宇宙への扉

「わたしにはまだやれることがあるはず」「きっと別のところに使命があるような気がする」「なにかしたいけれど好きなことがわからない」。
そんなふうに感じるのならきっと、宇宙が、内なる自己があなたを呼んでいる。

使命を職業と同一視している人は多い。
為すべきことを対外的な行いだと信じている人は多い。

好きなことがみつからない。
なにをしたいのかわからない、と悩む方も多い。

いろいろな人のために宇宙はたくさんの扉を用意している。
「ワクワクすることをやりなさい」と、ある存在は言う。
その言葉が独り歩きして、あたかも
「人生の目的はワクワクすることをやること」だと言わんばかり。

ずうっとワクワクしっぱなしでいることが人生の勝利だと受け取られている感がある。

「ワクワクすること」は、宇宙とのチャンネル、つまり内なる神とのコネクションを開くための一つの手掛かり。
ワクワクが難しければ他にもいくらでも扉はある。

しかし扉があるからにはその向こうには目的地がなくてはならない。
「ワクワクすることをやりなさい」の前には「もしあなたが本当のあなたを生きたいなら」という前文がある。
目的は前文のほうだ。

本当のあなたは至福に満ちて、完全に豊かで、あらゆる欲求はすでに叶えられている。
そういうあなたを生きたいならまず・・・。

今はネットが普及して言葉だけの情報が満ち溢れている。
私がほんものを探していたころには手掛かりはわずかしかなかったが、その手の本はほとんど読んだと思う。
古本屋でこつこつ仕入れた書籍を紙袋何十袋に詰めてせっせと古本屋に運ぶ人生だった。
当時は高円寺に住んでいたのでそういう作業はとても簡単だった。

私はある時から、それ以上の情報を必要としなくなった。
それまでの疑問のすべてがつながってしまった。
真実は内側から聴こえてくる。気づきがいつも新しい喜びをもたらしてくれる。
取り組む題材は尽きない。
この世の細部にわたって、本質に紐づけする作業がいくらでもあるからだ。
今はそれが人の役に立つことだとわかっている。充足は循環している。

本当のあなたは、神の一部だ。
だからあなたはすべてを手に入れることができる。

じゃあ、と言って、すべてを手に入れることに人生を費やすだろうか。
思考はやってみたいというかもしれないが、本能はおなかいっぱいだと言うだろう。
魂は、だったらどう生きてみるか、とあなたに問う。

それを選ぶかどうかが意志だ。

あなたは最初から神の子、神の一部だ。
そのあなたが何をどう選ぶか、そしてどう行うか。
あなた自身を、そして同じ神の一部である他者を、どうみなし、どう扱うのか。

それをやってみると決めることが、扉を開けることだ。本当のあなたを生きるという扉。

それを選択したなら、外側から与えられる規範ではなく、内側からくる指針に従わなくてはならない。
内なる指針とのコネクションを開く方法のひとつとして、ワクワクすることを手に取っておこなってみなさい、というメッセージが役に立つ。
やってみたときに、それが導きだとわかるから。
それはひとつのデモンストレーションに過ぎない。

神はあなたにただ、魂の親を思い出してほしいだけだ。
肉体の世界の家族は、愛を思い出すためのひとつのきっかけに過ぎない。
あなたが愛そのものだったことを思い出すために過ぎない。
愛に還る道を選んでもらうための装置に過ぎない。

もしそれを選びたい気持ちがあれば、あなたは今すぐそれを始めることができる。
今すぐ光になること。
今いるそこをただ照らすこと。
今持っているそれに生かすこと。

もし今いるその場所が暗くてもっと明るい場所を求めるなら、あなたが照らす明かりとなりなさい。
どこかを探す必要が無くなる。そこが明るい場所となるから。

最初はひとりぼっちでも、あなたが明かりになれば、その明かりに引き寄せられ、仲間がやってくる。魂の仲間が。
魂の仲間(ソウルメイト)と出会いたいなら、あなたが光を放てばいい。

それが愛するということだ。

人生の目的はただ愛すること。
内側にある光を惜しみなく輝かせる。
それにはなにもいらない。
あなた自身とあなたの意志以外は。

あなたに今あるもの、それはすべて神があなたに与えたものだ。
そのすべてを使って、そのために自分をよく知って、今そこから始めればいい。

あなたに与えられた半径数メートル、あるいは数十センチから。
今までいのちを与えられ続けたそのからだから。その意識から。

私たちは意識だ。神は意識の源。
そこに戻ることさえできればそこにはすべてがある。