眠れぬ夜のメッセージ

もしあなたが望まないあなたの心と出会い、それを変えたいと願ったのなら、
あなたはその心と対等に戦わないでください。
押しやったり無視したり叩きのめそうとしたりせず。
攻撃された心は、
傷つかないためにますます防御を強め、あなたを攻撃してきます。
結果あなたの敵は強くなる。

もしあなたが想像し得る最高次元の神さまならどうするだろうと想像してみて。

私はこんなふうに想像する。
神さまは無限に赦す。無限に受け入れる。無限に助ける。無限に与える。

「無限に」は真似できないけれど、その特性を真似てみる。

望まないあなたの心、例えば嫉妬とか頑ななプライドとかひねくれちゃった心とか。
それを自分から追い出したいとき、手放したいとき、
赦す、受け入れる、助ける、与える、を自分に対してやってみる。

そうだね、そういう気持ちってあるよね。
そういう状況ならきっとそうなるよ、あなただけじゃない。
ひとりで苦しむ必要はないよ。
でもそうやって、良くない思いと闘うことは大切。
でも闘いすぎると疲れてしまうよ。
疲れると人間はどんどん攻撃的になって、
周囲かあるいは自分を追い詰めてしまう。
そばにいてあげるから、少しおやすみ。
大丈夫、休息すれば本来のあなたに戻れるよ。

どんな自分になりたいか、理想を持っている人ほど
自分の中の低次元な思いを許せずにいます。
でも許さなければなお低次元に陥るのがこの世界の法則。

人間の意識は固定されたものではなく、
気分と同じで上がったり下りたりする波そのもの。
その波が周波数を作り、エネルギーを生み出す。

波に逆らうのではなく、
波を読む視野を持つことが自分をよく知るということです。

神はあなたのすべてをよく知っています。
しかし神はあなたのどのような部分にもとらわれず、
本当のあなただけをよく見ています。
本当のあなたというのは、神と同じ質をしたあなたの魂です。

波を追いかけたりしがみついたり捕まえて変えようとがんばったり。
人間がやっている努力はそんなやり方。

でも本当のあなたは波の中にはいません。
追いかけたりしがみついたり捕まえて変えようとがんばることを退いて
すーっと神さまのいるほうへ近づいて
そこから波を心の眼で捉えると波が理解できます。
そしてその瞬間、あなたは波ではない。
波の中にはいない。
波を捉えているのがあなたになります。