真我を生きる

『人々は単純な裸の真理――――彼らの日常の、常に存在する、永遠の体験の真理を理解しません。その真理とは真我の真理なのです。

彼らは真我について聞きたいとさえ思いません。その反対に、人々は何か彼方なるもの――――天国や地獄、輪廻転生などについて熱心に知りたがります。なぜなら、彼らは神秘を愛しており、裸の真理を愛してはいないからです

それゆえ、宗教はただ真我の周辺に彼らをつれてくるだけのために、欲しいままに与えて甘やかします。あちらこちらをさ迷い歩いたあげく、結局は、他でもない真我に戻ってこなければならないのです。

ならばなぜ、今ここで真我として在ろうとはしないのでしょうか?』(ラマナ・マハルシとの対話 第1巻第2章対話145より)

この一文に激しく共感します。

この地上で真実をみつけるために私は、様々な「似て非なるもの」に試されてきたように思います。明らかな悪意ではなくやむを得ない成り行き、善行のなかの矛盾、中立に見える無関心、愛情に包まれた押し付け、正しさに支えられたすり替え、笑顔の裏の黙殺、慇懃な無礼、清らかな傲慢・・・。

無数にちりばめられた悪とすらみなされない欺きに出会ってきました。それらすべてはもちろん、気づいたら自分の中に在ったものです。そしてそれらの欺瞞は私の人生を裏切り続けました。

私は自分に裏切られないよう注意深く自分と付き合い、そして真の自己、と言うものを見つけたのだと思います。

裸の真理という叡智は、私という個を幸福にするため、存在しています。そして私という個はすべての個に通じています。おそらくその叡智以外の知恵のすべては諸刃の剣です。人を幸せにも不幸にもしうるものです。

真我を生きる、というのは私の言葉で言えば、今ここから愛するという態度を始めることです。

もしありとあらゆる手段を講じても人生が好転しないと感じている人がいるなら、その点だけを見直してみてください。愛するということだけが本当は神秘なのかもしれません。それ以外の不可思議なことというのはすべて、無知から来ているだけなのです。

未知への好奇心はもちろん、すばらしいものです。しかしその未知の混沌をさえも照らすひかりこそが、叡智であり、すべてを幸福へと導く神です。目的地は未知を開拓して到達するものではなく、そもそもそのすべてに在った大切なものへの気づきこそが私たちにとっての目的だった、ということではないでしょうか。

↓クリックで応援、ありがとうございます。