2014年へのごあいさつにかえて。

1日1クリックの応援、本当にありがとうございます。来年もまたよろしくお願いいたします。

みなさん、今年もまもなく過ぎ去ろうとしています。

AZU WORLDをお読みくださったみなさん、また、ブログランキングへのクリックで応援くださったみなさん、自分以外の人にもこのブログが読まれることをご自身の事のように喜んでくださった方々、そして、私のセッションをお選びくださり、お手伝いをさせてくださったみなさま、本当にありがとうございました。琉球の島に根をおろし、導かれるように今日まで毎旬を踏みしめて生きて来られたことに、本当に感謝しています。少し早いですが、来年もどうかよろしくお願いお願いいたします。

ごく私的に今年を振り返らせていただくなら、今年は父との別れというイベントにつきます。今年は自分の干支である午年でもあり、48歳の誕生日に父の葬儀を行うという、一生に一度の体験をしました。父と私の関係はとても濃密な付き合いだったと、振り返ることができます。父との関係を癒やし、浄化し続けることが私の人生を形造ったといって過言ではないでしょう。父との生前の関係を終えて、私は父との関係の完全な修復と癒やしと浄化に成功したのだということがわかりました。私の中に、父への完全な愛があるという結論がはっきりと認識できました。一点の曇りなく、私は父を愛し、また父からの愛を、一滴残らず受け取ることができたと思います。父がなくなって私を取り囲む父の記憶は、まさに溺愛されているという感覚でしかありません。これは、自分の人生を客観的に、思考レベルで観察するならあり得ないことではないかと思います。しかしこれが現実でした。

父と別れて感じたのは、ただ、もっと一緒にいたかった、もっと話したかった、とても寂しい、悲しい、という思いです。そんな、まるでただただ円満な父子のような思いを自分が体験することになるとは、自分の人生の大部分で想像もできないことでした。でもそうなりました。
これはひょっとして私が自己意識の、インナーチャイルドの癒やしに完全に成功したということなのだ、と気づいたのはしばらく経ってからのことです。

もしかしたら読者の方の多くは、私が死を達観していて、父との別れなど幻想なのだから、少し風が吹いたくらいの感覚で通りすぎているのでは、とお感じかもしれない、と思ったりもします。しかし結論からすると、親密な者との死という別れは肉体レベルの幻想だとしても、それは純粋な悲しみを伴います。パラマハンサ・ヨガナンダジは、母との別れも、そして師であるスリ・ユクテスワジとの別れも大いに悲しみ悲嘆にくれ、そして瞑想を通して師と再会したとき、師の足にしがみついてはなさなかったと言います。私はそのヨガナンダジの姿を思い浮かべては自分を励ましました。そして、癒されることにも癒やされないことにもどちらにも良い点と良くない点があるものだ、と思いました。つまり体験はいかなるものも等価だという意味です。

これは、あるお客さまが教えてくれたのですが、おばあさまの死の直前になって、なぜか二人の関係性が非常に悪くなって、心が通じなくなったとのことなのです。そしてほどなくおばあさまは他界されました。その頃はあまりにひどいことばかりされたもので、別れもそれほど堪えなかったということなのです。もし、そういうことがなかったら、耐えられないほど辛かったでしょう、それほど祖母を慕っていましたから、と。

私にとってはとても強いメッセージでした。学びをしたからといって、人間の感情の体験が薄れるものではありません。当然のことですが、感情の中に愛情があり、愛情の更に奥に、真に出会うべき愛を私たちは心の中に秘めています。私たちは体験によって学ぶために地上へやってきています。どう体験するかはある程度選ぶことができます。現実を変えることが可能です。ですが、必要なことを体験しないという選択はありません。いずれにしろ、それは起こるのです。

父との体験は、これ以上ないほど、見事に、芸術的に、この地上での体験すべきことを私に見せ、私を巻き込んでくれました。そのすべてが父から私に存在を通して与えてくれた愛だというふうにしか、今の私には感じることができません。

今はまだ、じっくりとその私の体験から来るエッセンスを飲み込み吸収している時期かもしれません。日々、その体験を与えられ、与えられたものを受け取っています。

これを実りと言わずなんと呼べばいいのかわかりません。私は父の死に対し、それで良かった、とかなんとかはまったく思っていません。父の人生もこれで良かったとも、良かったのか、とも思いません。しかし、そこから受け取り得られるものはすべて自分のものにしたいとは思っています。

みなさんにもどうか実りのある今が毎旬訪れますように。
またこれからもよろしくお願いいたします。

感謝とともに
AZU

進化の種はあなたの胸に。


1日1クリックの応援、いつも本当にありがとうございます!

こんにちは。

父が亡くなって今日で丸一ヶ月。初めての祥月命日です。

つい先日、週刊誌からの取材を受けました。朝、ピンポンとベルが鳴り、あれ、ご予約のお客さんと違う・・・と思うと、という感じ。
取材にいらしたのは、若くてかわいくて賢そうで奥ゆかしい感じの女の子で、この炎天下の沖縄にしっかりと正装なさっていました。

父の死について、まだかたづいていない問題がありますので一瞬緊張もしましたが、人間として向きあおうと覚悟を決め、取材に応じさせていただきました。

電車の中吊りにも見出しが出ましたので、変なふうに盛り上がるのかなとも思っていましたが、訃報のときとは違ってとても静かでした。私たちにひとときの静けさと安堵を与えてくださる神と人々のはからいに感謝しております。

記事には私のブログの、父の病気への描写の部分が引用されていました。客観的にそれを読むと、やはり悲劇的な感じがしました。しかし私の中に起こる不安というのはおもしろいもので、家族が嫌な思いをするのでは、という気持ちだけです。同胞を裏切りたくないというような感じでしょうか。父の名誉のためというのなら、病気は役者の(天才の)勲章だ、というような気持ちで胸を張れます。

私がブログに父の病気のことを晒すのは目的があります。以前にも書きましたが、統合失調症や躁鬱病は100人に1人ほどの人がかかる病気だそうです。その家族はと考えると同じような問題を抱えているご家族は全体の1割か2割、となるかもしれない。それほど社会に大きく関わっているはずの問題が共有出来ればもっと理解や解決へと道が開かれると思うからです。

どのような問題もそうなのですが、当事者が自分たちだけで抱え込んでいる間はものごとは好転して行きません。問題というのはたとえ世界で自分だけの問題だと思ったとしても、それは地上に、人類の課題として与えられたものと同等です。

私のところへいらしてくださるお客さまもよく「この問題だけはどうにもならないと思っていました」「墓場までこの思いを持って行かなくてはならないと思っていました」「自分のような悩みを持っている人がいるなんて想像もできませんでした」とおっしゃいます。そうでないと気づくことは、同時に神の光の下に差し出すことになります。

分かち合うために話し合い助けを求めること、という人間のコミュニケーションの原型、愛の顕現を人生の中でみんなで体験していけたらと思います。そのためにもまずはあまりに傷付いた自己は癒してあげる必要がありますし、まず、助かるのだということ、変われるのだということ、なにより、そのような問題に直面すること自体が霊的に進化する種を天から与えられているのだと気づいていただきたいと思います。

昨今のスピリチュアルが、人生そのものの価値や現実から分離した逃避的な快楽につながらずに、本当に人間を本質的全体的に救うための具体的な道標となることを切に願っています。

末筆ですが、私と父との関係の中には本当にゆるぎない愛と信頼があるということを日々感じています。それは生前にも会話の中で確認済みでしたが、実際そうだったと実感しています。今生でそうなれたことが一番の奇跡のようでもあります。父の溺愛のような愛情がいつも降り注ぎ、それを感じると泣けてきます。何度も何度も、それを味わっているところです。

思い出とは。


1日1クリックの皆さんの応援、心から感謝しております。

すみません。今日は自分用のメモです。

父の部屋を片付けていて出てきた写真。
12歳の誕生日で、よく見えないけれど誕生日プレゼントのSEIKOの腕時計をしています。
撮影は父。
人形は自分で作った軍手人形。よく出来ている。
学校の図工だったか、友達に習って作ったのか。
どっちだっけ、タミちゃん。
習ったのならタミだと思うんだ。

mio12sai

だんなさんに写真を見せると
「かわいい~!!ころちゃんが・・・!」
そうなんですよ。ころちゃん、本当にかわいかった。
六小の朝の放送(ナレーションは私の声だった)と、下校放送のとき必ず歌ってました。
写真の顔は笑顔です。笑うんですよね。

当時はみんなディズニーウォッチなんかをしていてそういうのがちょっとうらやましかったのだけど、
父はいつも大人用のほんものを私に持たせてくれました。

私が小学生、妹はまだ幼稚園の年少さんだった夏休みにも旅行先で必ずフレンチのコースをそれぞれに注文してくれる。
子どもたちはオードブルとスープでお腹いっぱい。
テーブルマナーもその時に教わりました。
私にはけっこういい思い出だけど、妹にはなんのこっちゃだよね。
それでも姉妹の間ではお気に入りのエピソードに属します。

新聞やテレビなどに使われた父の写真は、中学生だった妹が撮影したもの。
奇跡的に父が顎を引いて映っている。隣に映っているのは母。
二人の結婚記念日だった。
papa
遺影は満場一致でこれ。

それにしても、亡くなったとたんに良いことしか思い出なさくなるってこの現象。
人間の記憶というのは都合よくできているものだとつくづく思います。
不幸な記憶に苦しんでいても、その苦しみを変えることができるというのはまさに本当です。
多くの方が、ご自身のなかを幸せに変えていくことをお手伝いしたいと改めて思います。

お礼とごあいさつ。

今久しぶりにPC触ることができました。
前回のお知らせは、おめでたいニュースでなくて本当にわたくしごとで申し訳ありませんでした。

でも父の訃報を受けて多くの方が心を動かしたり、子供の頃など胸に刻まれた思いなど、もう一度引き出してくださったり、そういう動きを全身に受けて、昨日はかつてない内的な体験をたくさんしました。
本当にありがとうございます。

家族が人生を投じて愛し、守ってきた父が、多くの方の中に生きていてくれたのだということを目の当たりにする体験ができたことは、この地球で受け取ることのできる最大級の贈り物です。
母と3人きょうだいの私たちとそれぞれのパートナーはそれを大事にひとつひとつ紡いでいるところです。

率直な今の私の状態としては誤解を恐れず正直申し上げますと
「人類に対する興味と魅力がちょっと目減りしてしまったような残念さと孤独と疲れ」
を感じています。

晩年の父は私にとっては本当に、魂の父でした。
父の世界観の中で私は自由でした。
そういう存在とこの世で巡り合う幸運に、人間はなかなか出会うことができないのではないかと感じています。

そういう喪失感のなかで、なるべく心静かに、そして最大限フル回転で、今生の浮世の義務と向き合っております。

実際現段階では、まだ乗り越えなければならないこと、向き合わざるを得ないお題がいくらかあります。父と家族とで、これまで探し行ってきた自分たちの生き様にふさわしい選択をひとつひとつしていきたいと、努力しております。

かかわったりお目を煩わせてくださったりお心をかけてくださったみなさまに、精いっぱいの感謝をささげます。

Favorite Things

みなさんこんにちは。
人生できる限り正直にあるがままに生きたいので、できるだけ遠慮なくぶっちゃけて書いていきたいと日々思う私です。わりと控えめで臆病なので色々なことに気を回してしまってわりと見えない制限を自分で加えていることによく気づきます。たかが私の個人のブログなのですが。

うちはテレビを見ないのですが、プロジェクターがあってそれで家の壁に映画を上映して鑑賞しています。私は元々映画好きです。私の母は結婚前、あの時代に週に6本見ていたと言っていました。父は職業柄家ではいつも真剣に映画やドラマを見て、そして文句を言ったり本気で怒ったり、感心したり、子どもの頃から家の中で批評を聞かされて育ちました。

よく思い出すのが山田洋次監督の「幸福の黄色いハンカチ」をテレビで見ていた時に父が「しかし桃井かおりって女優はうまいな」と言ってどこがどんなふうにすごいかという話を私にしてくれたことです。その時父は桃井さんの「ねえそれじゃ、夕張まで行かない?!」というセリフを例にとって解説していました。こういうことを詳細に覚えているところなど(妹もそうだと思うけど)本当におかしなことだと思いますが、こんな感じで私の役者の血は大人になるまでにどんどん熟していたわけです。

私はすでに桃井ファンだったので、自分の価値観が認められたように嬉しくて内心うわぁという気持ちでした。父は新劇出身の、スタニスラフスキー・システムの申し子のようなくそ真面目な役者さんだった(と私は思っていた)ので、そんな父が桃井さんの変則技に心底感心しているのを見て目からウロコのような嬉しい気持ちでした。

しかしいつもこんなだったわけではなく、父がテレビを見ている時は私たち子どもは音を立てたり喋ったりしてはいけないルールがあり、子供らしく騒いだりすることは許されず、もし父の気に障った時は力石徹のあの声で凄まれたりして本当に怖かったものです。力石徹のあの声、リアルに怖いですよ。父は常に本気ですから(笑)

少し前に私の演劇専攻時代の先輩であり同級生である(留年して同級生になったわけですが)Sさんがうちに来てくれて、ナカムラミオ(当時の私)とはどんなやつだったかということを真剣に論じてくださいました。すごく真剣で鋭かったのでもう私の半生を統括してもらったような面白さがありました。その中で、なぜ大学生の当時からあんなにも自分の世界が確立されていたのか、という点を論じられた時に振り返ったのは、やはり父のあの芸に対する真剣さ、芸(表現)は自分そのもの、というあの感じが自分にも当たり前のように身についていたのだということを思い出します。

仕事のことを一切家に持ち込まないお父さんも世の中には多いと思いますが、我が家は全部持ち込む派で、お陰で、声優界の大御所の皆さんのお名前はすべて知っていましたし、どんなことをどんなふうに発言なさったかまでかぎかっこ付きのセリフのようにうちで再現されていました。母はいつも「聞きたくない」と言っていましたが、とにかく父は全部しゃべらないと気が済まない人でした。

よく、芸事は習うのではなく盗むものだといいますが、それは本当だと思います。師匠の背中を見ると良くも悪くも色々なことがわかります。私は子どもの頃から何らかの芸事をする人を目指していたので、その盗む芸はその頃から始まっていたと思います。Sさんにそういうことも話ましたが、それを自覚している事自体が異常だと言われました。例えば小学生の頃から泣いている時に鏡を見て確認したり、マンガや本、テレビのあらゆるセリフを自分だったらどう言うかというのは常に練習していました。すべてのそういうものは練習台だと思っていました。そして自分の方が絶対いい感じに言える、といつも思っていました。

そういう中で、衝撃的に現れたお手本は大竹しのぶさんや桃井かおりさんでした。他にも当時はすてきな女優さんがたくさん活躍していましたし、テレビドラマも本気で良い物がたくさんありました。最近では満島ひかりさんという沖縄出身の女優さんが「刺すような役者でいたいと思います」と発言なさっていましたがあの頃は刺すような女優さんがたくさんいました。そういうのに刺されることは喜びでした。他にもショーケンさんや松田優作さんや原田芳雄さんや石橋蓮二さんや刺す役者さんはたくさんいて、もっと、もっと、もっと本当のことはないか、もっとリアルな表現はないか、もっと刺さる表現はないかと探すことに必死な人とその人達を活かせる飢えた監督さん演出家さんもたくさんいたと思います。

今はいないわけではないのでしょうが、もうなんというか、そんなものを求めてないのが世の中なのだろうと思います。

近年はショーケンさんもかっこ悪くなった、ヤキが回ったと思われているかもしれないですが、「ショーケン」という本を読むとショーケンさんがどれだけすごい人だったかということがよくわかります。桃井さんが[ショーケンさんに育てられた役者は多い」とおっしゃっていますが、その彼の「見ている」目は本当にすごいなと思います。あれは、愛です。近くにいたら、愛されていると感じてしまうだろうなと思います。彼らのような役者さんが出ている作品て、役者のパワーがすごすぎて、だいたいストーリーとかあまり頭に入ってきません。一挙一動が面白すぎて、頭でストーリーを追いかけることを忘れてしまいます。そしてその感触がじかに潜在意識に刷り込まれてしまうので、シーンや言葉やトーンがそのままある感覚として記憶されていくのです。そういう作品は私たちの意識を変える力を持ちます。演劇も映画も、そういうものがすごいものだと私は思っています。

以前にも書きましたが、高校生の時に、演劇を目指すと決めた私を父が仲間の芝居に連れて行ってくれました。津嘉山正種さんがいた青年座やいろいろ。その時に劇場の客席の重い扉を開きながら「美緒、こうやって劇場に入る前と出てきたあとでは、その人の人生は少しだけ違っているんだよ。それが演劇なんだ。」と言いました。私は今でも芸術とはそういうものなのだと思っています。だから、潜在意識にまで入り込んで、リアルな夢のように私たちの記憶を塗り替えたり、想像力をかきたてたり、人生観に色彩を加えたり、そういう作品が、本物だというふうに信じています。

そしてその作品の多くは娯楽です。その娯楽の中で私たちが培えるものといったら「想像力」だと思うのです。想像力は思いやりとも言えます。思いやりはある種の愛の表現です。

演劇の目的は「浄化」にあると、私は大学の(ダサマの演劇史の)授業で教わりました。神の視線からみた人間界のエゴのドラマに自己意識を同化させて心を開いてそれを観ることで、私たちは自己の内側にあるなんらかの「思い」に気づくことができます。それを実際に実生活の中で行わなくてもその登場人物に寄り添うことで、その思いを感じきり、そして乗り越えたり卒業したりすることができるわけです。実体験に叶うものはないという人がいますが、私は想像力に叶うものはないのではないかと思っています。人間の脳は、リアルに想像したことと実際に体験したことの区別がつかないという特性があります。それを利用したのがヒプノセラピーなわけですが、身体はロボットのように感じたことに反応します。ですから私たちはなにを感じるか、なにを信じるかということが実際どうであるかと同じように重要なわけです。

私たちは想像する生き物です。その想像力を破壊にも創造にも、友愛にも保身にも使うことができます。

苦しい時代になってきたので、真のいい作品が世に必要とされる時代が来るかもしれません。残念ですが、往々にして世の中はそういうものです。そうならないうちに私たちは自らの叡智を養いさらなる発展にエネルギーを使いたいのですが、なかなかそうはなりません。生きることが楽な時代には私たちは心を甘やかし堕落するもののようです。それでも、内側に愛と叡智を蓄えながら養いながら、私たちは少しずつ、後退もしながら前身することでしょう。今日も生きていきます。