アファメーション!

アファメーションは、現代スピリチュアル界の王道的概念。

肯定的自己宣言、などと言われるが、どうやらこの概念を広く教えたのも、かのわが師パラマハンサ・ヨガナンダ先生だったということを最近知った。

私はなぜかずっと、アメリカ製のスピリチュアルに惹かれて探求の旅をしていた。
そして辿り着いたのが、おおもとのヨガナンダジだった。

最初の出会いはトランス・チャネリングの王、エドガー・ケイシー。それから何人か素晴らしい人がいたが、なかでもフローレンス・スコーヴェルシンという女性はすてきだと感じた。著書のなかでの出会いだけれど。彼女はアーティストで哲学者で、現代スピリチュアルの元祖みたいな人だ。アファメーションのワークを生業にしていたようだ。

みなさんだいたい同時代に生きた方々。

イギリスにはもう少し古く、神智学という学派のようなものがあって、今のスピリチュアルはこれらが大体ミックスされて切り取られたり強調されたりして伝わっているように思う。

一部を切り取られて強調されている教え、というのは例えば、ポジティブいのち、潜在意識がすべて、成功だけに特化した法則、引き寄せで豊かになる、みたいな教えだ。

それらは確かに一理ある。でも全体性からみるとかなり偏っていて陳腐に思える。
自分がアファメーションに抵抗を感じるのは、その界隈でアファメーションが乱用されているせいだ、と自分なりに思う。

しかしヨガナンダジやフローレンスがアファメーションの祖となれば俄然やる気がでる。
その違いはなにか。

例えば上記に上げた3人の巨匠はみな、神とその分身である魂の領域、つまり宇宙意識と超意識に言及した人たちだということ。
それは、人間とはなにか、という問いそのものだと思う。

人間とはなにか、どんな存在で、この地球でそして宇宙でどんな位置にあり役割をし、そしてどの方向に進化していて、そうあるにはどう選択しどう思い生きるべきか、というような問いかけなしに、ただもっと豊かに、もっと賢く、もっと便利に、というために、人間に備わった莫大なパワーを使って恩恵に預かろうというのは、核爆弾を持ったさるに等しく危険で愚かで破滅的だ。

それは現代の競争社会のサバイバルのためのハウツーの、別バージョンに過ぎないように思う。

アファメーションのちからは、神から来る。
創造の最高次元の根源の意識から。

たとえ最初は無意識だったとしても、その言葉と意志のちからによる恩恵を受け、その恩恵が来るみなもとの存在を意識するとき、私たちはみなもととつながることができる。

贈り物より贈り主の存在を愛するのが、神の分身である私たちの本性。
アファメーションは贈り主への信頼と約束を言葉にしたもの。

そんなふうに理解するにつれ、何をどう祈ったら贈り主のハートにダイレクトに届くのかがだんだんとわかってくる。

私もどんどんやります。みなさんもどうぞ。

参考書:『科学的な癒しのアファメーション』パラマハンサ・ヨガナンダ著 『人生を開く心の法則』フローレンス・S・シン 他

ブログランキングへのクリック、
ツイートとシェアで応援、
いつもありがとうございます

脳みそがうにうに光るような、丹光

『私は丹光が見えます。
そして、目を閉じると、自分の手、腕が白く光るのが見えます。
こうした現象を、どう活かせばよろしいのでしょうか。御教示下されば幸いです。』

このブログのコメントでいただいたメッセージです。ありがとうございます。

もし個人セッションであればまず、今はどんなふうに活かしていらっしゃるのか、またその現象をどう捉えていらっしゃるかから伺うと思います。
詳しくお聞き出来ない状況なので、思いつくままに書かせていただきます。

私自身は瞑想中、またその前後やセッション中に、同じ光をよく見ます。なのである意味それは日常的な現象です。
ちょっと心を静めて第三の目をふと意識したりすると、たくさんのいろいろな光を見ます。

おもしろいところでは、歯医者さんの治療中には丹光が頻繁に見えます。
治療中、祈る思いで受けているからかなと思っていましたが、どなたかもブログに書いていらしたのでなにか因果関係があるようです。
キュイーンという音も関係あるかもしれません。

それから、セッションではクライアントさんもワーク中によく見ておられます。
対面でも遠隔でも見る方はたくさんおられます。
レイキのアチューメントが終わると急にオーラや光を見るようになる方もいらっしゃいます。

私が初めて丹光を見たころには、ネットで調べると「覚醒前夜に見るうちなる光」などと説明されていました。

当時は覚醒ってなんだ?!っていう感じでしたが、最初に見たときは強烈で、しばらく誰にも話さずノートに書きとっておきました。

しかし振り返れば強烈な体験でしたが、特に驚きのようなものは感じず、むしろ、こんなことすら偶然のなにかか、自分の思い込みで引き起こした体験なのかな、などとうっすら思っていたのを覚えています。

数年経って今度は金色の立体網目のオーラを見るようになりました。
この時も瞑想から戻って目を開けると世界はすべて金色の網目で覆われつながっていました。
あまりにはっきり見えるというか、物体が遠のいて網目の金色ばかりが目立つ状態だったので受け入れざるを得ないという気分でしたが、それによって神の至福があふれてくる、というような内面的な覚醒というほどのものはありませんでした。

そしてこれも以前に書いたことですが、見ているだけでは何も起こらないし、特別なことは何もない、ということです。
いえ、そういうと語弊があります。
以前の私と今の私でははっきりと違いがあります。
内面的に確実に変わっています。
内面だけではなく、良く考えたら以前の自分にはありえなかった超常的なことだらけです。
でも、見たからどう、ということでは、やはりないのだと思います。

それはいつも瞑想か内側が瞑想的な状態になったときほどくっきりと見えるものなので、そういう時には内側が静かで平安で落ち着いていて、さっきまでのあれこれの思考やできことが、いったん全部遠くへ行ってしまうので、とても澄み切った状態にはなっています。
重荷やモヤモヤやごちゃごちゃが光りに溶かされ焼き尽くされたようにすっきりとしています。

それは、光りを見るという現象を活かすというより、瞑想や祈りについてくるサインであり、高次に近い状態である自分に見える、あるがままの風景のようなものです。

世界は、別の目で見ると、こうなっている、ということなのです。

セッションでクライアントさんと向き合うのは感動的です。
お電話でも遠隔でも、目を閉じて向きあうと、その方の光のからだが見えてきます。

対面で座っておられる方の頭部にはいつも、金色の光が宗教画の後光のように覆っています。
すべての人にあるのかどうかはわかりませんが、いらしてくださる方にはもれなく、後光がついています。
紫や青い光をまとっている方もおられます。

浄化が起こると、体中から無数の光の粒々が湧きあがっては昇っていきます。
気づきがあると、目のあたりからパチンコ玉のような銀と青の光の玉がぴょーんと飛び出します。

まるで映画のCGや漫画の世界です。

こういったときの見えるということは「事実を目で確認できる」ということに他なりません。

さて、今日のお題をいただいて、頭で考えてもなにが正しい答えなのかはわかりません。
何しろその定義すらいろいろなのですから。

それで、瞑想によって、内なる神へ問いかけてみました。
しばらくすると、心の中にはっきりと言葉が浮かびました。
それは「心の支え」という言葉でした。

どういうこと?としばらく瞑想していますとそれは、私たちが深いところで本当に求めているものへと辿り着くため、心の支えにしなさい、ということのようでした。

光りは神が、私はここにいるよ、と垣間見せてくれる神の在り処の、壮大な景色の一部のようです。
その光を頼りに私たちは内側の、その在り処に日々向かっていくことができます。

こんなことでお役に立てますかどうか。
またご質問ください。ありがとうございました。

ブログランキングへのクリック、
ツイートとシェアで応援、
いつもありがとうございます。

潜在意識の浄化でなにが変わるか

ワーク、つまり自分の創造への取り組みをするということは、潜在意識が浄化されるということ。
だから、変わる。

変わるということに対する捉え方がいろいろで、セラピーやスピリチュアルの世界でも、変わりましょうとかいや変わる必要はない、とかいろいろ言われます。

変わらなきゃという時、行動や振る舞いだけを変えようとか、生活習慣をいきなり変えようとか、見た目だけのイメチェンなどをイメージすると、一見わかりやすいけれどなんだか無理してる、とってつけてる、という感じになります。

意識エネルギーが浄化されると、ハラの中から反応が変わります。

例えばすごく簡単なテストをします。

疑いようのない真実を述べた真理の言葉を読んだとします。
そこで自分のハラやアタマや、そしてハートはどんな反応をするでしょう。

ワーク前の自分はこんな感じでした。

「それはすごく正しいとわかる。でもそれを実践するのはすごく難しい。だって、自分は自分の思い通りにならない。周囲にもわかってもらえないし、それが本当の私かどうかもわからない。それは偽善かもしれないし、今よりもっとがまんが必要かもしれない。ああとてもじゃないけど、それは無理。今だってこんなにいろんなことに精いっぱいなのに、これ以上がんばるなんてできない・・・・・」

「そうね、時間があったらやってみよう。今あるこの問題が片付いたら、環境が変わったら、今山積みのこの課題が終わったら、いつか自分もそうなれるかもしれない・・・・・」

「なんだか自分が非難されているような、責められているような嫌な感じだ。罪悪感も感じる。こんなふうにできたら苦労しないよ。できる人がいるなら会ってみたいもんだ・・・・・」

「やっぱり自分には何かが欠けているいるんだ。なにか劣っている。できっこない・・・・・」

こんな、「変わることへの抵抗」の声。否定的な声です。

世間では、ネガティブエネルギーを忌み嫌う傾向があるかもしれませんが、本当はポジティブかネガティブか、ではなくて、真実、真理、全き善、神と愛に対してどれくらい否定的なのかが、人間本来の自由さ、創造性の妨げとなっています。

いつも笑顔でいたって、ハラやアタマのなかが「抵抗」でいっぱいなら、それは否定的な状態です。ハートはもちろん開いていません。

「否定的」に対しても数々の誤解があります。

誰かの意見に対して反対意見を持つことを否定的、と思っている人が多いように思います。もちろん違いますよね。
否定的な自分を避けようとして、何に対しても肯定するのが良いこと、と思っている人も多いかと思います。
私ももちろんそんな時期を体験しましたが、そうすることによって発見したのは、自分が善きものであろうとする姿勢の奥に、恐れが横たわっていたということです。

大切なのは、その抵抗が恐れから来ていると気づくことです。
肯定すら、否定的であることに対する恐れから選択している、ということに気づくことであり、気づきによってそれらの恐れが浄化されてくると、私たちは自分の内なる意志をあるがままに肯定できるようになり、ひいては内側に座する神の言い分を受け入れられるようになるのです。

気がつくと、真実に対して心を開き、ハラから感動できる自分がいます。
変わるというのはそういうことです。
当然ながらその変化は、言動や習慣や、見た目のイメージをも変えます。
エネルギーが変わるわけですからね。

これらは自分を知ることに他なりませんが、自分が他人と比べてこんな傾向がある、というような相対的な分析を重ねても自分を知ったことにはなりません。
自分を愛することにはなおなりません。

浄化された心は、光りを通し、光りのままに染まることができます。

そこに私たちは本当の自分を見ることができます。
ワーク、始めましょう。

ブログランキングへのクリック
ツイートとシェアで応援
いつもありがとうございます

丹光とオーラが見えるという方から、その活用法についてご質問いただきました。
次回取り組みたいと思います。ありがとうございます。

魂のふるさと

◆facebookにアップした長めのつぶやきに加筆、編集しました。

玉川大学の演劇専攻の恩師が玉川大学公演『ミュージカルヨセフ』(1985年3月8日 町田市民ホール)のラストシーンとカーテンコールの動画をこっそりfacebookにアップしてくださった。

私が入学する直前の公演だったので直接は関わっていないが、出演者はみなさんよく知る先輩がた。
演劇専攻は当時、1学年30人ほどの少数精鋭の、大学のイメージとはかけ離れた小さなコミュニティーだった。

なにかきっかけがあると、ヨセフのナンバーを誰かが歌いだし踊りだし、そのときのエネルギーがぶわっと蘇る感じによく触れた。
私たち1年生はおいてきぼりだったけど、自分たちが演る番になれば、先輩たちの空気と気持ちが直にわかるようになった。

伝説の『ヨセフ』。

今また、ブロードウェイから日本に来ているという。
しかし日本での初演はこの、わが恩師の翻訳と演出の、この作品。

facebookではいいね!の欄に、にわかに歴代の演専生の名前がずらっと並ぶ。
コメント欄は、当時の声が聞こえてきそうな会話でいっぱい。
私も思わずコメントに加わる。
後輩なのでちょっと恐縮しつつも、黙ってはいられない(笑)。

演劇おそるべし。
芸術おそるべし。
一瞬にして時空を超えて、一つの世界を作ってしまう。
30年以上が経過しているのをものともせず。

思わず、その頃のあまりの最高さの気分にまかれて、今がよくわからなくなった。

なんで毎日、政治のこと、戦争のこと、基地のこと、原発と放射能のこと、難しい社会問題であたまがいっぱいなのか。
演劇さえあれば、この世は天国なのに、という切ない感覚がよぎる。

演劇が、というよりは、当時の純粋な、自分という枠を超えてただ良いものを仲間と一緒に創ること、だけに専念して携われた演劇が、私にとってはかけがえがなく最高だった。

演劇のなかでも新劇、現代劇の基本となっている芝居は、左翼的というか、反体制的な色合いを持つことが多い。
それは本質的に演劇というものが必ず「対立」を描いているものであり、人間界における対立というものは、自分と恋人、自分と親、子、などごく身近なところから始まり、自分と社会、国家、歴史、自然、運命など大小さまざまな対立と昇華、そして和解(融和)という構図によって描かれているものであるということと、その対立の中でも個ということろに寄り添い描かれ掘り下げられるのが芸術や表現の役割であることからくると思う。

つまり芸術とは、人間とは何か、の探求そのものなのだと思う。

しかし時代によっては演劇やそのほかの芸術、言語表現などが国家権力によって規制され、体制側の宣伝、洗脳に使われることがある。
日本では先の大戦の時があからさまにそうだった。

そして、今。再びその色合いが強まりつつある。

演劇人の多くは非戦を心から叫ぶ。
それは、人間の探求は人権と平和、精神の自由あってこそ本分をなせるということを、その歴史も含め、身に染みて知っているからだろうと思う。

役の人生を深く生きることで表現するということが、人の潜在意識を豊かに創りかえる。
深い共感、その人の心が自分の心とひとつであるかのうような超感覚を体験する。
それは愛を生きることそのものだ。
それを客体と分かち合うのが演劇。

有史以来戦争が地上から消えたことはなかった。
しかし有史以来、演劇が消えたこともなかった。
人間の心が消えたことも、愛が消えたこともなかった。
どんなにいびつななかにも、その種を授かり、育て、引き継ぎ続けてきた。
私たち人間は。

苦しい時代こそ、歌があり、真実の言葉があり、踊りがあり、それが人の心に明かりを取り戻させてきた。
その歌を、言葉を、踊りを、心を取り上げるために利用するような世の中はまっとうではない。

私たちは貧しくても、苦しくても、心豊かに生きる権利と義務がある。
なぜなら、それが、人間だから。
私はそう思う。

ブログランキングのクリック、いいね!とシェアで
このブログを応援いただきありがとうございます。

すべての道は神に通ず

私がこの世に生きて、悲しみや痛みや苦しみに圧倒されてはじめたのは
高校に入ってから。
そこから最大の苦しみと混乱は20代終わりころまで続いた。

20代後半になって何が変わったのかといえば
精神世界、スピリチュアルという概念に出会ったことだ。

以来自分と協力して自分を創造する作業が始まった。
私が簡単にワーク、と呼ぶのはこの作業のことだ。

それまでは何をしていたのかと言えば
生きることに翻弄されまくっていた。

生きることを具体的に言うなら
たとえば身体、感情、また
知らずに刷り込まれていた思い込みや癖、価値観、世界観など。
それは自分が気づいたらそうなっていたものであって
自分で精査し選び創造したものではなかった。

親から引きついだもの、
DNAや親の価値観、家庭や社会環境、
社会や国家や歴史の影響、
のちになって発見した過去世やカルマと言われるものまで全部、
気がついたら私の中に属していたものだった。

それらは私にとって非常に重たい鎧だった。
いや当時はそれが鎧だとすら思わなかった。
それが私そのものであり、人格だと思っていた。

自分を変えるというのはほぼ無理なことに思えた。
努力の方法すらわからない。
自分をがんじがらめに縛るしかない。

だから人生はなんだか自分という存在への
罰か呪いのように思えた。

女性には生理がある。
毎月やってきては、感情を乱し、体調を崩し、不安感をあおって
神経質にして去っていく。
毎月、会いたくない自分に会う。
それだけで自分を好きになれなくなる人は多いのではないかと思う。
命を育むための機能なんだとわかっていても
生産性を上げるための社会システムと体のシステムは
すり合っていなかったりする。

あかちゃんを育み産む瞬間は
生命のシステムに感謝するかもしれないが
子育てに入った瞬間から社会のシステムが押し寄せてくるだろう。

自分は周囲に足並みをそろえてついていくだけで精いっぱいで
自分の人生の主人公どころかからだの主人にすらなれない。

私は人生にほとほと疲れ果てていた。
人間であるということに。

人間であるとはなんなのだろう。

その問いは子供のころから自分の中に在った。

人生に疲れ、諦める前に、
その問いの答えをみつけなくてはならない。
私の魂は、そちら側に私を
ぎりぎりのラインで導いてくれたと思う。

人生を悠々と楽しみ成功している間は
楽しいことに夢中で内側に目を向けられないだろうし
疲れ切って心を閉じ切ってしまったら光を取り込めない。

まさに絶妙だった。

私は自分との関係を取り戻し、
やがて内なる真の自己を見つけた、と思う。

そしてそれとともに生きることを
日々実践している。

パートナーとそれを分かち合い、
それを人と分かち合うことを生業としている。
とてもシンプルで気に入っているし
与えられたものすべてに感謝している。

けれど私が見つけたスピリチュアルな生き方は
スピリチュアルの世界でもあまり一般的ではないようだ。

どうしてなんだろうと常々考えている。

ヨガをして、自然が好きで、
エコでナチュラルでオーガニックでヘルシーで環境に優しく
ポジティブで愛にあふれていて笑顔でピースフルで
仲間がいっぱいいて、イベントやお祭りに集まって楽しそう。

私のような仕事をしていると、
当然そういうところに属していると思われることも多い。

私はほとんど家にいて、家族とクライアントさんと
ご近所の犬と飼い主さんくらいしかかかわらない。
社会との接点はインターネットだし、
頭の中は難しいことが大体を占めている。
瞑想こそが癒しだし、仕事が喜びでもある。

瞑想は家のリビングかセッション部屋かベッドでする。
ハタヨガは最小限の自分の好きなアーサナしかしない。
畳1.5畳ほどのスペースで事足りる。

主婦業をまじめにやっていると
あっという間に一日が終わる。
1人出かけるとしたら徒歩圏内の犬の散歩だけ。

おうちの中の日用品は自分なりのこだわりがあるけど
質素なものばかり。

聖地を巡るのは好きだけど
そこになにかをを求めてはいない。

いや求めていないと言ってしまうのはおかしいけど
お墓にその人がいないのと同じで
神もそこにはいない。

いやいなくはないけれど
会いに行くのはそこではない。
祈るのも瞑想するのもそこではない。
挨拶はもちろんするけれど。

スピリチュアルふうのイベントに違和感を感じることが多い。

本当に普段から神と一緒に生きていて
それを分かち合うためにやっている人と
かたちでそれふうのことをやっている人の違いを感じる。

前者は、神はその人全体に溶け込んでいる。
後者は、神を外にいると思っている。
自分には神が降りてくる、神的な何かが見える、
などと言っている人も
神は普段は外にいて、自分のなかにはいない。
人に見せるためか、自分の得になることのために
神を降ろしている。
神だとその人が信じているなにかの想念を、降ろしている。

自然の中に神を見るのはすばらしい。
でも神に会うために自然の中に行く必要はない。

どんなに美しい景色も
あなたの中にある美しい光や
神の愛の現れである人の優しさや正しさや
人を思う心にはかなわない。

言葉の中、思いの中にある神の愛は
自然をもより活かし、輝かせる。

あなたには、すべての人には、私には、
そのちからがある。
命あるものにより真実の命を与えるちからが。

人間が神の似姿に創られたということを
多くの人は認めたくないのだと思う。
面倒だし、現実に直面するから。

自己の中に神をみつけるには
自分の足元をみつめなくてはならないから。
自分が今していることをみつめ
そこから変えていかなくてはならないから。
天を仰いでいるだけではみつからないから。

そういう現実を避けて
気持ちのいいことだけをして
楽なことだけを見て生きることが
あたかもできるかのように
スピリチュアルの一部の思想は誘惑する。

でもそれは、カルマを刈り取らずに
自分の子供たちや来世に丸投げするのと同じだ。
問題をより複雑に混乱させ膨らませて。

私たちは今ここで、今あるものをなるだけまるごと受け入れて
よく見て考えて、きちんと消化しなくてはならない。
物事の良い面とその裏側をまるごと全体として眺めなければならない。
そしてそこから真実を理解する。
それによってしか、愛を学ぶことはできない。
それだけが、分離から統合へと変容する道だから。

あまりに壮大で地道な作業だけど、
内なる真の自己、神とともにその作業をすれば
あなたは楽に平安に、喜びの中でそれに取り組むことができ
そこから生み出される恩恵と学びを最高のかたちで享受できますよ、
それが本当のスピリチュアルだと私は思う。

すべての人が、本当のあなたへと導かれますように。

ブログランキングへクリック、シェアといいね!で応援、
どうぞよろしくお願いいたします。

筋書きのないドラマ

心のセラピーという仕事をかれこれ15年以上やっている。ヒーリング、カウンセリングと少し枠を広げて、これまで培ったものをなるべく全部使って、セッションできるよう工夫してきた。おかげさまで、たくさんの人と深く向き合うという人間として最高の機会をたくさんもらった。

こういうセラピーというと、心が病んでる人がやるものでしょ、とか、或いはスピリチュアルにかぶれてるジャンルの人がすることでしょ、と思われるかもしれないけれど、私は全くそう思っていない。

私がいつも呼びかけるのは、普通の、人間の、健全な心と体、そして間違いのない本当の幸せを求め、人間を、自分をもっとよくわかりたい、というすべての人に向かって、お手伝いさせてください、ということだ。

私が仕事に取り組むなかで学び続けているのはそういうこと。

そんな中で、感じたこと考えたこと、学んだことをここで文字にしている。

そのうえで、あえて政治のことも社会問題のことも書いている。普通の、人間の、心のことを探求し、心とからだをおそうじし、小さなことを丁寧に丁寧に生きているから、だんだんと広い世界のことが細かく目に入るようになった。

今回の参議院選挙は、私が生きてきて一番大事、と思っていることが完全否定されるかどうかという土壇場の選挙だった。結局、私たちはそれを失う方向へ大きく確実に一歩を踏み出したわけだ。

でも、そのなかにも、愛とか勇気とか叡智と言える輝きの片りんをたくさん見ることができた。魂が揺さぶられるような体験というのはありそうでそうそう転がってはいない。

まず私がすごいと思ったのは、野党共闘。これは歴史に残るだろうと思う。どんな歴史になるかはまだわからないけれど。
野党共闘を訴え実行に移した立役者の奥田愛基(おくだあき)さん24歳の心が洗われてしまうあまりに透明なスピーチ。

それから創価学会の学会員、たけはらひろきさんからの訴え。震えます。歴史が変わった、と、感じました。

ちょっとばかっぽいけど、地球と人類の平和を魂の底から願い、人間の本当の価値をきっと知っているであろうと感じさせてくれる窪塚洋介さんのスピーチ。これは、ある程度社会問題を深く掘った人だとすごく伝わると思う。そうでない人にはわからない(笑)それでいい。

社会は、追いつめられているかもしれない。でも、ピンチはチャンスだから!
人間が試され、一人一人が一生懸命向き合って、考えて、進もうとしたとき、天から大きな助けがくる。
これはエネルギーの法則です。たくさんの人が体験して階段を一歩上がったらきっと、世界は変わる。

みなさん、自分の価値を、人ひとりの価値を、見失わないでください。
そのうちに潜在するパワーをみつけたとき、すべての人にもそれがあるのだときっと実感がわきます。
私もがんばります。

ブログランキングへのクリック、シェアといいね!でご支援いただき、本当にありがとうございます。

ちむぐくる

みなさん、参議院選挙、お疲れ様でした。
インターネットのおかげで、社会の動きを本当に身近に感じるようになり
また多くの人々の想いに触れることが日常になりました。

今日はfacebookにも上げた文章ですが、とても強く思うことなので
こちらにも記しておきます。
少し書き足しました。

沖縄が何をしてきたのか、私なりに見たことを書きます。

オール沖縄は、集団自決はなかったことにしよう、という教科書問題が持ち上がったとき、
これはいくら何でもいけない、と、県民が結束して立ち上がったとき作られた連帯です。

そして辺野古基地問題で再び連帯しました。

沖縄は変わったのか、そうではないと私は思います。

沖縄では戦争が終わっていません。
本当は、日本では戦争は終わっていません。

ただ多くの市民が忘れている中、沖縄県民はみんなが覚えている。
忘れてはいけない、と知っているのだと思います。

その違いです。

戦争が終わっていないからこそ、再燃させないように、
みんなが見張っています。

このことは20代30代でも、「当たり前ですよね」と言います。

こういったことは多分、ここで本気で暮らしてみないと絶対にわからない。

私の言うことが大げさだと思われるかもしれないけれど、
まったくそんなことはないです。

おじいもおばあも、日常から国会中継見ていて、いつでも政治の話ができます。
夫が尋ねたことに、答えられないおばあはいない。

いつも、考えているからです。心をそこから離さないからです。
そうでないと、油断すると、あれは必ずまた起こると知っているからです。

孫たちのことを思って、
いざという時家から逃げるルートを考え確保しているおじいの話も聞きました。
この話を内地の方に話したとき、
気の毒に、というニュアンスのリアクションをされたことがあり、
そっか、ここで温度が違ってるんだと一瞬自分の中で線を引き直しました。

過去の痛みから過剰反応している気の毒なおじいの話ではないんです。
それはいつでも起こり得るから、台風に備えるように備えている。
孫を生き残らせるための切実な知恵です。
私はここで暮らしていてそう感じました。

三宅洋平さんの演説にもあったけれど、
攻撃されるのであれば、米軍基地が真っ先でしょう。
軍隊が民間人を守ることなどないということを、沖縄の人は普通に知っています。
災害じゃないんです。戦争ですから。

沖縄にはそういう人々の、家族を守りたい、のみならず、
もう二度と、騙されてはいけない、騙されてはいけない、という
気迫と覚悟があります。

沖縄では洗脳によって、つまり騙されたことによって、集団自決が起こりました。
手りゅう弾が足りない家庭では、
きょうだいや親子が刺し合ったり首を絞め合ったりして、
一番大切な人の魂を汚さず守るために、命を手にかけました。

他の命を優先するために、防空壕で自分の赤ちゃんの命を奪ったり、
外へ捨てたりしなくてはなりませんでした。

みなさん、そんなこと今、できますか?
そんな選択を迫られたお母さんはその後生き延びたとして、
それから幸せに生きていくことなんてできるんでしょうか。

だから最も強く戦争の痛みや恐ろしさに直面した方々は、
声を大にして反戦なんて叫べないのです。
正義なんて叫べないんですよ。
平和は正義のためじゃない。
ただ、人間が普通の人間の心を持ち続けるために、
絶対に守らなければならないものなんです。

だから、私たちは最も辛かったその人たちの分も、
言葉にし、伝える必要があると思う。
そのためには理解し、知らなくてはならない。

人権が私たちから奪われるというのは、
そういうことに傷つくことすら悲しむことすら
許されなくなるということなんです。

人間が国の持ち物になり、国家が持ち物を好きに使うということなんです。

これからあと、多分あっという間に、
私たちは国の持ち物にされる方向へ向かうでしょう。
嫌だ、おかしいと言った人が罰せられる世の中があっという間に来ます。
伝えましょう。今ならまだ言える。

戦後初めての選挙での沖縄の投票率、ご存知ですか?
83.64%です。女性はそのとき初めて参政権を得ます。
日本では、沖縄のほうが早かったそうです。
私のおばあちゃんの人生の途中から男女平等になった。
私たちは民主主義のひよっこなんです。

それ以来、沖縄の人はずっと、見守っています。
平和のため、二度と騙されないため、洗脳されないため、です。

だからこそ、その家族の歴史を踏みにじる、
教科書問題で県民は結束したんだと思います。
それを否定されることは、家族をいなかったことにし、
またその死を無意味にすることになります。

選挙の結果が沖縄と本土でこんなにも温度が違うのは、
沖縄がこうして洗脳されなかったためだと、私は理解しています。

洗脳されている、と言われていい気持がする人はいないでしょう。
でも沖縄の風にさらされていると、見えるのです。くっきりと。

聡明な友人、知人が
与えられた教育や情報に洗脳されているのを見るのは辛い。
騙されないで!と叫びたくなる。

私は沖縄へ来て、生まれて初めて政治的マジョリティーを体験しています。
こんな日が来るとは思わなかった。
沖縄の目線で歴史を見てみてください。
同情や罪悪感を振り捨て、真実を教わるつもりで。
なにかヒントがあるかもしれません。

どうかみなさん、どんなことがあっても、
諦めず、大切なものを失わず
悔いのない選択を見極めていきましょう。

個が失われる時代が再びくるとは思いもよりませんでしたが
もう一度、私たちが生きている間にそれを取り戻し、
ブラッシュアップして次世代に手渡してあげたいものです。

めざめ、成長する

先月から裏のベランダにイソヒヨドリのぴーちゃんが巣を作り、
青い卵を4つ産み、数日後にもういっこ産み、
あっためてあっためて、時々ご飯を食べにでかけて
またあっためて、
5羽のひなが孵り、
こんどはご飯を運び、運び、食べさせ食べさせ育てた。

途中、大きなハエが巣の周りをぶんぶん飛ぶのをみつけて
悲しいけれどだめだと悟り、死んだ1羽を巣から取り出して埋葬した。
これは私たちの都合で。
私たちの生活圏で、虫が異常発生しないために
そうさせてもらった。

残りの妖怪そのものの姿だったひなたちは
あっという間に羽が生え、
昨日はいよいよ飛ぶ練習!
朝から母ぴーちゃん、つきっきりでコーチ。

セッション中、窓に当たってどすん、がさがさ。
落ちたのか、飛んだのか。
どうやら1羽を除いて巣立った。

一度巣立つと戻らないものなのかもよくわからない。
母ぴーちゃんはまだ、えさを運ぶ。
大きな虫をくわえては連れてくる。

夕方になっておかあさん(犬)の散歩に夫が出ると
なんとぴーのひなはガレージにいて、
おかあさん(犬)は、獲物だとばかりに追いかけまわし
やっつけようとしたらしい。
前足の爪と牙で襲った。

おかあさんも野生育ちなので
獲物を見ると本能が叫ぶ。

片手でぴーを救出、片手でおかあさんを制し
必死の夫。

子ぴーたちはうちの周りでぴょんぴょん。
母ぴーはぐるぐる巡回。

ろくに飛べないのに巣を離れて、
これじゃあネコかハブに食われるに決まってるじゃないか。

こうやって、生き物はみなサバイバルしている。

ぴーちゃんの子育てぶり
本当にすさまじかった。
無力だろうに。

夫が「母性本能の鬼」と言ったが本当だ。

SNSにシェアしているので、
そこではほのぼの話のように伝わっているかもしれないが
本当のことを言って、楽しい半面、しんどさもある。
生きることの過酷さをいつも突き付けられるから。
母鳥含め、何度死んだかと思い
その度、悲しいかな、そのあとの処理まで考えなくてはならない。
それが人間の性。

今朝になっておかあさん(犬)の散歩から戻った夫が
気落ちした感じで言った。
「ぴーの子供、そこで車にひかれてた。」

人間だったか。

あの子たちはよく車道に出るんだ。
大人になってもそういえばよくやってる。

「このぶんじゃ、全滅だな。」

夫が言う。
どうだろう。
5つのたまごから、どれだけ生き残るんだろう。

母のぴーちゃんが私のいる窓辺まで来て
久しぶりにきれいな声で鳴いた。

がんばったね。

こんな小さな頭と体しか持たない鳥から
どうしてこんなにすさまじいパワーとメッセージが伝わってくるんだろう。

全力でアンテナを張り巡らせて子供を育てよう、守ろうとする。

命を、生かそうと。

私たちはこの出産と育児とに関わって
何度か命を意図的に助けた。
普通だったら死んじゃうんだろうな、と思いつつ
自分のエゴで介入した。

でも鳥はただ、生きようとして生き、
図らずも死んでしまう。

人間だけが、予測し、避ける選択をする。

意図的に命を生かし、同じ手で奪い、
生きることの質を考える。
想像し、創造をする。

神は母性本能を、命を生かすため、生き物に与えた。
鳥も人間もあまり変わらないんだ、と(失礼かもしれないが)
痛感した。

人間のエゴは使い方次第で命を奪い
また命を助ける。
そういう能力を持ってしまったのだ。

私たちには責任がある。
そういう、生き物であることへの。

私たちは人間である以上、
地球のリーダーにならなくてはならない。

そういう能力を預かったからだ。

人間の男も女も、本能に満足しないでほしい。
本能に支配されることをあきらめないでほしい。

人間に起こる根源的な問題の根が
いつもそこにあることに気づいて欲しい。

人間関係、家族の問題、社会問題、環境問題、恋愛問題、
アダルトチャイルド、インナーチャイルド、毒親と呼ばれる現象、
付随して起こる病のすべて。

それらの関係に私は気づいた。
すべてと言わないが、出来得る限り、解明し、合点がいっている。

子供と動物の無邪気さは
知らないから、というだけだ。

知ったおとなが自分を尊重できないあいだは
人間の成長は止まっている。

知ったうえで、汚れたうえで、それらを背負ったうえで、
私たちは前進しなくてはならない。

それは先延ばしにすることはできても
消し去ることはできない。
なぜならそれが、人間の本分だから。

自己の中の創造者を真の主体者に戻すことだ。
本能ではなく。思考でもなく。

その両者を従者に置き、自己の中心に戻ることだ。

引き寄せの奥の奥

空港のラウンジにて、普段触れることのない雑誌を手に取る。
普段読むことのない、堂本兄弟のどっちかの
(丸い感じのほう)のコーナーに
なぜか目が行く。

記憶にある限り、なんとなくふてぶてしい感じの人かなと思っていたけど
彼は奈良に帰るときだけが、本当の自分になれるときだと言う。

そのときだけは、心が静かに穏やかになり、
鎧が脱げるときなのだそうだ。

神社仏閣巡りもお好きなようで
宮司さんとお話なんかしていて

「神道は信じるものではなく、感じるものなんですよ」

なんていう言葉に感銘を受けるとのこと。

私も感銘を受ける。
言霊を引き寄せたな~と、感謝が沸くので神に伝える。

神道に限らず、神は信じるものはなく感じるものだと思う。
信じるとすれば、感じるから信じるのであって、
もし感じずに信じるだけなら盲信になってしまう。

もし感じたことのないものに祈るとすれば
その交流は一方通行になる。

ヨガナンダジは、
「ただ週に一回教会に行って祈るだけでは不充分です。」
とおっしゃる。

いつも神に話しかけるのは素晴らしい。
神の声が聞こえたらそれも素晴らしい。

でも本当はいつも心に神を感じられたら
それが最高だと思う。

それは、神は遠いどこか、別のどこかにいるのではなく
私とともにあるのだ、ということだから。

神の愛を求める人は、神を感じられないときに心が沈む。

暗闇のとき、悪いことばかり気になるとき、からだの調子が悪いとき、
貧乏なとき、退屈なとき、

私たちは神から迷子になる。
神に見捨てられた気分になる。
罪悪感。

自分が良くない波長にいるから引き寄せている、と
抜け出すことに必死になる。焦りが起こる。

確かに波長は引き寄せ合う。
でも、この宇宙で最も強い磁力は神の愛。
(引き寄せを学んで神と愛を学ばないなら
私たちは牢獄にいるのと同じだ)

たとえ私たちが小さな過ちをおかしても
それをも包み込む大きな愛がある。

小さな過ちから抜け出そうと必死になっている間にも
私たちは本当は包まれている。
もっと大きな、強い波動に。

私たちがそれを本当に信じることができるようになるには
たくさんの、愛の体験が必要だ。

傷ついた犬が、安堵に身をゆだねるようになるには
たくさんの、愛の体験が必要だ。

彼は愛を何度も拒絶するだろう。
でも、与え続けられることで
いつか信じるようになる。

拒絶に拒絶で応えるうちは、
私たちは滞り、光りに向かうことができない。

怒っても、泣いても、うちひしがれてもがっかりしても、
その向こうに受容と理解を求めていれば
それは来る。
神の愛の波動に後押しされながら。

泣いてもいい、怒ってもいい、
拒絶と絶望よりずっといい。
無関心よりずっとずっといい。

魂が振動し躍動すると
エゴの殻は混乱と恐怖におののく。
私たちはより一層目を凝らし、心を澄ませて、
真実を探す。それでいい。

不安でもいい。
怖れてもいい。
しかしその声に従うな。

何度もその荒波に飲まれながら
私たちは浮上する。
何度でも、何度でも。

神の愛という最も強い磁力が
私たちを浮上させ、
悪い夢から私たちを呼び覚ます。
何度でも、何度でも。

ブログランキングへのクリック、いいね!とシェアとツイートで応援
いつもありがとうございます。