平和は実はシンプルです。

去る8月4日は私の49年目の誕生日でした。思えばも予想もつかない道のりでしたが、私のインナーチャイルドは今の私にどうやら満足してくれているようです。「こういう人になりたかった」と彼女は言います。なによりのほめ言葉ですが、当時の自分には当然、自分がこういう人間なのだということも、どんな生き方をするのかも、なにひとつわかっていませんでした。

誕生日に母から小包が送られてきました。いつものプレゼント詰め合わせと一緒に、母の字で書かれたたくさんのメモが入っていました。

沖縄の基地の写真をプリントアウトしたコピー用紙の裏に、いらなくなったコピーの裏紙を4つに切ったメモ用紙がセロテープで貼り付けられています。この裏紙を4つに切ったメモ用紙は我が中村家の伝統で、私のデスクにもクリップで留めた束が3つ置かれています。

父のナレーションの仕事の台本が原稿用紙をコピーした大量のコピー用紙だったので、母はいつもそれをすてきなペーパーナイフで切って束ねて父の仕事の電話の伝言やお買い物リストや、その他のメモ用紙にしていたのです。

父が亡くなって、わずかばかりの遺品を整理していると、父のデスクにいつもあったそのきれいなペーパーナイフがカメラのバッグからでてきました。まさかこのナイフが大人になった私の、沖縄のおうちにあるなんて、という感じです。

母のメモにはなんの説明もなくこう書かれていました。

6月23日、沖縄慰霊の日、テレビを見ながら泣けてしかたありません。
戦後70年。私は77歳になります。

私が6歳の時、父は満州国(新京)から召集令状を受け、沖縄の戦地に赴き、
昭和20年5月1日に戦死、33歳の若さでした。

幼い子供4人(8歳、6歳、5歳、2歳)を残して。信じられますか・・・

残された母は美しい人で20代の若さ。
94歳で亡くなるまで、4人の子供を育て上げ、立派な女性でした。

先日、大阪に住む弟から、
戦没者遺児に1年に五万円×5年間、年金が支給されるという書類が届きました。

長姉はすでに亡く、残る3人のきょうだいに分けるとのこと。
25万円を3人でわけると・・・
金額的には微々たる額。―――――

でも書類に記された「父の名前」を確認したとき、なんとも言えない悲しみが襲いました。
初めて、父が父であることを、思い出したのです。ショックでした。
父と私のつながりを初めて感じたのです。

戦後、満州から引き揚げ、父のくに九州の佐賀に・・・
しかし混乱したふるさとは、私たち母子を受け入れてくれるはずもなく
母のふるさと岡山へと流れ―――――

昨今、集団的自衛権とやらが国会で取り上げられていますが
私には戦争の準備としか受け取れません。
またも繰り返されかねない戦争へ向かうのでしょうか。

戦後、すべての苦しみと悲しみを深くのみこみ
私たちを育ててくれた母はすでに亡く、
そんな母を助け、きょうだいをしきり、物知りだった姉も亡くなり
私と弟ふたりは記憶も定かではないながら
戦争という名の犠牲に翻弄されながら70年を生きてきました。

残された8歳、6歳、5歳、2歳の子供たちが、27歳だった母が、
どんな人生を歩いたか、語りつくせない。
それぞれの人生をわかってもらえるでしょうか。
この70年の歩みを。

人生の終わりに近づいている私、
苦しかった、悲しかったの言葉の中に
どれだけのものが織り込まれているのか。
私たちがいなくなると忘れ去られてしまう。

私たちの年代は当時まだ子供でした。
70年経って、真実を知る人たちはいなくなってしまう。

みんなが声をあげなければ。

戦争を知らない人たちよ
戦争にあこがれている人たちよ
考えろ
戦争は人殺しだよ

後日電話でありがとうを伝えると母は笑って
「美緒に笑われるかと思った~受け止めてもらってよかった~」と言いました。

私はこのメモを読んで、本当に良かったと思ったのです。

私は自分の潜在意識を探求する過程で多くのことに気づきました。母はとても感受性が強く人間的な魅力にあふれた女性です。しかし、私の幼少期は家族はいつも火宅の中でした。なぜこんなにもいつも両親はエキセントリックでぶつけあいぶつかりあってそして許しあえないのか疑問でした。

思春期になるとそれは父のせいなのだと思うようになりました。ある時点から私も父を許さなくなりました。もちろんそれではなにひとつ解決しません。

気がつくと私は猛烈な絶望の中にいました。通常の努力や思考的理解では全く解決できないことがわかり、弟は大人になると精神疾患があることがわかりました。

何かを解決しない限り、私は絶対にしあわせに生きることはできないということだけはわかりました。

インナーチャイルドを学ぶにつれ、母の中には途方もなく深い傷や痛みがあるとわかりました。父はよく「お母さんは大陸的でおおらかな人だ」と言いましたが、当時はその片鱗もありませんでした。とにかくすべてにおいてネガティブで、いつも最悪のほうを選んでしまうように見えました。

私にはだんだんとそのからくりが見えるようになり、見えるほどにそれは、あってしかるべき姿に見えてきたのです。母にはあってしかるべき土台、安心や平安、そしてそれが良きものなのだという観念が損なわれていました。

ものごころつくと父親はなく、終戦から一年以上満州を転々と逃げ回って、それは命からがらの状態でした。またその後もずっと、祖母とその子供たちには息をつく暇なく戦った人生だったはずなのです。

潜在意識は13歳までに形成されるという事実知り、この世の、人間の心の謎は一気に解け始めました。母の心の中では戦争からずっと、戦争が続いていたのです。それが母の心の中ではあまりに当たり前すぎて、見直すことは不可能だったはずです。

ですから母のメモで
「初めて、父が父であることを、思いしたのです。ショックでした。父と私のつながりを初めて感じたのです。」
という文面を読んだとき、母の中で長い間眠らされていた、本当の心が目覚めたのだとうれしかったのです。

戦争というもっとも凄惨で低次元のエネルギーがもたらす産物の影響が持ち越され引き継がれた一つの形が、私がこの人生で体験した、人間の本質である愛に対する破壊的な挑戦です。

私はその正体をみつけました。どうか多くの人がみつけ、そして乗り越え、愛に近づき、愛を生きることができますように。


クリックで応援、いつもありがとうございます。

平和を創る真の法則

みなさんこんばんは。AZU WORLDをご訪問くださりありがとうございます。

今日は終戦記念の日。沖縄へ来てみると、沖縄戦の終戦記念日『慰霊の日』があり、県民はその日に祈りを捧げます。6月23日。沖縄はとっくに終戦していたのに本土では2度も原子爆弾が落とされ、まだ勝利を信じている人がたくさんいたのですね。

何度も書いていますが私の祖父も沖縄の地で兵士として亡くなりました。なんの訓練も受けていない満鉄の多分エリート社員で、劇団を主催する芸事青年でしたが。私が住んでいる南部のどこかにその肉体は埋まっていると思います。お墓には髪の毛と爪しか入っていないと聞いています。

私たち夫婦が沖縄へ来たのも終戦記念日にテレビ番組で(その時はたまたまテレビがうちにあって)放送されていたドキュメンタリーを見た時の主人の一言で決まりました。なんで戦争の話で決意したのか当時はわかりませんでしたが今はわかります。戦争と平和を通してもっと人間を学び、平和を創ることをしたかったからです。

私は今という時代に生きることができていることを魂にとって最高の幸運だと思います。私は多くの人の過去世の記憶をみさせていただいていますが、過去の地上に生きた人々の過酷さがいつも身にしみます。おかしなことですが、みなさんの過去世の生き様、そこから来る思いを目の当たりにしながら歴史を学んでいます。人間の思いがどのようにこの世を創造してきたか、本当によくわかるのです。

痛みの強いトラウマ的な記憶を持つ人生、また痛みに耐え切れず無意識的にこの世を送る人生。その想念の影響を私たちの潜在意識は引き継ぎ影響を受けながらまた今世のコード化された記憶を再現しています。私たちは真実に目覚めることでしかこのマトリックスから自由になることはできません。

今日はいらしてくださったお客さまの印象深いお話をご本人の許可を得て掲載させていただきます。

彼女はコツコツとご自身のトラウマ的なテーマに取り組んでこられました。本当に繊細で愛と清らかさに満ちた魂そのもののような女の子です。ご自身のテーマへの取り組みを一段落終えられましたが最近では『身に迫る戦争』についてよく考えられるそうです。

もしそのような追い詰められた状況になった時に、自分が果たして神の愛と繋がり正しい判断や選択や行為ができるだろうかと想像するととても不安になります、と。

このことは私もよく考えます。考えるというよりも、とてもリアルにイメージします。イメージできてしまうのでとてもこわい。そのこわさの中で自分がどのような状態になっているかと思うといたたまれなくなることもあります。

みなさんはいかがでしょうか。なるべくなら考えたくないことですが、今の日本の現状は、開戦前ととても似ているというのは事実だと思われます。違う選択ができるのでしたら回避したいですし、そのためにも各人各家庭でそれぞれの覚悟をする必要があるでしょう。(悪いことを考えると実現する、などという法則は真実ではありません。私たちの内側にあって無感覚に無視されているエネルギーが、解体されることなく現実化していくというのが本当です。うちにあるもの、また外から迫ってくるものには向き合って付き合うことが何よりのカルマの解消になります。)

彼女は障害のある子どもたちの教師なので、彼らに対峙する自分について常に問いかけをし自己意識を底からかき混ぜるようにして洗いなおし向き合っています。その姿勢や在り方に私は心を打たれます。

私の口から出た言葉はこうでした。「その時になればそうできると思います。すべては今の連続だから、今そのように生きていればその時にもそうなるでしょう。」「ですが、その鍛錬は恐れに慣れることでもその時に備えて準備するのでもなく、今、魂が満たされて充足して幸せでいることでなされると思います。そうであれば、必要な時に自己を差し出すことができると思うのです。」

私は話していてその言葉にも胸を打たれました。そしてその言葉を即座に受け入れていた彼女にも打たれました。今ここでこのようなことを語り合っている私たち自身の様子に打たれました。奇跡の風景を眺めているような感覚でした。

今ですら本当のことを言うにはとても勇気が要ります。本当の自分で在ることは高度な自己探求と鍛錬の成果でしかあり得ません。ですがそれがもっと過酷になった時にそうであれるかどうか、という彼女の自問とその在り方は、きっと人であれば誰もが可能な姿勢だと思うのです。生きる限り、人として愛を持った心であることを決して諦めない彼女の在り方。優しい人というのはそういう人のことだと思うし、人間であれば誰もがそうなり得るとやはり私は思います。そういう生き方をして満足するのは他の誰でもない自己と自己の魂です。

今すぐそうなるかどうかや、その方法がわかるかどうかは全く問題ではありません。ただそう在りたい、そうなりたいと願う心だけが必要です。そしてそのために探して求めるという探求だけが。求めよさらば与えられんという言葉は神の世の言葉で真理です。それは欲しい物を手に入れることではなく、心の在り方を言っています。私たちは心でしか真実を見ることも愛を知ることも満ち足りることもできません。心でしか本当に大切なものを手に入れられないのです。

今日の奇跡に感謝します。そして今を生きていることに感謝します。今この局面にあっても常に神の使者や肉体を持った本物の天使と触れ合えることに感謝します。

今日はそんな記念日でした。