見張ること、解体することが重要です。
解体とは、感じること、気づきです。
仕組みや、より高い概念を学ぶことも大切です。
高い意識を持つ時、愛がある時人はどのようにあるのかというようなことを
いつも意識することはとても大切です。
私の場合まず最初に取り組んだのは、
自分の理想を決めて実行に移すというようなことでした。
エドガーケイシーが勧めているやり方です。
3年くらいずっとやりました。
霊の理想
(信頼できる神の名前、宇宙や創造主、キリスト、阿弥陀様、シヴァなど呼び名を決める)
魂の理想(最高の理想の自分)
心の理想(理想の心の状態)
行動の理想(理想の自分の行動)
という風に決めます。
正しいかどうかわからないけれど決めてやってみます。
心の中のことなので、いつでもどこでもできます。
やってみると、間違っているところとか、思い違いとか、
どこが邪魔をしてできないのかとかいうことが
ちゃんとわかってきます。
わかっているのにできないのは潜在意識の記憶のせいなので
ヒプノなどのインナーチャイルドワークが有効になります。
ヒプノはひとつの方法ですが、原理は瞑想と同じです。
それで、瞑想はどうやるのがいいのですかと言われると
5年くらいやってみるとわかります、みたいな不親切なことになります。
本当は、内なる神との霊交、とかいうのが正解だと思います。
だけど実際に本気でやってみないことには、多分あまり役に立たない解説です。
誤解も生みやすいです。
あれこれ知識として試すよりも、本気で何年かやる、というのが結果早いです。
やると決めてやってみると、もっと取り組んだほうがいいことや
必要な知識などが明確に入ってくるようになります。
いろいろな形式、やり方がありますがすべての扉はひとつの部屋に繋がっています。
だからどの扉にしようかと迷う間に、ひとつこれ、と思ってやってみると
これはどうもおかしいとか、或いはこれをマスターしたら
さらに深いレベルの入り口がみつかる、導かれる、ということが起こります。
「知っている」のと「やってる」の違いです。
でも、本当は、やってないものは知ってるつもりなだけ、になります。
知ってもいません。
「やってる」は積み重ねていくと「なってる」になります。
自分がそれになる、ということです。
理想の自分になってるのです。
ある方がおしゃってくださいましたが
「結局わかってるつもりでもそこまでいかないと次は見えないのね」と。
まさにそうです。
そして、実際にやってると掴めるものがたくさんあって
驚きと喜びの連続になり、また後押しがじゃんじゃん来るので
気がついたら5年経ってた!しかも5年経ったらものすごいボーナスがついてきた、
というようなことになります。
だから今のなんだかよくわからない状態で5年我慢するという感じとは違います。
実際にこちらへ来てからのお付き合いの方も
目を見張るほど変化なさる方がたくさんいらっしゃいます。
取り組みを実際に始めると、気づくべき課題へのチャンスがたくさん来るようになり
結果変化を加速してくれます。
一見前よりも問題が押し寄せてくるように感じるのはそれです。
ですがその時には取り組み方がわかりまた
取り組むうちにもどんどん明らかになることがわかるので
勉強が面白くなれば積極的に勉強する子になる式にどんどん前進ができます。
それともうひとつ、皆さんにお会いして改めて感じましたが
レイキは圧倒的に瞑想を深めてくれるエネルギー的なサポートになります。
レイキを単なる手当て療法だと捉えていると、
なんでレイキで瞑想ができるのさと思いますが
例えばクンダリーニレイキにはレベル2で「クンダリーニレイキ瞑想」を学ぶとあります。
学ぶというか、自動的にできるようになります。
私はここからとても飛躍的に瞑想が深まったと思います。
今は瞑想を始めると同時に
例の黄色いあみあみおオーラが見えてそれから視界がちょっと違った感じになります。
光の世界になってしまいます。
3D世界がぼんやりとしてきて光がはっきりくっきりしてきます。
こちらが本当の世界だとわかります。
そして内なる神を呼び続けます。
マントラを唱えることもあります。
マントラはオームと言います。
オーム真理教のせいで以前はイメージが悪かったのですが
ヨガナンダの進めるクリヤヨーガで、ババジのマントラを唱えてみると
次元の変容がはっきりと感じ取れたので
やはり初めに言葉ありきとは本当だなと感じています。
オームはアーメンと同じで、宇宙の根源つまり初めの音を表します。
口に出すと根源の波動に満たされますのでセンタリングがとても簡単です。
内なる神と繋がった安心、静寂が訪れます。
私の場合は今では自分へのメッセージをもらうことはめったにしません。
瞑想時以外もすべて、神の手のひらにあって導かれている実感があるので
どうしましょう、ということがあまりありません。
そうなった時に、ああ、そうか、と思う感じです。
多くの方が感情や雑念と戦っていますが
感情、雑念も瞑想とともに燃焼されると言われています。
ですから出たら静かに観察しておくだけで心配しなくても浄化されていきます。
出てきたものを、内なる神よ、あなたに委ねますと預けてしまうといいです。
内なるキリストに預けるというやり方をお勧めしている人もいます。
自己レイキヒーリング瞑想をしていればなお安心してお任せ浄化を行ってくれます。
(神にお任せするのと同じことですので、わざわざ別に考える必要はありません。)
それから、結局瞑想を体験するとどうなるのだろう、どこへ行くんだろう
という議題もいただきました。
これはヨガ(インド哲学)を読むとわかると思いますが
至福、という言葉で表現されます。
レイキでは大安心、と言われます。
本当の幸せ、悟りに向かっています。
ヨガナンダの「人間の永遠の探求」という本では【送料無料】人間の永遠の探求
本当に明確に示されていることですが
不快、喜び、倦怠を取り去るとそこには平安が残るとあります。
現世利益を探求するのは
ある意味この中の喜びだけを自分が享受したい考えだと思うのですが
それを追求していると結局こういった真実にたどりつくには遠回りです。
どうしてもお金持ちに執着してしまうのであれば
お金に対する執着の原因を見つけて手放すほうが
幸せへの近道だと私は思います。
執着は欲と恐れから来ていますので
その面を早く浄化するほど幸せになると思うのです。
執着している間は大いなるエネルギーの通るパイプをぎゅっと閉じています。
手放すとパイプが開いてエネルギーが通りますので
エネルギーとしてのお金も流れがよくなります。
それ以上にほしいのであれば、お金の仕組みをちゃんと勉強して
物理的に工夫することのほうが効果があるのではないでしょうか。
潜在意識は魂の領域ですので
魂はなかなかお金にそこまで執着できないはずです。
お金はあくまで道具であって
その道具を使ってどのような体験をしたいかが魂にとっては重要です。
ですから、もしイメージトレーニングを使ってお金持ちになりたいのであれば
それでそんな気分になり、どんな体験をしたいかをリクエストすることのほうが
可能性があります。
でも、お金持ちになりたい人のほとんどはそれ自体がほしいわけではないので
なかなかそのままの形で還ってこないのではと思います。
結局のところ私も長いことかかりましたが
世界は投影であり幻想である。
実在は内なる光だけである。
というところへ導かれないと
いろいろなワークも結局不完全、神も不完全、という所へしか行けません。
つまりは神へもたどり着けないということです。
ご飯やおいしいスイーツをいただきこんな時間が持てるのは
すごいことだなと改めて思います。
今日の祈りは確実に世界へと届けられたと確信しています。

パニック

みなさん、お疲れのことと思います。
疲れの大きな原因は、真実が隠されゆがめられたことから出ている
毒のせいではと考えています。
明確さからは元気が出ます。
ですから勇気を出して、ものごとを明確にしていきたいものです。
危機的状況にあっても、
たとえ命の危険にさらされていても
人間は真実とともにあるとき輝いています。
それは、魂が求めている生き方だからです。
広瀬隆さんがトーク番組で
正しいパニックを起こす必要があるとおっしゃっていて
その言葉が心に残りました。
正しい危機感を持って、みんなで火事場の馬鹿力を出して乗り超えるべき事態、
というような意味かと捉えました。
今の大手のニュースを見ていては、どうしても持てそうにありません。
明確さのひとつの手立てとして情報を流します。
表面的な印象や好き嫌いを超えて、その奥にある真実を見つけましょう。

義援金

23日に予定していますワークショップ、ミラーマジックで
みなさんからいただくご参加費(お店の利用料は除きます)は
すべて今回の震災の義援金として寄付させていただくことにいたします。
みんなの元気になると思います。
感謝とともに
AZU

謎を解く

私は謎を解くのが好きだ。
「多くの人が世界平和を望んでいるのに、世界が平和にならないのはなぜか。」
「誰もが幸せを求めているのに、明確な幸せへの道を示す情報は少ない。」
「誰もが豊かで幸せで平和でいたいと言いながら、なかなかかなわないのはなぜか。」
謎解きに取り組んでみると、
謎には必ずからくりがあり答えがあることがわかってきた。
少しでもゆがんだ、ひずみのあるところには
必ずしわ寄せがあり
当たり前の命題が当たり前の位置に納まっていないところには
必ず、隠されたブラックボックスがある。
世界が平和でありますように。
この命題の後ろにあるブラックボックス。
そして、平和でない3Dの世界がある。
原子力というものが現時点で人の手に余るものだということは
誰が見ても明らかだと思う。
少なくても今、起こりうる障害の前に手の施しようがなくなって
少なからぬ犠牲を強いられている人がいるのは確かだ。
でも誰が見ても明らかなはずのことが
ブラックボックスを通るとそうでなくなる。
事実これまでの間、世界中で安全でクリーンという神話とともに
人々がそれを使って生活してきた。もちろん私も。
疑問を抱く人の思いや反対を主張する人の意見は
このブラックボックスによってゆがめられ
或いは飲み込まれ消し去られたかのように見えた。
では、このブラックボックスには何が存在し
そこではどんな化学反応が起こっているのだろうか。
子供の頃、ヒーローにあこがれて
それを思うだけでワクワクし、勇気や希望がわいた。
けれど社会の枠組みに一旦取り込まれると
誰が見ても公正で善きことがまかり通らない体験をする。
そうしているうちにヒーローの夢は儚くしぼんでいく。
ブラックボックス。
きっと世の中はこういうものなだ。
自分が甘かったんだ。
みんなが志してもかなわないということは
きっとそれは無謀な子供じみた夢だからだ。
そんな風にしてヒーローの夢も
正義も平和への思いもあきらめられていく。
ブラックボックス。
私たちはブラックボックスを
心の中の暗くて狭いところに押し込める。
まるで後ろめたい汚点のように。
幼く恐れを知らなかった無知の自分を恥じるように。
今起こっている人為的な災害、原発事故。
私たちの兄弟と隣人とで原因をつくり共有している命題。
ここにあるブラックボックスを解体しよう。
後ろめたい押入れにしまいこんだタイムカプセルのふたを開ける。


you tube 1
2
3
4
5

最後まで見てください。
きっといろんな謎が解け、あなたのすべきことが見えてくるはず。
ヒーローの夢と勇気と希望を思い出せるはず。
誰もが望む正義と平和を自分たちの手でもう一度取り戻せるはず。

具体的なやり方の提案

日本中の方が疲れを感じているかもしれません。
がんばっている方も、そうでもない方も、
張りつめていた方も、おおらかでいた方も、
忙しかった方も、一生懸命な方も、気にしないように気をつけていた方も・・・
思惑はいろいろでも、私たちは繋がっています。
誰にでもできる自己ヒーリングをお伝えします。5~7分で全部できます。
*仰向けに横になってください。
*両手をばんざいして
*息を吸って
*思い切りのびまーす!
*両手だけでなく両足もぐーっと下に伸びます。
*伸びきっても
*まだ伸びます。
*さらにもうひと伸び!
*1,2,3と心の中で数えてから
*息を吐きながら
*はーぁ!と全身脱力しまーす。
*ばんざいのままだらんとしてください。
*ものすごく気持ちいいです。
*脱力したまま10数えるまで休憩です。
*これを3回行ってください。
*滞っていたプラーナが全身に流れます。
*次に両手をおへその上に重ねて置いてください。
*いろんなチャクラがあるのですが
*あえておへそです。
*らくーに呼吸しながら
*心の中で
*「安心を受け取ります」と宣言してください。
*そのまま3~5分休憩してください。
*AZUを通してのほうが実感できる方は
*「AZUから癒しを受け取ります」にしてください。
昨日の日記に書きましたが
急激な緊張、興奮のあとで、内分泌がアンバランスになります。
神経伝達物質が出にくくなり憂鬱になったり
興奮を発散できないままだとイライラしやすくなります。
内分泌を整えることがとても大事です。
私たちは普段、自分の知覚を通して行動や判断を選択します。
ですが人間の知覚は、再訓練されない限りは子供からあまり進化していません。
社会で訓練されるのは主に表面意識のほうで
そちらだけを訓練しても
潜在意識が置いてけぼりになっていて
心や体は着いて行っていないことが多いのです。
わかっちゃいるのにどうしてもできないことなどは
このメカニズムによるものです。
器用な方は自分をだましだまし発散しながらバランスをとります。
(欲求を代用的なもので満たしながら。)
真面目で融通の利かない方は
思考(理論)でこの事態に対処しようとして煮詰まってしまいます。
ですがいづれにしても解決はしていません。
内面(潜在意識)に取り組む基本的で唯一の方法は瞑想です。
上記の自己ヒーリングは瞑想に慣れていない方でも
プチ瞑想ができるようにデザインしています。
知覚は内分泌の微妙なバランスで
別人のように違ってきます。
感じ方は一瞬で変わります。
内なる葛藤が取れると
急にいろいろなことがゆるせるようになったり理解できるようになったりします。
重荷や苦しみから解放されると
急にいろんなことがありがたく感じられます。
そんな感じです。
普段から心の重荷に取り組んで苦しみを癒しておけば
プレッシャーに対する許容も大きくなり
衝動からの反射で選択を誤ることも少なくなります。
普段から取り組んでいなくても
今からこまめに脳内のバランスをとってあげてください。
体が疲れた、重いと感じたら脳も疲れています。
また張りつめていて疲れを感じないとしたら
興奮が続きずぎているので
一日3回は忘れずに、脳の緊張を緩めてください。
横になれなくても
座ったまま、或いは立ったままで
同じように自己ヒーリングを行ってください。
こうしなくちゃ、こう思わなくちゃ、こうふるまわなくちゃ、こう感じなくちゃ、と
みんなが少しずつ無理をしています。
無理はしわ寄せがきます。
こまめにガスを抜きましょう。

ミラーマジック!

震災前にお伝えしていたワークショップ ミラーマジック!の詳細が決定しております。
ご連絡が遅くなりましたが、若干お席に余裕がございます。
お集まりいただく皆さんによって、ワークのエネルギーが出来上がっていきます。
ご興味がおありの方はぜひご連絡ください。
日時=3/23(水)12:15~14:30 
所=カフェギャラリーベジーツ
(那覇市具志3-35-9トップヒルズ具志2F・電話098-859-2229)
費用=1000円 (別途ベジーツの利用料・飲食のバイキング代1000円がかかります。)
当日はお店の利用券をご購入になってください。
お店のご利用が初めての方には詳しくはお店の方が説明してくださいます。
お食事は、ワークショップの前後のお時間にごゆっくりなさってください。
ちょうどお食事のお時間になってしまうのですが、おゆるしください。
また、お部屋をリザーブしていますので、
人数の変更や最小人数に満たない場合など料金がかかることがありますので
キャンセルや遅刻などはなるべくご遠慮いただき、
やむおえない場合はなるべくお早めにご連絡いただけますようお願い申し上げます。
また内容につきましても準備いたしますので、
ご要望やご興味にある点、ご質問などなんでもご連絡ください。
みなさんにお会いできますことを楽しみにしております。