とっても大事なこと言わせて。

非二元性のことをノンデュアリティというらしい。少し前にクライアントさんから教えられた。

私が実践している奇跡のコースや敬愛するパラマハンサヨガナンダはその世界を教えています。ゆるしの祈りで知られる、「生命の贈り物」も、その世界に根差しています。

私がそれと出会ったのは遡りますがやはり「神の使者」という本からでした。それらにはノンデュアリティという言葉はなく、非二元性、一元論という言葉が遣われます。

私が心の底から探していたのはそれだと今でははっきりと言えます。幼少のころからずっと気になっていた、人間とは何か、宇宙とは、愛とは、神とは、生きるとは、人はどこから来てどこへ行くのか、という問いの答えはそこに在ったと言っていいと思っています。

つまり、それは真実だと私は確信していて、その真実によって私の魂は深く安堵し救われたのです。もうそれ以上さ迷う必要がなくなり、今ここで生きるということが可能になりました。

非二元性、一元性を端的に表す言葉に「この世はない」という表現があります。これは自分史的に遡ればほとんど初期のスピリットとの出会いである「マインドトレーニング」(byシャクティ・ガ―ウェイン)の根底にある概念と同じです。

「この世は本質である内なる神からくる光源が、私の記憶によって作られたフィルム(意識のフィルター)を通して3次元に映し出されている投影(幻想)である」。

ゆえに、私たちが現実だと認識しているほとんどすべてのものは単なる幻影であり、実在ではない。

では、実在とはなんなのか。

重要なのはその部分ですよね。

ノンデュアリティというのは、いったんこの世のリアルな現実(だと誤解しているもの)を否定し手放す過程なのだと思います。よくある「否定的を否定する」ことや「価値判断」を手放す、とか言われているもの、それらはまずこの世を白黒で認識するのをやめてみようということなのだと思います。

しかし真剣にやめてみた人はわかると思いますが、ただ「やめる」だけで人は幸せになることはできません。

好きなお酒がからだに毒、また酔っ払って周囲に迷惑をかける。だからお酒やめました。・・・それで?・・・やめてみたら時間ができました。酔っぱらって楽しくなってそのあとグダグダになってそっからまた通常に戻す、というプロセスがなくなり、平坦な日常が来ました。・・・それで?・・・幸せになったのならその人は後戻りしたいと思わないし選ばない。でも、幸せを感じなければ多分、その人はそのアップダウンに酔いしれることが必ず恋しくなる。

私が心に重たい苦しみを持っていたころ、平安というイメージに一片の魅力も感じられませんでした。人間はなにを目的にこんな苦しい人生を生きるのだろうと問うたとき、あるチャネリングセッションで「それは平坦にするためです」と言われてまったくイメージできませんでした。これだけ落ちているんだからと、次に期待するのは盛り返し、盛り上がることなのです。それがまさに、二元性の世界の醍醐味なのです。

二元性の醍醐味に酔いしれている間は、平坦のそのすべてを支えている、そこにある実在を感じることはできません。しかしもしあなたが自分だけではなく、また自分側の人だけではなく、もっと、多くと深く関わりたい、世界を広げたい、愛したい、と願ったとき、二元という対立を超えて、そこに横たわる全てと関わることができます。

それが実在です。

実在というのは目先にあるものではなく、圧倒的に絶対的に存在しているものです。あまりにすべて過ぎて私たちの目や手や耳や鼻や舌でとらえきれないのです。心の眼を通し、ハートを思い切り開くことでしかそれを知ることはできません。しかしそれは私たち人間に可能なことであり、そこへ向かうことこそが、これらの機能と可能性を持ち合わせた人間の使命でもあります。

実在を体験すること。それが一元論です。おおもととひとつであるという自覚を持って生きることです。

愛を生きるというのがそれです。人は愛することが天命であり自然なのです。幼い愛から大きい愛へ移行することが波動を上げることであり、小さき神から大いなる神を知ることが悟りです。

ノンデュアリティを信奉するということは小さく無感覚に、無感動に生きることではありません。目の前にあるものを「これは本当は幻想なんだから」などと思いこむことでもありません。頭の中に入りこんで生きるのをやめ、からだ(五感や本能、過去のデータという古い価値観)に任せて生きるのもやめて、一番確かな「実在」につかまって生きることです。

手放すということはかりそめの幸せを捨て、本当の幸せを取るということです。別にそれほど難しく考える必要はないのです。やるかやらないか。やればおっきな神さまが来てくれます。おっきな神さまを迎えるために場所を作るかどうかなのです。来てくれたらあとはすべてを教えてもらいながら一歩一歩生きるだけです。

そうすると、幻想が去っていくのです。そして存在するすべての奥に、実在を観るようになります。それ以外のものにいちいちとらわれずに、ああそうか、と思うようになります。だって実在を観てしまったら幻想なんていちいち相手にしないじゃないですか。本当にすっきりしますし、楽しいですよ。

あなたが選ぶ現実

この世の法則と高次元の法則。
この違いってわかりますか?

似たものは似たものを引き寄せる。(類は友)
与えたものが返ってくる。(ブーメラン)
カルマの法則。(因果)

これらはざっくりこの世の法則。物理宇宙の法則。
昔の人は「いいことをすれば自分に還ってくる」と教えました。

しかしもう少し内面を観ていくと
実は、自分が自分に与えた「想い」
つまり意識のエネルギー法則が働いているとわかります。

自分が自分を攻撃すると、外から攻撃される。
自分を敬うと周囲から敬われる。
自分が自分を愛すれば、愛される。

この法則は、例えば周囲に一生懸命なにかをしてあげたり、
良かれと思ってがんばったりしていても
自分の心が「嫌われたくないから」とか
「そうしないと良くないことが起こるから」とか
「相手にわからせたいから」
など消極的であったりコントロールしたい想いのエネルギーが潜んでいれば
愛よりも恐れとしてそれが発せられ
結果恐れをもとにした現実が返ってくる、という結果が来ます。

がんばっているのにいい結果、つまり幸せに結びつかないのです。
がんばるほどに、もっとがんばらなくてはならない結果がついてきます。

これもいわば物理法則です。

高次元の法則とは、それを凌駕したうえで超越しています。

愛とは与えるもの、などと言います。
愛とは無限、愛に優る法則はない。

物理次元の法則に生きている人が
もし無限に与えていたら、枯渇し失ます。

しかし高次元の法則、
つまり神と愛、無限の創造の法則に生き始めるとどうでしょう。

私たちは神という無限の源泉から湧き溢れる愛という光の
通り道になることができます。

愛は無限に増殖します。
私たちの源は、愛です。
しかし私たちがその源とつながるという選択をしなければ
私たちはさしあたりこの世界の物理法則に生きています。

レイキヒーリングでは「私たちはエネルギーのパイプになる」と言います。
それをからだでしっかりと体験すると
私たちは自分が無限の源泉、つまり神の愛とつながっていると
心身でわかり始めます。
最初から最後まで、癒しの極意はそれです。

私たちにはただ、体験が足りないのです。
物理法則ではなく、愛の法則の中で生きるという体験が。

無限とつながるということがどういう生活をすることなのか。
頭ではなく、心から、からだの底から、体験することが。

肉体がある限り、人間は無限でいることはできません。
無条件の愛だけでいることはできません。
無条件の愛は神の特権です。
しかしそれを、からだをもって体験し実感すること、
今この瞬間それを知ることは、人間だけの特権です。
そこには必ず、圧倒的な夜明けのような感動があります。

私は無限の源泉の愛のパイプになる、という選択をしたその時だけ、
神の恩恵に与ることができます。

そして毎瞬のようにそれを選択することでしか
それを招き入れることはできません。

本当に毎瞬のように気づき、選択し、招き入れることがおそらく
完全な目覚めであり悟りです。
その時、本当に過去や未来、時間が無くなるのです。

そのようになるまでの間、
私たちは時間の中で生きます。
時間という訓練者が教えてくれます。
その限られた時間の中で
尊い選択ができるようになるように。

私と神はひとつであり、私は愛そのものです、という
真実へ還るまで。