ゴールはあるのか。

47年生きてきて、特におとなになってからは長いこと、社会に対して怒っていたと思う。

私は正義感が強く、繊細で感受性が強く、強気で臆病、誇り高くてひどく自分を卑下していて、短気だけど恐ろしく気が長く(待つことがいいとわかれば永遠にでも待てるような)せっかちでのろま。つまり両極的な性質がいつも私の中にあり、それがどのように出てくるのかは自分でも掴めない。周りからはやんやと言われ、それに傷つき、悲しみ、怒り、孤独を感じ、でも前に進もうとする。自分のことで精一杯なのに、周りのことが気になる。自分のことも解決できていないのに、周囲を解決したい。ごまかせない。嘘がつけない。でも本当のこともなかなか言えない。愛されたいし愛しているつもりなのに伝わらない。自分が好きだけど恐ろしく呪っている。失敗すれば自分を責めるばかり。人間が好きだけど、とてもこわい。嫌われたり非難されたくない。ああはなりたくない。これは嫌い。なりたくないものが多すぎる。でもどうなりたいかははっきりわからない。一応の目安はあるがどうやってなったらいいかはわからない。お手本は有名人ばかり。タレントからイエス・キリストまで。真似てみると壁。自分のこれらの気質が噴出する。苦しむ。何かを探しているがどこのあるのかさえわかならい。理想が高すぎるのか、根本的に自分が存在する事自体が間違っているのか、それともすでに狂っているのか、わからない。

ある頃までの私の内面はこんな感じ。まだまだあるけどきりがないほど。オエッてなります?なったらごめんなさい。でももしそうなら、そしてそれが嫌だったら、それはかえられることを知っておいてほしい。道はあるってことを。私はもうオエってならない。人間だなー、全部。って思う。微笑みを持って見ることができる。愛を持って。そうじゃなければセラピストは続かないと思う。資格がないのではなくて、単純にきつくて続けられない。幸せでいられない。だから人を幸せにできない。

内面と向き合うというのは、具体的に言えばこういう自分の心の声をちゃんと聞くこと。探求するというのはそれをもっと掘り下げてみること。この感覚の奥にある気持ちは?その時自分のハートはどうなってる?体は?どこがどんなふうによじれてる?ひらいてる?かたまってる?感情は?じゃあどうなるといい?どうなりたい?それに邪魔なのはどれ?・・・でも確かにこれは一人でするのは難しい。自分が何をしているのか?自分の内部で。それは確かにいろいろな訓練や識別する力を身に着けていないと混乱する。だから私がいるんだと思っている。果てしない混乱を整頓し、クリアにするのに成功した体験者。しかも簡単にではなく途方も無い手間暇かけ、たくさんの失敗と躓きから何度も何度も立ち上がりながら。

私の時代には今みたいに情報がないから、頼れるのは古本屋さんだけ。新刊は立ち読みして真剣に吟味して狙って、お金をためてから買う。当時スピリチュアルのワークって日本でも特定のところしかやっていなかったし(その中の一つで後に働いたけれど)そういうところは料金もそれなりで、当時の自分には無理だった。私のところにいらしてくださる方も、本を読んだりセミナーへ行ったりして勉強している人がたくさんいる。出来る限り自分でがんばる人たち。私がそうだったから、私を選んでくれる人はそういう人が多い。波長の法則。

ただその時に見落としてしまいがちなのが、本から知識を得てしまうこと。理解したらできた気になってしまうこと。そうではなくて、スピリチュアルのワークは実践しなければ意味がない。機能しない。自分に法則なり原理なり(その根本原理は愛です)を取り入れて自分に付いている枠(これが思い込みというエネルギーでできています。信念とも表現されます。愛にそぐわない価値観、世界観と言ってもいいです。)を外していかなくてはならない。潜在意識から変えるというのはそういうことで、別人になるわけでもコントロールするわけでもなく、ただ習慣化している心の筋肉をほぐし、当たり前になっていた癖に気づいてあげてそれをもういらないねって自分に教えてあげる。そうすると、心の反応の仕方自体が変わってしまう。もっと自由に、柔軟に、あるがままになる。余分な力みがとれて余分な考えをカットできて、とてもエコで優しくなる。すると本来の私たちの基質である愛に近づくことになる。

こうなると冒頭に書いたきつい内面の相は変わります。それは愛とは共存できない性質のものなので、自己意識から去るしかなくなるのです。たとえそれらが心に顔を出したとしても、それは真実味もパワーも持たないので、私はすぐに真実のほうに戻ってくることができます。

真実は人に優しい。優しい世界は真実によって創られます。真実にたどり着くには人間は幻想に惑わされずに前進する必要があります。ここまで来たらもう安心、というエリアは存在します。それはなにかを持つ持ち物によって確保されるものではなく、自分が自己を知ることによってのみ、自分と仲良くすることによってのみ、愛することによってのみみつけることができます。そのエリアで幸せに生きることを、人間は選ぶことができるのです。

コメントを残す