私の願いは実現し続けています。

この世に広まってほしいもの、と考えると、瞑想、カウンセリング(セルフカウンセリングというものがあるのですが、これは本当にすばらしいです)、ヒプノセラピー、レイキ、鍼灸と、手前味噌のようになってしまいます。でも本当にそう思うので仕方がありません。逆に言えば、自分の人生にとって決定的に重要だったものを仕事にしているから結果的にそう思うので仕方ありません。

鍼灸は主人の専門ですが、私は主人と出会う前から鍼灸を普通に頼りにしていました。風邪をひいても鍼灸院に行っていましたし、扁桃腺が腫れて、ライブの前日、このままでは薬で抑えても歌えないと思い、鍼灸院の前まで行って電話して、予約いっぱいの鍼灸院で無理やり診てもらったもらったこともあります。

高円寺のうめちゃんという先生で、私は全く別の3人の人からすばらしいという話を聞いて行きました。なが~い鍼を首から喉に向けて5本刺されました。それも「治るか、もっとひどくなるか、どっちかだな~」と言われながら。私は迷いなく受けましたが。数十年自分の身体と付き合った感触で、他に良くなる見込みがまったく浮かばなかったからです。

結果、翌日は奇跡のように普段以上に声が出てライブも成功しました。もっと言えば、そのライブから主人と親しくなったというおまけ(本筋?)がつきます。主人はまだその時、鍼灸の学校の受験生でしたが。

さらに、それからもう10年以上経っているのに、以前はしょっちゅうだった扁桃腺の腫れは起こっていません。子供の頃から風邪と扁桃腺と高熱がセットで、この世の恐怖のひとつだったのに、あれ以来起こりません。もっとも、主人と付き合うようになって、鍼の練習台として予防的にいつも鍼を受けられるようになったことで体質が変わったというのもあると思います。内面も強くなったり変わったところもあります。

しかし鍼灸の素晴らしさは、根本的に変えてくれる力を持つところです。鍼灸のなかでも中医学と言って、中国の伝統医学に基いて弁証をして治療してくれる鍼灸師さんは少ないと思いますが、それをしてもらうというのは「ただ単に元通りに修復する」のではなく「体質そのもの、生命力そのものを活性し、全体を高める行為になる」ところが素晴らしいのです。

中医学ではさらに、感情の働きと内なるエネルギーの繋がりを捉えることができていて、それをバランスするという治療もできます。私はこの点をさらに深く理解し探求し、治療してくれる鍼灸師さんがいっぱいいてくれたらな~と願っていましたが、時を経て結婚したこの人がそうなってくれました。こうして振り返ると私は心のそこからこうなるといいな、と願ったことはたいてい時間をかけてもかなっているように思います。決して棚ぼた的な幸運は多くはないのですが。

振り返ると、自分のなかで研究して検証してこうだと思った理論などもしばらくすると世に出てくることはとても多いです。例えば健康法とかダイエットとか、断捨離のようなものとか。むかーしからコツコツと一人でやっていたことです。ダイエットは究極、我慢の習慣が余分な脂肪になるのでストレスを無くすと自然な体重になります。多くの人が、我慢していることにさえ気づいていないので、内側の制限をみつけて取り外すことで、不要な習慣が必要なくなるのです。自然な体重以下にしたい場合は別のコミットメントが必要になります。こういうのもある時雑誌などに出てきたりして、やっぱり、内面と外側は繋がっているんだな~と思いました。結果すべてはスピリチュアルの法則通りです。当たり前なのですが。

社会問題は今私の心に負担をかけて悩ませてくれていますが、諦めることなく向き合っていればおそらく「やっぱりね」という、すっきりとする結果がやってくることと思います。

私のセラピーのようなものは、まず多くの人が、ネガティブなことを正常に戻すためのものだというふうに理解されているのではないでしょうか。インナーチャイルド、という本を開いてみると、理論や書いてあることは正しいのですが、心の傷が要になり傷を与えた人と受けた人というくくりがやはり私には気になります。私は自分の人生をかけて内面の探求をしてきて、また多くの人の内面に向きあわせていただいてきて、時間と体験を経なければ絶対にわからなかった大事なことを発見しました。

鍼灸治療が最終的には人間の持つ本来の生命力と出会うためのツールであるように、心の探求もそうだということです。私たちは内面の、一見問題に見える壁に当たることで、自分のなかに存在している制限と出会います。その問題に取り組むということは、その問題を解決して、人並み、正常範囲、社会的強者や優等生になるということが目的では断じてありません。私たちはその問題と向き合い取り組むことで、人間の内面、心、意識のエネルギーがなにをしているか、その仕組を知り、人間とは何かを知り、その制限を超えた本来の自分になることを目指しています。制限のない無限の領域が自己の中心にあって、それと出会う旅を、ずっとしているのです。

私たちが差し迫った問題に出くわすところから、もうすでに内なる神の導きは始まっています。あるいはその問題をどんなものにして、どんなふうに出会うか、どんなタイミングでぶつかって転ぶか、そんなことまで計画しているのがハイヤーセルフ(内なる高次元の意識)です。ですから私たちはやってくることに向き合い、自分を知り、仕組みを知り、無駄な抵抗をやめて内なるパワーを使って生きることを始めればいいのです。

沖縄に来て、目の前の大きな壁を乗り越えた後も、コツコツと通ってくださる方が多いことに感動しています。きっと多くの方が、起こった問題に感謝することができるほどの境地に進まれているからだと思います。ワークはネガティブやポジティブを超えた、真実というギフトを与え、またそのギフトとともに生きる素晴らしさをサポートします。

地球という星に生きるすべての人に私はみつけてほしいと願います。内なる自己と、その自己に出会うチャンスを得てやってきたすべての人に。

にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
1クリックでご協力お願いします❤