(犬の)おかあさんから学ぶ人間育て

SDIM7919犬と付き合っていると
人間を考えるうえで
勉強になることばかり。

おかあさん(野犬を引き取った我が家の保護犬の名前)の
子供2匹とも対比できるからなお興味深い。

子どもたちは屈託がなくて誰にでもなつっこいけど
おかあさんはものすごく人を選ぶ。

犬好きで絶対犬に好かれる、という
やさしーい人でも怖がって逃げる。
おかあさんを見てみなさん決まって
「いじわるされたはずねー」とおっしゃる。

うちで家族といる分には甘えん坊で
さわってさわってー、
かわいがってー、
でもがまんもします、と
聞き分けのいい良い子です。
でも定期的に性格が変わる、というか
ムラがあって
体調などを見分けにくいという問題がひとつと

圧倒的に社会性がなく
一番困るのは
ちょっとした変化やアクシデントで
すぐにパニックになってしまうこと。
そうなると自分の身の安全を守れない。
人間と同じで判断力が著しくなくなってしまう。

例えば狭い道で車が近づくと、怖がって
なぜか車のほうにふらふら近づいて行ってしまう、とか。
こういうのは見ているとなんとなく
子供のころの自分に身に覚えがある。

それで、やっぱりうちでは
しつけをこつこつとしている。

どんなにびっくりしたり興奮していても
オスワリ、フセ、できること。

「見て」というとぱっと注意を向けることができること、とか

散歩でものすごく
リードを引っ張ってしまうのが悩みの種だったが
これも、緊張と、怖がってパニックで
慌てているんだとだんだんわかってきた。

普通は、自分をリーダーだと勘違いしている、
などと説明されている現象で、
それもあったかもしれないけれど。

それで、観察していると、外界に反応して夢中で前に進もうとしていて
私の足音のリズムにあおられている感じもある。

夫のほうが歩幅が大きくゆっくりなので
そのほうが若干落ち着いているように見える。

そこで私は自分の足音よりも1.5倍くらいゆっくりのテンポで
いーちに、いーちに、と掛け声をかけるようにした。
足音がかき消されるくらいはっきりと声を出して。

もちろん最初は引っ張るたびに方向転換させて注意をひいて。

すると、なんと見事にゆっくり歩けるようになった。
焦って引っ張ったときでも、
掛け声でぱっと我に返ってゆっくり歩ける。

リードが理想的なカーブでたるんだまま
一緒に歩けるようになった。
すごい感動。

そうなってからは散歩中も何度も立ち止まって
私の目を見るようになった。
国道を渡るときは立ち止まって「クルマ、見て」というと
座って右、左、と見ている。

実際なにを見ているにしても、
突っ走ってしまわずいったん呼吸を置くことができることが
とても大事に思える。

こういう意思疎通はそれだけですごく嬉しいし
おかあさんも笑顔がすごく増えた。

多分犬側から見れば、
いろいろなことに気をとられて散漫になったり
警戒したりびくびくしなくてはならないタイミングが
すごく減ったのだと思う。

怖れに夢中になっているときは
何を言っても耳に入らない感じだったけれど、
ぱっと意識を呼び戻してあげることができると
平常心に戻るのがとても早くなり、穏やかが増す。

このあたりは人間にもすごく応用できるなと
散歩中によく考えている。

例えば小さい子供さんなど、
警戒モードや散漫モード、小さなパニックモードから
お母さんの合図でぱっと平常心に戻ってこられるようなら
すごくいいように思う。
なにより本人が生きやすいだろうと思う。

おそらく多くの人が、そういうモードからの戻って来方が
よくわかっていない。
というか、無意識なのだ。
自然に忘れる、というような習慣になっているのだ。
で、おとなになってもテレビをだらだら見たり
別の何かおいしいことで気をひいたりしなければ戻れない。

意識的に戻ってくる方法が瞑想なのだが
無意識なのであまり必要性もわかっていないことが多い気がする。

子供のしつけ、という問題を仕事がら常に意識している。

しつけという言葉からの連想は過去に置いておいて、
本人の平安、平常心のため、ということを中心に置いての
コミュニケーションと考えると、
人間が成長する上でものすごく大切で
幸せのために重要なことのように思えてならない。

しつけとは何か、という命題はネット上でもよく語られているが
人間には本能と霊性があるという大局から見れば
霊性を妨げないで発揮するために
いかに本能を軽やかに訓練してあげるかどうかが

この世を幸せに生きるカギになるようにも思える。

おとなになって、自分を育てなおした自分をかえりみても
ものすごく実感する。

ブログランキングは1日1クリック有効です。
応援いただき本当にありがとうございます。

インナーチャイルドの傷って

ちょっと今日は連投します。

インナーチャイルドに対する知識って今、
どれくらい知識広まっているんでしょう。

私のところにいらしてくださる方々も、
本やインターネットで一生懸命調べて、
満を持してきてくださる方が増えました。

また、子供の時に傷ついて
一生懸命自分と付き合ってきた人たちがおとなになって
お子さんを育てるようになってます。

そのとき皆さんは
こんなことはしたくない、
こんなことはしてはいけない、
というふうに
子供さんに与えるものをとても制限しているように見えます。

悪い言葉を与えたり傷つけることをしたくない。
怒りたくない。
そう思います。

私も、親の言葉に傷ついて
涙にくれながらよく
自分は絶対にこんな親にはならないぞ・・・と
心に誓ったものです。(笑)お母さんすみません。

しかしながら、私がインナーチャイルドの専門家として
絶対にお勧めしたいことは基本一つです。

それは、パートナシップをしっかり育てること。

子育ての苦労は無限かもしれませんが
もし子供さんの心を大切に育てたいと思われるなら
夫婦間の関係性、愛情をしっかり育てることに尽きます。

すでに離別されたりしているときなら

ご自身の心を愛で満たすことです。
幸せでいることです。
つまり、自分自身との関係と愛情を育てることです。
基本はいつも同じです。

例えば、夫がこんなことを子供に言ったりしている、やめさせたい、というとき
お母さんはつい、言いやすい子供さんのほうに、
お父さんの言うことは間違い、聞かないで、というメッセージを送ってしまいます。

そうすると、子供さんは混乱してしまいます。
お父さんとお母さんの亀裂を察知して
安心して両方から愛を受け取れなくなります。

同時に、両方を安心して愛せなくなります。

これが子供にとって、潜在的にとても辛いことになります。
例えば潜在意識の傷って、こういうことです。

DVなどの派手な出来事がイコール深い傷ではありません。
特に今の時代地球に来ているより繊細な魂たちにとって
充分に愛せないことがなにより無意識的な苦痛になり
心を分裂させてしまいます。

お父さんとお母さんは、価値観が違って当然ですが
その違いについてコミュニケーションを充分にとり納得しあっていれば

信頼というエネルギーが子供さんの潜在意識にメッセージとして伝わります。

子供はテレパシーレベルで、安全と安心を感じ取り
成長することに専念できるのです。

子供がお母さんの育て方を気に入らなくても
子供が自分の道を選び、前向きに進んで行く元気や勇気が根底的にあれば
それでいいと私は思います。
その子は逆境からたくさん学べる子なんです。

でも時に、本当に心が折れてしまうことがあります。
絶望、というのがそれです。

昨今、うつ病という診断はとても一般的になりましたが
本当の鬱は、絶望という状態だと私は思います。

また、いつまで経っても本当の愛がみつからない。
自分を、人間を愛せない、
愛を実践できない、
愛することが始められない、
愛し続けることができない、
というのは重篤な欠乏状態だと私は思います。

そんな時には必ず心の内部の見直しが必要です。

シェアやいいね!ブログランキングへのクリックでこのブログをご支援くださりありがとうございます。

インナーチャイルドから学ぶ子育て、人間育て。


心理療法 ブログランキングへ
1日1クリックの応援、いつも本当にありがとうございます。

このところ、ご家族からご家族についてのご相談が立て続けにありました。

心は家庭で培われます。学校が、友人が、社会環境が、色々な影響があるから、一概にそうではない、と理性的な人は考えるかもしれません。しかし、本当はそうはなっていないのです。

家庭の中でももっとも影響力を持つのはお母さん。どうしてお父さんではないんですか、同じではないんですか、私はほとんどおばあちゃんに育てられました、よくよそへ預けられていたので、育ての母の影響が強いと思います、など、色々な声をうかがってきました。そして実際に退行催眠で見た世界では、やっぱり産みの母はその人の世界観の最初の起点を作ることが確かめられます。

潜在意識の基盤は3才くらいまでにほぼ作られてしまうと言われます。それは、普通に肉体の成長のことを考えても理解ができることです。3歳までの脳の発達はすごいスピードです。その3年間に覚えること身に付けることの量といったら、驚異的ですらあるでしょう。

たとえば耳は、胎児の6ヶ月くらいから聴くものを記憶し始めるそうですが、まず身近な音は心臓の音とお母さんの声、お母さんの体内音かと思います。絶え間なく鳴っているお母さんの心臓の音。人間には心地よく落ち着くテンポと、逸る(はやる)テンポがあります。これも本能的な感覚、つまり潜在意識の記憶から来ているとも考えられますね。それで、赤ちゃんによってはお母さんの心臓の音のテンポがストレスとなることもあるかもしれません。逆に、いつまでもここにいたーい、どこにもいきたくなーい、と思ってしまうほど、居心地よく響くこともあるかもしれません。

ここでひとつ確認しておきたいのですが、色々と勉強なさるお母さまに限って、ものごとを良し悪しで考えがちです。たとえば心臓の音が早いことが胎児期のトラウマ的な影響を持つ可能性はあるかもしれませんが、それはその赤ちゃんの課題です。またお母さんの心臓の音がゆっくりで心地いい早さだったために、その赤ちゃんはのんびりしすぎて、動くことに消極的だというような反応を持つかもしれませんが、それもその赤ちゃんが持つテーマになります。どちらにしても、それはお母さんへの評価ではありません。

多くのお母さんが、悪影響を与えることを恐れているように見えます。確かにこういった知識が広まる前に、もっとたくましく世の中を生きてきたお母さんからやや雑に扱われたことで傷ついた経験のあるお母さんは今、多いかもしれません。ですが、それは、自身が取り組むべきテーマです。お母さんがこうだったために、今の私がこうなってしまった、と思っている人は、自分の子供への悪影響を消したがっています。私はああはなりたくない、したくない、という気持ちです。私が癒やされる前にもし母になっていたら、間違いなくそう思って子育てをしていたと思います。ですが今度は、そういう恐れ自体が、否定や萎縮や消極性というような抑圧となって子供に何らかの影響を与えます。

実際のところ、どうしてみてもお母さんの影響の多大さというのは消すことはできません。たとえば、生まれてまもなく産みのお母さんを離れ、別の女性に育てられたという人でも、インナーチャイルドの声を確かめてみるとそれは、産みのお母さんと離れてしまったことの方が、育てのお母さんとうまく行かずにいじめられたり愛されなかったことよりも重大であることを示します。

これがどういうことかと、かつて検証しました。それはひとつは胎児期の記憶によって生まれる前からすでにお母さんとの絆はできているため、その母の喪失の傷が大きい。もうひとつは、魂は母に宿るときにすでに父母を選んで(父母の波長に引き寄せられて)生まれてくる。つまりその父母から愛情の基盤を与えてもらおうと決めている。それが叶えられないことへの喪失の痛みは大きい。

つまり、たとえ産んですぐにいなくなったとしても母の影響力を避けて生きることはできない、というふうに私は理解しています。ですからお母さんはお子さんに、惜しみなくご自身の持てるものすべてを与えてあげてください。それを踏み台にして、時には反面教師として、心置きなくお父さんとお母さんを超えて行くことができるように。

もし家庭内でお母さんがしないほうがいいことがあるとすれば、パートナーの愚痴や悪口を子供さんに聞き役にさせることでしょうか。子供さんは二人の愛の結晶としてこの世に誕生していますので、その片割れを否定されるのは自己存在を根底から否定されていることになってしまいます。子供さんの前で喧嘩して仲直りすることのほうがうんと罪がないと思います。お父さんはただでさえ子供さんと触れ合う時間は少ないもの。子供さんがお母さんを愛したいようにお父さんを存分に愛することを妨げることはしないであげてください。両親の関係は子供の世界観の天と地そのものです。天と地がそり合わない世界は不安です。見せかけの穏やかさよりも、お母さんの幸せ度を子供は感じ取って吸収しています。お母さんが子供をいかに愛しているか、というより、お母さんが自分を愛しているか、またパートナーを愛し、幸せか、ということは、子供にとって一番重要な、愛情における満足度と、根底的な自己肯定感に直結してきます。

ですから、お母さんは、というか、すべての人は全力で幸せになる努力をしていいのだと私は思います。当然ながら幸せというのは、真実の自己を生きるということなのですが。そうやって自分と向き合い自己の人生を存分に探求し満喫し、人生を愛しているお母さんがいれば、たとえば離婚など家庭の崩壊があったとしても子供はなお、そこから満たされることが容易になります。家庭というのは格好や構えのことではなくて、もっと言えばパートナーシップであり、そこに生きる人の価値観、人生観の交わりでもあります。

祖母のちぎり絵
祖母のちぎり絵