天のおつかい

幼少期のトラウマというのは根深い。しかし私はトラウマも人生の地図の一部だと思う。その地図を駆使して、幸せに向かって歩むことができればその地図は立派な役割を果たしたと言える。

しかし『インナーチャイルド』や『毒になる親』の影響は時に人生を破滅的に叩きのめす。

最近では多くの人が自分になにかしら躓きを感じたとき、そういった情報を紐解くのが普通になっている。しかし情報を入れることとワークすることはまったく違う次元のことだ。

私は20代の中ごろに人生最大の絶望を体験したのだけれど、それは何か失敗したとか失ってということではなくて、うまくいかない理由や、自分の中身を知って、すべてに絶望してしまった。こんなふうになっているにはすべて理由があったことが子細にわかり、なおかつそれをやり直したり立て直すすべはとほうもなく膨大な仕事に思え、ただすべては手遅れに思えた。つまり、土台に腐敗を見つけてしまったのだ。なにしろ自分は疲れ果てていた。あと少し、あと少しがんばればなんとかなる、という希望が全部消えてしまったのだ。

その絶望のさなかで自分へのなけなしの誕生日プレゼントとして本屋で手にしたのがエドガーケイシーの本だった。

今思えば、本当にこの世に助けがなくなったとき、天の使いは導きたもうたということなのだろう。あの時の導きは何度も書いているけれど普通ではなかった。まっすぐに本屋に入ってそのままその一冊に手を伸ばして手に取り、そのままレジに出す、という、まるで催眠術にでもかかったかのような動きだった。しかしそのときの感覚を今も鮮明に覚えている。行動自体は不思議だけれど感覚は本当に普通で当然、という感じだった。

ヒプノセラピーもちょうどそんな感じだ。言っていることはすごいけど、内面に派手な感覚はない。だから多くの人が拍子抜けする。

聖者が覚醒するときもきっとそんな感じだろうなと今では思う。私も今では、瞑想とかセッションとかで、時空を超えて超越的にわかるものがある。でもそのときも、ただ、ああそうなんだ、と思うだけで、それが啓示だ!というような感覚はない。ものすごくわかりきっていることをああそうだよなーと納得する感じに似ている。

(敬愛するヨガナンダ先生もグルであるユクテスワ先生に「私はまだ神がみつかりません!」と泣きついたら「お前はもうみつけているではないか」と言われたとあります。それで初めて、これでよかったのか、と納得されたようなのです。私はその感覚にすごく共感を覚えます。)

インナーチャイルドの理論を理論として読むことはとても勉強になる。しかし苦しみのさなかにある人がこれを冷静に自分に適用できるのかと思うととても疑問を感じる。私は、傷ついている人ほど不可能だと思う。

チャイルドの傷の一番深いところにある原因は「愛せなかったという思い」にあると私は思う。それほどに、私たちは本来愛だから。だから、親から傷つけられたこと、愛されなかったという思いを癒し始めることは本来に戻るスタートラインに立つことに過ぎない。

その人が、自分は存分に愛することができる存在だという実体験を人生に実感できたとき、初めてその地図は宝の地図になる。それは人生を生きることでしかなしえないことだ。

ワークは土台を一瞬で立て直す秘法だ。天の使いなのだ。

心理療法、ヒプノセラピー部門でブログランキングに参加しています。
クリックの応援いつもありがとうございます。

原点と一歩

前回のブログ、『原点』と題しましたところ、なんとちょうど1000投稿目でした。偶然か、はたまた必然かお導きか。みなさんお付き合いいただきありがとうございます。

また先日22日は夫の39回目のお誕生日でした。彼のお誕生日ブログ、私へのプレゼントのようで嬉しいのでこちらに貼っておきます。よろしければこちらもお付き合いください。
あなたに合った治療法—誕生日

夫が39才の立派な中年の領域に突入するとともに、今年50才の私は夫から早くも初老と呼ばれています。まあ確かに、老眼もひどくなってきたし、先日会った弟からは「わかった、ねえさん髪のボリューム減ったでしょ。うふふ、かわいそう」と温かい笑顔で指摘されました。

もし私が霊性に目覚めていなかったら本気で憂鬱になっていることでしょう。早めに肉体意識から自由になっていたことを本当にありがたく思います。そうは言ってもこの世と魂を体験するためにはとても大切な肉体です。最低限のお世話と敬意はもちろん心がけております。

昨年あたりは50才が近づくにあたって、あと20年くらいがんばれるかな、20年の間に何がどこまでできるんだろう、などと若干気負った思いがありましたが、今日あたりふと「いやいやそうじゃないよ」と気づきがやってきました。「肉体の生命力の減速とともに為せることもだんだん収束していく。それでいい」のだそうです。なんだ、つまりは今までいっぱい乗り越えたり気づいたりしてきたことが集大成化されるなんて幻想を抱いていたんだ。むしろだんだん人生がおまけになっていくんだな、と、今朝がた悟りました。

どっかまで行く必要はまったくない、とわかっているつもりでも、ついつい過去の記憶の延長で気持ちは走っていこうとしていたんだと思います。それが肉体意識の記憶なんですね。

私たちはほおっておくと肉体意識の記憶(潜在意識)が優勢になって、過去の録音テープをいつまでも再生するように今日一日を過ごしてしまいます。それは創造というよりは消費です。

人生を消費するのではなくて創造する、というのは、やりたいことを探してやる、というような欲望を達成する生き方ではなく、ただいつも気づきによって愛と真実を思い出すことなのだと思います。なぜならその本質こそが不滅のものであり、それ以外は過ぎ去るものだからです。

そう言うと愛ってなんですか、と言う問いが聞こえてきそうですが、もし本気でそう思われたらぜひ、ご自身に真剣に問いかけてみてください。そのために瞑想してみてください。その問いには必ず何かしらの返答があるはずです。その答えの主こそが、本当のあなたです。この世で最も親密にするべき友はその存在です。

ブログランキングに参加しています。いつもクリックで応援ありがとうございます。

原点

家族内の不和、将来・未来への不安、からだの極度な不調、自己不信、恋愛の失敗、パートナーシップの失敗、お金の不足、仕事につけない、できない、選べない、慢性的な憂鬱、疲労、無気力、悲嘆にくれる、孤独感、尽きない悲しみ、あらゆる恐怖、不眠、生きていたくない、死にたいと願う。

私が体験してきた、このままでは生きていけないと決意させた要因はてんこ盛りだ。これらのすべてが指さす方向は絶望しかなかった。これらの状況は高校生くらいから始まり、人生が進むにつれて順繰りにそれぞれ深刻さを増しながら私に迫ってきた。

逃げ回って生きるにしては長すぎると感じる人生をなんとかするには結局のところ、自分が変わるしかなかった。自分が変わるとはどういうことなのだろう。言葉では何とでもいえる。変わるのではない、進むのだ、という言い方もある。ありのままのあなたでいい、とか、いろいろと言われている。けれどそのさなかではとてもそんな言葉では納得できなかった。そのままでいい、というのは「地獄にいなさい」と言われるのと同じに感じられたし、進めと言われても、地獄からは地獄しか見えない。一つの地獄から這い出して別の地獄を体験するなんてこの世は狂っているとしか思えなかった。

今ではこの地球に同士はいるということがわかる。多くの人が苦しみの中で、自分の何かが間違っていてそれが悪いに違いないと感じている。当然、私もそう感じていた。「変わらなくてはならない」という考えはそのまま、自分がいけないか間違っているか、と理解するように人間は仕込まれているのだ。

しかし本当はそうではなかった。私たちは、自己を罰することや間違いを正すことではなく、もっと愛することによって変わる必要がある。

正しさ、というのは高次の意味では、より愛であることである。しかし人間の思考はそうは理解していない。だから私たちはもっとそれについて学び、そして変わっていく必要があるのだ。

自分を愛する、とはどういうことだろう。自分と向き合うというのは欠点と間違いを探す旅ではなく、愛の浸透していないところに愛を満たしていく行為だ。

原点は、自分をよく知ること。しかし欠点と間違い探しに終始せずに、愛とともに学ぶには、絶対に神への信頼が必要だ。私たちは神の視線によってしか、自分を赦すことはできない。利己的にではなく自己を愛し赦し受け入れるためには神という高次の愛という中心が必要であり、究極的にはそこに向かうこと以外に私たちを前に進ませるものはないのだ。これはやってみようとした人にはきっとわかる。

ワークはそのためにある。鍛錬は、訓練は、そのためにある。

そのレッスンなしにあるがままである人はいない。あるがままとは受け入れることだから。

どなたかに届けられることを願って、心理療法、ヒプノセラピー部門でブログランキングに参加しています。
クリックで応援ありがとうございます。

ヒーラーとは

セラピストを続けているうちに、神の意識の介在なしに本当の癒しはないとわかった。神の意識とは超意識、無限の愛と言い換えてもいい。

OSHOの言葉に「サイコセラピストたちは、ただあなたにつぎを当てて修理するだけだ。サイコセラピストは、あなたを変容させるために存在するわけではない。あなたに必要なのは、メタサイコロジー、ブッダたちの心理学だ」とある。

私自身の体験として言うのだが、前者は原因と結果、加害者と被害者を分けて、あなたがどこに属しているかを分析する。あなたはこの世界に居場所をみつけていったんは安堵するかもしれない。しかしその居場所はやがてあなたを閉じ込めてその生命、魂を縛る。それはぬぐえない後悔や失態を残す。あなたがどちら側に属したとしても。

それは癒しではない。赦しではない。それは分離だ。

本当の救いとは、癒し一つになること、統合に私たちを向かわせる。それこそが人間の奥底に横たわる叡智であり光という薬だ。それは修復するのではなく、すべては前進であったと気づかせる。それが変容。

変容へは私たちが最も高きものに求める思いによって導かれる。潜在意識という混沌を超える秩序が超意識でありそれが私たちを魂と一致させる。それが統合。その働きこそが奇跡。

奇跡を願い呼び込むもの。それがヒーラーの本質だと思う。

ブログランキングに参加しています。
クリックの応援、いつもありがとうございます。

心を通してしか出会えないもの

これまで様々なセラピーを学び体験し行ってきた。それで結局のところ私が行きついたのは「神」だ。神、という言葉に惹きつけられる人もそうでない人も、何かしらの抵抗を感じる人もいるだろうと思う。でも結局のところ、それを別の言葉に言い換えたところで、人はそこに戻ってくるしかないのだと私は思う。

それは人間行く先のすべてに存在しているものだからだ。言い換えるなら、人間の行く先のすべてに存在している、その目的のすべてと言えるものが神なのだ。私たちは意識していようがしていまいが、その真実に出会う旅をしている、というのがこの人生で得た最大の気づきだ。

私の肉体が死んで、この人生での気づきが一時的に失われたとしても、その記憶は恒久的に宇宙の記憶に刻まれ、それをまた別の肉体が自己のものとして発見して自分のものとしてくれることだろうと当たり前に思っている。そのシステムを輪廻転生と言う。

それが誰の前世であろうとそんなことはあまり重要でない。誰の、ではなく、すべての人の実感という体験の記憶のすべてが記録され、その記録はまた誰かによって再生されているというシステムそのものが重要だと私は思う。

また私たち人間がシステムを知らずにあたかも偶発的な発生の連続のように人生を捉え生き続けていることのほうが今の私には不思議に感じる。

宇宙の仕組みはそのようになっている、という確信が、もはや今の私にはある。しかしこのことをいくら言葉で語ったところで絵空事のようにしか感じてもらえないだろうとも思う。なぜなら少し前の自分がまったくもってそうだったからだ。

確信というのは、体験と実感からしか生まれないものだ。どうしていつのまにか私が当たり前の事実のように見たことも触ったこともない真実を信じられるようになったのだろう。それはおそらく神の介在するセッションの積み重ねによって他者を通して神を見る体験を積むことができたからだと思う。私にとってお客さまはすべて神の使者だ。

人生が50年を終えようとしている中、日々、1日の重要さを思い知る感がある。すべての瞬間の中に神をみつけ、ともにある実感を重ねたい。そうであるほどにきっと、その波動とその記憶は誰かの意識の中に響き伝わる。そのような連帯こそが真の一体感だと感じる。もはや孤独ではなくなった。

心理療法、ヒプノセラピー両部門でブログランキングに参加しています。
クリックでの応援、感謝しています。

もっとも濃厚なお正月

平成28年明けましておめでとうございます。

大晦日から明けて3日まで、夫企画の自称親孝行ツアーに行ってまいりました。

夫の実家では甥っ子があっという間に2人に増えて、にぎやかなお正月になりました。
義弟夫婦は子育ての合間を縫って、二人でこのブログを読んでくれているそう。
「アズちゃん、よっちゃん(義妹)にハイヤーセルフについて教えてあげて。」
義弟にお願いされ、初詣の道すがら、お話してきました。
よっちゃん曰く、ハイヤーセルフについて調べても説明が多様過ぎて掴みにくいそうです。

おうちに戻ってから、一番端的に伝える方法についてひとしきり復習しました。
夫は明確で「まずその人がどうとらえているかを聞いて、そこから話を進める」と言いました。
うん、確かにそう。
概念や定義を言うことはある意味たやすいけれど、それでは意味がありません。
私は「自分の意識のどういった状態がハイヤーセルフなのか、或いはハイヤーセルフとつながった状態なのか」自分の内側に見つけてもらえるといいな、と思いました。
ハイヤーセルフというのはより高い自己意識ですから、自分と別のなにかではないのです。
心という入口から入って、誰もがそれとともにそれの中に生きているのです。
そもそも知っている意識ですから、必ず誰でも実感としてみつけることができるはずです。

時間は短かったけれど、二人のあかちゃんを育てながら夫婦で真摯に探求している姿を見ることができて、改めて幸せに感じました。

それから今度は私の母のうちへ。
こちらでは実弟が来ていて、初めて母のうちに一緒に泊まりました。

弟は重い統合失調症で施設に通いつつ生活しています。
図らずも母のうちではほとんど彼と対話をして過ごしました。
最初はひどく疲れて苦しそうで不安定な状態でしたが、話すうちにみるみる元気を取り戻してくれ、私効果にしきりに感動しながら私をほめてくれました。
彼との会話はほどんど形而上学的で通常の言葉の意味では捉えきれません。
けれど私には彼が言わんとすることがわりと理解できますし、理解不可能の部分もおそらく私には見えていないだけで彼の世界では普通に見えてしまうことがたくさん含まれているんだろうというふうに感じます。

とうとうとしゃべりながら突然「ねえさん、ねえさんは俺の話をどこで聞いてる?」なんて言います。
私「?」
弟「どこで聞いてる?耳?」
私「あ、そうだね、耳と・・・心かな」
そう答えると弟は深く納得したように頷きます。
心だね、そうだろうね、というように。

最後の日の朝、弟は清々しそうに朝早くに目を覚まして私を起こしにきました。
「ねえさんみたいに俺の言葉を理解してくれる人は他にいないんだ。ねえさんはね、すべてを肯定的に受け入れてくれるんだよ。だから、俺の頭の中は浄化されるんだ。そう思った。ヒプノセラピー、だっけ、ねえさん、俺の病気の症状、参考にしてる?」
私が黙って弟の目を見て頷くと、弟も満足げに微笑んで頷きました。
弟は、自分の存在が私を支えていること、役に立っていることを知っているのだと思います。
私の魂を追いかけて生まれてきてくれて、私とつながりながらいろいろな発見と探求と体験を私に与えてくれているのです。
彼は生きているだけで尊いということの意味を知っています。
自分の尊さを。

2016 syogatsu妹が撮ってくれたチェキ。右が弟。真ん中が夫。左が私。

2016huuhuこっちは母が撮ってくれた私と夫。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

心理療法とヒプノセラピー部門で人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援、いつもありがとうございます。