I am that I am


1日1クリックの応援ありがとうございます。更新遅くなってごめんなさい。

ふーちばー
裏庭に移植したよもぎがお花をつけました。かわいいので飾っています。

人間の探求は本当におもしろいものです。スピリチュアルなどという言葉を便宜上使っていますが、私にとってはそれが世界のすべてです。

意識が世界を創っているのだとすれば、人間がいかに生きるか、いかに自分を扱うか、そして内面をいかに知るかということで世界は直接的に創られています。

この目に見える現実と内面の世界が別々に進行しているように感じられるのは、その間に無意識が存在するからです。また、神という全き存在と自己とが分断されて感じる理由も同じです。

この無意識という存在こそが闇であり、その闇に気づいてその闇の一隅一隅に「光を」と宣言することが私たち人間の役割であり使命であるように思います。しかし宣言し、光を呼び戻てみて気づくのは、そもそも光はそこにあったというのに、ということなのです。人間というのはかように手間のかかる生き物です。神がその荷姿を生き物としてお創りになったばかりに。

ウッディー・アレンという人の映画が全くもって好きになれなかったのですが、その理由が最近わかってきました。人間があまりに当たり前のことに気づいてそれをそうだと認め、またそれを選んで生きる、ということを始めるまでに、そんなにも長くもってまわった物語が必要なのかとうんざりするし、その物語の必要性に共感が持てなかったからなのです。

でも最近ではそれも少し理解できます。スピチュアルにおけるニューエイジの物語にもそれは似ています。ただこれが好き、とか、これが嫌い、私にはこれが必要、と言うことのために宇宙人の壮大な歴史ドラマというバックボーンが必要だったりします。

人間が内面を変えるため、なにかを手放すため、自己を癒し、そして新たな信念体系を創造するには、宇宙全体があなたという物語を支持していますというくらいの壮大な愛がきっと必要なのでしょう。

確かに、人間ひとりが幸せに生きるようになるためにはそれくらいの大仕掛を要するということなのだな、と納得させられることばかりです。かくしてウッディー・アレンは正しかったと言えるかもしれません。

脅威の!世界。


1日1クリックの応援、いつも本当にありがとうございます!
妹のご主人のけんちゃんの真似をして百均の老眼鏡の一番弱いやつを使って書いてます。いい感じです。

今更ながらですが、ヒプノセラピーというのは脅威の世界だと思い知らされます。どなたかが、驚愕のなんとかという本を出されていたような気がしますが、私の日常なので当時は、驚愕のねぇ、ふーんというくらいにしか思いませんでした。でもその気持が最近になってわかります。やればやるほど微細な部分がわかってきて、その仕組み細部までの凄さに圧倒されます。

人間が頭(左脳)で考えた「理由」というのが通用しないのが潜在意識の世界です。潜在意識にインプットされている記憶が、私たちの感覚を作り出します。私たちの思考とは別のところで、これらの記憶が反射・反応して感じ方を決めているのです。

最近よくある、この症状の理由はこういう気持ちから来ている式のハウツーというのはほとんどなんの根拠にも解決にもならないんだろうなーと、ヒプノのセッションを経る度に思います。だって、そう感じる理由というのは本当に微細な、その時のその状況のそのタイミングでの、体験によるものだからです。

私がヒプノの説明をするときに使う例えというのも、実際にやってみるとほとんどはハズレになります。例えというのは聞いて納得、ごもっともという感じがする事例を持ちだして理解してもらうために使うので、実際と重なる必要はないのですが、ハウツーというのは聞いて納得ごもっとも、という事例の羅列に過ぎない気がします。

オリジナルの体験からその人がその時に受け取る感想というのはその人の人生のその時にしか起こらないものです。そして、それはその時を過ぎれば忘れ去られてしまうか、もしくはただの形骸としての記憶となっているというのに、その感想から得た観念だけは生き続けるのです。

このことを見続けていると「自分を愛しましょう」だとか「自分を受け入れましょう」なんて言葉が虚しくなるほど、実際にそうであることは難しいということがわかります。ほんの小さな出来事から私たちは愛を受け取り損ね、自分を愛することはできない(したくない)と思い込んでしまうからです。時を経てそんなことはたいしたことではなかった、と納得したとしても、その時強く感じた「思い」はエネルギーとなってパワーを持ち続けながらアストラル体に記憶されているわけです。これは前世でも今世の幼少期(インナーチャイルドの形成期、概ね13歳以下)の体験でも同じことです。

アストラル体というのは感情のエネルギーという質を持つからだです。ここに愛から自分を分離させてしまう亀裂(傷)を持っていると、私たちは繰り返しこの傷をなぞるような体験をします。何度もチャレンジしてこの分離を作っている傷がまったくもって幻想であって、同じような体験にびくともせず愛からぶれなくなるまで、真の再生が起こるまでそれが続きます。過去世からの課題が繰り返すというのはこのことです。

こうして私たちは少しずつ、愛へと、真の自己へと回帰して行きます。しかし時として、この再生へのチャレンジは過酷過ぎて回帰への足を遠のかせてしまうことがあります。これがブロックと呼ばれるものです。傷の痛みから自分を守るために仮に貼っておいた絆創膏のような物ですが、ずっと貼っていたためにこわくて剥がせなくなっています。はがすのもこわいくらいなので、もはや近づくのも見るのもいや、まして触るなんてとんでもない、という状態になっているのがブロックの正体です。

ブロックを剥がすにはどうすればいいでしょうか。

ひとつには、絆創膏の中がどうなっているか解ることです。中が癒やされていて、きれいになっていることが解かれば絆創膏なんてこわくもなんともありません。

それからもし、まだ中身がじゅくじゅくしているなら、その手当をしてあげればいいのです。

前者はヒプノ、後者がエネルギー・ヒーリングと言えると思います。だから、様子をみながら両方してあげるのがいいのです。そしてそのどちらをするにしても、まず、この絆創膏、もういらないかも、と気づくことが大事です。それから、この亀裂、なんとかしたいなー、と思うことも。向き合うというのはこういうふうに思うことだけです。