論争

私は小学校3年生の時に、水疱瘡で学校を休んでいる間に
代表委員(小学校の児童会の議会を運営する人)に選ばれて以来、毎年委員をやり
5年生で副会長、6年生で議長をやるという、代表好き。
とにかくみんなのために、が好きだった。
けれどおかげでたくさんの挫折もした。
みんなの気持ちというのが一筋縄では行かないのも身に染みている。
友達からは、体制の犬呼ばわりされ
先生たちからは、大衆を扇動する危険分子呼ばわりされた過去もある。
子供ながらに議論が得意。
弁が達者で口げんかで負けたことがない。
けれど、いくら弁論で勝っても
みんなの心がついてこなければ、結果は伴わない。
みんなの代表に選ばれたかと思うとみんなから引き摺り下ろされる。
正しいことがまかり通るとは限らないし
正しいことが正しいとも限らない。
そういう虚しさを中学生までに体験したおかげで
高校生から先は、永遠の真理への探求が始まっていた。
今ひとつの命題があって
原発というものがどうなっていくのかに注目している。
賛成の人と反対の人がいるので
全員の希望が通ることはない。
それから、その議論に参加したくない人も大勢いると思う。
でもみんなが参加しなくても、ことは動いていく。
こういうことにはつまるところ
絶対に正しいひとつの道はなく
どちらの選択にもふさわしい結果が伴うだけだ。
原子力、核のエネルギーというものを探求するのは
人間が探求の生き物である以上、本質的に避けては通れないものだということもわかる。
ただ、どちらの道にもある純粋な意図を利用して
大勢に真実を隠し、一部の人が利権にあやかるような
なんとも古臭いコントロール支配の体制を
いい加減脱却してもいいんじゃないかとも思う。
昔から、芸術家はパトロンに頼って能力を伸ばし開花させた。
科学だってそうだと思う。
科学者の純粋な探求の成果が国家というパトロンに利用されるなんていう話は
珍しくもなんともない。
その構図がいけないことだからというのでなく
科学や芸術、経済などの前進と同じように
人間の霊格も前進していい時期に感じた。
議論というのはつまるところ
頭の体操みたいなものだ。
戦いから本質は見出せない。
こういう理由で私はこれがいいと思う、といくら言ったところで
相手にも言い分はある。
そういう同次元での論争からいちぬけするという道が
次元が上昇する、という意味で
一番の前進なのかもしれない。

“論争” への6件の返信

  1. いつもAZUさんのブログの更新を楽しみにしている1市民です^m^。
    この前はレイキヒーリングありがとうございました。
    なんか新しい風が自分の中に入った感じですごく心地いい気分です。 早速、AZUさんに紹介して頂いた本を注文して心待ちにしている今日この頃です(*^_^*)
    私も去年の沖縄地震発生から地震に関心をよせ、いろいろネットで調べたり心積りをしていました。
    今回の地震で、より地震の歴史や原発のことを毎日調べているところです。でも調べていくうちにテレビとネットのギャップがすごくて・・・正直びっくりしています。
    しかも周りの人たちや日本人がかなり無関心なのが驚きです。 今の世の中、情報にあふれていると思っていたし、何か重大なことがあれば国民に知らされるとなんとなく思っていました。  でも、実際、情報は自分で調べなければ真実にたどり着かないし、テレビも政府も教えてくれません。
    本当に自分の土台を根本から建て直さないといけない時期なんですね。
    AZUさんが言っていた高度な学びのチャンスなんですね。
    だから私も自分の中の光に触れることができるように、みんなの焚き火になれるようにしていきたいです。
    またヒーリングよろしくお願いします(*^^)v

  2. 私は今日は少し酔っぱらっているんで、勇気を出してコメントしたいと思います。
    私の中では、AZUさんは、観音さまみたいな存在ですが、それでもきっと私と同じように奇異な目でみられたら傷ついたりしているのだろうと思います。私も熱い人なんで、うとましく思われたりしているのだろうと思うと傷つきます。私にとっては、みんなのためと思っているのに。
    でも、ささやかな発言のひとつで勇気をもらっている人はたくさんいます。私がそうです。
    そのメッセージにとても感謝していますので。

コメントを残す