わるいものなんてひとつもない

1日1クリックで応援いただいています。ありがとうございます!

朝目が覚めると、「わるいーものなんてない。わるいーものなんてない♪」と
「清く正しく美しく」が頭なかで鳴っていました。

「この世にあるものはいいものばかりに決まってるー♪」

この歌詞の意味は本当に深すぎて
多分、一元論を学ばないとなかなか理解できないのではないか、などと
勝手に考えたりしております。

私がこのことを実感として受け入れることができるのは、
確かに一元論というのものを理解し受け入れたこともありますが
実際には、この歌詞のとおりで

「きみがいてくれたら」
なのです。

私は30代なかばまでは、
地球人であることにまったく希望を持てませんでした。
自分という存在にも、自分がこれから出会う未来にも。
そして今の自分というものにも、自分の置かれている状況というものにも
まったく納得がいっていませんでした。

もちろんとても努力をしていましたし
諦めてもいませんでした。
それこそ、今日よりも明日、というふうに
1日たりともムダにしないよう
精一杯に生きていたと言えます。

それなのに、それでも、いえ、だからこそ、
心のなかを正直に感じてみると
希望よりは絶望が強く
満足より不満が大きく
平安はかけらもなく
不安でいっぱいでした。

そして、できるだけこの地上でこれ以上
そんな体験をしたくなかったので
なるだけ早くお暇したい
できるだけ衝撃少なくさり気なく立ち去りたい
というような心持ちでいました。

努力や態度とはまったく裏腹に。

夫と出会って、お付き合いのようなものが始まって
しばらくしても私は変わっていませんでした。
彼の前向きなパワーもきっと
私としばらく一緒にいたら
萎えて逃げ出すことだろうと
薄々思っていました。

ある時高円寺の商店街を一緒に歩いていた時
私が本当に思わずため息をついて
「これから先、私の居場所って地球にあるのかなー」と
ごく自然な本音を漏らした時
彼はピカピカの26歳のすんごい笑顔で
「なにいってんのーおこるよー。おれがいるじゃなーい」
と、若干ばかっぽい感じで言いました。

40歳を間近に感じる疲れた私が(当時37歳でした)
なぜそんな言葉を本気にすることができたのかわからないし
応えもなにも期待もしていなかったし
ただ不意だったのでびっくりしたのか
つい信じてしまいました。

言った本人はすっかり忘れていたみたいですが。
あげくに「テクニックだよ」と偉そうに言い放っていますが。
(この「テクニックだよ」は私の父のモノマネですが)。

結果的には私がつい信じてしまったこれは
真実でした。
私はようやく
自分を愛することと愛を受け取ることに許可をできたのです。

そして
私は本当に辛い思いをたくさんして生きてきましたが
どの一つでも欠けてしまうと
彼に出会ってこうして幸せに生きることもなかったかもと思うと
過去のすべてを愛さないわけにはいきません。

彼の目に映る、彼が見ている私が
彼の愛する私であることが
すべての答えです。

私は子供の頃からずっと
みんなに幸せになってほしい、という
強い思いを持っていましたが
幸せになろう、なれるよ、と
強い気持ちで言うことができるのは

彼がいてくれるから。
わるいものなんて、過去にひとつもなかったのです。

果報をいただきました


いつも応援ありがとうございます!

みなさんこんにちは。

私と長年のお付き合いをしてくださっている女性が、
私のことををブログに書いてくださいました。
今日はそちらをご紹介します。

私は「本気で変わりたい方」のサポートをしていますが
変わるというのは
「よけいなものを手放し、本来になる」ことを意図しています。

それは美那子さんがおっしゃってくださる
「自分のすばらしさに気づくこと」
つまり真実を受け入れること、と同義です。

言葉って不思議ですね。でも指し示す先は同じ。
心で対話することで言葉の指す真実も一緒に見ることができるようになります。

なにしろ、こういうおつきあいというのは感無量です。
こんなふうに「魂の家族」が今生で交わり
いろんなものを生み出す体験を共にしてくれているのですから。

幸せをありがとう。

♡♡♡以下コピー♡♡♡
 

先日、ある方と「人の才能や強みについて」話していた時に、こんな話をしてくれたんです。

「人の才能や強みっていうのは、本人にしてみれば、意識しなくともできてしまうことの延長線上にあること、なので、『ここがあなたの強みだよ』と言われても、ピンとこない項目、というのも多々あるんです。

ピンとこないならまだしも、もっとすごいのは、「受け取れなくて」むしろ言われると『そんなの強みじゃない!嫌だ!』って拒否したくなるところもある。

でも、人には必ず、その強みを言い続けてくれる人の存在っていうのがいるんです。

『私が嫌だって言ってるのに、なんでこの人、このこと言い続けるんだろう・・・』って思ったことありませんか?

もし、そんな人がいたら、その人に感謝してくださいね、って話をいつも私はするんです。」

この話を聞いて、私は 私にもそういう人いる!!ってすぐに思いつく、1人の女性がいました。

2008年にアトピーの治療と、そして離婚するかどうかのダブルパンチで悩んでいた時、初めて沖縄でヒプノのセッションを受けたセラピストのAZUさん、という女性です。

AZUさんのサロン
トータルヒーリングスペース RUACH[ルーア]沖縄

青天の霹靂のように、突如、アトピーになった私。

結婚して、幸せになれると思っていたのに、結婚生活はトラブル続きで、毎日が「こんなはずじゃなかったのに・・」の連続でした。

きっと何か私が変わらなくちゃいけないんだ。
私の何かがいけないから、こんなひどい状況ばっかり起こるんだ。

そう思っていた私は、AZUさんに
「私の何を変えればいいんでしょう?それがわかれば全力で努力するので教えてください!」と何度も聞きました。

でも、AZUさんが私に伝えてくれたことは、私の何かを変えようとすることではありませんでした。

かわりに、私の素晴らしいところ、美しいところ、輝いているところを沢山教えてくれました。

でも、当時の私は
「そんなのいいから(←今思うとひどい 笑)私の直さなきゃいけないことを教えてください!」と全然、AZUさんの意図がわかっていませんでした。

「みなこさんの素晴らしいところに気づいて」

何度も何度もそういうメッセージを頂いたいたのに、私はそこは「はいはい、わかりました。そこは受け取りましたので、で、私のチャレンジ項目を教えてください」

結局、そんなやり取りを、手を変え品を変え、話題やテーマを変えながら、なんと!6年もそんなことを続けたんです(笑)

やっと、去年。

私は6年かけて、AZUさんからのメッセージを受け取ることができました。

そのセッションの最後に、AZUさんが教えてくれました。
「今日って、みなこさんがちょうど6年前に初めてセッションを受けに来てくれた日と同じ日ですね。」って・・・

全く意識していなかったので、驚きましたが、私には必要な6年だったのだなと改めて、感謝と感動が湧いたのを覚えています。

変わらなきゃいけないんじゃなくて、自分の素晴らしさに気づくこと。

冒頭のお話を聞いた時、私はAZUさんとのやり取りと、そこから学んだことを思い出したのです。

そして、自分が新しい一歩を踏み出す時は、キャンペーンという形にはなるけれど、感謝の思いと共に、この思いをお伝えさせて頂きたい、そう思ったんです。

♡♡♡コピーここまで♡♡♡

こころとからだのストレスケアアドバイザー 中野みなこさんにご興味を持たれた方はこちらへ

清く正しく美しく


心理療法 ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます!

清く正しく美しくって、愛のことだったんだ、と
これを見てわかりました。

この方の歌のすごさって、
愛ってこれなんだよ、って
かたちにして差し出すことができることです。

こんなふうに明確に
愛を差し出してみせることができるって、
まさに芸術だし表現の究極だと思います。

できたらヘッドホンで聴いてみてください。
何度でも、細かいところから
愛が流れこんできてしまいます。

変化

昨日は旧暦の2月1日、そして新月、スーパームーン、皆既日食があって、
更に2012年から続いていた天王星と冥王星のスクエアがまもなく終わろうとしていて、
今日は春分の日。

そんな今に思うのは、
人はこんなにも変わりたくないのに、それでも変わりたいと願うのだということ。

子供の頃よく、「私は今日から新しくなった!」と自分に宣言することがありました。
実際に古い自分がもう自分に合わなくなって窮屈に感じて、
もういい、今日から新しくやろう、と決意して学校に行くのです。
そしてそのアイディアはうまくいきます。

周囲の多くの友達は私の中身が違う私になったことには気づきません。
けれど感触としての私の変化は受け入れてくれます。
無意識的に認識を新たにしてくれます。
子どもは柔軟ですから、新しく現れた私の側面にも自然に対応してくれます。

人が成長するにあたって、私たちは多くのことを許せるようになります。
子どもの時に漠然と描いた理想の自分でないことや、
したくなかったような体験をしてしまった自分など。
そしてそれにつれて、他者への寛容さも学びます。
しかし一方で自分をじっくりと感じることや親密であることは
だんだんと避けるようにもなります。
冷めた恋愛のような感じです。

実はこの冷めた自分への関心は、
いつしか少しずつ身の回りに見えない壁を築いていきます。
私たちはあまり変化しなくなります。
子どもの時のような、新しいことに出会って当たり前の毎日と
それに対する新鮮な感覚はいつか薄れ、
取り巻く環境や周囲の人との関係も刷新される機会は少なくなります。
人間関係を気詰まりに感じ、取るべき対策も手詰まりになってきます。

日本という恵まれた環境にある私たちは、
新しい何かを手に入れれば変化できるかもしれない、と考えます。
スキルや技術や知識や美貌やファッションやスタイル、ライフスタイルもそこに含まれます。
部屋をきれいにしたら、家事のシステムを確立したら・・・。
そしてそれくらいのことに着手するある程度のゆとりを多くの人は持っているのでしょう。

星の配列のちからを借りて、
宇宙的な引力や化学変化とともに私たちが前進しようと考えるのは、
人間の古来からの知恵です。

私たちはどうなりたいのでしょう。
好きな自分でいる?
好きではないものも愛せる自分を好きになる?

自己の尊さ、存在、愛。
人を幸せにし、愛と本当の安心を与えるのものは
私の、内側からだけやってくる、
ということを実感する。
その無限の可能性を体験し続ける。
計り知れないものを知る。

今日、多くの人にこの光が降りていることを見ることができますよう。
見えない壁が不要であるということに気づき、
そう宣言することができますように。


いつも応援ありがとうございます!クリックでこのブログを応援いただけます。よろしくお願いいたします。

本当に大事なこと


いつも応援ありがとうございます!クリックで応援いただけます。

あなたはもう、本当の自分をみつけましたか?
あるいは、自分にある可能性を導き出す方向性を。

愛を生きる決意をしましたか?
自己の魂に従って生きる道を選ぶと決めましたか?

スピリットはただ、あなたのその決意を待っています。
その決意があればその決断に従って
その道を差し出す用意があります。

方法はやがて現れるでしょう。

スピリットはあなたに約束します。
「あなたの決意に見合った人生を差し出します。」
「あなたの選択に従います。」
・・・と。

あなたがもし、誰かの言いなりになって
誰かの価値観に従うとき
スピリットはだまります。

するとあなたは孤独になる。

手近にあるものをもっと求めるようになり
手を伸ばし
握りしめるだろう。

その手を離し
あなたがただあなたに寄り添うとき
あなたはスピリットを感じる。
あなたを通して。
あなたはもっとスピリットを求めるだろう。
するとますますスピリットはあなたと共にある。

あなたが必死に目を凝らしても
あなたが探すものはそこにない。

あなたが目を閉じ
あなたの内側を心で見つめた時だけ
それはある。

あるということを知る。

どんなときでも、なにがあっても
「私は魂のままに生きる」と
あなた自身に告げましょう。

その声をスピリットは聞き逃しません。
その瞬間、あなたは正しい道に立っている。

それを確かめることのできる人生が
そこにあります。

思春期を考える


いつも応援ありがとうございます。ご縁のある方に届きますように。

「私」という存在にさしあたり強い影響をもたらすパワーである潜在意識(≒インナーチャイルド)。その形成期は14歳未満と言われます。しかし多くの人にとって印象的なのはちょうどその頃から始まる思春期ではないでしょうか。

先日のセッションでの気づきから、あらためて思春期のもたらす影響について思いました。肉体的に男女の違いがあからさまになり、恋愛感情に目覚め、実際に恋愛をしたり、恋愛へのあこがれを誰もが多かれ少なかれ抱いている時期。その頃に培われ、その後も影響を持ち続ける観念とはどういったものなのか。

もっとも顕著なのが「まわりとおんなじでありたい」であり、「みにくいアヒルの子現象」ではないか、と私は思います。

様々な個性を持ち、ユニークである意味ありのままであった幼少期から次第に私たちは、モテるかどうか、とか、嫌われたくない、というような思いがとても強くなり、流行にのっかり、周りの目に敏感になり、浮きたくない、という恐れが強くなります。それはまさに、自らのオスとメスとしての価値に重きを置くことへの結果のように思います。

この時期に多くの人が集団からの洗礼を受けているのではないでしょうか。そして、その洗礼を個々がどのように受け止め、そして自分をどのように扱いまたあるときは取り戻していくか、ということは、後の人生のテーマに大きく影響していくように感じます。

先日、母から30年ぶりのダンボール箱が届きました。私は22歳で家を出て戻っていないので、小中高大学時代の産物のあれやこれやが箱詰めされていました。父が亡くなったのを期に、母が少しずつ過去を整理し手放している余波として、こんなことになりました。

その箱詰めの中身の多くは、言葉でした。可愛らしい封筒と便箋に書かれた手紙はもちろん、レポート用紙やノートの切れ端に書かれ、丁寧に折りたたまれた友人からの手紙の数々。また驚くほど多くの、私が友達に宛てて書かれて投函されていない手紙の数々。私が書いた手紙の返信にあたる内容の手紙。それからなぜかとても書く機会の多かった各年代の作文の数々。

子どもの頃の流行りへの敏感さ、ミーハーさに驚かされ、思春期の人生に対する驚くほどおとなびた態度と、恋の悩みの幼さのアンバランスさに驚きます。

総じてその関心は、「他者からの評価」に終始しています。そんな意識のなか、私たちはおとなになっていき、社会からの評価というものに対象を変えそういったことに夢中になって時を過ごします。

内面の問題が顔を出すのは、そんななかで結局のところ日々の自分に関わってくるのは身近に取り巻く人間との関係であると気づくころです。

自己の人生を振り返って、その原因を探したり、打開する方法をみつけようとします。本から学び、セミナーへ行き、ネットでググって自分が「なにに当てはまるか」と考えます。

それらの行為の目的とはなんでしょうか。

「問題を解決して、まわりとおんなじでいられる」ようになることでしょうか。問題がない自分というのは、周囲と差異がないこと、という思春期的刷り込みの価値基準に自分を当てはめることへ回帰することでしょうか。・・・

退行催眠をすると、自己のなかの、本当の気持ち、本当の望み、本来の在り方に気づくことができます。催眠という名の、これが瞑想であるからです。私たちが、与えられた存在として存分に生きることを選ぶとき、持ち物に気をつけ、使い方をしっかり学び、目的地と方向性を次第にはっきりと定めて行く必要があります。何度も何度も修正を重ねながら。

他者から受けた影響、無意識に刷り込まれて習慣化したり観念化している想念のエネルギーは、それに気づき返上する必要があります。

私たちの精神活動とともに心は磨かれます。しかし磨くと必ず副産物として削りカスが出るものです。その削りカスは垢のように私たちの魂の輝きを曇らせ、自分自身にもそれを見せなくしてしまうことがあります。それを感謝とともに手放す行為が瞑想です。

しかしながら思春期に得た多くのものがあります。それは、後先なく自分をさらけ出すことができた時に起こる化学変化です。本気で、結果を恐れず、表現したり伝えたりなりきったりしたとき、それは地球というキャンバスに刻まれる美しい陰影となります。そのころ体で覚えたものは一生の宝になり得ます。